大根ご飯。

テーマ:
冬のNZも大根が美味しい季節です。週末の青空市場へ行って、買ってきます。大きくて、割としっかりしたものは、今の日本円だと250円から300円ぐらいでしょうか。一般のスーパーで買える時もあるのですが、鮮度がかなり劣ります。

大根を新鮮なうちに食べ切りたいと、お鍋やお味噌汁、大根おろしソースなどいろいろトライしているのですが、中でも最近のお気に入りは大根ご飯。炊き込み御飯です。

レシピは、お友達に聞いた加減を基本にして、干し椎茸や人参などを追加したりしています。昨日は、ダシに使いたかった昆布がなかったので、液体で売っているチキンスープストックを使ってみました。洋風ですが、減塩タイプを買って、お醤油とお酒、砂糖をいれて炊き込みました。

ご飯の加減が難しく、ちょっと固めになってしまいましたが、大根が何とも言えず美味しい~。今日は、さらに硬くなってしまったので、お味噌汁にいれて雑炊風。これもまた美味しかった!

さあ、体も温まったところで、荷造り再開です。来週が引越しなので、それまでにある程度まとめないと~!
AD

うちの子。。。

テーマ:
来月、引っ越しすることになりました。またウェリントン市に戻ることになったのですが、ちょっと気になるのは、うちの子。

転校することになるんだけれど、とにかく外ではシャイ。。。家でどんだけいうこと聞かない子でも、外に出ると静か~になってしまう。慣れてくれば、大騒ぎするのだけれど、そこまでには時間もかかる。

私は日頃から無意識に口にしていることが、うちの教育方針だったり、価値観なんだろうけれど、そんななかで無意識に人より下がることを強要してしまったのだろうか、と思わされる行動を度々目にする。とにかく、引っ込む。隠れる。前にでない。ま、シャイな性格いえばそれまでだろうけれど、親としてはこんな感じで新しい環境に馴染むのに時間がかかるだろうな。。。と、今から少し不安なのが本音。

子供が小さい頃から、人に優しくして欲しいと思っていた。それは、これをあげますはいどうぞ、という自分が手にしたものを分け与えるってだけでなく、相手を思って自分が我慢をしたりするってことでもあるのだけれど、小さい子供にはなかなか難しい。でも、「待つ」ということを、教えているうちに、人に何かを譲るってことの大事さも教えられるのではないかと思った。だから、必ず我先にと押しのけて前に出ないよう教えてきた。うちは最後でいいから、と思っていた。相手を思いやる気持ちは、人間性を豊かにする上で必要不可欠だと思う。だけれど、我先に行くことが得をするという人間だって多いわけで、その中で自分を見失わずこの価値観や気持ちを揺るぎなく持ち続けるには、私自身がもっとしっかりと心のゆとりを持たなくては、としみじみ思う。いそがしいとえ、つい見失いがちである。

こんな価値観の親だから、シャイになってしまったのかな。。。と、思うこともあるけれど、人に譲る気持ちを大切にできる子供に成長してくれたらいいという気持ちはやっぱり変わらない。。親のエゴかな~。



AD