20代の後半、お芝居を見ていた時期がありました。


結構、大きな劇場でやるものから、下北沢の小劇場だったり。。


何がきっかけで、観始めたのかもう記憶にないのですが、観始めたら止まらなかったように、色んなお芝居を思い出し始めたら、それも止まらなくなりました。。


好きな舞台は、ほとんどつかこうへい作でした。ストーリー展開が速くて、最初はついていけないかと思ったけれど、いつしかあのスピード感のある芝居を見続けたくなっていました。


それに、舞台に出てくる役者さんもみんな魅力的でした。だいたい、毎回一人、「旬の人」みたいな役者さんが主演だったりして、それも楽しかった。


私の大好きだった役者さんは、今何をしているんだろう。。。と、思って検索してみたら、テレビもちょっと、舞台もしている様子。プロフィール写真をみたら、やっぱり好みだった。はは。


それと、昔からこの人の演技は素敵~、と思っていた藤谷美和子さん。一体、今は何をしているのかしら。。。


最後にみたのは、確か3年ちょっと前。日本へ一時帰国している際にみたプロペラ犬旗揚げ公演の「マイルドにしぬ」でした。久しぶりに生のお芝居を見て、かなり大笑いして、満足して帰ってきた記憶があります。


さあ、今度舞台を見に行けるのはいつだろう。。。。そんな妄想をしつつ、次の帰国が決まったら、チェックでもしてみよう!








AD

はやりのおやつ。。。

テーマ:

今、私の中で流行しているおやつは、「本当に少しだけ手間をかけたクラッカー!」。


スライサーでチーズ、玉ねぎ、トマトをすべて薄くすりおろし、この順番でクラッカーに乗せていきます。

玉ねぎも、そのまんま食べるのでピリッと辛いのですが、これが結構トマトのほんのりした甘みとよく合うんですね~。そこに、塩とブラックペッパーをガリガリすってちょっとだけかけます。


ビールやワインのおつまみとして、オードブルとして食べるところでしょうけれど、お酒を飲まない私はモーニングティーやアフタヌーンティーでこのクラッカーを食べてます。

たったこれだけなんだけれど、まず見た目がきれい。ちょっとした休憩に、合うな~って、食べたしたら急に流行り出しました^^。


NZのスーパーには、プレインクラッカーの種類がものすご~くたくさんあります。やはりおいしいワインとチーズの多いお国柄か、クラッカーって需要は高いんだと思います。


私は、その中でもHuntle&Palmers のCream Crackersというのがお気に入りです。クラッカーと言うと、パリパリ、バリバリしそうですが、これはわりとしっとり系です。しかも、塩分がそのほかのものと比べると少なめ。


ポテトチップス、おせんべ一つにしても、もっと塩分控えめで作ってくれればいいのに~、というものばかりで、塩見の少ないスナックはやはり自分で作るしかないようです。これは、甘いものにしても同様です。これでもか~、って言うくらい甘いものが多いです。


子供も、もうキャンディー、チョコレート、クッキー、ポテトチップスなどの味を知っているので、そういうものを食べたがるんですが、やっぱりおやつにはフルーツや野菜、チーズでも食べてもらって、メインの食事の補充になるようなものを出来るだけ食べさせたいところです。


手軽さの誘惑に負けないようにして、ほんの少しでも手間をかけてヘルシーな食生活に向けて頑張ります!

AD

週末あけて。

テーマ:

すでに、水曜ですが、J&Hは日曜日に元気よくフェリーに乗って帰ってきました。

ママ~って、走ってくる姿を見たらやっぱりうれしくてうれしくてたまらなくなりました。あっさり、旦那前を通過してしまったことに、あとからちょいと後悔しましたが。。


そして、いつもの一週間が始まりました。

相変わらず、反抗的にな態度は続いておりますが、きちんとリフレッシュ休暇をもらえたので、私自身気持ちに少し余裕を持って接してあげられています。


驚いたことに、あれだけ反抗しまくっていても、自分の目線に立って発言してくれる、しかも怒らずに!いてくれる私の態度に、Hもさすがにびっくりしているようす。反抗時間はこれまでの3分の1以下に削減いたしました!

このぐらいなら、私もやっていけそう~。いや、まだまだこれからも続くのでしょうけれど。。


今週末でプレイセンターは今学期終了で来週から2週間のお休みがあります。しっかり、プランを立てないとまたまた反抗されますわ~。


さ、そろそろお迎え時間が近づいてきました(あっという間。。。。)。準備して行ってきます!






AD

昨日は、DVDを二つ借りてきました。


一つ目は、「Julie and Julia」です。だらっとしたくて、まずはコメディ。メリル ストリープってやっぱりうちのお母さんとどこか似てるな~って、思いながら何故か懐かしい気持ちで見てしまいました(あ、由紀さおりにも似てるんですが、本人に言うと怒られるのでもう言ってません)。


お料理がたくさん出てくるストーリーなので、観ているとおなかが次第にお腹がすいてきます。事前に用意したお煎餅片手に映画鑑賞。この感じ、久しぶり~。こんなときの部屋着はやっぱりスウェットパンツ!学生時代すら思い出せますわ~。


あの、だらだらとしたどうしようもない感じで、次は久しぶりに大好きな映画「Fallen Angel」を続けて鑑賞。

金城武はこのころ本当に素敵だったな~。。。今は、なんだか出ている映画が惹かれないからか、魅力が薄れてきた感じがします。最初にこの映画を見たときの衝撃は、今でも忘れられません。彼が豚をマッサージするシーンは、最高!!


あ~、広東語がわかったらな~、とまたどうしようもないことを思いながら、音楽も堪能。この映画の中の音楽が本当に好きで、サウンドトラックを買おうかいまだに検討中。とっとと、買いなさいよって感じなんですが、いつもタイミングを逃してます。。


アマゾンを見ると、ついつい「いないないばあ」の新しいDVDは出ていないか、「おかあさんといっしょ」の過去のDVDで人気があるものは、どれか。はたまた、アンパンマンシリーズをチェックしたり、、、もうなんでも自分の好きものは、後回しにしてきました。


そうだ、今日は一人。。。

好きな音楽を聞きまくろう!CDを探してみよう!


いつも通り、6時に起床してしまった朝。

さ、J&Hが5時半にフェリーターミナルに到着するので、活動開始。








一人きりの週末。

テーマ:

今朝は、ブレナムへ向かう相方アンド娘をフェリーターミナルへ送ってきました。

今週は、Hが3歳の誕生日を迎えたので、そのパーティーを実家で開いてもらうことになりました。


私は、このところHの本格的な反抗期にへとへとになってしまったので、産後初、一人きりの週末を堪能することにしました。


Hは、Dadちゃんと二人で旅に出られるくらい成長したんです。行き先が身近な人のところであればママがいないといや~、などと泣くことはほぼありません。


ここ数週間の反抗期は、本当は自立期と呼びますよね。私は今までHに、ああしなさい、こうしなさい、あれはだめ、これはこうやるのよ、と上から目線だったのですが、今はそのすべてが面白くないらしい。。


Hが抵抗しながら、泣きながら訴えていることは、自分の意思はどうやれば通せるのか、はたまた自分にはどのくらいの権力があるのか、自分はママやDadに対してどれくらいの影響力があるのか私たちのHの態度に対する反応を見ながら試しているようにみえます。


たとえば、朝起きてすぐに冷えるだろうから「靴下をはいてね」と、はかせようとしたり、はくように渡したりすると、思い切りそっぽを向いて「No」もしくは、「嫌だ!」と、即答。しかも、腕を組んで座ってみたり、床に突っ伏せてみたり、何もそこまでしなくても。。。っていう、態度でNO!


もう一度言おうものなら、朝6時からNO!!!と、大きな声を張り上げて、その言葉を繰り返します。「まだみんな寝てるから静かにしようね」と言っても、全然聞く気なし。30分ぐらいごね続け、最後は何が原因だったかのかも思い出せない程号泣して怒っていたり。


子供にどう優しく話しかけようが、交渉を持ちかけようが、もうここまで来ると何をしてもおさまりません。


本格的な反抗期未経験の私は戸惑ってしまいました。Hの行動を客観的に、子供の成長の過程の一つとしておおらかにみる心の余裕など、これっぽッちもなくなってしまい、ついつい怒り返してしまいました。


この反抗期は、誰に対してもこういう態度をとるかというと、なぜか私とJにだけです。親に対する、反抗。自分はもうBig Girlだと信じて、行動、発言しているようにみえるHは、親の怒ることをしながらも、そういう自分をどう受け止めてくれるか親の愛情を試しているかのようでもあります。。


こうやって、ここ数週間をゆっくり振り返る時間がほしかったり、何よりも自分自身と向き合う時間がほしかったので、今回は義理の両親にも休養させてほしいと、お願いして私は一人ウェリントンに残りました。


そんなこんなで、ここしばらく疲れてますが、これを乗り切るには自分が楽しめる時間、気が休まる友達との時間を持つに限る!と思い、Hと家で二人きりでいる時間をほどほどにして、プレイセンターにちょくちょく顔を出したりして、お互い外の世界を満喫して、お互い少しでも優しくできるように、と心がけております。。。そうはいっても、本当に難しいんですけれどね。


さ、一人きりの貴重な週末。これからは、図書館へ行って、久しぶりに街を散歩してみます!

風もない、暖かな土曜日。わくわくします~。