出た、肩こり。。

テーマ:

せっかく髪を切ってすっきりしたのに、美容院にて長時間座りすぎと思われる肩こり!

うかつだった~。しかも、夜になったら頭痛。。。


いや、もしかしたら風邪かもしれない。。。


昼間は割と暖かく、気温も10度を超えたので海辺の公園へ行ってしまったからかも。。。


久しぶりに、痛み止めを飲んだので今日は早めに寝てみます。




                  Nihao!from NZ-海辺


(水にぬれないよう気をつけてって、言っておいたのにJのズボンはびたびた。Hは、セーフ)




AD

スッキリ~。。

テーマ:

今日は、ストレートパーマにカット20cmでめちゃめちゃスッキリしてきました~。頭が軽くなった~。

肩こりも少しは、ましになりそうです。何よりも、シャンプーとドライがラクラクになりそうです。


Hは、ほぼ一日Jに見てもらえて、久しぶりに美容院の窓から外を眺めてぼ~っとしたり、お店のお姉ちゃんたち(タイ人、インドネシア人)、スタイリストの香港人とおしゃべりに花を咲かせたりして一人身状態を満喫できた一日でした。


さ、これから夕飯の支度をしてまた母業に復活します。


AD

一輪ざし。。。

テーマ:

  


                     

                    Nihao!from NZ-一輪ざし2

数ヶ月前から、ずっと気になっていた一輪ざし。アンティーク風の鉄製の籠に一輪ざしのガラスボトルが3つ並んでいるもの。近所の花屋さんで見つけてから、欲しいな~と思っていたけれど、値段がちょいと高めだったので、買うのをずっと迷っていました。


でも、このところお花をいただくことが続いていたので、思い切って買ってみました。家にいるときの大半は台所で過ごしていることが多いので、台所の窓辺に買ったばかりの一輪ざしを置いてみることに。


すると、台所の雰囲気がぱっと明るくなって、とっても爽やか~(あ、うちのボロキッチンにしてはって感じですが)。。。洗い物をしながらでも、緑の葉っぱや花が目の前にあって、何とも幸せな気分になります。


この一輪ざし、パセリやセロリなどのハーブ、庭や道端に咲いてる小さな草木でも、結構素敵に見えてしまうのが、すごいところ。いや~、久々に良い買い物をしたと大満足!


さあ、あとは勢いつけてリビングももう少し改造したいな~。



AD

強烈に、Hは独立に向けて反抗期を続けてます。

もう、理由はあるのかないのかわかりませんが、小さなことがきっかけで号泣します。その泣きっぷりといったら、生後間もなくから半年とにかく号泣するベイビーだったのですが、あのときよりもさらにパワーアップした体で全身全霊で泣きます。


ネットでほかのママさんたちの悩みや、アドバイスなどを読んでみますが、ある意味これは避けて通れない道だと。。また、ここを通らずに成長することは大きくなってから別の形で問題になりやすいと。。。


それにしても、気長にこの号泣がおさまるまで待つなんて、気が遠くなりそうです。。

一日のうち、起きている時間の5分の1ぐらい、もしくはそれ以上は泣いているんじゃないかと思うくらい。


疲れ過ぎたり、刺激が多すぎて泣くのはもっと小さいときによくあったので、それを早目に察知して寝かせてあげればここまでごねることもなくコツさえつかめばこっちのもの~なんてつい数か月前までは思っていたのですが、そんな時期がいつまでも続くわけもないんですよね。次のステージからまた次のステージへ。子供の成長の速さに驚かされる毎日です。


あとは、言葉の発達が遅い分自分の要求が伝わらなかったりして、それもHなりにストレスになっているようです。日本語はだいぶ上手になってきたと思うのですが、プレイセンターやこちらの親戚といるときは、それが通じないので、イライラしているのかも知れません。


~を食べたい、テレビをみたい、などは日本語。なんでも拒否は英語でNO~。おならをする(放屁)、洋服が濡れてしまった、濡れている時の(湿湿的)は中国語、などなど。こんな言葉が通じるのは、家の中だけ。外へ出たら、英語の環境なのにママといるほとんどの時間は徹底的に日本語。


かわいそうだけれど、Jと私の会話はどうしても英語に切り替わらないのです。もう、8年も続いている私たちの媒介語はいまだに中国語。だから、Hは言語の切り替えスイッチを発達させて、それぞれの言語能力もコミュニケーションを取るのに十分なレベルにまで発達させないと、周りとのコミュニケーションがとれないのではないかと思います。


子供同士のコミュニケーションは大人が思うよりも、自然にとれているものだと関心はさせられるのですが、プレイセンターのママたちからはHが必死に何か話しているんだけれど、意味がわからないのよ~、と言われます。英語以外の言語を話せる人だと、語学の感のようなものが発達していて意味を察することができる人もいるのですが、うちのチームにはいないので、先入観で「Hは日本語を話しているからわからない」というように見られていることも多いです。実際、Hが英語で「エルモ、ダンス」と言ってもそれが英語だと気づかれないことが多いです。


言葉に関しては、まだまだ時間がかかるかもしれませんが、とにかくた私自身がたくさん日本語で話しかけて、ししっかりコミュニケーションがとれるレベルに到達できますように。。。そして、台風のような反抗期が気がついたら通過してた、って思えますように!




ストレス発散。。

テーマ:

珍しく自分の服を買いに行きたいJ。

Hを連れての買い物は、現在非常に困難を極める今日この頃。


「Terrible 2」

ものすごい、反抗期でございます。


店の中で、走る、叫ぶ、ねっ転がる、従業員専用のエリアへ突入する、などなど。本当に、親の顔が見てみたい、と思われであろうハチャメチャぶり。そして、得意な言葉のおたけびは?は、「NO~!」。


いつか過ぎ去る反抗期と思い、長い目で見たいけれど、毎日のこととなると、ついイライラしてしまいます。

私もストレス発散に、何かしなければ「疲れてイライラ、めっちゃ感じの悪い母」と化してしまいます。


ということで、まずは自分で髪をカットしてみました。伸ばし放題だった髪を10cm程バシッと。はあ~、スッキリ!


しかし、くせ毛なので矯正をしないとまとまらないので、来週は半年ぶりに美容院へ行ってみます。。。






今朝は、JがHを連れて図書館へ。

Hが借りてきたものは、「Hello Kitty goes to the movies」。


DVDのイラストは、日本と同じハローキティーなのですが、実際のDVDの中でハローキティーには口がついていて普通の猫に見えます。マイメロディちゃんも出てきたりしてましたが、やはり口がついていてお話してます。。

ストーリーは正義の味方キティちゃんってとこでしょうか。。


私の知るキティちゃんからはかなりかけ離れたキティちゃん。ちょっとひいてしまいましたが、Hには大ヒット上映中。







色々ありました。。

テーマ:

Jが帰ってきて、Hの傷も少しずつ治ってきて、またいつもの生活に戻りかけたように思えたのですが、また色んな事がありました。実は、流産してしまいました。


持病のバセドウ病は薬を飲み続けていなても、完治しないレベルと医師に言われ、数値が安定していれば妊娠は可能ですが、流産の可能性が高いと聞いていました。医師からはバセドウ病の手術、もしくは放射線治療を勧められていたのですが、私としては妊娠を望んでいるので、流産の確率が高いのですが、薬での治療をしながら今回の妊娠に至りました。


流産の兆候が出たのは10週目に入ったところでしたが、実際には7週目ぐらいで心拍が停止していたようです。兆候というのは、基礎体温が下がり、出血があったことや、腹痛があったことでした。


その日から嫌な予感はしていました。その後、助産婦さんへ連絡を取り、あとは緊急で病院へ行き、検査等をしました。医師の説明を聞きいくつかの選択肢がある中で、私は薬による流産の処置を取りました。初めてのことで、どの方法が一番いいのかは今もわかりませんが、その時自分がこの方法が一番体にも将来的にも負担が少ないのでは、と思い決めた方法でした。



慌ただしく、嫌な予感が残念な現実となってしまったのですが、現在体調的には落ち着いており、精神面では、アップダウンがありますが、周りの人に伝えたこともあり、色々サポートをしてもらっています。


今日は、玄関にプレイセンターのママさんの一人からカボチャのスープが届けられていました。また、ほかのメンバーからも、Hを預かってあげるから一人になりたかったらいつでも言ってね、というメールが届いたり。


メンバーには、妊娠も伝えていませんでしたが、次回妊娠したらぜひ最初から言ってくれれば、いくらでもサポート出来るから、と。。。


すぐに日本の家族に会えないことをつらいと思った出来事だったのですが、同時に周りの人の温かさが骨身にしみる出来事でもありました。出来ることはなんでも自分でやらなければ、と肩肘張っていたのですが、今は困った時はありがたく、差しのべられた手を取らせてもらおうと思います。



まだまだ色んな事があると思いますが、今は立ち止まって考え込むというより、自分の体と心の声に耳を傾けながらゆっくりゆっくり進んでいけたらいいな、と思ってます。













Jが帰ってから。。

テーマ:

Jが出張から戻るまで、前回のトラブル(トイレの詰まり、Hのひっかかれ)以外にはお皿を割ったぐらいでしょうか。。Jが帰ってきたらどっと疲れが出てしまいました~。


6月30日に引っ掻かれたHの顔の傷は、いまだにくっきりと残っております。。。相手のママさんは、2日後プレイセンターへ息子さんを連れて、私とHに会いに来てました。その手には、黄色い薔薇の花を持って、Z君からごめんねって。でも、ずっと友達ていてほしいから友情の意味を込めて黄色いバラにしたんですって。


そのあと、このママさんと二人であのときの状況、お互い避けられなかったということ、これからは似たような状況になったら目を離さずみていることなど色々話し合うことができました。そして、けがをさせてしまったという彼女の申し訳ない気持ちも痛いほど伝わってきたので、これは仕方がなかったんだと改めて思うことができるようになりました。


親になって初めて、子供の顔に傷がついてしまった時の複雑な気持ちを味わいました。本音を言えば、とても胸が痛かったです。。でも、傷は薄くはなっていくと思うし、それよりもHが彼に対して恐怖感を抱いておらず、今日はZ君と遊ぶんだ!と、彼の名前を言い続けたこと。それを聞いて、Hの傷を見てびくびくしているのは私のほうなんだ、と気付かされました。


Jもこの傷を見た時は、ずっと残っちゃうかもな~とショックだったそうですが、ほんの一瞬だそうです。

やっぱり、心も、体も逞しく育ってほしい。今回はHの今後自分の身を守るためのレッスンになってくれたらいいなって思います。












J出張中。。

テーマ:

昨日の早朝からJはオークランドへ出張に出かけました。あすの夜遅くに帰ってくる予定なので、丸3日間Hと二人で過ごしてます。


いつものように、過ごしていけばいいだけなんですよね。それなのに!こんな時に限って~っていうアクシデント続出です。


まずは、トイレの水が流したときに上にあがってきて、流すときのハンドルを手で持っていないと水があふれてきそうです。そこで、必死にハンドルを抑えていると水はぎりぎりのところでとまります。それでも、いつあふれだすかわからないまま過ごすことはできないので、朝から大家さんへの連絡、取引先の修理へ連絡で、プレイセンターへあやうく遅刻するところでした。


そして、次のアクシデントはHの身に降りかかります。

プレイセンターで、同じ年の男の子に目の下を思いっきり引っ掻かれてしまいました。しかも、かなり深めに。。

Dadがみたら腰引けるだろうな~ってくらい、KOパンチ顔になってしまいました。目の下だからか青くなってます。つねりも入ったか?


いずれにせよ、災難続きの一日で疲れました。。。


さ、あと二日。無事に過ごせますように~。