研修の日々。

テーマ:

今月最後の研修日でした。 3月のカウンセリングセッションは、25時間。カウンセリングと関連のある時間が5時間。 トータルで30時間終えました! 10月までに110時間終わらせるようにしてます。


まだ3月でたくさん時間がありそうですが、学生は3時半に帰るので、カウンセリングできる時間は9時から3時まで。それに、アポイントの時間にやってこない学生もいるので、フルに5時間カウンセリングができるのはまれです。 一日に5時間やったら時間もあっという間に過ぎそうですが、心の整理の時間を考えると4時間が限界でしょうか。。。


カウンセリングでは、悲しい出来事も聞けば、楽しい出来事も聞きます。クライアントの世界をリアルに聞き出すのは、大事なことですが、下手すると、悲しい話を聞いた後、そのクライアントの状況が頭に残ります。 また、カウンセリングをするときに自分の感情を抑えられず、相手のことを「いやだな~」、という思いが「助けたい」、という気持ちより先に出てしまうこともあります。そんなときは、直ちにスーパーバイザーへ直行。(予約をしなくてはなりませんが)


カウンセリングに関するスーパーバイザーとは、スーパーバイザーとしてカウンセラーの成長の手助けができる人です。スーパーバイザーのクライアントは、一般のクライアント+カウンセラーなのです。 私がスーパーバイザーと会うときは、私のカウンセリングの内容についてです。 一般に、クライアントの話は絶対に秘密です。しかし、私の技術や知識を高めるための勉強の場です。 ですので、このことをカウンセリングが始まる前にクライアントに説明してOKが出たら、セッションをはじめることができます。


これまでの勉強で、大変だな~と思ったのは、私が嫌いなことをする人がクライアントでもあるときです。 間違っても、「こうしなさい」などと言えないのです。こういったクライアントが来ても、本人にとって一番良いと思う方法を本人が選べるようにサポートしなければなりません。今考えていること広げてもらって、その中から選択してもらいます。 クライアントの問題を解決してはいけないのに、解決案が頭によぎってしまう自分がもどかしい日々です。


考える日々つづく。 明日は、研修ではないほうの学校です。 クラスメートに会えるのが楽しみ!お互いの近況報告ができます!

AD

先生、痛いです。。

テーマ:

今日は、口腔外科へいって、歯の根っこだけを抜きました。

この歯は、度重なる治療と、虫歯にやられて根元しか残っていません。。


かなり、かなり緊張して、アシスタントのおばあさんの手を握りつぶすかと思いました。。

何でかというと、


1.先生は、気さくにおしゃべりしまくっているけれど、注射を打つときに手が滑ったのか、私の歯茎を針で滑らせたからです。

痛い~~!!そのせいで、血がたくさん出てきたし。。


2.先生、麻酔の後少なくとも3分置いてください。打ち終わって、振り向いたときにはペンチらしきものを握ってました。。

私の麻酔まだ効いてないみたいです。というコメントを無視されていました。。。まだ痛い!


3.先生、椅子を倒さず抜くって初めてです。座ったままで、今すぐ逃げたくなりました。せめて、椅子を倒してもらいたかった。。


こんな感じの治療で、緊張もピークに達して、おばあさんの手をぐちゃっと握ってしまいました。。


椅子に座ってから、治療が終了するまでの時間は、なんと7分!腕はものすごく良いと聞かされていましたが、荒かった。。


麻酔を打ってからは、5分もしないうちに終わってしまいました。。

先生は、笑って一言「Easy!」


面白いことに、あっという間の治療を終えて、腑抜けの私は休憩室へと連れて行かれます。

ベッドに横たわってしばらく休んでくださいとのこと。

目の前には、カメラまであって、治療後の経過をチェックしているようです。


20分ほどして、アシスタントの女性が口の中にある綿を子の紙コップに出してくださいという。

言われたとおりにした私。目はつぶってました。

その人は、「うわ、気持ち悪い!」と、つぶやいえました。。。

せめて、心の中で独り言言ってくれたらよかったのに、と。


この不思議な治療と休憩はあっという間意終了し、お会計を待っていました。

すると、「請求書は後日、自宅に送りますから」と。


怖い。怖い。歯医者も怖いけれど、この請求が相当怖いです。



AD

ねずみ。。

テーマ:

Day light saving(サマータイム)が終了したので、夏時間の11時におきましたが、今日はまだ10時です。

明日からの仕事もなんだか遅番の起床気分です。


このところ、雨が2,3日続いて快晴の繰り返しでした。

しかも、突然寒くなったかと思えば数時間後には快晴。

変わりやすい天気では、風邪を引く人も多いです。


こんな季節の変わり目ですが、元気なのは私だけではありません。


うちのクララです。


夏はほぼ毎日夜中に遊ぶ生活をしてるクララ。

ほんの少し寒くなった今も、外で遊ぶクララ。


事件は、先週水曜日の夜から始まりました。


Jと彼の兄(短期でここに居候しています)と私の3人がリビングで映画を見ていた時のこと。


いつもよりさらに活発な足取りのクララが部屋へ入ってきて、私は暗がりの中で尻尾をつかんでみました。



すると、Jが大声で「あ===!クララねずみくわえてる!!!!!!」



私は、即刻勉強用の回転椅子に立ち上がり悲鳴を上げながら部屋の中でくるくる回るだけ。。


Jと兄は、クララがねずみをこちから落とした瞬間、走りまわるねずみを追いかけます。


その間の私といえば、役立たずなことに相も変らぬ椅子の上。


二人のおかげでねずみは、箱の中に入れてから外へ追い出すことに成功しました。


何もしないで済んだことに、


感動。。。。


このねずみ事件。なぜか4日間。夜になるとたて続けに起きました。


クララは、ひとつのことにはまりやすく、これまでは影ふみ遊びに夢中でした。


それが今はねずみ。。。


ちょっぴり寒くて怖い夜なのです。




AD

研修4日後。

テーマ:

カウンセリングを始めたのですが、クラスメートととの練習とは違う緊張感。


この研修では10代の世界を垣間見ることできます。10年以上12才の子と向き合って話をする機会などなかったのである意味新鮮です。ただ、10代の気持ち復活させるのも、その子が自分で納得する答えを見つけられるようにサポートするのも、本当に難しいです。


学校で教わったようにやろうとするのですが、本で読んでイメージするカウンセリングと、実際に本物のクライアンと向きあうカウンセリングでは、感覚が違う気がします。。。でも!本当は私の基本がまだきちんと定着していないからだと思います。

たった数日ですが、毎日「こうすればよかったのかな」と、反省、反省。


これまで、7名11時間(2度目に来てくれた子がいるので)のカウンセリングをしました。

私自身の存在が知れ渡っていないこともあり、学生がはじめから私のところへ飛び込んでくることはあまりありません。学校のカウンセラーのところに来ている依頼を私のところへ斡旋してもらっています。


カウンセリングの後は、学校のカウンセラーに今日の報告をします。その後で、30分ほどいろいろアドバイスを受けます。

家に帰ると、そのアドバイスを生かしたカウンセリングをするために、イメージトレーニングしています。


そして、次の研修日に実行してみます。

経験や理解の不足でうまくいかないこともありるのですが、時に思いがけずよい方向へ向かうこともあります。

そんな学生の表情を見ると、やる気が沸いてきます。


もっと、もっと、役に立つ人になりたいという気持ちになります。


これからもっと落ち込んだりすると思いますが、その分学ぶことも多いはずです。

ありがたいのは、カウンセラーが、とってもほがらかなことです。


私の失敗も、怒ったり表情を変えることなく、いつも笑顔でいろんなことを教えてくれます。

本当にありがたいです。単純なので、怒られるとどうもやる気が半減してしまいます。

その点で、このカウンセラーのもとで勉強できて、本当にうれしいです。


そして、次の研修は月曜日です。


明日は久しぶりの授業です。

久しぶりにクラスメートに会えるので、わくわくしてます!




初日。。

テーマ:

カウンセリングの初日を終えました。どうもこうも、緊張してちゃんとできませんでした。。

その後、カウンセラーのセッションを3回見学しました。

そのたびに、道のりが遠く見えてしまいました。

まだ、始まったばかりなので、落ち込んではいけない。。と、自分に言い聞かせています。


自分で選んだ道だから、いつか「やってて良かった」と、思える日が来るまでどんどんチャレンジ、失敗を繰り返していこうと思います!


そして、いとこのブログをみたら、このところ続けて本を出しています。がんばってます。私もがんばろう!



岩井 ますみ
赤は本当に目立つのか?―DTP・グラフィックデザインで色を決める前に

岩井 ますみ
心とカラダに効く色と香りの幸せレッスン―あなたの「キレイ」と「元気」をひきだそう!

近所の歯医者。

テーマ:

昨日は、初めてNZの歯医者へ行ってきました。治療の続きをするためです。。

日本に帰国したときに、親知らずを上下一度に抜きました。そのときに、親知らずと並んだ奥歯に、かなり深くて大きい虫歯が発見。本当は、すぐにでも治療したほうがいいけれど、場所的に一番奥で難しいので、親知らずの傷が完治したら、NZで治療をするようすすめられていました。


NZへ帰って3週間を過ぎたところで、傷の痛みはなくなりました。

思い切って、うちの近所にある歯医者で一番腕がいいとされている、女性の歯医者さんを予約しました。


待ち時間は、30分を過ぎたところで自分の名前が呼ばれます。

緊張しながら、個室へ入ります。


アシスタントと、歯医者さん、私の3人です。ステレオからカントリーミュージックが流れています。。


どこが悪いか効かれたので、つたない英語で説明します。

すると、まずはレントゲン。


椅子を倒されて驚いたのは、天井に液晶テレビが!

ただ、天井の画像を見ようと思うと、先生の顔もかぶります。ちょっと、はずかしいので結局テレビは見ませんでした。


先生はやけに陽気で、歌うは、「我慢してくれてありがとう!今~してるから次は~ね!」と、話しかけてくれます。

大口開けて「ああ」と、反応するのが精一杯。


約20分ほどで虫歯の治療を完了しました。

さすが腕がいいといわれているだけあって、手際がよいです。


残念なのは、ほかにも一箇所歯が欠けすぎてしまった箇所があります。

これは、口腔外科で切って、抜いてもらわないとだめらしいです。。


歯医者へ行くのは、どんどん慣れてしまったので(行く用事がないほうがいいのに!!)、恐怖感はありません。


近所の歯医者の腕がよかったので、すがすがしい気分でお会計。

うわ!見てびっくり。1万7千円。痛かった~






初日は半日。

テーマ:

今日は初登校をしてきました。8時45分へ研修先の学校へつきましたが、すでにクライアント(学生)がカウンセラーを待っています。初日ということもあり、セッションの見学をさせてもらいました。本物のクライアントのカウンセリングの模様を見れば見るほど、さすがプロだな~、とため息連発でした。こんな風にできるようになるまで、何年何年も経験を積み重ねるんですよね。。


セッションの終盤で、いきなり話をふられて、「朝ついたら、まずコーヒー飲んで打ち合わせなんて思ってたんじゃない?」と、カウンセラーに聞かれましたが、ずばりそのとおりでした。最初のコーヒーを飲んだのは、11時45分。後は、今後自分がオフィスと使える部屋の下見をして、12時半に学校を出ました。カウンセラーが午後から学校のキャンプに行くため、研修はできませんでした。


せっかくランチも持参していたので、帰り道海辺でサンドイッチとバナナを食べてました。今日も日焼けしそうないい天気でした。

次回の研修は、金曜日です。この日は、留学生のカウンセリングをスターをします!



常夏!

テーマ:

先週からかなりよいお天気続きのウェリントンです。

そういえば、2度目に落札した洗濯機は、問題もなく週末に大活躍してくれています。


今日は、以前一緒に大学付属の英語コースで勉強していたときのクラスメートと懐かしい再会でした。

懐かしい友達との再会に、しゃべる、食べる、しゃべる、食べる!


待ち合わせ場所から、快晴ならほんの少しハワイを思い出させるオリエンタルパレードという海辺のエリアにある喫茶店へ。

週末だったので、ほぼ満席。ただ、周りもみないでただただ昔の話や、現在の近況などで盛り上がります。


その後は、海辺で散歩。水着姿で日焼けや泳ぎを楽しむ人たちを眺めながら、ジェラートアイスを片手にまたおしゃべり。


市内を歩いたりして、帰宅したのは5時。結構暑かったので、部屋着に着替えると、キャミソールのあとがくっきりとついてました。

冬の日本から来た友達と、NZに住む友達はみな色白です。一緒に写った写真を見ると私だけ黒い。。


一年たつごとに黒さを増す気がしてます。。もう、美白とはさよなら!


あ、明日から研修開始です。これから何が起こるかはらはらどきどき。