あ!また。。

テーマ:

雨が斜めに降ってます。

部屋の中から見る景色は、白いストライプがかけられている感じです。音もすごいし、風もすごいし。。。この週末は、どしゃぶりです。


あ、お隣さんは昨日結婚式で、共同廊下のところに一杯プレゼントを並べていました。結婚式は、隣の植物園で行ったそうです。近くて便利。


しかし、このお天気は本当に困ります。外へ出かける時は、ウインドーブレーカー。しかし、ジーンズはビタビタ水浸しになってしまうので、とっても気持ち悪いです。こんな天気で学校へ行く時は、替えのスカート持参です。建物内はなぜか冷房が効いていたりするので、風邪引かないように気をつけてます。


そんなわけで、外出向きのお天気ではないのでひたすら家で課題をしてます。今一つ終えたので、残すところエッセイ一つとプレゼン一つとなりました!!! プラス最終デモンストレーションで一年終了。


あ、最近変わったことと言えば、熟睡度です。

思い切って、Futon(布団)を購入しました。「Futon」とはいえ、ベッドのような木製の枠組みが台になっているので外見は、「ベッド」 です。


敷布団は、綿とウールの混合です。クイーンサイズなので横幅が広く、重いです。。干す時は二人で担がないと、運べません。

掛け布団も古くなっていたので、新規でそろました。そして、ここ最近かなり快適な眠りを確保することが出来るようになりました。


それにしても、高かったです。。日本から布団を送ってもらいたいと思ったのですが、それもまた高くつきそうなのと、床に直接寝るのは衛生的に(ゲストは土足で入ってくるので)良くないと思って、こちらのFutonを購入しました。


どんな感じかは、FUTONZ をのぞいてみてください。


来週に備えて、今日も早めに就寝します。





AD

初恋。。

テーマ:

私の「初恋」じゃないですよ。村下孝蔵の「初恋」です。80年代の歌です。


J君は、アコースティックギターをたまに弾きます。このところぜんぜん練習していなかったので、新しい課題を見つけようと思って、アマゾンで探しました。


彼はフォークソングが好きなので(基本はロックです!)、この曲を聞かせてみました。

大当たり!


気に入ったようなので、さっそく「ギター弾き語り」の本とCDを購入。


なかなかいいです。この曲は、私の初恋とはあまり関係ありませんが、にたようなドキドキを思い出します。


昔の会社で隣の席に座っていた人が、いつかカラオケでこの曲と「踊り子」を唄ったのです。

この人はとっても男前で、毎日朝会社へ着くと私は正面見ないで(嫌いな人が座ってました)、横ばっかり向いてました。。

笑顔120%で「おはようございます」というのが楽しみでした。前の人からは、「何で横ばっかり見てんの?」と言われましたが、そっちは無視無視。私は非常に非常識な感じの若者でした。


この曲を聴くと、粗相連発と、無鉄砲の日々を思い出します。


いや、今度はドキドキじゃなくて、恥ずかしくなってきました。。


明日は、祝日です。(Labor day)


Jと一緒に、ギターで歌でも唄ってのんびりします。いつか日本の忘年会に飛び入り参加できるように今からいろんな芸を身に着けたいと思ってます!






AD

追い込み!

テーマ:

今日また一つプレゼンテーションを終えました。

はじめと終わりをマオリ語にしてみたのですが、何とか滞りなく20分ぴったりで終了。


始めの10分は緊張して、思わず手が震えてしまったので、

「お、緊張して手が震えてちゃった!」と口に出していってみたら、落ち着きました。


落ち着かなければ自分が出せないし、自分が出なければ落ち着かないし。。


何はともわれ無事終了。

英語でプレゼンするって、やっぱりしんどい。クラスメートが、ぺらぺらしゃべってるのを聞くと、いまだに「いいなー」などと思ってしまう自分がいます。


とにかく、すべての勉強は積み重ねあるのみ!

今日一日どんなにがんばったって、明日ネイティブ並みに話せるようになるわけではないですし。。



年末までプレゼン一つ、エッセイ一つ、日記、最終デモンストレーションだけとなりました。


出来るところまで、がんばります。。







AD

麗しの友から。。

テーマ:

玄関に塩を置いてから、浮かれることが多くなりました。

非常に単純で、結構安上がりです。

お払い行ったり、お守り買ったりするわけでもなく、ただひたすら玄関に塩を置く。。


以前、うちにどこからのマーケティングセールスから電話がかかってきたときのこと。

電話の女性は私の名前を聞いて、「あ!フィリピン人ですか?」と。


確かに20代のころから色黒でよくフィリピン人と間違えられましたが(フィリピンパブでは、お客さんから指名されました!)、電話でこの顔見えるわけでもなく。


とにかく、Mayumiという言葉がタガログ語にあるんだということがわかって、なんだかうれしくなりました。

いや、でも意味を確かめないと、ヤバ系の意味化も知れませんからね。。。


早速、フィリピンで働く台湾時代からの友、Huimeiziさんにチェックしてみました。

意味は、「繊細で美しい」だそうです。


こんなの現地の人に自分の名前名乗ったらいやな顔されるかもしれませんね!

ま、意味はとっても良い感じだったので一安心。


日本では、まゆみという名前の赤い見のなる木がありましたが、違う国に別の意味で存在しているなんて、言葉って本当に面白い!


アルゼンチンにはなかったです。


あ、アルゼンチンといえば私が旅をしたときにお世話になった日本人の女性のウェブサイトとBlogを再発見しました。

私が現地へ行ったときは、彼女が日本語を教える生徒さんに現地を案内していただきました。バイタリティーがあって、知的な彼女の人柄にとっても惹かれてます。


ウェブでは、アルゼンチンの情報をいろんな角度から発信してます。サッカー、タンゴ、食べ物、文化などなど。あ、二人のお子さんがとろけるほどかわいい。(写真もウェブの中から発見できると思います。)そのウェブは、ブックマークに載せましたのでぜひ、興味のある方は見てみてください。



Kaki te a ano ( see you later in Maori)

Maori文化に関するプレゼンテーションの準備中です。


ちょっとChaos。。。

テーマ:

バス事件の後には、まだ続きがありました。

自宅に帰って、裏庭をのぞくとがけ崩れ。大きな木が一本バキっとおれて横に倒れてました。後は、落石が5つぐらい。ちょっと一人では抱えられないくらいの大きさでした。


バスで他人のひざの上に倒れてしまったことも忘れ、急いで市役所へ電話してお願いしてみたのですが。。


M「あ、すみません、庭の一部の木が倒れて、落石してるんですけれど、安全かどうか見てもらえないですか?」


受付のお兄さん「はい、わかりました。あなたのクライアントナンバーは000000です。3日後、もしくは来週辺りに誰か日と送りますね。」


M[え~!もっとたくさん落石してきたらどうしましょう?安全なのか知りたいんですけれど。。」


お兄さん「そうですね。もし、また石が崩れてきたらそのときはまたご連絡ください。」


と言った具合で、あまり緊急なケースとしては見てもらえず、J君から大家さんに連絡を入れてもらいました。

この日は、最高に疲れていたのですが、まだまだカオス(大混乱とか)は続きます。


台所から、「ワ~!!」というJ君の叫び声。

駆けつけると、体の半分を窓の外に出して、窓枠一枚をキャッチしてます。


窓の付け根の部分に辺り木が腐って窓枠が取れちゃったみたいです。

何とか、窓をキャッチできたので、幸いガラスをセーブできました。それに、もし下に人がいたら本当に危なかったですよね。。。


そんなこんなで、いつまでたっても不運は続くので、玄関に塩を置くよう妹からのアドバイス。

あまりスピリチュアルではない私も、とりあえずなんかしたくて、実践しました。


先週のプレゼンテーションは、なんとかうまく乗り越えられました。。

30分を5分ほどオーバーでした。。


あとはプレゼン2つ、レポート3つ。。。

今月は本当に忙しくてあっという間です。




絶対にBlogをしている場合じゃない!の状況ですが、書かずにはいられない。。。

今月は忙しくなるとはいえ、なんとなく余裕のある勉強をしていました。

しかし、そののんきなペースは昨日の午後3時に一転したのです。


ことの始まりはというと、私のクラスメートで仲良しのMちゃん。

先月半ばまでカウンセリングエージェントでのボランティアワーク(Placement)が見つかっていませんでした。

このPlacementでの出来事や、そのエージェントの情報は今月プレゼンテーションすることになっています。

最後のクラスは10月末。


Mちゃんは、「見つからなかったら2年生になれないよ!」と大慌て。

そこで、私は自分がPlacementをした場所を紹介したのです。そして、私の10月5日予定のプレゼンテーションは、Mちゃんと一緒にやるだろうから10月末だね。。と、勝手に決めていたのです。


それが、昨日学校へ行ったので、先生にプレゼンの日付確認をしてみることにしました。

ところが!「2人で同じところのプレゼンテーションは出来ないわよ。それに、あなたが先に見つけたのだから、それはあなたの問題じゃなくて、Mちゃんの問題でしょ?私からは、彼女にメールするからあなたは何も心配しないでいいわよ。。」


おーい!先生のこの一言ですべてがひっくり返った気分。

Mちゃんに電話、電話。あー、プレゼンテーション今週の木曜日、あと3日!!

急いで、エージェントへ行って資料とかそろえてこないと!

帰宅して、エージェントへ電話して、今日行ってもいいか確認したり、大慌て!!


このプレゼン、初めて一人でする30分。

困り果てながらも、Mちゃんの電話を待つ。


彼女は案の定、号泣。問題は、彼女は生活のためアルバイトをしていて、そのスケジュールをあのエージェンシーですでにあわせてしまって、これ以上ほかのところを探す余裕はないとのこと。


一緒になって、落ち込んで。

いや、でも私は本当に落ち込んでいる場合じゃないので、プレゼンの準備開始しました。


そして、今日はエージェンシーへ行って、資料をかき集めてきました。



そんな帰り道。バスの中での出来事。

あと一駅で下車のところで、たくさんのお年寄りが乗ってきました。とても混雑していたのと、すぐに降りるつもりだったので、すぐに席を譲りました。周りの何人かも譲ってました。


そして、私はつり革に捕まってボーっとしちゃったんです。本当に。

ところが、大揺れに揺れたバスでほんの数秒てすりから手を離したんです。


キャー、向かいあわせに座っている4人の方たちのひざの上に、背中から、性格にはお尻から倒れこみました。

気分は、ジャイアンツの優勝でみんなに「バンザーイ」と、担ぎ上げられた感じ。(経験したことないですが。。)


すぐに立てばいいものを、本当にお尻から落ちて、素晴らしくライ皆さんのひざサポートを勝手にGetして、あまりに気持ちよくてボーっとしちゃったんですよ!!!何があったのかな、見たいな。。


しばらくして立ち上がって、その後お世話になっちゃった人にお詫びをして。。。

すると、隣に立っていた、同じく席を譲ったその人は「いやー、みんなのクッションがあってよかったね!床まで落ちたら大変だったよね。」、と。

優しく気の聴いた言葉だったのに、私は「はい。。。」というのが精一杯。後で考えたら、もっと大声で笑ってしまえばよかったと。。


その数分後には、私は下車。


自分の間抜けなポーズを思い出すたび、「やっちゃった」と、落ち込み気味。

しかも、これは人生において2度目。


一度目は、東京で会社に出勤するときのこと。電車があまりにも込んでて、後ろから押されてしまい、つり革がクルッと180度回転して、おじさんのひざの上に座っちゃったんです。。


まさか、NZでもやってしまうとは。。


ということで、皆さんは気をつけてください。


そして、わたしはこれからまたプレゼンの準備をします。


なんか、悪いことばかり続いていたようですが、帰り道に文具屋でOHPシート一枚 1.50ドルのところ、「高い。。」とつぶやいたら1ドルになりました。


結局は、「人生チャラ」になるのですね。。




ある日のウェリントン2

テーマ:

おとといあまりにも天気が良かったので、カメラを持参して街をうろうろしてました。


そのときに出くわした不思議な光景。  Festival1


前回はVideoでしたが、今回は写真です。


Festival3              Festival2



                クララも家の前の草むらで草を食べてます。


                Clara