記憶強化。

テーマ:

カウンセリングの勉強を始めて(まだ2ヵ月半ですが。。)感じたこと。。

遠い昔の詰め込み式勉強(一夜漬けみたいな)は、向いていないです。


もちろん、英語に関して単語を覚えたりと記憶をフルに活用させているので、その点はかなり詰め込んでいるのですが。。。そして、今勉強している基礎心理学のテスト勉強も多少記憶に頼るところはあります。


しかし、詰め込んで忘れてしまったら、次へ進めないのです。

ある程度、その基礎を頭に残さないと、次の科目もかなりかぶっているので、忘れてる場合ではないんですね。


今読んでいる基礎心理学には、効率よく勉強するための方法や、記憶する方法などがたくさんかかれています。これは、すごく興味がもてるうえに実用的!


ただ、科学的なことなどを文章でつらつら説明されたところで、頭に残りません。

私は、目で見る図式やイラストで理解するほうが、断然記憶に残るので、ひたすら絵を描いてます。

文章をVisualにする作業。


地図を読むのも大好きです。というより、地図なしでどこでも行けます。どうやら、この感覚は私の目で見て記憶、と言うのに関連があるようです。。。。


そして、長く記憶するために必要なもの。

それは、「その図式に関連した何か」です。私の場合、実用例などをひたすら加えます。


専門用語一つの説明だけ読んでも、本当にちんぷんかんぷんなのです。それが、イラストにその例文を付け加えるだけで、ほぼ記憶に残ります。


勉強した中で、どうやって記憶を強化するか、というおもしろい方法が載っていたので、書いてみます。ただ、私の記憶に頼って書いているので、教科書で見たのと微妙に違うかもしれないですが。。


1.9つの単語(物の名前で、感情などの単語ではなく。)を紙に書いてください。出来るだけ、類似性のないものです。


例 エプロン、そろばん、たまねぎ、など。。


2.それをゆっくりと声に出して一度読んだら、紙を裏にしてください。


3.全てを書いて(読んでかな?)てみてください。


4.スコアーを単語一つ一点として書いておきます。


5.家の門から、部屋に入るまで特に目につくものの名前を9つ挙げてください。


例 郵便受け、門、階段、窓、机、椅子、本棚、など


6.1で書いた単語の後ろに、9で書いた場所の名前をセットにして、全て読み上げます。


例 エプロンー郵便受け、そろばんー階段、たまねぎー窓


7.もう一度3.のように単語を書き出します。頭の中は、5のイメージと単語です。


こんな感じですが、私は効果を発揮!全ての単語を言うことが出来ました。


これは、頭の中で物と家の関連づけすることで、記憶の強化を図ってます。

ただ、この方法だと目に見える物体などは覚えやすいですが、抽象的な単語は覚えにくいです。

買い物リストを作らない人は、こうやって覚えるのもいいかもしれませんね。(私はリストに頼ってますが。。)


それにしても、記憶するためには色んな努力が必要だったりするのに、忘れるのは早いですよね。

こうして、自分の記憶を確保するため色んな要素を取り入れながら、前に前に進まないといけないです。


そして、もう一つの記憶を長期的なものにする方法、それは「その言葉が自分の生活においてどれだけ必要かどうか」、という事でもあります。


今は、「本当に必要! テストがあるもの!」と、私の頭はフル回転中。

AD

今日は、J君のクラスメート2名がうちへ来ました。うっちゃん(中国人)とP君(ドイツ人)。

私たちの共通語は????


「鍵ある?」

「That’s miracle!」

「奇怪!」


日本語、英語、中国語。


P君は、日本語も話せますが、特に中国語が素晴らしい。読み書きも(書道も出来ます)、上級レベルです。

ちなみに、彼は「変なおじさん」も知っています。


色んな言葉が家の中を飛び交う不思議な空間。


今日の料理はインド料理、バターチキン!

プラス、うっちゃんが作ってくれた溶き卵とトマト(番茄:fang1 qie2)のスープです。後は、グリーンサラダ。

これまた不思議な組み合わせでしたけれど、以外に合ってました! 


このスープ、おいしいだけじゃなくて簡単ですよ~。


レシピはこちら!(4人分)


1.トマトを8分割ぐらいにカットします。(4個)

2.お鍋に油を少々いれてトマトがつぶれてくるくらいまでいためます。

3.お湯を入れてしばらく煮ます。

4.煮立ったところにコンソメの素と塩を少々。

5.溶き卵(6個)を入れて、卵がふんわりしてきたら出来上がり!胡椒をしょうしょういれてもいいかもしれません。


二人で準備をしていて気づいたこと。それは、ご飯の炊き方です。

うっちゃんは、ご飯を炊くときに、お水ではなくてお湯を入れるそうです。


炊き上がりや味はあまり変化を感じませんでしたが、調理時間が短縮されたような気がします。。


育った環境によって、同じことをするにも、色んなやり方があるんですね。


何はともあれ、おいしい料理とおしゃべりで、楽しい金曜日となりました!




AD

いいお天気!

テーマ:

昨日が、雨と風で寒かったせいか、今日の快晴は本当に暖かく気持ちがいいです。

ちょっと前は、冬が近づいているんだ、と感じるくらい寒い日が続いたこともあったのですが、WLGのお天気だけは、予測がつかないです。天気予報もしばしば外れるし。。


こんな日は、何をしよう??

いや、家ではテスト勉強。


そして、これから散歩をかねて課題を提出するため、学校へ行きます。

先生は、メールでもいいよ、と言ってくださったのですが、これはおそらく遠距離通学の学生がいることを配慮されたのではないかと思います。


私は、コースインフォメーションの本に課題提出用の表紙があるので、これを使って提出してみようと思います。


はじめての、課題でなんだかどきどきしますが、出来る限りのことはやったつもりなので、あとは結果を待つのみ!


この科目のテストは、来週の金曜日です。(一度延期になったテストです。。)

気を取り直して、がんばります。。


明日の夜は、J君のクラスメートの二人を呼んで家で夕食です。

中国人の一人は、スープを作ってくれるそうです。楽しみ!



AD

祝日だった昨日は、J君兄を自宅に招待しての夕食でした。


毎回何にしようか悩むのですが、今回は鶏肉の春巻きと、ポテトサラダ、野菜炒め、みそ汁、と普段の食事とあまり代わりばえがなかったです。。。デザートは、バナナの春巻きとチョコレートアイス。


私は、この鶏肉の春巻きが本当に大好きです。

これは、以前うちの父が胃潰瘍をわずらったときに見つけた、胃にやさしいレシピのなかから見つけました。

本での紹介は、少量の油で時間をかけてフライパンで焼くのですが、私は大量の油で揚げてしまいます。。


春巻きの中身は、


・ 鶏ささみ

・ 長ネギ

・ 梅干

・ コーンスターチ

・ 塩

・ ごま油


全ての具を刻んで混ぜるだけ!

後は、春巻きの皮に包んで揚げるだけです。


簡単ではありますが、なんせ狭い台所で準備するので、使ったものを洗いながら調理したりしてます。


ポテトサラダは、レシピを見たことがないのですが、サラダ風であればいいかと。


材料は、


・コーン

・ジャガイモ

・ハム

・パセリ

・レモン汁

・マヨネーズ

・クレイジーソルト(ハーブとソルトが一緒になった調味料)


料理は普通に出来ると思いますが、料理の上手な日本の友達の作ってくれた夕食には、本当に及ばないな~、と思いました。


言い訳をするなら、NZのスーパーでは私が欲しい日本の食材や調味料が手に入らないです。。


それでも、何でもおいしい、おいしい、といって食べてくれたJ君兄。

彼自身、本当に料理が上手。


西洋風のおいしい料理は、ほとんど彼のおうちで食べさせてもらっています。

兄とは、ときどきレシピ交換などもしてます。


いつか、Blogにのせてみますね!





朝から飛んだ。。。

テーマ:

ANZAC Day(戦争で亡くなった方たちのMemorial Day)の今日は、のんびり朝寝坊をする予定でした。。あの、騒ぎがなければの話ですが。


昨晩は、夜の12時にどうしても空腹に耐えられず(夕食は食べました)、パンケーキを焼いてしまいました!

1時頃に食べ始めて、J君とあれこれおしゃべりをしていたら、あっという間に2時!

明日は朝寝坊できるからな~、何て思っていたら。。


私より早起きのJ君、キッチンで朝ごはんの準備をしてたようです、後から聞いた話では。

夢の中にいる私の部屋に飛び込んできて、急いで携帯電話を持ってなぜか外へ出て行ってしまいました。


うつらうつらしながら、外から聞こえる話に耳を傾ける。

この距離と、英語力では何が起こったのかさっぱりわかりません。


しばらくたってから、ずぶぬれになったJ君が帰ってきました。

「外見てごらん!」


・・・。曇ったガラスを手で拭きながら、外を見てみると、一台の車がさかさまに!

パトカーや救急車も。


私が住む家は、谷のように一般道から下にある居住区。

この道路から、一般道からうちの下にある道路まで5メートル以上。


道路をみてみると、真っ白の策が一区画だけなくなっています。

どうやらその車は、策に突っ込み、この下の地区に落ちてきたのです。


一番下についたとき、ひっくり返ったようです。


J君は、キッチンでこのものすごい音を聞き、窓の外をみて、すぐに携帯電話から救急車を呼んだのです。


幸い、運転していた女性は足を怪我しているようでしたが、意識はあったそうです。

しかし、気が動転して、ものすごいパニックになっていたそうです。


わかります、台湾で経験しましたから。わずか数秒で全てが変わってしまった瞬間です。


救急車が来たものの、警察や目撃者3名は、現場検証です。

J君は、その頃帰ってきたのです。


車が落ちてきた道には、車が何台も連なって駐車してあります。

そして、道路の反対側には、何件もの家があります。


しかし、この車はある意味運良く、駐車された車のところに一台分だけ空きがあり、そこを通って道に落ちました。また、家に突入することもなく。


わずか数十センチしか離れていない、そのほかの車はすべて無傷。


私は、窓からレッカー車が車を運ぶの見ていました。

日本の車だったのですが、逆さになったにもかかわらずフロントガラスやサイドミラー以外に大きな損傷がないのです。


もし、これがぺっちゃんこだったら中の女性はもっと大変なことになっていたのではないかと思います。


何の音も聞こえず、熟睡しきっていたはずの私でしたが、外の非日常的な光景に、眠気も吹っ飛んでしまった朝でした。。









ガーデンパーティー

テーマ:

土曜日は、大学の語学学校で一緒に勉強したJちゃんのおうちでガーデンパーティーへ行ってきました。

このパーティーは、彼女の家にホームステイしている二人の学生のために開いたそうです。彼女たちが、学校のお友達や先生を招待して、Jちゃんと一緒にホストとして色々準備したそうです。


そんな私は、この趣旨も知らず、「パーティーへおいでよ!」と言う誘いだけで、二つ返事していました。

それに、彼女のだんな様が数ヶ月もかけて作ったバックヤード(裏庭)の木製のサンデッキやベンチが完成したころだろうと、思っていたので、その素敵なお庭を見るのも楽しみにしていました。


何名の人が集まるのかわかりませんが、とりあえず前日にバナナシフォンケーキを作りました。

当日は、それに生クリームとピーチの缶詰を持参して行きました。


朝は、ちょっと曇り気味だったけれど、お昼頃から快晴に。ノースリーブに薄手のパーカーだけでも十分な暖かさです。


友達の家へ行くと、すでにそこには15名位の人がいます。

庭に足を踏み入れると、じゃじゃ~ん。

だんな様お手製の広々としたデッキ。10人は、座れるL型のベンチ。

ベンチの後ろには、家庭菜園と、果実畑。


こ~んな広いお庭のある家って、日本や台湾で住んでいたときには考えられなかったのですが、NZではかなり多いですね。。。


台所にいるJちゃんを探して、まずは近況などを話し、その後は外にいるメンバーに自己紹介しにいきました。


ちゃんが働いている語学学校の留学生たちです。国籍も、日本、韓国、中国、台湾、タイ、スイス、ドイツ、などなどとってもインターナショナル。


みんなと自己紹介しながらおしゃべりを始めると、ボストンの語学学校で留学していたときの気持ちを思い出しました。


「英語上達したい!」の集団!来て2ヶ月しか経っていないというこえれど、既に英語でコミュニケーションは取れるレベル。素晴らしいよ!


NZ人クラスメートに囲まれることが当たり前となりつつある今、このハイテンションな学生たちといるとこちらまでテンション上がります!


気がつけば、中国人や韓国人の子達と、母国語と似ている音などについて話して大盛り上がり!


韓国語と日本語の似ている言葉。

「鞄」

「古墳」

「約束」

「微妙な関係」 ← これは、何度聞いても笑える!


中国語と日本語

「天気」(中:ティェンチ)

「案内」(アンネイ)

「準備」(ジュンベイ)


などなど。。


その後は、好きな俳優についてはなしたり。。。。久しぶりに年齢を忘れさせてもらったひと時。一緒に話している子は、18歳、19歳。。。


私は、カタカナ日本語で韓国人の名前を言えるのですが、中国人は中国語の名前で呼ぶので、「ねえ、その韓国名、中国語ではなんていうの???」と聞かれて、非常に困りました。。


漢字の書ける韓国人に書いてもらいます。

そして、「あ~、イ ビョンホンだ~」といったことになります。


そうそう、中には日本人の女の子が一人いて、ちょっとだけ日本語で話をしました。

とても、おっとりとした、それでも自分のことをきちんと話せるしっかりとした印象です。


携帯の番号を交換したので、近いうちにお茶でも飲みに行きたいと思っています。


私はあまり日本人の友達がいないので(頼れる一人はBabyを連れて今日本へ帰国中)、たまに出会う日本人を見るとわくわくします。


それに、Jちゃんの語学学校へ行けばまた、パーティーであった皆にも会えそうだし!


満足、満足で家に帰って気づいたこと。


ほっぺが日焼けで真っ赤っ赤!!!!








週末。

テーマ:

金曜日に、課題の一つをほぼ終えました。あとちょっとだけ、修正すればOK!

肩の荷が一つ下りたところで、夜はJ君の友達の誕生日パーティーです。


Pubへ行くのは久しぶりです。

いつものジーンズにパーカーでは、ちょっとな~。。。と思い、先日クラスメートのミッシェルちゃんからもらった(洋服交換したんですけど)ノースリーブでちょっと素敵なニットを着ていくことに。


髪をみても、ボサボサで、これもまた自分にがっくり。

急いで、髪をまとめて、久々化粧まで!


たまにおしゃれして出かけるので(下はやっぱりジーンズだけど。)、ちょっとワクワクしました。

Pubは、細くて縦長の室内と、屋根付屋外、屋根なし屋外、最後方部には、DJAreaがあります。


外から見ると、山小屋みたいで、ひっそりとしていて、まさかそこがあんなににぎわっているとは、想像つかないです。


一歩中へ足を踏み入れると、見慣れた顔がポツリポツリ!

日本で帰国中に会った、J君のお友達AちゃんもNZへ帰ってきました。東京で、会ったのが夢のようだよね~、とその後二人で日本話に盛り上がります。私の知らない日本の曲をたくさん知っています。次回は、カラオケに!と言う言葉に、J君は「……・・・。」 ← カラオケ嫌いな人。


お誕生日のP君も、パートナーと一緒に嬉しそうに酔ってました。

テキーラショット飲んで、かなりろれつがまわららなくなったりしてね。


その他、P君のルームメイトと彼女の仕事や私の近況など色んな話をしました。

彼女は、コーヒーショップで(朝6時から)働きながら、あるときは歌手としてショービジネスで働いています。この仕事で、一年間で何カ国も行って公演するそうです。コーヒーショップでビジネスマンの愚痴を聞くのも好きだけど、ステージで人を楽しませることも好き、と言う彼女は笑顔がとっても魅力的です。


久しぶりの週末に、色んな人と楽しい時間を共有!


明日は、Jちゃんのおうちでガーデンパーティーです。




一階の住人が、ホリデー中旅行へ出かけたので、彼の猫「クララ」は我が家の新メンバーになりつつあります。


学校から帰るとき、指をぱちぱちならすと草むらから飛び出してきます。そして、私の前を走りながら、玄関で待っています。


家の中に入ると、机の上に座りたがります。こうしてコンピューターを使っていると、目の前に猫。。。


クララは、鳥を捕まえたり、ねずみを捕まえたりするので、ねずみが出ることはなさそうだね、というJ君。

私は、ねずみがいないことよりも、その戦利品を目にするのが恐怖。


仕方がないですね、猫だから。

Cat Doorがあるのだけれど、マグネットでしっかりと閉まるあたりが怖いようで、自分では開けられないクララ。せっかくのキャットドアーだよ。。


お風呂用の椅子をたてかけ、つっかえ棒のようにしてドアを開けた状態にしています。

これで、クララは好きなときに出たり、入ったり。。


昨日の夜は、椅子の上で寝てました。

朝一番に起きたのは、J君でしたが。。


猫のいる生活。

のびのび、ぬくぬく。

クララ









復活祭&Holiday!

テーマ:

金曜日から学校もお休みです。

このお休みは、月曜まで続くので旅行に出かける人が多いです。私は、宿題もあるので特に遠出することはないのですが。。


休み前に、スーパーへ行き、大量に食料を買い込みました。。夕方は、普段より人が多く、レジ前は長蛇の列です。去年は、この休暇を忘れ、買出しをしなかったせいで、ひもじい思いをしました。。。


そんなことを思いながら、市内へ散歩に行きました。久しぶりに、車が少なくて静かです。

日曜日の今日は、曇りがちでしたが昨日もおとといも風のない最高のお天気。


私とJ君は、図書館で本、レンタルショップでDVDを借りてきたので、街への散歩以外は家でのんびりしています。


金曜日に隠したチョコエッグを探すため、朝から家中をひっくりかえしてました。

隠すのはリビングの中だけと限定したのですが、こんなに狭い部屋でもなかなか見つからないものです。。。


お昼過ぎに全ての卵を発見。この卵、中はマシュマロで、周りはチョコレートでコーティングされています。

初めて食べたときは、甘すぎる~、と思いましたが、今はもう慣れました。


教会へ行ったりすることのない私たちですが、復活祭の雰囲気だけは便乗して楽しんでます!












弱みを強みに。。

テーマ:

今週は、水曜日と木曜日に新たな科目が始まりました。「Client Centre Practice」です。

この学科では、これまで学んだ理論とは違って、初日から実技の練習をしました。


カウンセリング理論では、とても緊張して自分から言葉を発することがありませんでした。。。。


しかし、このクラスでは3人組となり、「クライアント」「カウンセラー」「オブザーバー」として、ロールプレイをします。練習のテーマの一つは、「クライアントの悩みをどう聞くか」、というものでした。


私はどの役割をしても「英語で練習」と言う部分で、とても神経が磨り減ります。

必死にクライアントの話に耳を傾け、カウンセラーとしての言葉を探します。正直、私が英語を使ってカウンセリングをするのは、かなり無理があるのかな。。と、思っていました。


しかし、この練習を通して、一緒に練習をしたクラスメートがこう言いました。

「相手の話を聞こうとする姿勢が、とてもよく伝わってるじゃない!すごいわ」、と。


自分ではあまりよく出来なかったと思っていただけに、とても驚いてしました。

その直後に、気づきました。私は英語を聞き間違えないよう、かなりの注意を払って話を聞いていました。それが「親身に耳を傾けている」ように、受け取られたようです。


そのことを、彼女に伝えると、

「英語の部分でハンディがあって大変だと思っていたけれど、その弱みはあなたの強みになるわよ!」と。


そして、「わからないことがあったら、何でも聞いてね」、とも言ってくれました。


このコースに入って、正直「えらいところに入っちゃった。。。」と、思ったこともあったのですが、今は「やっぱり来てよかった!」と思えます。


外国人留学生の中にいるのが、絶対心地よい!と思い込んでいましたが、大間違いでした。

今は、多くのNZ人に囲まれて、色んな話ができることが嬉しくてしょうがないです。


そして、徐々にクラスメートが「日本」と言う部分に、興味を持ち始めてくれたことも、大きな励みになっています。私が始めて、日本語を話したとき、みんなの表情が大きく変化しました。


NZにいれば、英語で話すことがごく当たり前になっているのですが、私の日本語の音を聞き、英語との差にただひたすら驚いている様子でした。


何人かが「~は日本語でなんていうの?」と質問し、私の言葉を繰り返して、つぶやいていました。

彼らの口々に言う日本語が耳に入ってきたとき、不思議と暖かい気持ちになりました。

私が抱える難しさに歩み寄ろうとしてくれたような気がします。


帰宅時は、クラスメートの一人を連れて植物園を案内。

みんなに植物園にある「Peace Flame」には、広島からの石と、平和の願いを込めて作られた池があるよ!、と話したところ、「授業が終わったら、すぐ連れてって!」と。歩きながら、日本のことや彼の母国スコットランドについて話し合ったりして。。


とても充実した一週間でした。

そして、待ちに待った木曜日。J君は真っ黒に日焼けして帰ってきました。


金曜日からホリデーです。次に学校へ行くのは、5月5日。

それまで、読まなければならない本が山ほどありますが、ほどよく息抜きしながらやってみます。