面接。。。

テーマ:

今日面接がありました。来年希望している、専門学校のような高等教育機関でのカウンセラーのコースです。


面接官の一人は、以前学校にお邪魔してお話をさせていただいた方でした。

お会いしてすぐに、「この間は、すごく楽しかったわ、今日はもう一人の面接官にぜひあなたの話を聞かせて頂戴!」と言ってくださいました。


そして、面接室へ。


面接官:Qどうしてカウンセラーになりたいとおもいましたか?どういった分野のカウンセラーとして活躍したいと思っていますか?


M:A 私は、移民の一人として、以前の外国人留学生として、自分と同じような境遇で問題を抱えている人を助けたいと思いました。今留学生のサポーターとして働いていますが、学生が新しい環境に慣れるまで様々な問題を抱えていることを知りました。ですので、外国人留学生やホストファミリー、また移民の人へのカウンセラーをしてみたいと思っています。


Q:あなたがこのコースに参加する上で、最大のスキルはなんですか?


M:A コミュニケーションスキルです。これまで年齢、性別、国籍を問わず、様々な人と働いたり、勉強したりしてきました。また、彼らとのお付き合いは基本的に長いです。


Q:犯罪履歴はありますか?


M:ありません。記録は、移民局へ永住権申請のときに提出しました。


そのほかもろもろありました、私の前の人は1時間半ほど面接されていたと思います。

私は、以前一人の面接官と既に色々お話をさせていただいていたので、非常にてきぱきと、簡素に面接がなされ、わずか15分でした。


そして、面接の最後に先生から、「あなたと来年勉強することを楽しみにしています。」と言われ、

思わずガッツポーズ。


そうです。まずは、入学許可は下りました!

いや、これからです。でも、まずはチャレンジする機会を与えられました。よかった~。


まずは、Blogの皆さんにご報告と思って書いてます。

これから、推薦状を書いてくださった方たちにも報告のメールを書きます。







AD

時間に追われてる~。

テーマ:

学校へ提出する書類準備です。それと同時に、奨学金の申請もしようと思っています。

この申請に当たり、これまで自分が成し遂げた学業、これからの仕事の将来的なプラン、金銭的な事情、このコースに入ってどれだけがんばれるか、というテーマで作文書いてます。これは、何とか完了。


そのほか、仕事のことも色々ありました。

車の故障があって以来、会社と話し合いを進めてきたのですが、車がないと仕事にならない!

という現状もあり、今月末で終了。。。ということになりました。


仕事自体は、やりがいも感じられて、すごく好きだったのに残念です。

特に、学生は短期間だったけれど、かなり慣れてくれて、今の学生がどんなことを考えているのかを知るとてもよい機会になっていました。


学生に、今回辞めることを話したら、すごく残念がってくれて、それもまた後ろ髪を惹かれました。

彼らには、仕事をやめることになったお詫びと、私がカウンセラーを目指す決心を付けさせてくれたことへのお礼を言いました。そのとき、がっかりしていた学生が、すごく明るい表情になり、私のことを応援してくれるようになりました。そんな彼らの言葉を聴くことが出来ただけでも、本当に感無量。。。

今後、別の形で彼らと関わっていけたらと思っています。


今度の火曜日は、いよいよ面接です。結果は2週間後。(日本へ行く前後)どうなることやら。。

学生との再会のためにも、がんばれ私!!! がんばるぞ!


12月1日の引越しも迫り、家の中はダンボールの山。

それと、引越しの荷物を新しい家に入れて、その翌日2日にブレナムへ行きます。しばらくBlogをアップできないかもしれませんが、合間を見て、皆さんのBlogへはお邪魔したいと思ってます。










AD

チャレンジ!

テーマ:

ダメかもしれないけれど、申し込むだけ申し込んでみた。長らく大学のコースや将来の仕事について悩みぬいてみた。その結果、この数週間で出た結論が、大学ではなく専門学校で資格をとる、というものだ。

資格は、2年でDiploma,3年でBachelor Degree。3年通えば、大学卒業と同じ学位が取得できる。


この結論を出すまでに、専門学校の先生に会わせていただいた。

というのは、私が将来やってみたい仕事と果たしてこのコースが一致するのかアドバイスをいただきたかったからだ。


このコースは、先に面接を受けて、入学出来るか決まる。

そう、私がチャレンジしようとしているのは、カウンセラーのコース。。。。


今しているお仕事がそれに似たような内容で、色々問題を抱えた学生と一緒に問題を解決していかなければならないというものだ。


しかし、素人の経験をふるに使ったところで、効率的で効果的なアドバイスをするに至らない。

学生とはそれなりにうまくやっていけているものの、とてつもない時間と精神力を注いでいる。そして、もっとうまく出来ないものかと、日々頭を抱えていた。こういった状況も、今回の選択のきっかけとなった。


何とか語学を活かし、日本人だけでなく中国語圏やそのほかの外国人留学生、またはNZへ移民した人へのカウンセリングが出来ないか、と。


しかし、そんなにたやすいお勉強ではないことは100も承知。。。。


まず、このコースの先生には、将来的な希望を伝え、果たしてこのコースがそのキャリアと結びつくかどうか伺った。このコースは、勉強の内容だけでなく、アドバイザーを付けてのカウンセリング実習も難しい部分だそうだ。。。。しかも、これまでほとんど全ての学生がNZ人とのこと。アジアの学生は、見かけないそう。


しかし、将来的な目標はこのコースの概要に合っていて、研修先はまずエージェントを探して、実際高校生にカウンセリングをすることが出来るのではないか、とアドバイスをいただいた。そして、NZ人の学生に対して外国人がどのような困難を抱えているのかを知るためにも、ぜひこのコースを受けてみて欲しいと言ってくださった。


そう、面接に通るのかもわからないけれど、まずはこのコースを受けてみようと思う。

今は、Refereeと呼ばれる、私を推薦してくれる人を探して、推薦状のようなものを書いていただく準備をしている。以前大学でお世話になった先生は、喜んで引き受けてくださった。。。ホット一息。(ついている暇はないのですが。。)そして、もう一人は実際に仕事をしている今の高校の日本人のコーディネイターにお願いさせていただいた。こちらも、快く引き受けてくださり、なおかつこの高校の主任にお話しするよう進めてくださった。この方は、カウンセリングの資格を持ち、インターナショナルオフィスの主任をなさっている。

ありがたいことに、万が一研修先を見つけなければならないときは、この学校へいらっしゃい、とまで言ってくださった。


ここまで、周りの方が協力してくださったのだが、果たして面接の結果で適性が認められるかは、わからない。。


そう、今はそんな皆さんの親切が無駄にならないよう、学校からあらかじめ用意された質問表の答えを必死に書いている。(現在、J君の文法チェック中。)


引越しは、12月1日。何も手を付けていない。。。









AD

Huimeizi さんから、バトンが来ました。「台湾」~私の好きなもの、です。


Q1: PC.または本棚に入っている「台湾」


殷 允〓, 丸山 勝
台湾の歴史―日台交渉の三百年

Q2: 今妄想している「台湾」

Mango  マンゴーカキ氷。。。


Q3: 最初に出会った「台湾」


小学生のとき、父親のお友達である台湾人の方と出会い、家の中が台湾からの贈り物であふれていたのが、初めての台湾との出会いです。家には、蝶の標本タイプテーブルクロスとか、額に入った蝶、扇子になった蝶。。。そう、やけに蝶を思い出すのです。

あとは、1999年にボストンへ留学したとき、一番初めに仲良くなったのは台湾人のNikoでした。

彼女との交流や、そのほかの台湾人たちとあれほど親しくならなかったら、台湾へ留学していなかったかな。。と思うことがあります。


Q4: 特別な思い入れのある「台湾」


やっぱり、台湾にいる人たちです。

友達、先生に会いたい。。私は、どこの場所に対する思いも、その国と言うよりそこに誰がいるかで、えらく思い入れが違ってくるのです。そして、私の場合台湾でJ君に出会いました。お友達のHuimeiziさんとも台湾へ行かなければ、今頃NZでこのバトンを書いていることもなかったはずです。私にとって、素晴らしい人の出会いを与えてくれた台湾は、本当に特別で不思議な縁を感じる場所です。


Q5: 最後にバトンを回したい5人

え~と、どなたか台湾に詳しい人がいたらお願いしたいです。。

結婚観の違い。。

テーマ:

NZで暮らしてみて、結婚していないことは何の障害にもならず、パートナーと共に暮らすことは、現代カップルの象徴ぐらいに思えて、気分もいい。実際、韓国人の友人は「パートナー」と呼びたいがために、ご主人に「離婚して~」と言ったほど。

昨日、母へ電話をして「これまでちょいとお借りしている借金の返済準備をしたい」と伝えたところ、大体の金額は照合できた。しかし、母から言われたのは、「父が結婚はどうするんだ?」と聞いているらしい。。


久々耳が痛い。

実際、結婚する必要があるのかNZで暮らしている上で、あまり深刻に考えたことがない。すでに、彼のサポートで永住権を手にし、国からの社会保障も受けている。結婚をしていても、していなくてもNZで誰かに卑下されたり、年齢を笑われるようなこともこれまで一度もない。


私は、今羽が生えたのごとく、のびのびと暮らしている。彼と一生暮らしていく覚悟も出来ている。日々、どうやって二人の生活を向上させていけるか、話し合っている。そして、いつまでも愛情あふれる生活をしていきたいと、思いながら相手に接している。こういう生活を、私の中では「幸せな生き方」だと思っている。


それでも、父の気持ちも痛いほどわかる。

来月私がJ君と帰国したとき、知人にどうやって紹介するのか、お互いどうやって呼び合うか、など。。

複雑な気持ちだろう。。私からすれば、小さくて、どうでもいい事が、親にとってはそうではないのだ。


日本では、確かに結婚する人の平均年齢も上がってきているとは言え、私はその適齢期を大幅に過ぎている。父は、私を笑って送り出せるような、気持ちになれるきっかけを待っているのだ。ひそかに娘の結婚を心待ちにする父。こうやって、書けば書くほど、申し訳ない気持ちにもなる。期待にこたえていない自分に。


もし、友達から私の身の上と同じ話を聞かされたら、私はきっと「お父さんにとっての幸せは、子供が幸せになることだから、いつかわかってくれるよ。」と、励ましていると思う。深く考えすぎないようすすめて、今の生活を大事にすることを忘れないほうがいいよ、とも言うだろう。でも、自分のこととなると、父を思う気持ちに対する複雑な気持ちは、何とも吹っ切れない。NZへ来て、いろんなことは吹っ切れたと思っていたけれど、そうじゃなかったことに気がついた。


誰かが聞く。

「ところで、J君は、結婚の意志はあるの。。。。???」


「あると思います。」と、速攻答える。でも、「今ではないと思うんです。」


うまく言葉に出来ないけれど、彼は自分が「結婚する」というものが、まだピンときていないはずです。周りにも、たった一人しか結婚をした友達がいないし、彼の4人の兄達、姉のなかでも、結婚をしているのはたった1人の兄だけ。彼のご両親は、「結婚」という形にとらわれず、子供たちにそういうプレッシャーを与えないようにしてくださっている。


私の場合、ここへ来て親のプレッシャーも感じてきた。

でも、私自身今すぐ結婚したいとは本当に思っていないのですよ。参った。。


日本へ行く直前に、J君に話しておこうと思う。

妙なプレッシャーや、冷たさ(結婚をすると公言していないことで)を父から感じるかもしれないけれど、これは日本のある一人に父のさびしい気持ちから来るものなのだと。。。


そして、日本では父に、「結婚は、もう少し時間をください」と。。

しっかり、今の気持ちを話してくるつもり。









引越の続き。。。

テーマ:

前回お話していた、次のテナントが決まりました!

結局、前回の第一候補の男性が、パートナーを連れてきて、彼女は部屋を見てすぐに気に入ってくれた様子。しかも、このお二人初めて一緒に暮らすとか何とかで、ものすごいラブラブな雰囲気が漂ってました。

さっそく、J君が不動産屋に電話をして、翌日二人を連れて無事契約を済ませてきました。


これで、肩の荷が下りたといわんばかりに、部屋を散らかす私。。

また、掃除しないといけないんだけどね。。


これで、あとは新しい引越し先に荷物を入れる日を確認して、引越し屋さんを手配する。

希望は、12月1日。


新しい家には、友達のご主人がそこでまだ住んでいるので、私とJ君は、荷物だけ入れさせてもらい、すぐに彼の実家があるBlenheimへ。


クリスマスの時期、今年は日本へ行っているので、そのご挨拶。

最近は、仕事や学校のことで色々忙しくしていてあまりアップをしていませんが、そのうち次に越す家の写真でもアップします。





引越するぞ~!

テーマ:

今日J君が、これから引っ越す家の契約をしてきた。

今住んでいる地区と同じで、今度はボタニックガーデンの隣だ。

2階の窓から見ると、緑が目をふさぐ。しかし、この家は築130年以上。。

ガイドブックにものるくらいだ。ちなみに、「ウェリントンの歴史的建造物めぐり」。。。。。。

時に観光客が散歩するくらい珍しい地区らしい。。


そう、今はその引越しに向けて現在住んでいる家の契約(来年一月末まで)を引き継いでくれる人を探している。これは、かなりドキドキする。万が一見つからなければ、家賃をダブルで払うことになる。このお金は、日本での旅行に関係してくる。なんとしても、毎日ミスタードーナッツ食べ放題、秋葉原で電化製品購入の資金を確保せねば!


私は、早速NZのオークション等のウェブサイトをチェックした。

テナントを探すには、約1700円支払わなくてはならない。見つからなくても、返金はなし!


Flat 広告用写真          flat


<広告用写真 キッチン&リビングルーム>


14日に写真と広告を出した。翌朝メールを開いてみると、なんと10件近く問い合わせがあった。すごいよ、このウェブサイト!しかも、今日の時点で広告を見た人は500人を超えている!

色んな人に返信をしながら、実際に部屋を見たい人と時間を調整する。


それと同時に、大掃除だよ~。

第一印象は本当に大事。

睡眠時間を削ってまで、あれこれ整理整頓をしまくった。J君は、朝のほうが動きが良いので、お先に就寝。


必死に片付けた翌日。

一人目の女性は、一分と立たないうちに「うん、ありがとう、それじゃ」と、あっけなく帰っていった。


二人目は男性は、かなりの好感触!

彼とは、ちょっと面白いやり取りがあった。


J君不在のときにもメールの問い合わせは続く。不動産屋じゃないけれど、こういう契約者探しは、スピードが大事! 最長2週間が勝負だと思っている。

いい物件であれば、3日と立たないうちにすぐに契約されて、広告から姿を消していくからだあまり気に入られない物件は、下手すると数ヶ月広告に乗り続ける。。(なぜか、NZへ来てから物件探しのウェブサイトを眺めるのが日課になっていた。しかも、かなり楽しんでいる。。)


そうなってはいけない!という思いで、J君の文章チェックを受けずにどんどん返信や電話連絡をしていく。こうなったら、でたらめ英語でも伝わればいいの!


この二人目の男性は、実は他の物件と間違えてメールを出してきた。

そこで私は、「この物件は、000(住所)のもので、金額は00です。どうやら、お探しの物件ではなかったようですが、とにかく物件探しがんばってください。Good Luck!」と書いて返信した。

彼は、あわてて返信をくれて、「興味あります!ぜひ、見せてください!」といういきさつがあった。


昨日は、一人で見に来たので、すぐに契約とは言う訳にはいかない。。。。

彼は、パートナーを連れて今日ここへ来るのだ。それも、後十分後に。。

ピアノの先生をしている彼女が、個人クラスを開いても大丈夫な物件かどうか、そして気に入るかどうか、確かめに来る。


だから、まだ決まっていないのですよ。。

彼らの後は夕方から3組見学の予定。気分はすっかり、オープンハウスのショールーム案内係。

でも、日本のようなファンシーな物件ではないんです。かなりのボロ屋。。


何はともあれ、床や台所をピカピカにして、待ってますよ!

どうなるんでしょう~~~~???













イライラモード

テーマ:

引越しのこととか、今後のことが色々頭にあって、すごくイライラしていた。

この短気め!と、自分を叱責しても気持ちは非常に荒波だ。


そんなときに、「奥様ですか?ちょっと調査しているのですがご協力いただけませんか??」という電話がかかってくる。


「すみません、今忙しいんで。。。」と、交わそうとした。。。


しかし、相手も手ごわい。

「また、後出かけますからね、それじゃ」


それから1時間後に電話が鳴る。

「ハロ=!!!」ちょっと、気合の入った出かたをしてみた。


「もしもし、まゆみ?Jのママだけど。。」


冷や汗もの。。。。

「あ、はい、どうも。。。J君は今出かけてるんですけど」

しどろもどろに答える私。


「大学からJ宛ての手紙が届いてるから、それを知らせて欲しいんだけど。。」


あ、それはJ君が待ちに待っている、テストの結果だ!!!

「わかりました、それはJ君が待ち望んでいる手紙です。帰ったら、電話させますね。」


しばらくして、J君を迎えに行くことになっていた。

早めに出て、スーパーで買い物をして。。。。と、お財布、携帯。。。玄関のドアを閉める。ガタ。。


「あ‘‘~!!!かぎ忘れちゃった。。」

もう、後には戻れない。。


仕方なくスーパーへ向かう。J君の携帯にメッセージを残す。

「ごめん、かぎ忘れたから迎えにいけない。。スーパーで私を見つけて。。。」


とぼとぼと、今日の失敗を振り返り帰宅する。

J君は、電話に飛びつきお母さんに電話。


「お母さんが、僕のテストの結果を持ってるなんてね~。届いてるんでしょう?」


J君母 「ええ、オタゴ大学からのね。」


J君⇒ 以前オタゴ大学の大学生、現在ビクトリア大学の大学院生


J君「…。ママ、ごめんよMayumitaが勘違いしたみたい。。でも、話せてよかったよ。」


受話器が置かれ、テストの結果をまだ聞くことが出来なかったJ君。。がっくり。


あらためて英語もまだまだ全然だめじゃない。。と、私もがっくり。


イライラモードのときは、やることなすこと、うまくいかない。

そそっかしさが増す。。昔から変わってないよ。。。

でも、そろそろ変わりたいな。。






NZのお魚事情。。。

テーマ:

NZへ来てからも、週の半分以上は魚を食べています。お肉は、もともとあまり好きではないので、食べるとしたら鶏肉ぐらいです。


正直なところ、NZへ来る前は自然が豊富なNZならお肉もお魚も安くていいだろうな~、何て思っていたのですが、全然安くないんです。


先日、大学へ行ったついでに以前の先生を訪ねてみました。先生は、今辞書センターというところで、研究をしています。この辞書センターと言う場所は、NZの新語を探して辞書に載せるかどうかなどを話し合ったりしていて、とにかく語彙、語彙、語彙の探求なのです。


先生に今どんなことをしているのか尋ねたところ、「NZの魚の名前」を調べているそうです。

NZで売っている魚の名前は、いったい何語なのかわからないものが多いです。

Tarakihi(日本名ミナミフエダイOr シマクロダイ)は、マオリ語かラテン系か。。Gurnard(ホウボウOrカナガシラ)は、英語のような気もするし。。(日本名は魚介名検索 から探した名前です。)


そして、先生から教えてもらったNZのお魚時事情。

なんと、90%が輸出用。


わずか10%のお魚の中から毎日の夕食献立を考えている私。

日本のお魚コーナーは、お魚の種類と安さが魅力ですよね。。。


とは言え、日本もかなりNZから輸入しているのではないかと思います。

そして、NZ国内の魚も輸出価格の関係でお値段が高くなってしまうそうです。


さらに、そのお値段が高くなる理由のもう一つは、ほとんどのお魚の皮と骨をとってあることでしょうか。

(これは、私の推測ですが。。)

料理をするにはとても便利ですが、私としては皮付きでいいから安くして~、という気分。



呼び方。。。

テーマ:

韓国人の友人と会った。

彼女も来年から大学行きを検討していると言うことで、2人で意見交換などをしてみよう!


と、言うことになっていたのだが、会えばたわいのないおしゃべりに花が咲く。。


彼女は、大学卒業してまもなく今のNZ人のだんな様と出会って、結婚後初めての外国がNZ。。。

知り合いは、だんな様一人。。


すごい決断だな~、と思っていたのですが、ある意味彼女のように大学卒業、就職、出会い、結婚、。。というストレートなラインにものすごくあこがれていた。


短大、就職、失恋、退職、フリー、結婚意識、失恋、留学、。。。。。。。。私なんて、書き切れないよ~。


しかし、そんな彼女にとっての憧れは、「これが私のパートナーです。」と紹介すること、だそうだ。。

今の彼女の立場では、やはり「これが私の主人です。」と紹介しているらしい。


結婚をしていると、「主人です」。。。

結婚をしていないと、「パートナーです」。。。。結婚してても、パートナーって言ったら変なのかな。。


私は、NZで色んなカップルがパートナーと言う言葉を使っているので、あまり深く考えたことがなかったのですが、彼女にしてみると、「パートナー」という言葉は、結婚と言う制度にとらわれず、自由で、しかも現代的な響きがするそう。。確かに言われて見れば、そんな気もする。これは、同性愛者であっても使える言葉だし。。


友人は、ある日だんな様に「私と離婚して!」とまで言ったそうです。そして、「離婚しても、あなたのパートナーとして一緒に暮らせるから!」と。


彼女の申し出に対してだんな様。。。

「僕と離婚して、そのあともう一度プロポーズしたら結婚してくれる?」と聞いたそうです。彼女は、「だめ~、私はパートナーと呼び合いたいの~」と言ったらしいのですが、だんな様は「離婚したら、もう再婚してくれないから、離婚はしないよ!」


こんなやり取りからも想像できるように、お2人は夫婦円満。しかい、呼び方へのあこがれを持つ主婦の友がいると知って驚いた。


私は、日本に帰ったら彼を、「相方」と紹介するつもりでいた。ちなみに、韓国語には、まさにこのパートナーに該当する言葉があるそうだ。籍は入っていなくても、生計をともにしている場合の呼び方。。


日本語はなんだっけ?と思って色々考えた。

あった!!!「内縁の夫(妻)」だった~。なんか、でもこれで紹介するとみんなどんな反応するんでしょう。。これって、日本の公に紹介するとき、使われるんでしょうか??


広辞苑にある説明では、まさにパートナーに意なんだけど。。。。

よし、この呼び方も使ってみようか・・・。