「夢見の森」に眠り、本当の自分に目覚める

夢見:シャーマニックな文化の成員が夜ごとの夢をシェアするように、北海道洞爺湖畔に位置する「夢見の森」に、眠り、目覚め、いわゆる進化・文明の発達の影に失われた、古代の叡智を授かる場です。


テーマ:


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

例えば家族や結婚についても。

 

門認定アドバイザーの高橋真由美です。

 

お仕事してると、親の呪いにかかった、その呪いはとくのが容易ならざるクライアント多数なことに、今更ながら驚きます。

 

私自身もまだまだ脱洗脳の途上ではありますが、
 

そもそも反抗期が小学校中学年から始まってた

 

手始めに親の下の名前を呼び捨てにしてました。どんなに殴られても決して諦めなかったら、相手もそのうち根負け

なので、

 

親の期待とか全面的に粉砕して生きてきた分、呪いはあんま効いてないのであった。

 

さっきの脱洗脳リンクにもあった

 

世間に恥じない

 

というセリフ頻発されましたけど、こてんぱんに粉砕。

さっきシェアしたさとうみつろうさんの悪魔の話にもあったけど、
 

善人の敷き詰めた不幸に乗っかるのは、もうやめようじゃないか。

 

私のお仕事
www.yumeminomori.jp/mon

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

脱洗脳がらみで

この情動、って脳の扁桃体に宿るんじゃなかったかな?

とにかく、失敗しないように過去のデータベース参照して、とかくチャレンジさせないように働くのが扁桃体。

扁桃体を手なづけよう!

 

「洗脳され、思考停止した人」が好んで使う5つの言葉

https://kuritoritarou.com/post-1076/

 

(以下引用)

情動は脳のどこで司られているのでしょうか。情動と密接な関係のある脳の場所は、系統発生的に古い脳である「大脳辺縁系(Limbic system)」と呼ばれている大脳の内側に広がっている脳の部位です。この大脳辺縁系の中でも、扁桃体(Amygdala)(図1)が情動の発現に重要な役割を果していることが、これまでの研究で明らかになっています。

 そして、この扁桃体と密接な線維連絡のある「視床下部」やこの部位と線維連絡のある「中脳中心灰白質」も、情動の表出─情動に伴う自律神経系の反応(心拍数、呼吸、血圧の変化)や 行動面での反応(恐怖の場合のすくみ反応(Freezing)や逃避反応、怒りの場合の攻撃反応)の生起─に関与していることがわかっています。つまり、扁桃体─視床下部─中脳中心灰白質という1つの系が情動に関与する脳の部位であるというわけです(図2)。 -
図2 情動(恐れ、怒り)に関与している脳の部位
この扁桃体─視床下部─中脳中心灰白質の系をより上位から制御している部位として、大脳の連合野、とりわけ、前頭連合野の情動における役割も無視できません。

図3 快情動に関与している部位(★) - なお、情動の種類によって(たとえば、恐怖と怒りでは)、扁桃体、視床下部、中脳中心灰白質の各部位内で関与する領域が違っていることも明らかになっています。

http://www.brain.riken.jp/bsi-news/bsinews3/no3/special.html

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。