テーマ:
先週は、京都の大徳寺の月釜へ行って参りました。

瑞峯院のお席では、たくさんのお道具でおもてなしをいただきました。

その中でも、一休和尚の墨蹟には
「形式ではなく、心を磨くべし」と。

宗匠奥様お手作りのお干菓子も頂戴しました。



大徳寺瑞峯院の石庭。

{37EC898A-8A78-4BF7-932C-E2A9EB5B7DBC}


{319590EC-9EAA-4A1E-B557-75A474F2DA07}


「何事も一所懸命にせなあかんのや」
「茶道は調和・平和」

宗匠がお話になりました。


茶道が伝えることは、それに尽きます。

【心を磨くこと】

【魂を進化させること】

進化した魂が増えれば増えるほど、この世の中は調和して平和になります。

調和や平和は、反戦運動をすることよりも、もしかしたら一人一人の魂の進化、心磨きによって叶っていくものだと思います。

争いや病気がなくなるわけではない。

けれど、争いや病気や天災と、折り合いをつけていけるしなやかさ、心や体がぶれないでいられる宇宙のような視点を手に入れることで、そのことに幸福の拡大を邪魔されないようになるのです。

自分自身の感覚を取り戻し、見つめ直し、心を磨く時間と場所として、茶の湯があります。



いつか生徒さんたちと一緒に、大徳寺の月釜へ行きたいと思います。



さて番外編としては、京都でひなみの川端友里さんにご案内いただいたランチをご紹介します。

お米やさんの店先を通り抜けた奥にある、洋食屋さんのハンバーグ。

{10FB9F31-2E16-4526-94CF-BDDC41AEC653}


{BD2D69AA-6EE8-4F5E-99B7-83000580D98C}

手作りハンバーグはもちろん、さすが、お米やさん。玄米が柔らかくて美味しく炊けています。


デザートには、老舗フルーツパーラーのレモンゼリー。

レモンそのままの味と
絶妙なゼリーのかたさ
蓋を搾ったレモン汁と生クリームのバランス‥

忘れられない味でした。

{D61CFFA5-40F7-46D0-AA5E-AE290BF0B0BF}


京都生まれの川端さんの、京都ならではのお話も楽しくて楽しくて。

またお邪魔したいと思います。


{5657F1AF-13CD-449E-A534-F9619FFF5B9E}

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

水上繭子 暮らしをより上質なものにさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります