テーマ:
アーユルヴェーダの料理・ホームケア講座の受講生の方から、報告のメッセージが続々と届きます。


Yさんは、病気の治療によって、嚥下障害があり、固形のものを食べるには1時間以上も時間がかかり、また息がもれるために呼吸が浅いと言います。

それで、つい、ご自分の食事には手抜きで、インスタントラーメンなどで済ませてしまうのだといいます。

以下、ご紹介します。



今日は何も予定が無く、自分ファーストのご飯作りに挑戦。

お昼はレタスのチャーハンをギーで作り1時間かけてお茶碗大盛り一杯分を完食。

夜ごはんは、ムングマメと新玉ねぎをクミンシードとっても炒めてからコトコト煮て、塩で味付け。

ミキサーにかけてトロトロにしたら、土鍋に戻してカレー粉、パプリカパウダーを加え、乾燥湯葉とレタスを入れて再び火にかけましたよ。

なんて美味しんでしょう。

自分のでために手間をかけ、喉にも詰まらない食事がストレスフリーで一口ずつ、ゆっくりと味わって頂きました。

そうしたら
なぜか涙がポロポロ。

身体が喜んでくれたのかしら?
こんな幸せな感覚を食事で体感出来たのは何年ぶりでしょう⁈

わたし、食べる事を諦めないでいたいと心から思いました!!

健康になる為の努力を続けます。

どうか、これからも、わたしが本当の健康な身体を手に入れるために先生のお力を貸して下さいね。

そうめん、インスタントラーメン以外で詰まらずに食べられるって、本当にストレスフリーで幸せです。

‥‥(数日後)‥‥

インスタントラーメン断ち1週間が経過しました。

スープ作り、お粥と、順調にいってます。

スープやお粥だと
全く詰まらないメリットがありますが1時間もすると直ぐにお腹が空きます。


‥‥(数日後)‥‥


今朝は身体がとっても軽くて、めまいも立ちくらみも一切ありません。

お白湯、ムングマメと野菜のスープ、お粥に切り替え4日目。

この食事は食後眠くなりません。

昨日、3時のお茶の時間にどうしてもお腹が空いてコンビニでサラダを購入し一時間かけて食べたら…食後あっという間に眠気が襲い、身体が重く動けなくなりました。

きっと消化に時間がかかり血液も消化器に集中するからなんでしょうね。

身体の声、変化を感じる事が楽しみとなりました。

蓮村先生のお白湯について書かれた著書も昨夜Amazonで注文しました。

正直2回目までのアーユルヴェーダ料理教室では
ここまでの凄さは分かりませんでした(笑)

でも、知れば知るほど凄いですね!

わたし
絶対に健康になれると自信が出て来ましたよ。

繭子先生ありがとう。



アーユルヴェーダでは、食は瞑想でもあると言われています。

体の外側から内側に入り、出てくるものは、食べ物と呼吸です。

その2つが私たちの肉体の細胞を作ります。

でも、私たちの体は、エンジンとガソリンのように良いものを食べるだけでは、生命エネルギーにはなりません。

「誰が」

「どのように」

食べるか、も大切なのです。



Yさんは、嚥下障害がありますので、まずは、消化によいスープの形にして、体力や生命エネルギーを満たしていく必要があります。

そして、何よりも、

自分が健康になることが家族のためであること

自分が幸せになるために時間や手間をかけること

このことが、とても大切なのです。



このことが、正しい知識です。



正しい知識に基づいて、自分をとことん満たす。

満たしきれたら、その生命エネルギーを周りの人たちに分け与えることが出来るようになります。

Yさんの変化を、私も楽しみにしています。

{2D0E33A6-E7D1-4103-9675-5254D58AD375}

インド料理を作るのではなく、日常生活に取り入れやすい献立で、アーユルヴェーダ的な食べ方をお伝えしています。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


次回、アーユルヴェーダ講座は

6月1日(木)10時30分〜14時00分

6月15日(木)10時30分〜14時00分

6月21日(水)10時30分〜14時00分

体質診断も受け付けています(5,000円)




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

水上繭子 暮らしをより上質なものにさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります