テーマ:
私のブログを見た友人が、お子さんの受験のためのお洋服をオーダーされることになり、15年ぶりに、Nさんのアトリエにご一緒させていただきました。

Sちゃんは、先日、親子茶道体験にも来てくださったので、「まゆこ先生」と呼んでくれます。

歴史が大好きで、甲冑やお城にも興味がある、クールビューティーな5才の女の子。




Nさんもアトリエも、15年前と変わることなく、かわいいお洋服たちが、たくさん並んでいました。

娘たちの時代に比べて、受験界は、圧倒的に紺が主流になっているよう。

就活生と同じですね。

なんだか、みんな同じではつまらない気もするのですが‥。



紺が主流とは言っても、Nさんのアトリエには、いろいろな紺色の生地の、いろいろな紺のジャンパースカートがあります。

光沢のある生地

マットな生地

ふわっとした生地

明るい紺

グレーブルー

濃紺

デザインも形も、様々です。



Sちゃんは、長女のものが気に入っていたそう。



早速、いろいろ試着してみました。

最初に着たブラウスが、さらさらして気持ちいい、気持ちいいとSちゃん。

普段着の子ども服のような柔らかい木綿やトレーナーのような肌触りとは違い、大人の木綿のブラウスと同じ、さらっとした生地。

違いを感じるのですね。

大切な日こそ、気持ちよく、ストレスなく集中できるように、着心地はとても大事!!

↓これは、うちの娘の時のブラウスです。

{C3002F99-9F59-4D37-9829-253D4588DDBC}


次は、ジャンパースカートの試着。

ここからは、私の稚拙なイラストでごめんなさい💦

Sちゃんは、くるみボタンが気になる様子。

{FEFAA226-AFE6-473A-A24C-15F393E21C13}

Sちゃんはお顔がキリッとしているので、ふんわりスカートでない方がいいみたい、とNさんのお見立て。


{25C6ACEB-CDDD-43A8-B684-BE16CB823BD8}

ベルベットのウエストベルトに、くまさんの耳のような飾りがついているグレーのものも、華美な感じがなく、上品な愛らしさがあって可愛かったのですが、ボックスプリーツも、細身なSちゃんには重たい、と。




{2300250B-11BF-4492-BFA1-A84B3F1A6479}

そして、ハイウエストのAラインタイプの、シンプルなスカートが、Sちゃんの可愛らしさと聡明さが、スッキリ出るようでした。

シンプルなデザインなので、生地の美しさが一際光ります。

プリーツは、前に一つだけなので、椅子に座る時もお尻のゴワゴワが気にならず、プリーツの乱れもありません。



Sちゃんは、くるみボタンがとても気に入っていたので、ボレロにつけましょうね、ということになりました。

刺繍は、青い薔薇の刺繍を自分で選んでいましたよ。

小さくても、ちゃんと好きなものがあるんですよね。

思わず、娘たちの小さい頃を思い出しました。




Sちゃんの書いた、お気に入りのネコのキャラクターをハンカチとティッシュケースに刺繍してもらうようです♫

お嬢さんを見る、友人の姿も印象的。

30代前半で、3人の子どもを抱えてバタバタオタオタしていた私とは違う、大人になったからこその穏やかな眼差しでした。


お子さんの入学式、卒業式や試験など特別な日のためのオーダーメイドの子ども服をつくるNさんのアトリエは、完全ご紹介制だそうです。

お気軽にお問い合わせください。





‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

水上繭子 暮らしをより上質なものにさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります