mayuの上原彩子さんと浦和レッズと音楽 ブログ

上原彩子さんと浦和レッドダイヤモンズ(三菱時代から26年目のサポです)と音楽をこよなく愛するブログ

上原彩子さん、2013年にUSLPGA参戦の目標を見事に達成されました(^O^)

海外メジャー制覇の目標に向かって、邁進されますことを、期待しておりますo(^-^)o


「いいね!」記事を全て付け終えました皆様には、

「なう」・「facebookの いいね」にて記事を紹介させていただいております。

「なう」・「facebook」も、ご参照の程、宜しくお願い致します。いつも、ありがとうございます!

NEW !
テーマ:

【浦和】DF槙野、開幕戦3失点「守備陣として反省」 
・柏木「(前半は)みんなが立ち止まってしまっていて、うまくボールが回っていなかった」 
・後半に入り、3-4-2-1から4-4-2に近い形に。興梠が最前列へ上がり、 
 柏木がトップ下へ、ボランチだった阿部がDFラインに下がった 
・柏木「後半の20~30分間はすごくよかった」 
・遠藤「逆転してから(DFの人数を)4枚にするのか3枚にするのか、選手は4枚のままでいこうと話していたけど、 
 意思統一しきれていなかった。(斎藤を)あれだけスピードに乗せてしまうと」 
・槙野「2度、完全に崩された。去年はこのような形は数回程度しかなかった。守備陣として反省し、話し合いたい」 
http://www.nikkansports.com/soccer/news/1784069.html

 

柏木の代わりに入った那須は、致命的にダメだったなビックリマーク

 

本当に まともなDFが全然いないビックリマーク

これじゃあ、残留争いだろ!!

 

ラファエル・シルバにしても、例年、肉離れで稼働率が低いから、

1年間通しての活躍を期待してはいけないビックリマーク

 

MDPの表紙が、元気音譜

234 長谷部誠※ 
234 奥寺康彦 
224 瀬戸貴幸※ 
222 中村俊輔 
204 本田圭佑※ 
203 中田英寿 
184 岡崎慎司※ 
182 松井大輔 
167 長友佑都※ 
152 香川真司※ 
152 ハーフナー・マイク※ 
145 吉田麻也※ 
141 小野伸二 
139 稲本潤一 
137 川島永嗣※ 
135 高原直泰 
127 酒井高徳※ 
121 清武弘嗣 
115 乾貴士※ 
113 酒井宏樹※ 
112 細貝萌※ 
106 久保裕也※ 
104 内田篤人※ 
104 森本貴幸

 

何このシュート・コースにすら入らない5人のクソDFパンチ!

 

【公式ハイライト】横浜F・マリノスvs浦和レッズ 明治安田生命J1リーグ 第1節 2017/2/25 
Jリーグ 公式チャンネル 

https://www.youtube.com/watch?v=HAU2_4Wir78

 

小野伸二の娘さんだってビックリマーク

 

DAZN、使えねー!!

カクカク、止まってばかりで苦情殺到しろよビックリマーク

 

https://my.dazn.com/ContactUs/JP-ja

 

ねすぼ@********** 
ガンバの開幕戦を見に代々木HUBまで来たのに、DAZNが回線ウンチすぎてガンバ戦映らず、 
ガンバサポが揃いも揃って静かにチェルシー戦を眺めている構図。DAZN終わりすぎ。 
https://pbs.twimg.com/media/C5k6x7CVMAAbwkq.jpg

DAZNブースで普通に止まっててワロタ 
https://pbs.twimg.com/media/C5kc_luVUAAsGUs.jpg 

2月26日(日) 15:00:02

 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170226-00010016-soccermzw-socc

DAZNがJリーグ中継で2日連続のトラブル G大阪対甲府戦がキックオフから配信されず抗議殺到

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

John Lennon-Power To The People-Offical Video-HQ

 
この曲を初めて知ったのは、内田裕也さんが、東京都知事選で
政見放送 冒頭で歌った場面でしたビックリマーク

内田裕也政見放送「完全版」

https://www.youtube.com/watch?v=3BLp1IUEkik
 
政見放送で「F●UCKIN'」と言ってます爆弾
NHKは、カットしないし、ピーも入れないんだなべーっだ!
 

1989年 大日本愛國党 赤尾敏総裁 最後の立候補(字幕付き)

 
これまでにジョン・レノンを更新した曲は、下記です。

内田 裕也(うちだ ゆうや、1939年11月17日 - )は、日本ミュージシャン俳優である。本名、内田 雄也(読み同じ)。

 

夫人は女優の樹木希林。娘は内田也哉子。また、内田也哉子と結婚した本木雅弘は娘婿に当たる。身長174cm。血液型B型

 

兵庫県西宮市出身。1959年に日劇ウエスタンカーニバルにて本格的なデビューを果たす。以降、グループ・サウンズ・「内田裕也とザ・フラワーズ」のヴォーカリスト、フラワー・トラベリン・バンドのプロデュース活動などを経て、1970年代後半からは俳優としても活躍し、映画出演や監督なども手掛ける。

また、映画『コミック雑誌なんかいらない!』や『エロティックな関係』などでは脚本も担当した。口癖は「ロックンロール」(Rock'n Roll)。

 

兵庫県生まれだが大阪府堺市育ち[1]。堺市立大美野小学校〜堺市立三国丘中学校入学(1952年[1]。中学二年の時、清教学園中学校に転入(一期生)[1]、翌1953年大阪市立旭陽中学校へ転入[1]1955年大阪府立旭高等学校へ入学[1]。少年時代は発明に凝るなど、真面目で勉強熱心なタイプで、清教学園中学時には生徒会副会長を務める[1]。中学ではラグビー部、高校では野球部に所属[1]

しかし、エルヴィス・プレスリーに憧れたことで学校をドロップアウトし、旭高等学校を退学して1956年大阪府立三国丘高等学校夜学に転校する[1]

1957年、高校中退後[2][出典無効]バンド・ボーイとして音楽生活を開始し、間もなく佐川ミツオ(現・佐川満男)と共に、バンドボーイ兼ヴォーカルとしてロカビリーバンドのブルー・キャップスを結成する[1]

 

関西出身のため、プロ野球阪神タイガースファン(阪神ファン)である[3]

 

1960年かまやつひろしなどとサンダーバードへ参加するが、ジャズ志向が強いバンドであったため脱退し

山下敬二郎とレッド・コースターズ、田川譲二とダブル・ビーツなどのバンドを渡り歩く。

 

1962年寺内タケシとブルージーンズにヴォーカリストとして参加する。

 

1967年、春頃から3か月ほどヨーロッパに渡る。オーストリアドイツイタリアスペインロンドンフランスを放浪し、クリームジミ・ヘンドリックスピンク・フロイドジャニス・ジョプリンなどの新しいロックを体験する。

その経験を活かし、同年11月に麻生レミをヴォーカルとしてフラワーズ(バンド)を結成し、ジャニス・ジョプリンやジェファーソン・エアプレインなどのカバーを中心に、ジャズ喫茶でのライヴ活動を展開する(レコード・デビュー前の音源として、一柳慧の「オペラ横尾忠則を唄う」(正式な発売は1970年3月に発売)がある)。

 

1970年、前年年末にフラワーズへ参加したジョー山中(ヴォーカル、元・4.9.1(フォー・ナイン・エース))、石間秀樹(リードギター、元・ビーバーズ)によりサウンド面が強化され、1970年1月26日に開催されたコンサート「ロックンロール・ジャム'70」(同録音は後にレコード化される)では石間がシタールを使用するなど、意欲的な演奏であったが、同時期にメンバーの麻生レミと小林勝彦(スチール・ギター)が渡米のため脱退する。このため、メンバーを新たにピックアップして同年春にはフラワーズをフラワー・トラベリン・バンドとして再編成するが、自身はヴォーカルを降りてプロデュースを担当する。同年10月にデビュー・アルバム「Anywhere」を発表する。日本万国博覧会(通称・大阪万博)で出会ったバンド、ライトハウスのプロデュースを手掛けていたヴィンセント・フスコーが興味を持ったことやオリジナル曲によるアルバム製作も可能となったため、

12月には自身とメンバーがカナダへと渡った。

 

1971年、4月に当時発足したばかりのワーナー・パイオニア(現:ワーナーミュージック・ジャパン)のアトランティック・レーベルから、フラワー・トラヴェリン・バンドとして2枚目のアルバムとなる『SATORI』を発売。その後、1972年2月にライトハウスのキーボード奏者ポール・ホファートのプロデュースによる3枚目のアルバム『Made in Japan』、

1973年2月にはカナダより凱旋帰国後に行われた1972年9月16日の横須賀文化会館でのライブ音源に、スタジオ録音の新曲を加えた2枚組として4枚目のアルバム『Make Up』を発売

するが、1973年4月の京都円山公園でのコンサートを最後にフラワー・トラベリン・バンドは活動を休止する。

 

1973年、初のソロアルバム『ロックンロール放送局(Y.U.Y.A 1815KC ROCK'N ROLL BROADCASTING STATION)』を発表。10月には悠木千帆(現・樹木希林)と結婚。12月には年越しロックイベント「フラッシュ・コンサート」を開催する。

 

1974年8月にワンステップフェスティバル1975年8月に第1回ワールドロック・フェスティバルの主催、ジェフ・ベックニューヨーク・ドールズなどの来日に尽力するなど、1970年代中盤からは日本国外のアーティストの招聘に労力を注いだ。

 

1970年代後半からは映画俳優としても活躍し、神代辰巳監督の『嗚呼!おんなたち 猥歌』では、本人のキャラクターを活かした歌手役を演じた。また、『コミック雑誌なんかいらない!』『魚からダイオキシン!!』では脚本・主演を兼ね、いずれも衝撃的な作品として評判となった。

 

1981年離婚届を区役所に提出するも、樹木は離婚を認めず、訴訟となり、離婚無効との判決が下る。[要出典]

 

1991年にはアントニオ猪木が一度出馬表明しながら撤回したことに触発され、東京都知事選挙に立候補し対立候補浜田マキ子と共闘。政見放送の冒頭から10秒間の沈黙の後アカペラで「パワー・トゥ・

ザ・ピープル」、後半にも「コミック雑誌なんかいらない!」を歌い、英語及びフランス語で主張を演説した[5][注釈 1]

また選挙戦最終日の4月6日の街頭演説では対立候補である「鈴木俊一」と書かれたたすきを帯び、ほとんど演説をしないまま演奏に終始し、最後は「明日は投票日、絶対に入れないでください」との言葉で締めた[5]選挙公報は「NANKA変だなぁ! キケンするならROCKにヨロシク! Love&Peace Tokyo」とだけ手書きで書かれた物だった。マスコミへのアピール時に政策をフリップ(放送用の手書きボード)に書き込む事を求められた際、「GOMISHUSHUSHA NO TAIGUU O KAIZEN SURU」(ゴミ収集者の待遇を改善する)とローマ字で政策を書いた。以上、数々のエピソードを作り(この模様は映画『魚からダイオキシン!!』にて一部見ることができる)、メディアからは「売名出馬の泡沫候補」と批判され、結果的には落選したが、無所属(政党推薦候補除く)ではトップの票(5万4654票、16人中5位)を獲得した。

 

「Power To The People / John Lennon」

 

http://www.chorus-song.com/gospel-music/power-to-the-people.htm

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【浦和】MF柏木「出たら全力でプレー」横浜FM戦へ気合 
・DF森脇、MF阿部、MF青木、FW興梠はゲーム練習には参加せず、別メニュー 
・柏木「誰が出るかを決めるのは監督」、「出たら全力でプレーする」 
・ペトロビッチ監督「常に厳しい、難しい試合になる。一丸となって全力で臨みたい」 
http://www.nikkansports.com/soccer/news/1783677.html 
【浦和】DF槙野、プレミアムな目標ぶち上げた!開幕弾&年間18失点宣言 
・「いよいよですね。マリノス戦は昨季、点を取れなかったんで…。 
 攻撃に絡むとか、相手の嫌がるプレーをしたい」 
・「昨季より失点を10は減らしたい。1試合の複数失点をしないとか、みんなといつも話をしている」 
・「(昨季優勝を)成し遂げられなかったリーグ戦が始まる。やりますよ」 
・「(ゴール後のパフォーマンス)考えてますよ。内容? 
 それは見てのお楽しみということで…はい、ご期待ください!!」 
http://www.sanspo.com/soccer/news/20170225/jle17022505040003-n1.html

 

芸能人 気取りの奴が、年間18失点などと大ボラ吹きやがってパンチ!

 

さっさと引退して、芸能人やれやメラメラ

 

監督も、フロントも無能ビックリマーク

シドニーの試合後、1時間しか睡眠が取れず、動きが緩慢だった森脇をスタメン起用するなよパンチ!

 

矢島ベンチ入れとけよビックリマーク

 

これで28日のACLでも矢島ベンチ入ってなかったら、座り込みだな!!!!

 

加賀、永田、イリッチが居なくなり、

誰もDFを補強しなかったフロントの怠慢が生んだ敗戦だろうがメラメラ

 

遠藤もダメだったし、槙野は上記の通りで実際のプレーに関しては まるで昨年の学習はしていなかったし、

 

DF総入れ替えしろよビックリマーク

 

【浦和】11年ぶり王座奪還へ決意の船出 25日リーグ開幕・横浜FM戦 
http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/02/25/06_.html 
24日、大原サッカー場でミーティング後、約1時間、全体練習を行った。 
ランニング、ボール回しに続き、10対10のミニゲームで汗を流した。 
前線3枚は黄色ビブスがワントップにラファエル・シルバ、シャドーに柏木と武藤、 
青色ビブスはワントップにズラタン、シャドーに李とオナイウ。 
興梠、青木、阿部、森脇はミニゲームには加わらず、ランニングなどで調整。 
練習後に会見したミシャ監督は「とにかくチーム一丸となって、勝利をつかみ取りたい。 
そういう強い気持ちを持って臨む」と5季連続の開幕戦白星へ、決意を込めた。

 

:

名無しが急に来たので

2017/02/25(土) 08:23:57.90 ID:rzYM0EyD

嵐・櫻井翔とテレ朝・小川アナに熱愛発覚 追跡11日写真 

http://www.news-postseven.com/archives/20170225_496248.html 

お相手はテレビ朝日・小川彩佳アナ 
【お相手はテレビ朝日・小川彩佳アナ】 

〈嵐・櫻井翔と「報ステ」小川アナ 熱愛追跡11日写真〉──アイドルグループ嵐・櫻井翔(35)とテレビ朝日・小川彩佳アナ(32)の親密交際を2月27日発売の『週刊ポスト』が報じる。 

 小川アナは青山学院大学卒業後にテレ朝に入社し、『サンデープロジェクト』や『報道ステーション』を担当した同局を代表する報道アナとして知られる。 
櫻井は日本テレビ系『NEWS ZERO』、小川アナはテレビ朝日系『報道ステーション』でそれぞれキャスターを務め、両番組は23時台に放送時間が重なる“ライバル関係”にある。 

 超有名アイドルと女子アナ、しかも同時間帯の報道番組のキャスター同士という超異色カップルの誕生には驚くばかり。 
小川アナは「報ステ」の公式ブログに〈若い男性スターにはまったことがない〉と綴っているが、櫻井は特別な存在だったのだろうか。

国内3試合で9失点ビックリマーク

 

フロントよ、のんびりしてる場合じゃねーぞ!!

2011年みたいに降格争いになるから、覚悟しとけよビックリマーク

 

守備がボロボロ過ぎて、試合になってねーじゃねーか!!

毎度毎度、斎藤にやられっぱなしで、全く学習しねー監督なら、

途中解任もアリだろビックリマーク

 

遠藤はスタメンで出るレベルでは無いビックリマーク

早く補強して、替えてくれ!!

西川周作 5.5 
序盤のバブンスキーのシュート、63分の齋藤との1対1など、何度かファインセーブを見せたものの、痛恨の3失点で悔しい結果に。 

槙野智章 5.5 
空中戦で強さを発揮。30分の天野のファウルに対しては、相手に詰め寄るなど熱くなる場面も。 
後半は攻撃の強度を強めたが、結果には結びつけられなかった。

 

駒井善成 5.5 
スタートは右ウイングバックで積極的に攻撃と守備に絡む。後半の途中からはボランチでプレーも、効果的な働きは少なかった。 

青木拓矢 5.5 
ボランチでテンポ良くボールを裁く。喜田への激しいチャージでイエローカードを受けた後、負傷により途中交代を余儀なくされた。 

宇賀神友弥 5.5 
身体を張ってマルティノスを厳しくチェック。素早い攻守の切り替えも効いていてが、決定的な仕事はこなせなかった。 

興梠慎三 5.5 
相手の嫌がる位置で受け、サイドに展開するなど横浜守備陣の手を焼かせる。それでも、期待されたゴールは挙げられなかった。 

那須大亮 5.5 
ミドルゾーンで奮闘したものの、途中出場のH・ヴィエイラや前田への対応が甘く、逆転を許す。クローザーとしての役割を果たせなかった。

 

森脇良太 5 
1失点目の場面ではサイドで齋藤を捕まえ切れず。パスミスも散見されるなど、今ひとつピリッとしない内容だった。 

阿部勇樹 5 
深い位置からビルドアップしたが、連続してミスパスなど名手らしくないプレーも。 
逆転には成功したが、その後の相手の勢いをせき止められなかった。 

ペトロヴィッチ監督 5 
那須の投入で守備力を高めたかったのかもしれないが、結局は裏目に出る形で逆転負け。 
同点とされた後のゲームマネジメントが中途半端だった。 

遠藤航 4.5 
エリア内で齋藤に振り切られてシュートを許せば、終盤にはCK時にH・ヴィエイラにヘッドを許す。 
DFとしていくつもの課題を露呈した格好だ。 

ズラタン 採点なし 

 

総走行距離 横浜FM115.143km 浦和115.113km 
天野純 12.285 
11.682 駒井善成 
喜田拓也 11.651 
11.025 阿部勇樹 
マルティノス 10.981 
10.890 森脇良太 
齋藤学 10.872 
金井貢史 10.836 
10.808 宇賀神友弥 
10.771 槙野智章 
ダビドバブンスキー 10.512 
10.438 興梠慎三 
10.436 遠藤航 
松原健 10.211 
中澤佑二 9.724 
ミロシュデゲネク 9.437 
富樫敬真 9.387 
9.332 ラファエルシルバ 
8.553 柏木陽介 
8.139 青木拓矢 
5.607 西川周作 
4.232 関根貴大 
飯倉大樹 3.972 
ウーゴヴィエイラ 3.032 
2.778 那須大亮 
前田直輝 2.243 
0.422 ズラタン 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:

In My Life- The Beatles [HD] (with lyrics)

 
オープニングのguitarイントロと、
ジョン・レノンの甘いVocal、間奏のpiano、どれを取っても名曲と呼ぶにふさわしい音譜
 
リンゴ・スターのdrumsもアクセントが素晴らしいですねビックリマーク
 
これまでにビートルズを更新した曲は、下記です。

外部から参加したミュージシャンの例では、セッション・ドラマーのアンディ・ホワイト(en)が、デビュー曲となった「ラヴ・ミー・ドゥ」のレコーディングに参加している。ただしこれはメンバーの意向ではなくプロデューサーのジョージ・マーティンの判断によるもの[11]。メンバーの意向による参加ミュージシャンの例では、クラシック音楽の分野から「イエスタデイ」、「エリナー・リグビー」で弦楽四重奏団が、「ペニー・レイン」ではピッコロ・トランペット奏者が招かれている。同じロックやポップスの分野では「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」でリードギターを弾いたエリック・クラプトンや、「レボリューション」でエレクトリックピアノを弾いたニッキー・ホプキンスが挙げられる。

プロデューサーのジョージ・マーティンは「イン・マイ・ライフ」の間奏のクラシカルなピアノを弾いた。

また、ローリング・ストーンズブライアン・ジョーンズは「ユー・ノウ・マイ・ネーム」においてサックスで参加している。アルバム『レット・イット・ビー』のセッションにはビリー・プレストンエレクトリックピアノハモンド・オルガンなどで参加している。ただし外部から参加したミュージシャンはプレストンを除いてレコードのクレジットには記載されていない。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95

イン・マイ・ライフ」("In My Life" )はイギリスロックバンドビートルズの楽曲である。

 

本作は1965年12月3日に発売された6作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムラバー・ソウル』のB面4曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。リード・ヴォーカルはジョン・レノン。

 

ジョン・レノンが故郷のリヴァプールでの思い出の場所や人々について綴っている。1980年、ジョンは「ぼくが意識して自分の生活について書いた最初の歌だったな。(歌い出す)『忘れることのない場所がある/そのいくつかは変わるだろうが、一生を通じて忘れることのない場所が…』 それ以前に、エヴァリー・ブラザーズバディ・ホリー流に歌を書いていただけなんだ。

歌の文句以上のことは何も考えないポップ・ソングを書いていたんだな。歌詞の文句は自分とは関係ないといってもよかった。『イン・マイ・ライフ』の発想が浮かんだのは、メンラブ通り250番地のぼくの家から町へ行くのに乗ったバスの中でね。ぼくの思いつくだけの場所の名前をあげていったんだ。で、こいつは放っておくことにして、ひっくりかえっていたら、昔の友だちや恋人たちについてのあの歌詞が浮かんできたんだ。真ん中の部分はポールが手伝ってくれたよ」と語っている[1]

 

後年ポールは作曲は自分一人でしたと発言していて、大きな見解の相違がある曲である。

 

間奏でのプロデューサージョージ・マーティンの演奏によるバロック音楽風のピアノソロが印象的である。

これは録音された4トラック・テープを半分の速度(15 in/sを7½ in/s)で再生しながら空きトラックへオーヴァー・ダビングしたものである。元の速度に戻して再生したピアノのサウンドは、チェンバロ(ハープシコード)を思わせるものとなっている。

 

ローリング・ストーン』誌の『最も偉大な曲500』("The 500 Greatest Songs of All Time") では23位、CBC の『50曲』("50 Tracks") においては2位に選ばれた。

カヴァー曲でも様々な世界中のシンガーから歌われている。

 

2010年11月現在、日本テレビの番組『東京日和』のオープニング曲として使われている。

 

「In My Life / The Beatles」

 

http://boogieboys.blog45.fc2.com/blog-entry-96.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

​​​​​​開幕前なのに、こればっかり爆弾

ミシャ、上機嫌の理由は大勝だけにあらず 
http://www.redspress.jp/S0001/upload/2017022300001_1.jpg 
http://www.redspress.jp/S0001/upload/2017022300001_6.jpg 
http://www.redspress.jp/S0001/upload/2017022300003_1.jpg 
あさって行われるJ1リーグ第1節横浜FM戦に向け、浦和レッズは午前11時から練習開始。 
WSW戦で先発した11人はステップを交えたジョグを行い、この日は軽めの調整でトレーニングを切り上げた。 
左脚痛で離脱した柏木陽介が全体練習に合流。 

踏みしめ、かみしめた10年…梅崎司、30歳になる 
http://www.redspress.jp/S0001/upload/2017022300002_1.jpg 
きょう2月23日は梅崎司、30歳の誕生日。まだミニゲームには参加していないが、 
ランニング、鳥かごにはすでに参加しており、順調にメニューを消化している。 

レッズ、大原練習場 写真レポート「左足内転筋に違和感がある柏木も良い調子で練習復帰」 
http://www.targma.jp/urawa-football/2017/02/23/post5764/ 
30歳の誕生日を迎えた梅崎司 復帰に向けて順調なステップを語る 
http://www.targma.jp/urawa-football/2017/02/23/post5766/

 

復活したかな?

【浦和】柏木開幕イケる!故障で2試合欠場も順調に回復「かなりいい」 
・「状態?悪いです。練習してませんよ」、「かなりいいです」 
・「気持ちは常に(試合に)行っていました。シドニーも出ていましたよ」 
・25日横浜FMとの開幕戦、28日ACLのFCソウル戦、3月4日C大阪戦と過密日程 
https://www.daily.co.jp/soccer/2017/02/24/0009941962.shtml 
【浦和】柏木、左足内転筋「良くなっている」開幕いける! 
・「かなりいいです。徐々に良くなっていますよ」 
・「昨日からスパイクを履いています」 
・「明日様子を見てです。気持ちは常に(試合に)出るつもりです」 
http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170224-OHT1T50000.html

 

●飯尾篤史(サッカーライター) 3位:浦和レッズ 
・浦和は昨シーズン、勝ち点74を獲得したメンバーが全員残っているうえに、ラファエル・シルバや菊池大介らを手堅く補強。 
 ただし、ラファエル・シルバがハマるのかどうか、起用するなら1トップなのかシャドーなのか、1トップで起用するなら、 
 理想の1トップである興梠慎三をシャドーで起用しなければならないという「ラファエル・シルバ問題」が気になるところ。 

●細江克弥(サッカーライター) 1位:浦和レッズ 
・浦和のリベンジ欲は、ここで語るのを失礼に感じるほど巨大だ。チームはほぼ完成の域。 
 ラファエル・シルバがどれだけ取れるか。それはむしろ不安材料だ。

浦和レッズオフィシャル?@REDSOFFICIAL 
本日2/24、浦和駅近辺にてチラシを配布しています! 
明日2/25(土)Jリーグ開幕!浦和レッズはアウェイで横浜F・マリノス戦(12:30キックオフ・日産スタジアム)です。 
よろしくお願いします!! #urawareds #浦和レッズ #reds025th 

http://pbs.twimg.com/media/C5a-e62U4AEU_Ej.jpg 
http://pbs.twimg.com/media/C5a-e62U4AAP5mw.jpg

 

柏木陽介、J開幕戦出場は濃厚 
http://www.redspress.jp/S0001/upload/2017022400005_1.jpg 
開幕戦に向け、きょう午後11時過ぎから大原サッカー場で最終調整を実施。 
あすのスタメンの参考となる恒例のミニゲームは、9対9と変則的。 
28日に行わるACLグループステージMD2、ホーム・FCソウル戦を見据えてか、 
阿部勇樹、森脇良太、青木拓矢、興梠慎三は別メニュー調整となった。 

《Aチーム》 
GK 西川周作 
DF 遠藤航 槙野智章 
MF 関根貴大 長澤和輝 駒井善成 宇賀神友弥 
MF 武藤雄樹 柏木陽介 
FW ラファエル・シルバ 

《Bチーム》 
FW ズラタン 
MF オナイウ阿道 李忠成 
MF 菊池大介 矢島慎也 伊藤涼太郎 平川忠亮 
DF 田村友 那須大亮 
GK 岩舘直

 

坪井、男前音譜

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。