出会い

テーマ:

今回の大阪行き。


Image204.jpg
Image208.jpg

Image216.jpg

momiji


もちろん、文楽を観るためでした。


夜行バスで往復して時間を稼いで、
お初天神、竹本義太夫の生誕地の石碑、墓所見学。


それから自称散歩マニアの私の胸に突き刺さった、落語『池田の猪買い』 のルートの散歩


呑み喰い。(笑)


その辺りも目的。


その落語『池田の猪買い』をご自身のブログにて紹介下さったのが、


文楽と聴覚障害に生きる』藤十郎さん


以前から一方的にお熱を上げさせていただいておりましたが、そして、大抵の場合、私がこう熱を上げるとうまく行かないことが多いのですが、今回はなんと、


お会い出来てしまったのですね~!!!


以前にNHKの番組を拝見していたのでお顔を(やはり一方的に)存じ上げておりましたが、実際お会いしましたら、想像に違わぬ、いえそれ以上に紳士的でユーモアに溢れた方でした。


浮かれ坊主と化した私を藤十郎さんはどうお感じになったか…。


翌日に学生さんの文楽人形の発表があるというお忙しいスケジュールの中、自分が藤十郎さんにお会いしてみたかった/とあるものをお借りしたかった、という我侭勝手を申し上げていたにも関わらず、嫌な顔ひとつなさらずお付き合い下さったのです。


いつも1人で行くと長い30分の休み時間が、今回はなんと短かったことか!!

短いながらも色々なお話をお伺い出来、ますます藤十郎さんファンになってしまいました。


幸せな気分で後半戦。

お席が違ったので帰りにはお会いできないかな?
と思っていたらば劇場出口でバッタリ。


再会を祈って、藤十郎さんはご帰宅の路へ、私はミナミの焼き鳥屋(笑)へと消えたのでした。



こういう風にお会い出来るのって本当に嬉しい。

ぜひ、これからも色々と教えて下さいね。

大阪に住んでいたら、公開講座などにも行けるのですが…。


藤十郎さんのブログは文楽への愛情はもちろん、知識とお人柄とに溢れていて大好きです


あ、告白しちゃった。(笑)


AD

玉男さん死去

テーマ:

文楽人形遣いの「吉田玉男さん」が…千秋楽の今日、午後に亡くなられたそうです…


http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/2006092


すいません、ショックがでかくて細かく書けない。



■ 9/26 追記 ■


小川 知子
文楽吉田玉男

まだ引きずっておりますが…やっと言える様になりました。

心から、お悔みを申し上げますと共に、心よりご冥福をお祈り申し上げます。



私なんぞが引きずっていたら申し訳ないと思いますので、知人から聞いたお話を追悼の意を込めて書いておきたいと思います。


-------------


知人が昔、京都公演に行った時のお話です。

東京在住なのでホテルを取って観劇に向かったそうですが、そのロビーでばったり玉男さんに遭遇!!

偶然、同じホテルだったそうです。


こんな事二度とない!


、お声をかけに行ったら玉男さんの方から手を伸べられて、握手してくださったそうです。

若い方と握手して、手のひらから若い「気」を取り込んでいた、とか、どうとか…


80歳辺りにしてこれだけお元気なのは、若い(特に女性(笑))人の力を自分に取り込んでいるからなのかしら


と、その時彼女は思ったそうです。


--------------


同じく彼女から聞いた話。


舞台に立たれなくなる直前、玉男さんは大きい重い人形をたくさん遣われたそうですね。

1日1日、これで最後かも、とご自身で思っているんではないかという位、力尽くしていらっしゃるようだったと、彼女は見ていて思ったそうです。


--------------


次は自分が聞いた話。

ふとしたご縁をいただき、玉男さん門下の方とお話しする機会をいただきました。

芸談・周りの方(技芸員のみなさまやファンの方々)の話、批評、などなどでしか玉男さんを知らず、本当に観たい、門下の方の遣い方が好きなので、そういう方を育てられた玉男さんを知りたい、など、まあ今思うとその方の心中も知らずにベラベラ自分の思いの丈をよう喋りました。

でもよく聞いてくださって、自分もお話下さいました。

中で強く心に残ったのがこんな話。


玉男さんがいなかったら人形遣いじゃなかったかも知れない


玉男さんの足をずっと遣ってきた事が、何よりの財産


おそらく舞台にはもう立てへんやろうけど、せめてビデオとかでも良いから師匠の芸を観て欲しい


師匠もそうやし自分も話ベタやから人形遣いになったようなところがある(だから人形講習とかの話貰うけどようせえへん(笑))



なんかとても玉男さんやその方のお人柄が伝わって、じんとしてしまいました。



千穐楽あけて翌日、神奈川県の老人ホームでの慰問公演があったそうです。

きっと玉男さんの元へ駆けつけたかった事でしょう。

でもここで公演を切り上げたら


おっしょさん(お師匠さん)にどやされるわ


きちんと公演こなされてから、大阪に戻られたそうです。

(冗談めかして、「9/24は勘緑さんの誕生日やしなあ~」「関係あらへん!」大阪人やわぁ)


これを聞いて、変な話ですが玉男さんを本当にお疲れ様と言って送り出してあげられるなって思いました。

安心して旅に出られるやろな、って思いました。


今回の公演に入る前からかなりお悪かったそうですから(ある程度覚悟は決めていらっしゃったそうです…)…本当に、最後まで見届けられたのかも知れませんね。


AD

弥十郎丈、語る!

テーマ:

弥十郎丈


「一番好きな歌舞伎俳優は?」


というアンケートに対し、悩みに悩んだ末に


坂東弥十郎」さん


と最初に投票した程好きな、弥十郎さん。

(注:正直に書くと、実は他にも投票しました。スイマセン…でも最初は弥十郎さん。)


------------------------


ちなみに例の「和色成分分析」に”弥十郎”でかけるとこうなります。↓


弥十郎の和色大辞典での解析結果

弥十郎53%は 鉛丹色(えんたんいろ) でできています。
弥十郎の29%は
黒緑(くろみどり) でできています。
弥十郎の13%は
丁子茶(ちょうじちゃ) でできています。
弥十郎の2%は
桜色(さくらいろ) でできています。
弥十郎の2%は
藍海松茶(あいみるちゃ) でできています。
弥十郎の1%は
暁鼠(あかつきねず) でできています。
弥十郎の解析結果を調合するとになります。

--------------------


さて昨日、待ちに待ったイベントに行って参りました。


芝居茶屋新日屋

八月歌舞伎「講座&鑑賞」特別企画

弥十郎丈、語る』


第3部の一等席チケット(¥11,500)+お弁当(お茶付き)+イヤホンガイド+イベント参加費(お茶付き)で、¥13,000(税込)。


割とお得感があると思います。

今年の1月に、亀治郎さんのトークショーにもこれで行って来ました。

来月は『豊竹咲甫大夫が語る文楽への思い 』もあります。


最初にイヤホンガイド解説者の塚田圭一さんによるざっくりとした解説があり、いよいよ弥十郎さんです。

何と、終始立ったままお話下さいました後ろの方にも見えるようにと


なんていい人なんだ!!


私は張り切って最前列弥十郎さん側を確保してました。(笑)

それは良いものの、もう緊張しまくって、何が何やらであっという間に終わってしまったいました…。

メモが多量にある(けど半分は読めない)ので箇条書きします。情けないなあ。



【小吉さんについて・家族について】


・お兄さんの坂東吉弥さんの長女の息子。「小吉」という名前をとても喜んだのは小吉さんのお母様。可愛いし良い名前だと。


・昔、小吉さんの曽祖父・弥十郎さんのお父様の「坂東好太郎」さんのナゾナゾがあった。

 Q『役者でブラジャーばっかり買っている人は誰でしょう。』

 A『坂東好太郎→ばんどうこうたろう=吉弥さん・弥十郎さんの父親→父・ばんどうこうたろう→ちち・ばんどうこうたろう→乳バンド買うたろう(※おいおい…)


弥十郎さんと奥様の出会いは、勘三郎さん主催のクリスマスパーティー


『今で言う”合コン”ですかね』


メンバーは時蔵さん・三津五郎さん・門之助さん、などなど…。(メモの字が汚すぎてこれ以上読み取れない)


・巡業を初めて新悟さんとまわった。新悟さんは普段無口なのだが、1ヶ月の巡業中に、新悟さんが生まれてからの15年間の分と同じ位話した。



【NYの中村座公演について】


・それまでの海外公演は”洋皿に和菓子を盛って”いた。小屋自体を建てたことで、”和皿に和菓子を盛ることが出来た。


・超辛口批評家の好評価を取れたことで、

 1)舞台上に演出で出演した大道具さん方の姿勢がぐっと良くなった。(誇らしげになった!)

 2)短期間が勿体無い、あと半年は出来るのに!と言われた。


・夜公演しかないからと、勘九郎(現・勘三郎)さんに午前中ゴルフに誘われた

他のみんなは断ったが、弥十郎さんと塚田圭一さんは断りきれずゴルフに付き合って、ぐったりしたまま夜公演に臨んだ事もあった。



【7月の勘三郎襲名披露公演の巡業について】


・「身替座禅」で公演をした各地で、近場の神社の名前を台詞に読み込んで喜んでいただいた。

・(地芝居の小屋…康楽館だったかどこだったか…)「身替座禅」で座禅襖を被っていたら脱水症状になった。

 →普段にはありえない程に汗がダラダラと流れ落ち、いきなり止まった。あれーと思いつつ、立ち上がったらその途端にふら~!!笑い事じゃないし笑っては行けないのに、あんまりにひどい顔(化粧は汗で流れ落ち、脱水症状のために表情もおかしくなっていたらしい)に、思わず右京役の勘三郎さんが吹き出した。


顔崩れてんだもんって、僕のせいにされたんですよね。吹き出した のを。(笑)


・「義経千本桜 すしやの段」では普通は母を呼びながら死んでいく権太が、『とっつぁん、とっつぁん』って言いながら死んでいく。

これは原作に、”弥左衛門は今は好々爺だが、昔は海賊で、軍資金(?)3000両を奪った張本人。”という下地があり、それを組んでいる演出だから。

権太という人間性と弥左衛門と言う人間性に近しいものが感じられ、父と息子の情が通うのがより浮き掘りになって、自分も毎回涙が出そうになる。


岐阜の東座でのこと。)

・東座公演は他と違い、地元民対象特別プログラムで「連獅子」と「芸談」。

連獅子」で、子獅子が七三に来て留まっている最中、あまりの暑さに見かねた観客が、みんなして子獅子を手でパタパタと仰いでいた。親獅子一生懸命踊っているのそっちのけの人も。


・東座は入場料を取るのではなく、町民からの寄付金としてお金を集めた。その寄付者を全部書き出して飾ってあった。良いものを観た。(※附け打ち委員会 さんにこの写真ありました。)


・東座には弥十郎さんは出番が無かったのだが観たくて、わざわざ名古屋でレンタカーを借りて車を飛ばして観に行った

こっそり観ようとしたら早々と見つかって、舞台に上げられる!と思ったのでそそくさ逃げた

・逃げて美味しいお蕎麦屋さん(温泉で有名な下呂市にあったらしい。)に向かった。(※お蕎麦大好きだそうです。毎日1食は蕎麦を食べるくらい。)

その蕎麦屋に電話をしたら、

「あと15分ほどで閉店します」

どう考えても40分はかかるのに、

『もうちょっと待って下さい、もうちょっとだけかかりますけど行きますから!』

蕎麦屋にイヤ~な顔をされつつ、美味しいお蕎麦を食べる事が出来た。


・康楽館にせよ東座にせよかしも明治座にせよ、古い地芝居の小屋で、冷房がない。そこで氷柱を立てて扇風機で風を送っていた。けどまさに焼け石に水…。


『ほんとは春秋にやるもんですよね、ああいうところでは。』



【8月納涼歌舞伎「八犬伝」について】


・「八犬伝」の演出を手伝ったのはスーパー歌舞伎。猿之助さんがやった「南総里見八犬伝」は23年くらい前?それは手伝っていない。


今月に入ってから3kg痩せた。。名づけて”小文吾ダイエット”。


・だんまりが途中であるが、大体型は決まっているもの。それが早替わりに何分かかるからそれだけ伸ばして、となると、『ココはもう少しゆっくり歩こうかな』とか考える事になる。



【その他】


・俳句が好きで、そちらの名前は「酔寿(すいす)」。

スイスが好きなのと、酒が好きなのと、本名の”寿男”から。


・今年5月に休みをいただいて誕生日の5月10日の1日だけ、スイスのマッターホルンの一番高いところにあるホテルに宿を取って(他の日は行き当たりばったり的に宿を決めずに行った。自由に行きたかったそうです。)、50歳の誕生日を迎えた。そこで詠んだ俳句は忘れました。(笑)


平成中村座での勉強会でやった『知盛』。1度はやりたいお役だった。勉強会だけれど叶って本当に嬉しかった


・今月勘三郎さんお休みでエジプトに行っている。イスタンブールから電話がかかってきて、


「そっち暑いんだって?こっちも暑いんだよ!」


『自分休んでんじゃないか!(笑)』


猿之助さんの一座にいた当時は、右近さんと弥十郎さんは平均睡眠時間が3~4時間だった。猿之助さんに合わせていると、そうなってしまう。



(…自分、質問してしまいました…。)


 Q『東座・かしも明治座のお話がありましたが、9月にある相生座では猿之助さんがこけら落としをされていて、花道にも水槽があるという事です。いつかそういったものを使ってやってみたいと思われますか?』ガチガチに緊張して、手が震えまくってました…。それに、自分ではこういう事を言ったつもりですが、ちゃんと言えたかはもう分かりません。


 A『是非やりたいです!

今回の「すしや」の様な演目は、観客との距離の近い地芝居の小屋だと、伝わる物が断然違うのです。

お客様にとっても違うし、そのお客様のすすり泣く声や嗚咽が聞こえてくる事が、演じる側にまた跳ね返ってくるのです。

ただああいう小屋は客入りが相当良くないと足が出てしまうようなので、難しいでしょうねぇ…でもやりたいと思います。』



ああ宝くじが当たったら、出資するのに!!!!


と思っても、そんなへたれた事言えませんでした。宝くじ当たらなくっても何年かかっても出資します、とか言えたら良いのに~。


ただただ「そうしたら絶対観に行きます。9月の相生座も行きます」と辛うじて言った位です。



-------------------


結局長くなってしまいました。


終始にこやかで、勘三郎さんにぶつくさ言っているのも(お友達の言葉を借りてしまいますが)大好きだから言えるんだろうなといった具合で、何だか可愛かったし、小吉さん・新悟さんのお話の時はとても幸せそうで福福したお顔でいらっしゃいました。


これでますます弥十郎さん大好きになってしまって、3部の「八犬伝」色々言われているのにも関わらず、ほとんど気になりませんでした。


そういえば三津五郎さんを観たくて初歌舞伎鑑賞に臨んだ友人と一緒だったのだけど、そっちのけでした。ごめんごめん。(笑)

AD

ご報告

テーマ:

昨日、祖父が永眠致しました。


日曜日の朝に会いに行って

「9月にまた来るからね」

と声をかけた後、涙を流したそうです。


私のスケジュールが一区切り着くのを待っていてくれたかのように、昨日。


暖かい心を下さった皆様、どうも有難うございました。

この場をお借りしてお礼申し上げます。



また、この記事がトップになって更新が止まるのはなんとなく気がひけるので、私の故郷の岐阜の山奥の写真をお楽しみください。(笑)



重ね重ね、有難うございました。


小さなシアワセ

テーマ:

はしょりますが、色々あって結構披露困憊な一週間でした。

友達からのメールや電話が無かったら辛かったわー。


最近、仕事ひまなので色々考えちゃうね…今日で会社の派遣社員4名と営業部員が1名辞めてしまうもんだから、余計に。

彼女達が辞めるより私が辞めた方が良いんじゃないか、とか、本気で思ったりします。

いらねぇんじゃない?私?とか思ったりね。


そんな中で、今週一番ドキドキした事。


…ヤドカリの事じゃないんだな、これが。


そのヤドカリのライブがある日。

今週にしては珍しくバタバタしていて出られず…やっと区切りが付いてカバンをひっかけたそんな時に限って携帯に電話がっ!!


「誰だよ!」


と見れば、なんと伊勢に住む友人。

何度か書いてる、昔とても好きだった友人。

スパイラル・ライフ, SPIRAL LIFE
GREATEST HITS

↑やらAIRやら大沢伸一やら、音楽の趣味で影響を受けたり与えたりした友人。

伊勢に行くと必ず案内をさせる(笑)友人。


一気にテンションが駆け上り、気がついたら社内で一番電波状況の良い場所を陣取ってました。(笑)


と、最近はまった「monocism」(モノシズム)というユニットを知っているか?という話題。

やっぱりその系(音楽)か…


知らなかったので、検索。


monocism


monocism


…かっこいいんやけど…!


思わず訛ってしまいました。失礼。


HPがスタイリッシュ!


音も、試聴した限り、どこかスーパーカーの晩年を彷彿とさせるというか…懐かしいというか…ジーザス・アンド・メリーチェインシャーラタンズなど、ちょっと前のUノイズギターにはまっていた昔を思い出させる音というか


好きやん!!


すいません、また訛りました。



やっぱ、いーわ、この伊勢人。(笑)


ライブまで時間が無くて、あまり話せなかったけど、小さなシアワセを感じたひと時でした。

CD送ってくれるそうなので、たのしみだー!!私も送るぜ!



そうそう、夏にSPIRAL LIFEの解散から実に10年ぶりの?!DVDの発売があったハズなんだって!


でも発売延期…(泣)


いや、夏は金が無くなりそうだから、延期で良かったのかしら。

大好きぷー

テーマ:


今日はちょうどお昼に、大好きな友人
=男。
妻がいなかったら惚れてたかも。
でも相当の遊び人。
でもマメだから安心する。
でもしょっちゅう凹まされる。くそう
の会社に用事があったのでお邪魔して

……会えなかったけど。

ヤドカリのサンプルCD

「聴け!」

とばかりに置いてきた。


お昼と夜の間の時間に、大好きな女性
=がっつり☆の人だ!
=いらっしゃいませ東京♪
にお時間もらってお茶をする。

すっごい自分が混乱していた時期に、すごくあったかいコトバをいただいたから、どうしても元気な今の顔を見せたかったので…忙しいのにお時間をありがとう♪

やっぱりヤドカリのサンプルCDを

「聴いて!」

とばかりにお渡ししてきた。
タイアップついた映画のチラシから、話はどんどんと違う方向へと…。

ああ今思い出してもバカ話だ(笑)



こういう時間が本当に大事。

息抜きに、時間くれてお茶してくれる友達みんな、

大好きプーよ!!

いつも本当にありがとーねぇ…。

2001年3月31日土曜日

テーマ:


5年前のこの日に、六世中村歌右衛門さんが亡くなられた。


今年の一月に芝雀さんの芸談を伺った時には

父(雀右衛門さん)より誰より、一番怖くて気が張ったのが大成駒だった

と仰っていたのを聞いていも今いちピンと来なかった自分だけども、その後色々会って昭和40年くらいまで俳優名鑑を遡っているのだが、遡っても遡っても同じ若さで群を抜いた評価を受けている歌右衛門さんに、いつの間にか興味を持っていた。

それで先日歌右衛門展に行ったのだけれど、映像があったのに観られなかったのでまた行かねば。

残念ながら5年前の私は歌舞伎にちっとも興味を持っていなかった。今考えると勿体無い。

ちなみに5年前の3月31日は、翌日のライブのチケットが整理番号1番!だったので、浮かれまくっていたという記憶が残っている。それくらい音楽一辺倒だった。


昨日の記事の事があったからではなく(この言い方がブラックだな…)、たまたま検索に引っ掛かったのだけれど

日本の墓

こんなサイトがあるのです。

民俗学・祭祀としての「お墓」に着目しているみたい。

六世中村歌右衛門さんのお墓のコトや、もともとは四座あった芝居小屋が三座になる原因となった「絵島生島事件」の「絵島」のお墓などなども、見つかる。

歌右衛門さんのお墓に、銀座の木村屋のあんぱんをお供えに行こうかしら。(文花座 、というフリーペーパーにそういうことが載ってたの。)
多分木村屋の、4月歌舞伎座にかこつけた宣伝でもあるんだろうけど、別に乗せられてもいっかな。

桜あんぱん

今日も面白い人と話しました。

テーマ:


明日の夕方からZEPPでやる「Sound Shooter」というイベントにどーしても行きたくて、ずっとチケットおっかけてたんだけど、結局どうにもならなかった。

エルレはこれに出た後、しばらくアメリカツアーに出かける。
日本語だろうが英語だろうが、良い曲は良いって通じる。僭越ながら、がんばれ


今週は何だかんだと外出もあって内勤仕事も忙しく、毎日「働いてる」感があってとても楽しかった。
頭使って営業とかは出来ないけど、やはり外に出て、人の顔を見て話すのがとても楽しい。

進行作業とか大好き!

企画力も客受けする面白みも個性も顔もスタイルも何一つ無いけど、そんな自分をひょっこり思い出して連絡くれたり、思い付いたままに話したことを「やりましょう!」とか言ってくれる人がいるっていうのがとても嬉しかった。

今週は(昨日のブログでも散々書いているけれど)人に助けられた週だったなあ。

感謝感謝。


今日会った方は、今回打ち合わせをした本業以外に自分でレギュラーイベントやったり、企画を(まだまだ「亀鶴」が最初に変換されるな…)立ち上げたり、とても身も心も軽い方。

そして良いと思っているものを誰にでも「良い」と言える方。
その「良いもの」の為にイベントや企画をやってるところもある方。


そういう人が私はとても好きだ


そしてこの方はねぇ、音楽の趣味の信条が

「自分が良いと思ったもの」


これって私も常に思っていること。(だからジャンルがメタクソなんだ、私。)

ジャンルにこだわるのってカッコイイ。
その道にディープに詳しい人ってとても憧れる。(私が今好きな人はそんな人。)いつかはそうなりたいと思っている。だから歌舞伎も勉強中。

でも、ジャンルに括られず、例えば音楽で言うならばポップスでもクラシックでもジャズでもロックでも、フォークでも民謡でも、

「これ良い!」

って思えたら素直に聴いちゃえる、そんなスタンスも保ちたいと思う。
「これ良いよ!」って教えてもらったもの、聴いて専門的に良く分からなくっても「良い」って思ったら、素直に「良いな」って言いたいと思う。

まあ、自分はかなりミーハーなんだけどね。(笑)

根っこは同じスタンスでありながら、自分では出来ていないことをしているこの人と、仕事でとはいえ知り合えてよかったと思う。

…あれ…仕事の話したっけ…(爆)いや、したした。



昨日買ったCD↓

嘉手苅林昌
風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~

もうねえええ、しっぶい、おじいちゃんの声なの!!

さいこー!!
これ1枚が70分以上あるんだけど、聴きだしたのが25時過ぎだったんだけど、1枚聴き終えるまで消せなくて気がついたら26時過ぎだった。
この人の事も、今好きな人に教えてもらったもの。

初めてギターを手に入れて、触れた夜のようでした。
初めてエルレのCD買った日のようでした。

たとえこの恋が消えてしまったとしても、聴いた音楽や買った音源や聴いたウンチクは残るんだよね。
それがとてもステキだと思ったよ。

連れない人ですが、良いものに出会わせてくれて有難う!!
出来れば連れ合ってください。(笑)


福岡行くのが楽しみです。

テーマ:


トップに

「福岡行きます」

とか書いたりしてたら、昨日嬉しいことがありました。

INTO MY LIFE "ALL Dance Music Lover"

DJ HIROSEさんがご連絡を下さったのですね~。



ありがたい…


幸せになりたい、とか、凹んだりテンション高かったり、しんどいですけど、
こういう事がふらぁっと訪れるから、何とか頑張っております!

福岡行ったら、

DJ HIROSEさんのご好意に預かってお茶なんぞお付き合いいただけるかも、だし、

Not Love,But AFFECTION

あるさんにもお会い出来るかも~★(忙しいのに…本当にありがとう!)
だし、

附け打ちエッセンス~tukeuchi essence Blog~

yamato-ruさんにも都合が合えば会えるかも~★(お会い出来なくっても、拝聴させていただけますものね)
だし、

すごーく難しいとは思うし、無理は決してして欲しくないんだけど、

とっとっとっ

sugarさん…に、会えるかな?(会えなくても、翌日東京で会うもんね♪)
だし、

残念ながら福岡在住アコースティックデュオ・ヤドカリ のゴーくんとタイヘーくんは、入れ違いのように(ていうか明日からだ)東京に来てしまっているから向こうで相手はしてもらえないんだけど、福岡から東京へ戻ったらお出迎えお願いしているし。(笑)


本当に、転んでばっかりで、物理的に階段から落ちるだけじゃあ気が済まない人生を歩んでいるよーな気がしますが、うん、いい人に会ってる!!



ちょくちょく、私はブログでこーゆー事を書くけど、書ける時は、まだ、大丈夫。
本当にだめになると、何も出来ません。

だから、ここに来て心配かける事を書いてる私を見て心配してくれる方々~!!

ありがとう!まだまだいけるよ!!

みんなのお陰で、安心してアホなミーハー音楽・歌舞伎バカ道を突っ走らせていただきます。


あ、別に、失恋を完全にしたとかじゃあないんですよ?

でも、彼女がいないと思っていた相手に、それらしき相手がいるような・いないような、という話を聞いてしまった訳でございます。

墓穴掘った!

でもさでもさ、そういう状況が続いている相手とは、結局そのままだったりするよね?
って自分を慰めているんだけどさ。(苦笑)
ソレ聞いて諦められるんだったら苦労はしませんもんね。
魅力の少ない(無いというのは辛過ぎる)自分だけど、こういう知り合いがいる事を自慢の種の一つに、自分自身と自信を保ってゆっくり生きますよ。

焦り過ぎ人生、たまにはブレーキがかかった方が良いんです。


本日のBGM:Bud Powell「TIME WAITS」「THE SCENE CHANGES」

Bud Powell
The Scene Changes
バド・パウエル, サム・ジョーンズ, フィリー・ジョー・ジョーンズ
タイム・ウェイツ ~ジ・アメイジング・バド・パウエル Vol.4


この人の人生の方がよほどしんどそうだわ。
その中でこれだけのモノを残すっていうのは…椎名林檎ちゃん辺りだと、「うらやましい」って言うかも知れないけれど、ツライよなー。

この2枚、結構ヘビロテになりそうです。

亀治郎さんと芝雀さんの芸談

テーマ:

聴く機会をいただけたんだけど…今自分の力不足、というか、体力不足、というか根気不足でなかなか書けません…

ノートに下書きは始めているので、その内どばっと書きたいです。

役者さんではないのだけれど、人生を変える一言や出会いについても、聞いたりしたことを忘れないようにその場でブログに書ければ良いのになあ。



ていうか最近本当にコメントお返しできずすんません!!お伺い出来てなかったりもするから、もうちょっと踏ん張ります!

でも今日は帰らせてクダサイ…昨夜ほとんど寝てないの…(ばか)