テーマ:

昨日はお友達宅でお昼ご飯ご馳走になり、その後半幅帯の結び方教室。

それから有楽町の「相田みつを美術館」。

座れる休憩場所がたくさんあり、思ってた以上に良い美術館でした。

壁を切り抜いてベンチをくっつけたみたいなスペースがあって、そこに座ってかなり長いこと話し込んでしまった。

せまくて落ち着いた。(笑)

坐禅繋がり、ではないけれど、相田さんは仏教の教えをかなり理解してらっしゃる、というより探求してらして、僧みたいです。

相田さんの詩は若い頃にはなんとも思わなかったことばがすごく深かったり。

なかで道」という書がありました。

長い人生にはなあ

どんなに避けようとしても

どうしても通らなければ

ならぬ道-

てものがあるんだな

そんなときはその道を

黙って歩くことだな

愚痴や弱音を吐かないでな

黙って歩くんだよ

ただ黙って-

涙なんか見せちゃダメだぜ!!

そしてなあ その時なんだよ

人間としての いのちの根が

ふかくなるのは・・・・・

言葉の言い方は全然違うけれど、別の友達が前に言ってくれた言葉の意味ってこれだなって、思った。

「悩んであがいても、同じとこにたどり着くだけだよ。だからあがかなくてエエんちゃう?」

これで私は、ああ何とかなるだろう、て、腹が据わりました。

今もこの言葉で救われている、というか、本当は焦る事態なのに、意外と焦っていない。焦っても同じことにしかならないなら、今の状況を楽しんでおこう、って思えている。

本当に有難いと思う。



私の道はどこに繋がっているんだろうか。

どこかに辿り着くんだろうか。

やっぱり変、と最近言われて(私のアイデンティティを作っている「音楽」を聴いている姿勢や、興味ある人やモノへ突進する性質に対して…)、ちょっとへこんだりもしてますが(自分が一番今自分自身が何者であるのか、こんな性格は問題があるんじゃないのか、と悩んでいるところへ言われたもんだから…思った以上に後からきてしまった。言ってくれた人たちのせいじゃないんですよね、こういうのて。)、最後には「変な人」と言われても「私にとってはこれが普通ですが、変ですか?じゃあ変でも良いですよ」と言えるだけ、自分自身を確立したい。

「~したい」と言ってるようじゃ、先は全然長いな。

まだまだ道の先は霞んでいるようです。

でも、こんな友達たちに助けられて、足元を固めながら探りながら自分の道を歩いていきたい。


あ、ビートルズの「The long and winding road」が聴きたい。

THE BEATLES 1/ザ・ビートルズ
¥2,300
Amazon.co.jp


AD

坐禅に良い時期

テーマ:
Image197.jpg

残念、今日は谷中祭だった。間に合わなかった~

でもいい夕日だから、いっか。


----------------------


という訳で。


散歩には上々の1日の今日は、上野公園を通り抜けて上野のツタヤにラーメンズ (ていうかNAMIKIBASHI)のDVDを返しに行く。

最近めちゃくちゃはまってます。おもろい~。ツボだ~!

海外行く時にはぜひNAMIKIBASHIの「日本の形」を!

THE JAPANESE TRADITION ~日本の形~
¥3,759
Amazon.co.jp


確実に間違った印象を与えますが…


その後は山手線に乗って、ゆっくり半周して渋谷の鍵盤堂。

先日沼袋にライブに行った敦賀明子さん のインストアライブを聴いて(ソロってなんだか不思議~)、ほくほくとまた幸せ気分。

Macのショップに立ち寄り、ぶっ壊れたiPodnanoの修理するといかほどで、どういう状態になるのか聞いてきた。

…取り替えになるから、中のデータ丸っとなくなっちゃうんだって…9千円かかるんだって…

でも新しいのを買うよりは安いか…どうしようかな。モニタが左半分死んでるから、曲が判別付かないのよね。

nanoなのにshufleになってます。

いろんな事情により(最近そんなんばっか)、第3世代のnanoも持っているのですが、録音データとかを移さなくちゃで、面倒で手をつけてません。


そのまま原宿へ出て、明治神宮を抜けて、新宿へ。

芸能花伝舎での吉田玉男さんを偲ぶ写真展 には時間が足りなくなってしまったので、ビックカメラでそのnanoのアクセサリを購入。

再び山手線で日暮里。日暮里から歩いて夕焼けだんだん(坂の名前)の手前で曲がってみたら…全生庵のすぐそば!これだから谷中散歩はやめられない。


全生庵

臨済宗の国泰寺派(富山)。

とかいうことよりも、三遊亭円朝さんのお墓があるとか、幽霊画のコレクションがあるとかのほうが有名。

自分も、三味線のお稽古に行く時に毎度のように前を通っているのに、幽霊画を観に行ったことしかなかった。

まさか坐禅に行くとは…


谷中にはもう1つ、坐禅の出来る「天竜院」があります。

参考までに臨済宗の坐禅のページ


-------------------------

初心者なので、まずは日曜夕方の坐禅会へ出席とのこと。

18時からなので、その30分前から説明があるのだ。

まずは本堂の下の座敷で流れやあぐら(半跏趺坐・結跏趺坐)の仕方などを教わる。


上にある本堂に移動して、読経から。(15分くらい)

読経後に住職による法話。(30~40分くらい)

いよいよ坐禅。全生庵さんでは20~25分を2回。

再び(別の)お経を読む

茶礼で茶菓子とお茶をいただく。


これでおしまい。20:10頃終わりました。

法話も足を崩してはいけないと思ってあぐらをかいてたら…足が…

坐禅の最中は他ごとを考えるというより、ひたすら

「つりそう」とか

「いたいよー」とかばっか考えていました。

股関節が固い自分にはかなりきびしい…


でも、なんだか、終わったらスッキリ…までは行かないけれど、もう一度来ても良いな、という気分になりました。

まだよく分らないんだけど。

「10月は坐禅には良い時期」と住職がおっしゃっていましたが、本当にそうでした。

シーンとしたお堂に虫の声が届いていたり、風が吹きこんできて気持ちを改めてくたり、気持よいくらい。


早朝坐禅は5時から7時まで。こちらはその時間帯を坐禅の為に貸し出しますよ、みたいなもので、その時間の中で好きなように行って、好きなように坐禅を組めば良いのだそうです。

それもいいけど、この夕方の坐禅のように、始まりと終りがキチンとしてる方が、やる気になれそうです。

また行こうかなー。

なんだか足取りが軽い気分で、谷中から鶯谷まで帰りつきましたとさ。



AD

9月の結果

テーマ:

世の中で自分が大事だと思っていることと自分は、たいてい関係なく進んでしまうものなのです。

ショック受けても本当に悲しくても、傷ついても、原因と自分とは(どれだけ親密だったとしても)根っこはつながっていないのだから。

大事な人を失って、まるで自分のどこかがはがれ落ちたように、空洞が出来た様に感じても、自分自身は一緒に失われてはいないのです。

だからこそ穴ぼこだらけになってる自分をちゃんと見ていないと。メンテナンスしてあげないと。

補強に補強を重ねたり、傷つけては回復させて、どんどん強くなっていくこともあるのだから。


---------------------


個人的な事情によりかなり変則スケジュール。

鑑賞記録+外食・飲み記録

飲んだらだいたい明け方までだったな…反省…


財布は軽く。(げげ)

身は重く。(ぎゃー)

自分の中身は濃く…なってると良いのですが。




9/1(土)国立博物館  「Let's 禅!」

       ランチ@上野 

       「ヴェニスの商人」@銀河劇場


9/2(日)舞踊×文楽「母子慕情」@新国立劇場

      2軒ハシゴ


9/4(月)会社飲み会@恵比寿


9/6(木)某チーム飲み会@竜泉


9/7(金)中村勘太郎・七之助 錦秋公演@文京シビックホール

       メトロ文楽@永田町

       2軒ハシゴ


9/9(日)文楽2部「菅原伝授手習鑑」@国立小劇場


9/10(月)会社絡みで焼肉@恵比寿


9/11(火)河原久雄さん 文楽の至宝・吉田玉男を偲ぶ写真展@九段下

        ランチ@東銀座

        某チーム絡みで焼肉@文京区


9/14(金)文楽1部「夏祭浪花鑑」@国立小劇場

        牛丸敏之さん写真展@六本木


9/15(土)豊竹英大夫さん文楽レクチャー(プランタン主催)@国立劇場

       半蔵門で飲み


9/16(日)文楽御贔屓様の集い上映会

        →(急きょ)文楽素浄瑠璃@原宿太田記念美術館

        歌舞伎座夜の部


9/17(日)竹澤団七さんトーク@国立劇場

        文楽2部「菅原伝授手習鑑」@国立小劇場

        半蔵門で飲み


9/18(月)歌舞伎座昼の部

        2軒ハシゴ


9/19(火)文楽1部「夏祭浪花鑑」@国立小劇場

        ミッドタウン能狂言@東京ミッドタウン


9/20(水)「憑神」@新橋演舞場

        2軒ハシゴ


9/22(土)「快楽亭ブラック毒演会」@浅草大勝館Showホール

        神楽笛・篠笛奏者 こと ×アルパ奏者 倉品真希子 @千駄木


9/23(日)文楽2部「菅原伝授手習鑑」@国立小劇場

        半蔵門でごはん


9/24(月)吉田玉男さん御命日

        文楽1部「夏祭浪花鑑」@国立小劇場

        ※朝9時からキャンセル狙いで劇場チケットセンターに並びゲット!

   家飲み


9/25(火)ランチ@東京

        文楽セミナー(?)@阿佐ヶ谷 新東京会館

        ※吉田一輔・竹本相子大夫・竹澤団吾・吉田勘市・吉田玉翔



そしてまだ続く…


9/26(水)京都フィルハーモニー×文楽(文吾さん)@紀尾井ホール


9/27(木)会社飲み会


9/28(金)芸談「文楽の至宝・吉田玉男」@六本木アカデミーヒルズ


9/29(土)東京引っ越してきた翌日に友達になったWねぇさんの結婚式★



文楽は思いがけず昼夜3回ずつ観られました。

毎回思うところ、注意するところ、気を惹かれるところがちょっとずつ違うことがあったりして興味深かったです。


歌舞伎はぜひ阿古屋の琴責めのところの音が欲しい。

清治さんの会の時の「阿古屋」と、どの程度違うか聴き比べがしたい。


おそらくこんな月はもう一生ないですが(あったら困る!)、今月は最初か文楽月間&飲みまくり月間になる覚悟がありましたので、スケジュールとしては結構完全燃焼。

内容としては、不完全燃焼もありますが…



★今月の(今のところの)個人賞★


・「夏祭浪花鑑」泥場の義平次=竹本伊達大夫さん。これに惚れ込んで3度通ったと言っても過言ではない…


・「夏祭浪花鑑」メリヤス

泥場/清馗・清丈'・龍爾・寛太郎・清公/とても好きです。緊張感もすごく煽る。

田島町/清丈'・龍爾・寛太郎・清公/珍しい二重奏。清馗さんが床に出てはるので、4人で頑張っていらっしゃいました。


・阿古屋の玉三郎さん。その三味線の腕だけでも良いから分けて欲しい…


AD

3月と4月

テーマ:

久々にPCから更新です。

ちょっと色々あって、本当にコメントにお返事するのが厳しくなっております。

ゴメンナサイ。と謝ってもう何ヶ月…でも、本当にすいません。


このままフェイドアウトも考えたりするのですが、もうちょっとガンバリマス。



ではでは…放置プレイではありましたが、観てきたものと観るもの。


■ 3月 ■

3日   京都・ギオンコーナー

4日   京都・南座「霧太郎天狗酒醼」

10日  国立劇場「蓮絲恋曼茶羅」

17日  親子丼の”玉ひで”ツアー(笑)

      歌舞伎座「義経千本桜」夜の部

18日  みつわ会「雪/舵」

24日  ELLEGARDENワンマン@幕張メッセ

25日  歌舞伎座「義経千本桜」昼の部

26日~インフルエンザ(爆)

31日  映画「蟲師」


■ 4月 ■

1日   PUNKSPRING@幕張メッセ

7日   大阪・浪花花形歌舞伎 1部「敵討天下茶屋聚」

         文楽劇場 夜の部「粂仙人吉野花王」「加賀見山旧錦絵」

8日       文楽劇場 昼の部「玉藻前曦袂」「心中宵庚申」

15日  名古屋・御園座 昼の部「盟三五大切」「芋掘長者」

21日・22日 歌舞伎座 昼・夜(観劇日未定)



京都行ってもう1ヶ月経つのかあ…。

既に再び行きたくなっています。


3月は夜の部の「木の実・小金吾討死・すしや」の流れがもう涙も鼻水もダラダラで、本当に泣き崩れました。

最高でした。

2月も感動したし、4月も錦之介さんの襲名だし、本当に楽しみ!

でも…

法事諸々で実家に帰ったりするので、未だに4月の歌舞伎座観劇予定が立てられていません。悲しい。


2月が終わる

テーマ:

あっという間に2月も終わります。



私の今年の2月は例年通りに凹みそうだったんですが、凹まない為にいろいろ詰めたら、詰めすぎて(下記事ご参照)凹む余裕も無く駆け抜けてしまいました。


後に残ったのはたくさんの出会いと、それに伴う大切な思い出とほろ苦い思い出…


お芝居もたくさん観たのですけどとてもじゃないけど感想が書けないのです。ごめんなさい。

書いて残したいけど、まだ無理だ。

いつか思い出して書くかも。

コメントのお返事さえできていないのにな。

あ!ゆかさん、遠慮なくエルレの事書いて下さい!お願いします!



せめて観たもの羅列。


・文楽第一部「奥州安達原」 3回

・文楽第二部「摂州合邦辻」 1回

・文楽第三部「妹背山女庭訓」 2回

・歌舞伎座通し狂言「仮名手本忠臣蔵」昼・夜 各1回

・コクーン「ひばり」

・杵屋直吉さんのお浚い会

・・・あとは居酒屋で落語を一席。


観てるなあ。



では飲んだのはというと、


・某コンパ?2回

・歓迎会 2回

・朝まで飲み 3回

・仕事関係の飲み 3回

・友達飲み 2回

・デート? 1回


…飲んだ回数の方が多かった…


丈夫に生んでくれたオトンとオカンありがとう。(笑)

でも3月は慎みます。予定。


さてさて、お仕事に戻ります。

ちょっとすっきりした。

忠臣蔵モノ

テーマ:

自宅で読んでいる「浄瑠璃集:仮名手本忠臣蔵

9月文楽「仮名手本忠臣蔵

10月歌舞伎「元禄忠臣蔵

絶賛連載中でいらっしゃる、『大入り!文楽手帖 』さんの『「忠臣蔵」ゆかりの地を巡る


等々…


それで思い出しました。


宮部みゆき『震える岩-霊験お初捕物控』

宮部 みゆき
震える岩―霊験お初捕物控

死人の生き返り事件と、浅野内匠頭が切腹をした田村邸の庭石が夜な夜な振動する変異が、約50年前の赤穂浪士の討ち入りの陰にあった悲しい出来事で繋がって…


という話。(だったと思う…スイマセン)


お初という、霊感を持つ少女が、義理のお姉さんと観に行ってとても楽しかった、と言うのが歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」。


「あれは芝居の中の話」


という事で、宮部みゆきなりの解釈が、登場人物の詞を借りて語られています。

随分昔に読んだので、本棚の中(と自分の記憶の中)で埋もれておりますが、久々に発掘して読みたくなりました。


今なら新たな発見がありそう。


--------------------------


~吉良邸討ち入りから泉岳寺へ~赤穂義士の足跡をたどる

 

という催しが、東京都主催で12月8日に開催されるそうです。

以下は東京都のHPより。(↑上タイトルクリックで飛びます。)


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


12月・両国…といえばすぐに連想される有名な『吉良邸、赤穂義士の討ち入り』。

 今回は吉良邸があった両国周辺から浅野内匠守の墓がある「泉岳寺」までの赤穂義士の足跡をたどります。

その距離は12キロメートル。水上バスや電車も利用しながら、全行程を巡ります。
案内役は、人気の歴史研究家・小林祐一先生。


なぜ、吉良邸は日本橋から両国に移ったのか?



など、赤穂義士にまつわる話をより深く知ることができる絶好の機会です。
昼食は、途中築地の「さかな若竹」で、新鮮な魚を中心にした「築地御膳」をお召し上がりいただきます。
今回の散策は、歩く時間が3時間強になりますので、足に自信のある方は是非ご参加ください!


1 開催日 平成18年12月8日(金)


2 行程

JR「両国」駅西口集合(9時40分)⇒回向院⇒本所松坂町公園⇒両国発着場着(10時50分頃)⇒両国発着場発(11時)~レインボーブリッジ周辺でUターン~明石町・聖路加ガーデン前発着場着(12時頃)⇒浅野内匠守屋敷跡(12時15分頃)⇒築地本願寺(12時30分頃)⇒築地「さかな若竹」で昼食(12時40分~13時30分)⇒都営浅草線「東銀座」発⇒「泉岳寺」着⇒泉岳寺・義士記念館見学(15時頃)⇒自由解散

 ※ルート図参照 (クリック!)


3 講師 小林 祐一さん(歴史研究家)


4 募集人員 40名(応募者多数の場合は抽選)

※イベント実施に伴う最少催行人員20名に満たない場合は中止となり、事前にご連絡いたします。


5 費用 大人:5,800円、小学生:4,800円
 (乗船料・電車代・食事代・ガイド料・入館料等含む)


6 申し込み方法

往復はがきに、イベント名、参加希望日、参加人数、代表者の氏名、郵便番号、住所、電話番号、年齢を記入し、各イベントの締切日(消印有効)までにお申込みください。(申込み多数の場合は抽選)


〒130-0015東京都墨田区横網1-2-15 東京水辺ライン

   3 「討ち入り」 係


7 締め切り 平成18年11月16日(木)消印有効


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


※なお、このイベント、実は3つあります。

今回は3つめの「討ち入り」をご紹介しましたが、1つめは「鬼平犯科帳」。


ちょっと興味があったりして。


怒涛の週末は連休を迎えてヒートアップ中。


------------------------


9/16(土) 9月文楽『仮名手本忠臣蔵』二部(10列目ど真ん中)


9/17(日) 午前:三味線お稽古(2週間ぶり…)

        午後:Music On ! TV ライブエルレガーデン目当てデス!


9/18(祝) 9月文楽仮名手本忠臣蔵』二部(17列目下手)・三部(6列目やや上手寄り)


---------------------


ほんとは16日、一部も観たいのだけれど、いい加減お財布自体を売らねばならぬことになりそうなので、我慢。


---------------------


ついでに来週以降。

ここに来て追加が発生…


--------------------


9/20(水) 魔界転生@新橋演舞場 夜の部(席不明)


9/23(土) 十八代目中村勘三郎襲名披露@相生座 夜の部

        ・口上

        ・義経千本桜 木の実/小金吾討死/すしや


9/25(月) 十八代目中村勘三郎襲名披露@名古屋平成中村座 昼の部

        ・本朝廿四孝 十種香

        ・口上

        ・身替座禅


-------------------


『魔界転生』…観ずに終わると思っていたのですが、昨夜突然予定に入りました。むむ、どうなんだろう。


なんと言っても、9/23の岐阜・相生座での襲名披露です!!


猿之助さんが、杮落とし公演で花道に水槽を作って「鯉掴み」を演じたり、ローソクのみの灯りで芝居をしたりした、地元岐阜の古い芝居小屋。


小屋自体、舞台との距離感、空気感…


何から何まで楽しみです。


しかも祖母両親と行く事になりました。

両親は歌舞伎初観劇。どうなる事やら。


名古屋の平成中村座も、全く予測がつかないので(浅草のを知らないのです)楽しみ!!


今週末のご予定は?

テーマ:

そろそろおかしくなって参りましたー!!


9月9日土曜日

 10時半~ 文楽『仮名手本忠臣蔵』一部

 16時半~ 歌舞伎『秀山祭』夜の部


9月10日日曜日

 6時半ごろ 東京発名古屋行き新幹線

 10時ごろ 実家・法要

 24時ごろ 東京着


9月11日月曜日

 元気に出社!


------------------


まずは文楽・仮名手本忠臣蔵!すっごい!!楽しみにしております。

今夜藤十郎さん の記事を読み直して、予習をしておく事にします。

今回は一部なのですが、ともかく話の芯を掴まねば。


勿論四ツ谷から歩いて行くので、早く家を出なくっちゃ!

何故か文楽の時は開演ギリギリに行ってしまう事が多く…

幕開き三番叟って、毎回やってるんです…よね?まずそれを観たい。


あーどきどきする~。


 ※嶋さんと文吾さんが休演らしいです(泣)

  代役は由良助を千歳さん、平右衛門を文字久さん、そして玉也さんだそうです。

  とても残念なのですが、急遽代役をなさる方々に是非とも頑張っていただきたいです。
  と併せて、休演の理由を存じ上げないのですが、もしご病気などでしたら、くれぐれもお大事になさって欲しいと思います。



その後皇居周りを半周して(笑)、歌舞伎座へGO!!こちらもムチャクチャ楽しみです。


「籠釣瓶花街酔醒」は観たこともないのに、歌右衛門さんの笑みが頭から離れてくれないのです。

それだけの印象が良きにつけ悪しきにつけ、観たこともないのにこびりついてしまっている演目なだけに、福助さんの八ツ橋がとても気になります。

また本当に好きな吉右衛門さん。どう魅せてくれるでしょう?吉右衛門さん観られるだけでも幸せですし。(笑)


「鬼揃~」も、ね。舞踊劇。結構面白いし派手みたいですね。


個人的ポイントは長唄(三味線)!師匠がご活躍なので、見逃さないように聞き逃さないようにしたいと思います。

今週お稽古お休みしてしまうので、せめて良い音を聴かねば。


あーどきどきする~。



そして翌日、法要で実家へと参ります。

6時台の新幹線でなくちゃ間に合わないから…何時起きだ?4時台か。


あーどきどきする~。(苦笑)


「Weekly 町家」という選択

テーマ:

『Weekly 町家』


て知ってます?


町家

例えばココ↑のような町家を借り切って、1泊から泊まる事が出来るんですって。


1泊2人で3万円台~6万円くらい。人数が増えるほど割安。


とてもキレイにリノベーションされてます。

町家保護の目的で、自炊は遠慮願いますとの事。


えーと、えーと…



町家の台所使ってみたいじゃん…

昔ながらの町家に住む事の便利さと不便さとを体験してみたいじゃん…



リノベーションされて快適な町家と、昔の面影を残した町家と、どっちもあったら良いのになあ~
そしたらどっちも試してみるのに。

て勝手言ってますけどね(苦笑)



私のとっても大雑把な(殆ど言ってるだけの)夢。

おばあちゃんになったら京都に引っ越して町家に住んで、公開して、土間で観に来てくれた人に自家製ケーキを売りつけること。(笑)

趣味はお三味線と、お芝居観劇!


え~なぁ~…

週末予定

テーマ:

9/2(土) ・三味線お稽古

(やっと『どうぞ叶へて』が通して弾ける様になった~!勘所と糸外しまくるし手は遅れまくっているけれど。

あと相変わらず『末広がり』と、「籠釣瓶花街酔醒」の遊里の場面での定番『天地乾坤』を一緒に習っています。)


9/3(日) ・三味線友達の浴衣会

(着付け教室で仲良くなったお友達がたまたま三味線習っていて、その先生がたまたまうちの先生のお友達だったの!びっくり!)


9/4(月) (夏休みで1日休んで…)

・歌舞伎座昼の部

三遊亭 竜楽の会 特別企画‘落語と文楽’
      出演:三遊亭 竜楽・人形浄瑠璃文楽座・吉田玉勢・楽屋有志
      プログラム:1.二人三番叟(人形浄瑠璃文楽座)
            1.天災(三遊亭竜楽)
            1.文楽教室(吉田玉勢・楽屋有志)
            1.BUNRAKUGO 中村仲蔵(三遊亭竜楽)
      時間: 開演19時

すいません、玉勢さん…ネタ化していて…(笑)

でも本当にすごく楽しみにしてます。

落語も文楽教室もBUNRAKUGOも。中村仲蔵…?

小さいところの様なので、歌舞伎終わり次第走ってチケット取りに行って、前の方のお席を狙います。(笑)