9/22 この日は久々に前日夜更かしもせず、朝一も何もなく、ちゃんと眠って起きた。


お昼:快楽亭ブラック毒演会 @浅草大勝館Showホール


初めて行ってきましたよ~。

めいっぱいに観客!ぎゅうぎゅうで、体操座りで見物。実に13時~16時過ぎまで。

全リクエスト大会で4席。前座で最近弟子入りしたという「ふじたくん」(この日、本人にも初めて芸名が披露された。「快楽亭正日」。これで本当に決定だとしたら…うっかりさされそうですよ?大丈夫ですか?)1席。


名前に恥じない下ネタ・シニカルでブラックな笑い。やるなぁ~。でもやはり、女1人で行くのはまだまだ勇気がいりまする。

がんばろっと。(何を?!)


蛇足ながら、座った席の真後ろに、ずーっと前、まだ文楽を観始めて間もない頃に隣の席に座っていた、「うふんうふん」とずーっと色気出してた!じぃさまがいらっしゃってびっくり。

相変わらず「うふんうふん」とたまに咳(なのか?!)してました。

もし次どこかで会ってしまったら、縁だろうから声かけてみようかな。



夜:神楽笛・篠笛奏者 こと &アルパ奏者 倉品真希子 @千駄木ペチコートレーン


舞踊×文楽「母子慕情」@国立新劇場で笛を吹いてた、神楽笛・篠笛奏者のことちゃんのライブに行ってきました。

ペチコートレーンは三味線のお稽古に行くたび前を通っていて、たまにこじんまりとライブをやっていたので、気になっていたのですよね。

この2階にある骨董品屋さんには何度か足を運んだことがありましたが(そういや、阿佐ヶ谷の映画館の関係の方で、ブラック師匠を知ってた…これも縁か)、喫茶店側は初。


篠笛と神楽笛。

簡単に言うと、篠笛は7つ穴が開いていて西洋音階。

神楽笛は6つ穴が開いていて日本古来の音階。


勝手な音色イメージは…風、は勿論ですが、土の音と温度と手触り。



感想…。


すごい!


それで済ませたい。

たぶん天才です。

音や演奏の技術は、笛が全然わからない私でも「すげえ!」と思う超絶技術なのですが、それだけでなくって…

興奮して一緒に見に行った知人に話してたのですが、音色と、指(楽器弾きの手は良いですなあ~手フェチ手フェチ)と唇の動き…笛を吹くために育ってきたって感じ。

知人曰く

「笛吹き童子」

そのとおり!


アルパ(ラテン・ハープ。スペイン語では「H」を発音しないので、「HERP」が「アルプ」になり、その後ろに「A」をつけて「アルパ」になるんだって。)が奏でる南米の音楽に即興で篠笛の音とメロディを重ねていく…

なんでそんなことが出来るの?!

しかも違和感がないどころか、曲のイメージがさらに広がりました。


以前から思っていたけれど、最近生の楽器の音をよく聴くようになって(邦楽器を特にね)、阿古屋の琴責めじゃあありませんが、楽器って絶対奏者の生き方や性格や精神の位置?を表すものと、かなり確信めいて思うようになってきました。

ことちゃんの笛を聴いているとさらにそんな感じがします。

神楽という、神様とのいわば交信の儀式で使われる楽器を演奏し続けていることを知っているからかもしれませんけれど、ことちゃんという女の子を媒介として、日本中だけでなくって世界中のいろいろなところに精神を飛ばせる感じ。

きっと閉塞的なココロを持っていたら、聴き手にそんなイメージは抱かせないと思う。

底無しというより、天井が無い、そんな風にことちゃんを感じました。


しかーし、喋らせるとアニメ声(笑)でめっちゃ可愛いし話し上手。

ファンになっちゃいましたよ!


広島の神楽にも俄然興味を持ちましたので、ちょっと調べてみたくなりました。

まぁyou tubeの映像とか、いろいろ見て下さいよ。

すごいから!


-----

★最初にことちゃんの名前を頭に刻んだ記事(8/29)


太左一郎’s blog


★初めてことちゃんを観た芝居(9/2←上記事を拝読した後だったので、余計に興奮)


母子慕情


★ことちゃんのホームページ


ことちゃんのホームページ

(そのまんまだった…)


★You Tube※音が出ます


http://www.youtube.com/watch?v=AMGlYrF1mZU


--------------------


帰りは知人と谷中銀座を通り抜けて日暮里駅まで一緒に帰った。

下町散歩デーでした。


今日はこれから9月ラスト文楽!!

実は…笛吹き童子も来ます(こそっと)

AD

えーと、BOOM BOOM SATELLITESのヴォーカル&ギターの川島さんが、某女優さんと電撃結婚、の話題には、触れずとも結構です…(ノ_-。)


どうも9月からオカシナ具合で、精神もふらふら、動きもフラフラ、頭はグラグラ、な10月を過ごしました。

結局相当芝居観てましたね…芝居で忙しいというのはどうなんでしょうか。



10/7(土) 元禄忠臣蔵@国立劇場

10/8(日) 文楽巡業@杜のホールはしもと

10/15(日) 10月歌舞伎 夜の部@歌舞伎座

10/20(金) 日本文化セミナー&文楽公演@日本銀行

10/21(土) 10月歌舞伎 昼の部@歌舞伎座

10/22(日) 文楽巡業@前進座劇場

10/23(月) ロシア交響楽団withマキシム@東京芸術劇場大ホール

10/28(土) 素浄瑠璃会@国立小劇場

10/29(日) NHK伝統芸能鑑賞会@NHKホール


ほとんど感想書いてないです。

ちょっと追い付かなかった…。それもどうよ。


一つ、ちゃんと書きたかったのは10/20の日本銀行でのセミナー&文楽公演。


荒俣宏さん&江戸東京博物館館長さん&鋏職人さんのトーク。

咲大夫さんによる近松の金銭感覚のお話。

文雀さんによる人形講座。

そして、曾根崎の道行の実演。(文雀さんのお初と和生さんの徳兵衛だったと思います。)


という、すっごーく濃ゆいセミナーでした。


すんごい面白かったのですよ!まず日銀旧館の建築ぶりがステキ!!


この後に神田の、ソープの隣にある飲み屋に行くという、後まで濃ゆいオマケ付き。(笑)

いつか書きたいなあ…。


AD

腰元の帯の結び方

テーマ:

なんか好評?だった時代祭に気を良くして(笑)写真追加。



ヅラヅラヅラ


腰元のヅラ大集合。


なんちゅうの?


どなたか、この帯の結び方の名前御存知でしたら教えて下さい!


かわゆくて大好きなんだけど、名前がわかんない。


これを締められただけでも、腰元やった甲斐がありました♪



ナナメアタマ


正面は見せられたものではないので(泣)、ナナメウシロアタマでございます。


顔はちゃんと日本化粧をしました。


ドーラン(某鳴物さんに続いてドーランデビューだ(笑))→白粉→紅、等々…。

しっかりバッチリ腰元の顔でしたわ。


怖かったです。


化粧の前に羽二重して、化粧して、着付けして(ちゃんと襦袢着た上に着物着付けるんですよ。本格的!)、羽二重に日本化粧に矢絣、という格好でお弁当をみんなで浅草寺にある伝法院(普通は入れマセン!!)の縁側で食べてました。


かなりオカシイ光景でした。


その後にカツラ。


これが、地獄。


どうやら若干小さかったのか、おハチにカツラの台金が当たり、そこにほとんどの重量がかかる為に万力で締め付けられたような激痛がずーっと続くのです。


あまりのひどさに吐き気をもよおしました。


「…吐く。」


「ええ?!」


という訳で、集合直前に顔師さん(化粧と鬘を兼任されてた)を呼んで調整してもらう。


しかーし、時間が経つにつれ同じ地獄が…


余裕だった人たちの顔にもかげりが見えます。

時遅く、出発式、そして、行列行進。


竜


先頭あたりの金の竜。(友人撮影)


鷺


こんなんもおりました。(白鷺の舞!)


鮒忠


女中達の行列です。奥の鮒忠にいつも行こうと思うのに、いつもいっぱいなのよねえ。


女中達



馬道通り→雷門通り


道の両脇ひと・ひと・ひと。


緊張する余裕も無いほどに気力のみで歩く私たち。

野次の声もろくに対応できません。

恐らくかなり怖い顔だったでしょう。


ああ、死ぬかと思った!!

あまりに疲れて(頭・首・肩を全部外して取り替えたくなりました)たので、帰り道にある銭湯に直行しましたよ。

命の泉でした。


でも思い起こせば良い思い出です。

喉元過ぎれば熱さ忘れる、という訳で、来年もやるかもね。


でも腰元はもう良いや…。

ヅラ要らないやつをやりたいです!!


元気な内に、討ち入り前の赤穂浪士さんたちと写真はちゃっかり撮りましたけどね。(笑)

なんか、「今生の思い出に…」的な写真でそれまたです。


AD

文化功労者とか

テーマ:

先日、文化勲章・文化功労者が発表となりました。(10/28付け文部科学省/発令は11/3


主な受賞者は以下の通り。 (※11/2追記)



【 文化勲章受章者 】


・小説家:瀬戸内寂聴(84)

・音楽評論:吉田秀和(93)

・日本画:大山忠作(84)

           など計5名



【文化功労者】


・映画俳優:高倉健(75)

・劇作家:山崎正和(72)

・建築家:黒川紀章(72)

・舞台美術:朝倉摂(84)

・歌舞伎役者:中村芝翫(78)

・小説家:丸谷才一(81)

・情報技術:森健一(68)

                 など




わーい芝翫さんだ!!


芝翫さんのお言葉については松竹の公式HP『歌舞伎美人』 、「そもそも文化功労者とは何ぞや?」という素朴な疑問については、NAOさんのブログ「好事家の戯言」 がとても判り易いので、ぜひご覧下さい。


ちなみに情報技術の森健一さんは日本語ワープロを初めて開発した方だそうで、この方のお陰で今こうやってPCを扱えているのかも知れなくって、という訳で、抽出したお名前は芸術関係の方ばかりの中で異色の「情報技術」ですが、お名前を出させていただきました。


さて、では他の青字の方について。



「建築家・黒川紀章」


【主な作品】


国立民族学博物館
奈良市写真美術館

国立文楽劇場
クアラルンプール新国際空港 (マレーシア)
ヴァン・ゴッホ美術館 (オランダ)
大阪府立国際会議場
など。

そう、ウワサの?国立文楽劇場劇場の建築士なのでした。

うーん…学生の頃に、奈良市写真美術館 まで足を運んだことがあるのですが…

写真美術館も国立文楽劇場も中身は好きだし、ミンパクもゴッホ美術館も一度は行ってみたい場所だけど…なんとなく、この方の建築物って馴染めないものが多い。

文楽劇場のイメージが良くないせいでしょうか?

ガラスを多用した建物が多い割りに、暗いイメージが強いのです。


好き嫌いの問題なのですよね。

好きな方には申し訳ありません。



「舞台美術:朝倉摂」

福原 義春, 朝倉 摂
舞台美術は一瞬の輝き

装丁家としても名のある方ですが、今回は舞台美術としての選出のようですね。

やはり最近だと「坂田藤十郎襲名披露口上」の舞台美術で名前を目にしているでしょうか。

ううーん、…実はこの人に関しても、さほど好きでは無かったりして。


ただ、昔もっとお若い頃に、「近松心中」なんとか(すいません)を手掛けていらっしゃったり、かなり前衛的な試みをされていまして、その人生の感覚とか鋭さにはとても惹かれます。



---------------------


この報を知った時に、上の「奈良写真美術館」に一緒に行った友人と、舞台美術家の友人とにそれぞれメールを送ったんですが、2人が2人とも


「どういう基準で選んでるんだろ?」


と頭を傾げていたので


「やっぱり類友…」


とちょっと楽しかったです。



あ!でも、ちゃんと納得はしてますけど。

特に個人的には芝翫さん!ほんまにおめでとうございます♪

私如きはとやかく言えるほどの知識がないので、「ふーん」って耳学のひとつに蓄えるだけなんですけどネ。


皆様おめでとうございました!


※ここ数年で個人的に興味があるところでは、玉男さんは2000年に、住大夫さんは昨年に、藤十郎(三代目鴈治郎時代)さんは2003年に、蜷川幸雄さんは2004年に、中村雀右衛門さんも2004年(勲章も受けてます)にそれぞれ功労賞に選ばれていらっしゃいます。


---------------------------

※11/2追記部分


勲章受章者なのにあえて触れなかった、瀬戸内寂聴さん…


お名前だけは知っていいました。

母がこの方のお話を聴きに行っていたく感動していたのに、自分自身は全然御本も読んだ事がないしお話しを聴きに行った事もなく、書くことを思いつけなかったのですが、「大入り!文楽手帖 」さんや「風知草 」さんを拝見して、教えていただきました。有難うございました!


あふれる情感2700人を魅了 寂聴さん脚本の人形浄瑠璃初公演

(以下徳島新聞より抜粋)

瀬戸内さんが、義経をかばって大けがを負い、徳島にとどまることになった若武者と地元の庄屋の娘とのラブストーリーに仕上げ、演じたのは、勝浦町の勝浦座と徳島市の大谷旭源之丞座(あさひげんのじょうざ)の約四十人。勝浦町出身の文楽人形遣いで、演出担当の吉田文司さんの指導の下、半年間にわたってけいこを積んできた。

情感たっぷりの人形の演技に、約二千七百人の観客は舞台にくぎ付け。身を乗り出すようにして見入っていた瀬戸内さんは「脚本だけでは分からないところが、人形の演技で分かりやすく表現されている。なかなかの出来栄え」と笑顔で話していた


多き方だったそうですし、きっとステキな脚本だったのでしょうね。



クロスしてくると俄然興味が深まります。

ちょっと寂聴さんの御本にも手を出してみようかしら、などと思った秋の夜…


アンリ・ルソーの夢

テーマ:

ルソー


アンリ・ルソーの顔初めて?まじまじと見ました。


素朴派、と言われるルソー。


バリで税関吏として働いていた経験が、彼の絵に色と力とタッチを与えている。


からっとした南国の色ではなく、湿気を孕んだ熱帯の色。


オレンジ


大好きです



世田谷美術館


ルソーの見た夢、ルソーに見る夢


アンリ・ルソーと素朴派、ルソーに見せられた日本人美術家たち


2006.10.07-2006.12.10



久々に始まる前から行く気になっている企画展です。

人形市の詳細出てました

テーマ:

2006年10月16日月曜日~2006年10月18日水曜日


第一回 にんぎょうちょうの人形市


10:00~21:00 雨天決行


----------------------------


人形市


■ 人形劇公演 @ 東京穀物商品取引所 ■


桐竹勘十郎さん10月16日月曜日、出演。

辻村ジュサブローさん10月18日水曜日、公演と人形振付。


第一回公演 15:30~ 第二回公演 18:30~


入場、無料!!


--------------


人形販売や、人形供養、17日はパペットショーなどもあるそうです。


行きたいなー月曜日と水曜日と行きたいなー

でも平日だよー微妙な時間帯だよー


誰か人形町方面で仕事下さい!(笑)


(中抜けして18:30~に行って、会社に戻るか…)




昨夜仕事を終えて家に帰り着き、NHKでも観ながらご飯を食べるかな、とテレビを付けたら、どっかで聴きまくっている音楽がっ!!


ELLEGARDEN
BRING YOUR BOARD!!

6曲目の「Insane」


しかも番組は、今話題?!の、


『サラリーマンNEO』 だっ!!


『サラリーマン体操』(?)


サラリーマン


が大好きだっ!!!


振られ続けている冴えない男の物語の幕切れに、この曲…


VIVA、選曲!!


この曲のとても耳に残る詞。


『ここに居て欲しい 単純にそう思うんだ こんな日には…

太陽が燃える日には 胸が痛むその訳は 君が生きているから

風が強く吹く日には 胸が痛むその訳は 君が生きているから

ここに居て欲しい 単純にそう思うんだ こんな日には』


ああっ切ない!そしてピッタリ!!!



好きなものが好きなものと繋がるとなんでこんなに嬉しいんでしょうねえぇ~。


(その後ガマンして「竜王」の生瀬さんを堪能後に三味線の練習に切り替えたんですが、今朝昨日のテレビ番組表見たら、その後エルポポラッチ だったんじゃん…しまった…)

三浦しをん激場

テーマ:
あるさん ところから久々にTBだす。
三浦しをん。小説家・エッセイスト(?)。

この人、【ポプラビーチのwebエッセイ】にて


あやつられ文楽鑑賞

を書いていらしたんですよね。

(TOPは杉江みどりさんの切り絵だ!!)

残念ながら、6月で終わってしまったけど。


物凄く視点がミーハーで自分に思い当たる節があるので、苦笑すること多々あり。

まだ途中までしか読んでないけど楽屋突撃話とかおもろいです。

その三浦サン、知らなかったけど、直木賞取られたそうで、めでたい!


三浦 しをん
まほろ駅前多田便利軒

昔から結構好きなお話あったり、エッセイがオタク度満載爆笑ものだったり、そのギャップがたまらないのですが。


そうかあ、直木賞かあ。

爆笑エッセイの一部。ほんとに妄想炸裂。
三浦 しをん
しをんのしおり
三浦 しをん
人生激場

↓うって変わって、

胸の底にすとんと落ちるような

ふと覗き込まれている(でも不快ではない)ような

透明そうな池(湖でもない)を覗いているような

そんな、床の上に座っているようなひんやりした一定の温度が流れている小説

三浦 しをん
秘密の花園
三浦 しをん
白いへび眠る島

↓中でも本当に大好きで、ハードカバーで読みまくったあげくに持ち歩きように文庫まで買った「月魚」。

三浦 しをん
月魚

他に笑える小説ももいっぱいあり。


併せてどーぞ!!






いやあ、それにしても直木賞か…(ホロリ。)


にほんごってスバラシイ

テーマ:

最近、朝6時前に起き出してNHKのニュースを流しながら仕度して、30分くらい三味線のお稽古をして、8時に終えて10分テレビの前に陣取ってます。


滅多にテレビを観ない私にしては珍しい事に、最近妙にハマってしまった番組が、NHK教育テレビ



にほんごであそぼ


↑KONISHIKIさんが好きなわけではないです。


野村萬斎さんとか、神田山陽さん・柳家花緑さん・KONISHIKIさんは、ほぼ毎日出てるし、たまにだけど豊竹咲甫大夫さん(三味線の方を度忘れ中)も聴く事が出来ます。(ちょっとヘン。(笑))


豪華!!


それにお子様たちがとても可愛いの。衣装とかヘアメイクとか、むちゃくちゃ可愛い~♪

EDの「でんでらりゅう」(?)とかいう歌も妙に頭に残ります。


それだけでなくって、にほんごを楽しく美しく覚えていける気がします。



マジメにCDが欲しくなってたりして…。



姉妹番組?!の「からだであそぼ」から出た、


決定版 歌舞伎たいそう いざや カブかん!


プロデュース・台詞・出演:市川染五郎


のDVDもちょっと観てみたい。



折角のほほんさん にいただいた庄内マッシュルームのマッシュルーム。


大・中・小と味比べ。


味が濃いのは

はナイフとフォークで食べるのがお薦め!とのこと。

くらいのは、いただいた当日夜に、晩御飯後にも関わらず1パック食べちゃった!


トマトと共に


あんまり可愛かったのでトマトと丸ごと飾ってみたけど…センスが無い。(泣)


 生で…レモンとオリーブオイルと岩塩とトマトで和えて。

 火を通して…飛び切り美味しい!!カルピス・バターと少しのお塩で炒めて。


いただいたトマトもまた美味しかったんだ…!!



一昨日はサマソニ疲れでか珍しくおなかが空かず食べられなかったので、やっと昨晩(ゴメンナサイ)を食べました!


写真がへたくそで美味しそうに見えない…ゴメンナサイ。


でかきのこ


大きいです!!


そのまま生で石づきを取ってます。


その石づきをタテに裂いて、オリーブオイルとバターでやはりいただいたトマトと一緒に炒めて塩コショウで軽く味付け。

最後にやはりいただいたミントを細かくして加えます。

それをお皿に敷いて、その上に大マッシュルームをオン。


ナイフとフォークでトマトと同じくらいの大きさに切って・トマトとオイルに絡めて・


いただきま~す!


うまーい!!


ほんとにお肉に負けないボリューム感。


ベーコンのブロックがあったら、一緒に炒めても良かったかな。

でも、美味しかったです♪


ご馳走様でした!!皆様もどうぞ召し上がれ!!


小は本日夜ご飯。

どうしようかな、半分はやはり生で、モツァレラでも買って帰って、真っ白サラダにしようかしら。

半分は、お魚でも買ってホイルに包んでレモンでいただいてみようかしら。

それとも他にもたくさんのキノコと一緒にマリネにしてみようかな。


お料理ってやっぱり考えるの楽しい。


じゃーん!


こうやって、たくさんいただいてしまったの!ミントがとても気持ちよく香っていました。

ミントティーで楽しませていただきました♪


怪獣


怪獣も忍んでました。