贈り物

テーマ:
06-05-31_20-08.jpg

シャクヤク~♪
--_maya_-__



昨夜は、会社の「お母さん」と言っても過言ではない監査役Gさんのお誕生日会でした。

年に一度、有志女性を募ってお祝いをするのです。


経理のKちゃんと総務の派遣のYちゃんと私が当初からのメンバーで、今年で3回目。

前2回は何だかんだでGさんと私たちだけでのお誕生日会だったけど、今年はいつもの倍!

Gさんと、女の子6名。


プレゼントもいつもの倍奮発。(コンラッドのアンチエイジング・エステ券!)

お誕生日会の会場も、恵比寿のちょっと奥まったところにあるイタリアン。

素材の鮮度が良くて、濃い味付けではないのだけれど、とても美味しかった。

ルッコラとパルミジャーノのサラダと焼き野菜が絶品!!でした。

お店の方には「盛大なパーティーですね」と言われる程に、私たちのテーブルは華やいでました。


そして…


第一回目にGさんにガラスの花瓶を贈って以来、プレゼント+お花を贈る事にしていて、お花を選ぶのが私の役目。


昨日は、


自分が「和」にはまっている事。

Gさんがとても女性らしい事。

お歳を召されても凛として自分の時間を大事にされる方である事。

今の時期美しい花である事。

「立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿はユリの花」の意味を込めて。


などから芍薬をベースにして、活け花の様な花束を注文致しました。


06-05-31_19-59.jpg


自分で持って、自分で写メ撮ったから近過ぎて分かりにくいですね。



花が似合うキャラでも無いし自分で生ける事は出来ないけれど、花は大好き。


贈るのも貰うのも大好き。

そして、自分の趣味に合うお花屋さんを探すのも大好き。

贈りたい相手の事を思い浮かべながら、こういう感じで作って欲しいなって考えるのも、大好き。


今は恵比寿のコチラがお気に入りです。


essence87


87


地下に観葉植物と花器のショップも最近出来て、まだ行っていないけれど近々行きたいな。

(休憩時間に行くのは仕事を忘れそうでキケン。)



お花大好評!

Gさんもみんなもとても喜んでくれました。

もちろんエステ券もレストランも大好評だったのです。


Gさんいつもありがとうございます。面倒ばかりかける娘たちを、これからもよろしくお願いします。


Kちゃん、Yちゃん、今年も良い会開けたね!

そして今年来てくれた、Oちゃん、もひとりKちゃん、もひとりOさん、ありがとう!


満たされた胃袋と、Gさんの嬉しそうな様子と、それを見て幸せそうなみんなの姿と、全てで嬉しくなって、帰り道は鼻歌混じりでした。



…食べすぎで、眠れなかったのですが…(笑)


AD


”10万人の署名を目指して”


ということで、先週25日に決起大会が浅草であったそうです。

勘三郎さん、串田和美さんなどが賛同しており、今後10万人の署名と寄付を募るらしい。


---------------------------


小屋を!


「浅草に江戸の芝居小屋を」。

東京都台東区の浅草地区観光まちづくり推進協議会や歌舞伎役者中村勘三郎さん、江戸東京博物館の竹内誠館長が代表発起人を務める「つくる会」が二十五日、同区内で決起大会を開いた。


江戸時代、浅草には猿若三座と呼ばれた芝居小屋があり、江戸歌舞伎ゆかりの地として知られる。


(中略)


決起大会で勘三郎さんは「新たな芝居小屋に、浅草ほどふさわしい場所はない。地元からつくりたいという声がわき上がったことがありがたい。微力ながら浅草のため、芝居のため力を尽くしたい」と語った。


◆引用↓東京新聞の記事。


http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20060526/mng_____sya_____007.shtml


◆↓東京新聞の別記事。


http://www.tokyo-np.co.jp/00/tko/20060526/lcl_____tko_____002.shtml


----------------------


★↓ 署名はこちらの「浅草観光連盟 」さんのサイトから出来ます。


http://www.e-asakusa.jp/shibai/index.html



ちなみにこちらのサイトにある「浅草槐の会 」には、浅草情報が満載!!


浅草散歩 」というコンテンツには「歌舞伎コース 」なぁんてのもあります。


河竹黙阿弥の住居跡とか、江戸三座跡地の石碑とか、「暫」のブロンズ像とか…


その内歩こうっと♪(4時間になってるけどな…)


---------------------------


その他「浅草に江戸芝居小屋を!」関係の情報です。


◆↓決起人の台東区区議会議員「中山ひろゆき」さんのブログ。


http://blog.naka-hiro.jp/?eid=285751#trackback



◆↓シアターガイドの記事。


http://www.theaterguide.co.jp/pressnews/2006/05/26.html



AD
06-05-27_18-20.jpg
今日は三味線4回目。
写メは先生宅からの帰り道、谷中のとある場所にある”築地塀”。塀て色々あるのよね♪


情けない事に長唄の曲を全然知らないので「これやりたい!」とも言えない私。
最近ブルースハープにはまってるという友人が、疲れていても「音が出るだけで嬉しい、楽しい」から「ほんの数分数秒だけでも吹いてる」と言ってて、その気持ちがよ~く分かる。同じ。
だけど私は習いに行ってるのだから、一歩踏み込まないとね。

とりあえず今日は自宅での練習方法と、バチを持つ手や三味線を持つ身体の形、糸を押さえる左手の形、とにかく形を見ていただく事に終始した。

三味線を持つ身体の形は割と安定して私の身体の大きさに合ってキレイだったとおっしゃっていただいた。
だけど手、特に手の平が固く強張り、動きがぎこちない。
一、二、三の糸の引き分けはやっていくうちに出来るようになるらしい。今は二の糸が上手く弾けないのだ(泣)

幸い音は取れているらしい。10年以上前にやめてしまったけど、子供の頃からやってたけど嫌々だったエレクトーンが今頃役に立ってる。やっぱりやってて無駄な事ってないな。

それを励みにこれから練習練習!
-_maya_-__

鼓動

06-05-27_00-07.jpg
「アマテラス」を観て飯を喰って帰って参りました。
…参りました。とんでもなく凄いものを観て来たのかも知れません。

鼓童は初めて観たけど、鳥肌が立ちました。
聴かせる為にとても計算された演奏を「見せる」のに、その揺さぶりは「本能」に限りなく近付いてきます。原始的です。

太鼓(広く打楽器と言いましょうか)という楽器は、「腹に響くもの/地球の活動、自分の生きている音を鳴らすもの」と思っていました。
けれど、どちらかといえば”聴く”ではなくて「音で包むもの/音で空間を充たすもの」つまり「(体中で)音を感じる」という”聴かせる”楽器なんだと、微妙な違いだけども、やや考え方を変えざるを得ないとまで思わされました。

座って聴いているのがもどかしくなる程に自分も興奮して来て、座ってるのに汗かいて身体も熱くなって、何も考えられずにひたすら音の出どころとそれを出す鼓童の方々を追ってました。

玉三郎さん扮するアマテラスが天の岩戸から出てくる場面では、涙が出て来た程。
感極まって?というか、赤ちゃんが生まれる時の涙ってこういうこと?と思ってしまうような涙。
眩しいからとかでなくて、身体の底からなんか訳の判らないものが零れ落ちた感じ。悲しいとも嬉しいとも違う…感動、は近いかも。目から鱗が落ちた、そんな涙。意味は少し違うけど。
…不安感、が意味は近いかも。母の鼓動=太鼓の響きが最高に高まって、ふっとそこから投げ出されて独り分の音しか聞こえない、我に帰った時のその不安からの涙…。

玉三郎さんの演出も素晴らしく、出過ぎず、かといってお飾りでもなく、いる意味・手掛けた意味を十二分に発揮してました。
やはり美しかった。歌舞伎座より相当近いのに、客席。いつにも増して人に非ずでした。


あれは観てほしい…。私がこうやって必死に説明してるのが無益に感じるに違いないし、そう感じて貰って本望。
当日券、立見だけど今日は出てたみたい。

生々しい音と神話を感じる事が出来るはずです。

カーテンコールで嬉しげな玉三郎さん、という白塗りの時では滅多に観られないお顔も見られるかも(笑)
--_maya_-__

天照大神

テーマ:

アマテラス

日本神話って読みたいです。



というわけで?

今日は大好きなハコの、


世田谷パブリックシアターにて


坂東玉三郎×鼓童

「アマテラス」


鼓童だし、玉三郎さんだし、かなーり楽しみにしております。


ただし今本当に寝入ってしまいそうなほど眠いのが

どこまで移動中に覚めてくれるかが一番の問題。


歩きながら寝られる気がする。


ちゃんと、演舞場の昼夜二度目についてとか、若衆歌舞伎とか、書きたいけどこれでは書けません(泣)

どうせ明日仕事に会社来るので、早めに来てやろうっと。

ブログってメモ代わりになるのがいいところよ。





今日はチームの慰労会らしい。


何度か書いているのだが、自分のチームの上長(いまどき日サロ焼けで焼けすぎて真っ黒の上に黒い服ばっか着るから闇夜で分からない)がトンでもなくなので(滅多にここまで嫌えません)、本当に行きたくない。


行きたくないけど行かないとまた真夜中に電話が来そうなので、行かざるを得ない。



仕方がないのでお店を調べてみた。


なになに…料理はおいしそうだ…博多からの出店?


「Direction 市川猿之助」


?!


猿之助  三国志?


…なんと!


「1階と2階は”う●や”の店舗、3階が市川猿之助丈一門及び紫派藤間流の稽古場 です。」


な・な・なんと!


私の為に選ばれたようなお店ね。(違)


歌舞伎座と演舞場の千穐楽に(この慰労会のために)行けないのが大層むかっぱらではあるが、その分せめて探索してみよう。


誰かいないかな~♪



…捕まったらどうしよう…。



Getしました

テーマ:
06-05-24_21-25.jpg

分かりにくいけど~道成寺の手ぬぐい!

再検査は無事に終了。案の定薬の効きが良すぎて、病院から自宅に帰って15時近くまで出られなかったけど、どうにか回復。
前から楽しみにしてた演舞場夜の部1階席。
手ぬぐい諦めてたんだけど~ラブ×2光線が効いた?!のか(たまたま転がり込んだちう話もある(笑))、手に入れました!

わああい♪



検査結果ですが、特に何の問題も見受けられませんでした。

ご心配いただいた方、本当にどうも有難うございました。


この場をお借りしてお礼申し上げます。


検査自体はかなり面倒でしたが。(苦笑)


--_maya_-__