わたしの足

06-04-30_10-41.jpg
汚くて恥ずかしいけど、私の足。

CONVERSEのALL STAR黒。

それのステッチを黒く塗り潰して(今はもうはげて白に戻ってる)、紐を黒に変えて、履き口辺りを鋏とカッターでザクザク解して…自分カスタムで気に入ってます。

3、4日に一度は履くから、もう一足増やしてもっと休ませてあげたいな。
いつもご苦労様。今日は四谷と浅草行くけど、休んでてや!

--_maya_-__
AD
06-04-29_13-09.jpg
いわゆる遠山の金さんのお墓があるお寺発見。
江戸時代に、江戸三座取り壊し令が出そうになった時に移転で済むよう取り計らったのが金さんらしい。
巣鴨にあった。家から駒込目指して歩いてたら道に迷って、すげー不安だったんだけど…そーゆーとこに着くのは何かの導きでもあるのかしらん。無事に巣鴨に着きました~
--_maya_-__
AD

rouge blanc rosso bianco

テーマ:


昨日は1日お仕事(昨日の記事の件でね)で銀座界隈におりました。

お昼直前に演舞場近辺を歩いていたら、向こうから鳴物の田中傳左衛門 さんがいらっしゃいます。
歌舞伎座と掛け持ちなのかしら?

今月は太左一郎さん は歌舞伎座の夜にいらっしゃるそうです。
夜の観劇予定が5月後半なのですが、その前に幕見で行ってしまいそうです。よろしくお願いします。
(ココで言うな)

昼からはその昨日の記事のお仕事でずっと築地のその事務所へ。
色々とレア話があるのですが、それはいつか。
今はまだお仕事最中なので、お話することが出来ませぬ。

その後、ワインを飲みに行きました。

シーフード・ワインダイニングにて。

グラスワイン各種5種類もある~★

でもしか飲まなかった~!!(笑)

・ジントニック(好きだなあ)
・白ワイン(フランス)
・白ワイン(スペイン)
・発泡酒(イタリア。アスティ・スプマンテではなかったけど、よく似た味わい)


白ワイン飲み比べ。

美味しかったなー。フランスのはそこのお店のハウスワインだったけど、美味しかったです!

飲み応えのある味わいでした。



つまみも美味しくて、

・イワシの黒酢マリネ
・アンコウのフリット・ヨーグルト・カレーソース
・シーザーサラダ
・チーズの盛り合わせ


アンコウのフリットが美味しかったです。

ヨーグルトカレーソースに惹かれたのだけど、つけなくて美味しかったよ。



ハウスワイン含めてグラスの白ワインは5種類あったのだけど、二人で全種類制覇した。
その記憶はある。


銀座の中央通りは法律で必ずタクシー乗り場を利用しなくてはならないそうで(運ちゃんに後で聞いた)、故人タクシーに一度断られた。

その記憶もある。


「銀座のタクシーは24時前後~25時だねー。クラブの閉まる時間に合わせるからねー」

という運転手さんに、

「でもお客さん運いいよ、本当はお客さん拾った辺りも法律に引っ掛かるギリギリなんだよね。しかもあそこで待ってる個人って、長距離客を見込んでるからさ。鶯谷くらいだと、結構断られるんだよ」

って恩着せがましく言われたのに、

「ほんまありがとぅ~」

とお礼言いまくってお釣りも受け取らずに降りたのも、覚えてる。


ファミマでうっかりアイスを買って喰ってしまったのも覚えてる。(あほう)


要するに全部記憶はあるんだけれど



未だに二日酔いなのはどうして~?

酒にもっと強いと良いのに…!


やっぱりワインは残るよね。

でも懲りない私はまた飲むのです。


みなさん一緒に飲みに行ってね!!


rouge blanc rosso biancoって、

「rouge」フランス語で赤

「blanc」フランス語で白
「rosso」イタリア語で赤

「bianco」イタリア語で白


これを覚えておくと、フレンチやイタリアンに行った時にメニューがちょっと判りやすいです。


ボンゴレ・ロッソだと、トマトソースベース。
ボンゴレ・ビアンコだと、オイルソースベース(もしくはクリームソース。でもクリームソースのボンゴレってあるのかな)


vin rougeで赤ワイン。

vin blancで白ワイン。


久々に料理を力いっぱい作りたくなりました。

06-04-27_20-21.jpg
今本業より力を入れてる仕事があって、とりあえずキリの付くところが、見えて来た。つっても私の作業分がまだまだ終わらないのだけど(-.-;)
でも始めた時を考えると、頑張った!データがだいぶ揃いました。
これが全部出来上がったら…と思うとワクワクします。それに係われた事を誇りに思います。それだけに手が抜けない。…抜けてたらどーしよう( ̄□ ̄;)

まだ先だけど、出来上がったらこそっとお知らせしますね。

富山のチューリップ@銀座!
--_maya_-__
06-04-26_22-57.jpg
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

やっと読み終えた

泣かないと思っていたけど、泣いてる

悲しい話だから泣いてるのでなくて、淡々と綴られる時間と状況を語る言葉に、自分の今までの体験や今の居所、自分では言葉に出来るなかった感情を見つけて、まるで自分の事のように泣いてしまう。ようやく涙が止まってきた

自分を思ってくれる人を大事にしたい
思ってくれなくとも自分が大切にしたいと思う人を大事にしたい
みんなを大事に思いたい

何が言いたいのかよくわからん。また泣けてきた

--_maya_-__

美しいということ

テーマ:


先日の三味線のお稽古第一回目。

ひとつひとつの動作を教わる際に、ほぼ必ず先生が口にされたのが

「美しく」「きれいに」

ということ。

三味線を安定して抱える為に試行錯誤していた時も

「あ、この位置が一番きれいに見えたね」

と言われるし、とりあえずバチを持ってみた時も

「こう持った方が無理がなくてきれい

一つの動作を説明してくださる時も

「いかに無駄なく・美しく見えるかを頭に置いてみて」



エレクトーンをやっていて、こんな事を言われた事は無かった。
エレキギターはむしろ汚い/乱暴なくらいの扱いの方がかっこよく思ってた。

かなり目から鱗でした。

自分の所作もきれいになるかしら。したい。


残念ながら、今週末は先生が醍醐寺薪歌舞伎 でお仕事なので、お稽古はお休み!
醍醐寺の演目、そっくりそのまま他のところへ持って行ってそこでも上演して、東京に戻られるのが5/4になるとの事。だから二回目はGW以降。
五月は休みを取られるそうなので、集中してお稽古付けていただこうと思っています。

daigoji


張替えに出していて三味線は手元にないから、何となく毎夜バチ握ってあーでもないこーでもないってやってたりするんだけど…どんどん握り方がおかしくなっていく気がする。

すごーく基本だけ書いてある本買ってこようかな。
三味線の名称とか、バチの持ち方くらいしか書いてないやつ。

土曜日も歩いたのよね

テーマ:


土曜日も実は朝からいっぱいいっぱいでした。

朝…「蜷川と音楽鑑賞 」。
の為に、さいたま市の「さいたま芸術劇場 」へとGo。
鶯谷から山手線、田端から京浜東北線、赤羽から埼京線。
JR乗り継ぎ!今日だったら辿り着けなかった!!


昼…13時から、「タイタス・アンドロニカス 」。

タイタス2

12時に待ち合わせをしていたので30分ほど早めに着いたら…
道を曲がる目印の「サイゼリア」の向こうに「シャトレーゼ 」があり、

シュークリーム~♪」

ダボー・シュー★

と目を奪われて曲がり損ね(アホ!)、延々何もない道を10分以上歩いてました。

気づいてよかった…
無事ついたらちょうど12時でした。

夕方…17時から、実はずーっと前に申し込んでいた義太夫三味線体験講座 」があるのに、余裕で間に合いません。
与野本町の駅から電話をしたが、キャンセル料100%取られるし、1時間だけでもどうぞ、と仰るので、急いで人形町へ。

18時…1時間遅れで、受講開始
義太夫の三味線って…バチが大きいのね~。
長唄の三味線(細棹)用のバチは先も薄くて、見よう見まねで持っていた時もそんなに手が痛くなかったのだけど、義太夫のバチ、1時間持っていたら手がプルプル震えて字が書けなかったです。
持ち方も違うし重さも違うし、厚みも違うのです。

奏で方も違った。

そしたら、先生(女性。ちょっと怖かった。「遅れてきた方、あちらの小部屋使って良いからあちらでやったら?(=やってよ!)」と言われ、必死に追い付こうと補佐の方に教えてもらっていたら、「もっと音下げて!」とまた怒られた。すいませんでした~!)が、

「半分打楽器ですからね」

なるほど~!

私は長唄三味線の道に足を踏み入れましたが、面白かったです。
でも私の握力と手の大きさでは、とっつき難いかも。

夜…お食事★
ちょっと、笑えるほど、愛想のない店員がいました。(笑)

私「飲みやすい芋焼酎ってどれですか?」
女店員「知りません」

おい!

でも、いつも一緒にご飯を食べるのが嬉しくて仕方のない面子でしたので、それさえも笑い話!
いやー楽しかった。

「さいたま芸術劇場」遠いけど、良いとこでした。

って話をしてたけど、

襲名

巡業コースに入ってましたよ、ここ。
…ここには行かないな。(ゴメンナサイ!)