初秋のオススメ音楽(ROCK)

テーマ:

WEEZERがまた来日しますネー!!

(~日々のMY LIFE~(satomiさん)とこの記事参照)


もう、本当に、satomiさんところにもコメント書かせていただいたけれど、30直前サマソニでOASISもWEEZERも 観れただけで狂喜したのに、30直後にまたどっちも来日ですか!

もうまたウカレポンチ(死語)になっちょります。

そんな流れで最近聴いているCD。

改めてロックが好きなんだなあ、自分。



↓ポスト・JIMMY EAT WORLDの呼び名も高い、とウワサの「mae」。
12月の頭に来日します。
さわやかで、秋晴れの1日に聴きたい音。

Mae
Destination: Beautiful
Mae
The Everglow


↓インディーズの「ala」。
ホーン+2ボーカルの、ちょっと興味深い音を作ってます。
片方のボーカルがしっとり歌っていたりするんだけど、
注意して聴かないと分からないかな?
10月にライブがあるので行って来ます。
「ロコ フランク」とかと同じ事務所所属。




ala (アーラ)
Point of view


どっちもジャケ好きじゃー。
「mae」の2枚目の方は、歌詞カードが絵本仕立てになっていて、ストーリーっぽく組まれているらしいです。
ちょっと、

浦沢 直樹
MONSTER 全18巻


絵本を髣髴とさせるような絵柄でもありんす。
AD

ホワイトバンドの記事の中で、コメントにてご指摘いただき、改めてホームページを見直しました。

私が勝手に「寄付」だと思っていたのは、

「活動費」

でした。
言い訳しちゃうと、人づてで「いくらか寄付されるんだよね?」という話を聞き、鵜呑みにしていました。
若い子がどうの、とか言えない…情けないよ、自分自身が。


そもそも「基金」では焼け石に水、どうにもならないからこそ、意識・政策を根本から見直そう。という意思表明の証なのに、「寄付」では、根本の捉え方からして違いますよね。

ごめんなさい。

すっごい恥ずかしいだけでなく情けナイので、本当はこっそり前の記事にコメントで「ごめんなさい」を言おうと思ったんだけど、ホワイトバンドを付けている以上、そしてその記事に来てくれた方がうっかり間違った事をここから持ち帰って行っていらっしゃるとしたら、これはもう「罪」以外の何者でもないので、ここでしっかり訂正致します。


ごめんなさい。

さっきずっと読んでいて、恥ずかしさに途中で読めなくなっちゃった…
でも、読みます。

ご指摘くださった方有難うございました。
でも、正しいご指摘くださっているんだから、出来ればお名前だけでもいただきたかった…



ほっとけない貧しさ

AD
PCに触れなかったのは、会社が大改装で17日土曜日から本日まで、怒涛の臨時大型休業に入ったからだった。
間に臨時オフィスに行ったりしたが、基本的には休み。なので最近blogもずっと携帯で更新(もしコメントいただいていたら、ゴメンなさい!そーゆー訳だったのだ)してた。
本日17時頃からやっと会社に立ち入れる様になり、明日からの新装開店(?)に向けて先程まで会社て片付けをしていた。
臨時休業中はアレ観たコレ行った、ばかり書いていたけど、実は他の時間は常に自分の引っ越した部屋を片付けていた。んだが…屋根裏収納て無茶苦茶便利だったんだ、と再度痛感。
今の部屋も収納力あるんだけど、追い付かない!!無印良品のスチール棚とかのお陰で何とかなったんだが、余分な支出をした気がして何だか悔しい。
とはいえ、どうにかお部屋は片付いたので、来週にはご近所散歩に行けそう。
久々に散歩道シリーズをやれそうで、今からウキウキ(でも会社はイヤン)してたりするのだ。

どーでも良いけど新装した会社の小会議室、どこのラブホかカラオケボックスか、と思う出来栄えで…かなり笑います。



_-_- maya _-_-
AD

吉原御免状

また歌舞伎。といっても、
いのうえ歌舞伎「吉原御免状」
でござんす。

いのうえ歌舞伎は2回目。前回は鈴木杏ちゃんとかの出ていた「青髑髏」。その時は何から何まで派手な芝居だな、と、少しひいて観てたのだけども、今回は!
面白かった。
まあ吉原に関する解釈には納得しかねる部分もあるけど、そもそも私なりたち知らないから、触れない。(「さくらん。」を観たくなった!!)
舞台の見栄えの美しさと、遊女たちの華やかさ、立ち回りの時の派手さと速さが好きだな。毎回出演の古田新太さんはさすがだけども、主役を演じた堤さんの動きはかなり素晴らしかったんでないかな?
あと、松雪泰子さん!!
もうヤルはヤラレるは女としては見るに耐えなかった拷問は受けるわ、もう可哀相で泣きそうな扱いだったんだけど、でもそゆこと置いておいちゃうくらい、キレイだった!!

ずいぶん前にsatomiさんにいただいたイメージバトン。やっとお答え出来ます。
松雪泰子さんデス!
ユニクロのCMも大好きだなあ…。

軌道修正。
おひょいさんがしょっちゅう台詞に詰まっていたのはご愛嬌、かな。
でも誰より愛すべきキャラは、梶原善さんだったよ、と実はこれが一番言いたかったので、これにて〆ます。



_-_- maya _-_-
05-09-23_11-48.jpg
久々にお散歩気分で東京オペラシティ。
今日は

第16回JGAギター音楽祭”Kyo-en”

がコンサートホールにて開催される。

造りがとても洗練されていて(中のショップはそうでもないが…)、散歩魂をくすぐる。
今はちょうど昼時なので、ベンチの至る所でランチを食す人々が。右隣からはカップうどんの匂いが漂って来る。

木村大くんと押尾コータローさんを見たくて来たのだが、ここの住所って、渋谷区本町なのかしら?とすると、
私の大好きな同僚

私の大嫌いな上司
が住む町でもあり…同僚には会いたいが、上司には絶対会いたくないのだ!!

微妙に複雑な気分も大くんのギターに癒される事だろう。
行ってきます。




_-_- maya _-_-
05-09-22_20-25.jpg
先日の事だが、六本木ヒルズの森美術館で

杉本博司展

を見て来た。
開幕間もないが、「ブルータス」でほとんどまるごと一冊が今回の美術展の特集だったようなんで、意外と名前に見覚えのある方はいるかも。
私は友人と美術展に行きたくて探していて、人を連れて行きたい美術館で行きたい展示がやるようだ、という訳で選んだんだが、実は流石に森美術館でやるだけあり、世界でも注目を集める写真家だったことが行って判明。見る目あるじゃん、と自画自賛。

展示方法にもアーティストの意見が取り入れられているそうで、かなり斬新でスタイリッシュな空間を創り上げている。会場自体が作品のようなので、行くだけでも価値あるかな。
詳しくは見に行って体感していただきたいが、一点。友人と私の一番何度も言った言葉は、
「この人異常な執着心だよね!」
だった、と言っておく。見たらきっと解ります…




_-_- maya _-_-
05-09-21_15-08.jpg
バックステージツアーを一緒に申し込んでいた歌舞伎フォーラム@江戸博物館に昼間行って来た。
1部が効果音の出し方。
2部が櫓お七。
3部が菅原伝授手習鑑 松王下屋敷。


これ、歌舞伎に興味はあるけど何を楽しんだら良いのか分からない!とかいう人にお薦めしたい。

なるべく低予算で取っ付き易く、を心掛けているらしく、誰もが知ってるような有名な役者は出ていないし、裏方さんも最低限の人数でまわすから、休憩時間も少しだけ長め。
けどその分手づくりの暖かさというか、歌舞伎の本来は庶民の娯楽だったというのが理屈抜きで伝わる。でもちゃんと演じて下さるし、みなさん上手い。特にお七の人形振り(文楽の人形の振りを演じること)が好きだった。、
そしてバックステージツアー。これが面白い。実際の裏方さんが説明してくれて目の前でばらしてくれるから、とても分かりやすい。

→そさん!そんな訳で当初の予定日より遅くなったけど、楽しんで来ましたよ!是非そさんの率直な感想を教えて下さいネ!




_-_- maya _-_-
昨日は朝いちで区役所に行き、転入届けを提出。その足で新宿に向かい免許証の住所変更手続き。
初めて都庁に足を踏み入れドッキドキの私に窓口の方がふと声をかけて来た
「それって飢饉のヤツ?」
それ。ホワイトバンドの事。素材は何で出来てるか、どういう意図のものなのか、幾らでその何分のイチが寄付されるのか、なんて事を聞かれて一つ一つ答える。
最後にその方、50歳近いと思うのだけど、どこで手に入るか迄話すと満足したらしく、有難うと一言添えて手続きの終わった免許証を戻してくれた。
若い人達はきっと意図を知らずファッションでホワイトバンドを付けてる人もいるだろう。それも良い。寄付されるには変わりないから。ただ、ファッションだから、間もなく廃れるだろつ。
そうして店頭に残りだすホワイトバンドを買い始めるのは、この方のように意味を知った人なのかなと思うと、なんだか先が明るい気がしてホッとするのだ。



_-_- maya _-_-
今日は歌舞伎座にて観覧。

昼の部は
■正札附根元草摺
■菅原伝授手習鑑 賀の祝
■豊後道成寺
■東海道中膝栗毛 江戸日本橋の場から尾張地球博の場まで
の四部立て。

実は寝ても仕方ないかな、と、今年は歌舞伎年と定めた(こそり、とね)意分で向かったんだが、いやいや、勉強になったし面白かった!
モバイルから長文書くの苦手なので(メールならともかく)詳細は避けるが、85歳で現役女形として舞台を背負う雀右衛門さんに大拍手を。
あと静かな女もあだっぽい役も艶やかにこなす福助さんにドキドキしっ放しだった!ほんとに色っぽいったらなあ!!素敵だったぁ。
ちなみに東海道中~は、お馴染み弥次喜多珍道中。当世アレンジの見せ所!て訳で、地球博に辿り着くのだが、道程にアノ人コンナ奴、が出て来て笑わせマス。歌舞伎の柔軟さが分かる一幕。



_-_- maya _-_-
05-09-18_19-54.jpg
今日は久しぶりに製菓教室。
ミロワール・カシス。カシスのムース。表面のグラサージュが鏡のように輝くのでこの名がついたらしい。
酸味と甘味のバランスが残暑のこの時期に良い感じ。この甘さとねっとり感は夏だと少~しシツコイかな?
写真のように、光を反射する鏡のような出来映えに満足。

それより今日カードケース落としたらしく…撃沈。中村獅童友の会会員証と歌舞伎の松竹カードとジムと製菓教室の会員証と、なにより領収書があぁ~!!!

自分最近バカ過ぎて凹みマス…
ムースを覗くと映るバカ=自分の顔。
とほほ。




_-_- maya _-_-