結局行った… 危うく帰るところだったけど、見計らった様に知人から電話来て、行った。


有難う、知人!先だってのLIQUIDとステージのセットが違ってて、良い意味で派手だった。


乾いた、アメリカもしくはメキシコを感じました。

やっぱ最強…




_-_- maya _-_-
AD

sakurahime

このチラシがとても好き。

なんだっけ・・・このイラストを描いた人の他の絵、小説か何かで絶対!見てるんだけど、何だったか忘れた・・・。

なんだっけ。小野不由美だったっけ。宮部みゆきだったっけ。ど忘れ。

どうやって調べたら良いのかな?そういうのって。



コクーンは粒揃いの芝居をたくさんやってくれるし、N響もやるし、空間自体も結構好き。自分の好きなスペースの中では上位に入る。


他は・・・

世田谷パブリックシアターとか。(野村萬斎の「ハムレット」 の舞台が素晴らしかった)

愛知芸術劇場とか。(birdの2ndアルバム後のツアーが最高だった)
PARCO劇場とか。(「シェイクスピアR&J」の演出がステキだった)
新宿モリエールとか。(友人がよくココでやる芝居の美術をやってる)
青山円形劇場とか。(上に同じく。それが舞台の特殊さに合ってた)


その時観た演目の良し悪しと密接な繋がりがあるから、一概には言えないけど。
空間って、「カラの間」っ書くけど、絶対カラじゃあないよね。目に見えない圧倒的なチカラが閉じ込められてるよね、っていつもいつも思う。

だからライブとかも大好きなんだけど・・・

今日、やっぱり結構好きなライブハウスの渋谷AXで大好きな

BOOM BOOM SATELLITES
bbs

のライブなんだけど・・・行きたいんだけど・・・

ジンマシン?

ヘルペス?

アレルギー?

ダニ?(いやだな・・・)

なんか、そーゆーのに全身蝕まれていて、ちょっとグロッキー。

ぐえ。

AD

思い出ぼろぼろ

テーマ:

tutuji

ツツジが近所で満開。利用駅の前は色とりどりのツツジが咲き乱れていて、甘い匂いが漂っている。

小さい頃ツツジの花を摘んで、蜜吸ったりしてたっけな。

今は流石にやらないけど、ツツジの花を見る度に最高に楽しい思い出に浸れる。


最近幼い頃の出来事を思い出すんだけど、なんだろ、これ?
死期が近いのか?(人は死の直前に走馬灯の様に過去の思い出が甦るという・・・)


一昨日、某所で小学生の時に祖父母と食べたビーフシチューの事を突然思い出して悶えていたら、昨日お昼を食べながらの打合せで、


銀座で

山形牛のビーフシチュー


beef

をいただけて、偶然の符合にちょっと感動。

いかにも高級料理店の、濃厚でありながら素材の味を殺していない、半熟卵がポイントのビーフシチュー。

絶対某所でかつて食べたのとはランクが違うけど、妙に懐かしさを感じてしまった。

ELLE weekly 3位

テーマ:

おめでとう、ELLEGARDEN!及びスタッフの皆さま!!!


オリコンウィークリーチャート3位確定!!


****上位は以下の通り*************

1位;ポルノグラフィティ「THUMPx」 4/20発売 推定週間売上数 215,219枚
2位;Def Tech「Def Tech」1/22発売 推定週間売上数 84,167枚

3位;ELLEGARDEN「RIOT ON THE GRILL」4/20発売 推定週間売上数 57,191枚

************************

週末にDef Techが異様に数を伸ばした結果、こうなった感じ。


でもスゴイよねー★嬉しいような、悲しいような。

************************

来週からスペイン坂をエルレ色にするので、そこでまた調子上がってくれたら広告業としても個人としても驚喜!!!


↓この絵が肥前山口駅にあるんだよね。

bizen

sugar様 のところで呼ばれたので飛び出してみた。

昨年春に関口知宏さん が旅された、「最長片道切符」の旅で乗れなかった路線を乗りつくす、

列島縦断鉄道乗りつくしの旅

いよいよ春篇も残すところ1週間を切った。


肥前山口駅は、前回の旅の終着駅であり、今回ここからのスタートではないけれど、この春の旅のいわば始発点でもあって。

番組とはいえ、つくづく良い出会い(土地と人と)をしている人だなあ、いいなあ、と思う。




そういえば・・・今回のJRの事故・・・あの路線も関口さん乗ったんじゃないか?

死者がどんどん増えて(会社でお付き合いある会社様の社長さんが亡くなられました・・・)、時間が過ぎるのがキツイ。

スタアパ

テーマ:

最近ご縁いただいて知ることが出来て、よく聴いているユニットが、


STUDIO APARTMENT


もう3年ほど前の、クラブシーンがちょうどブラジリアン・ブームだった時にたくさん出てきたハウス・ユニットの中の一つ、みたいな見方をされていたのが約1年前まで。

その後彼らはたくさんのリミックスを手掛け、多くの自分達が作ったのではない曲に自分達の色を混ぜるという作業を積み重ね、

アーティスト: wyolica, so-to, TSUTCHIE, azumi, Studio Apartment
タイトル: ワン ウィッシュ


その中でスタアパとしてのスタイルを築いていき、昨年7月、

アーティスト: Studio Apartment
タイトル: WORLD LINE

という作品を発表。

クラブ・ミュージックをキーワードに、ジャズ/ハウス/ブラジリアンから民族音楽までをクロスオーヴァーさせた(リリースから抜粋)


とても耳馴染みが良くて、耳に残って、身体が自然と揺れる。スバラシイ。
 先日渋谷のイベントも行ってみたけど、次の日の予定も忘れる程に踊れた。
スバラシイ。

今年夏ごろまたリリースが控えているという。




スバラシイ。

黄昏

テーマ:
in NTV

空を楽しむ事。
歩く事を楽しむ事。
音楽を楽しむ事。
明けていく夜を楽しむ事。
暮れゆく昼を楽しむ事。
人との出会いを楽しむ事。
人との会話を楽しむ事。
仕事を楽しむ事。
1人の時を楽しむ事。
誰かとの時を楽しむ事。


そういうごく些細な、普段の幸せ、思いがけない・自分に非のない・何より

避けることが出来たはずの過失


によって奪われてしまった、今日の朝のJR福知山線の電車事故を本当に憾みます。

初ケツメ

テーマ:

tシャツ

↑Tシャツ可愛かったのに・・・入場できた時には全て完売だった。



2005年4月23日土曜日。
初めてケツメイシのライブに行った。

実はケツメイシをちゃんと聴いたのはこのライブが初。
ノン・ジャンルで音楽聴く自分なのに、何故だか避けて通ったケツメイシ。
 今回も、Tくんに「みんなで行こっか」と誘われなかったら恐らく行かなかったであろうケツメイシ。
「花鳥風月」がずばりと好みだったのに、気が付いたら売れまくっていたので逆に聴かなかったケツメイシ。

結果。



今までごめんなさい!昨日からファンになろうかと思いました!!




いいアーティストでした!

帰りに一緒に行った人たち(総勢6名)と話をしていたのだが、やはり勢いに乗っているアーティストのライブは、否応無しに巻き込まれる。
1曲1曲が心に響くし、踊れる。それが自分ひとりでなくって、あのさいたまスーパーアリーナの満員のオーディエンス全体。途中でサムい(ごめんなさい)コントがあっても笑える。
さいたまスーパーアリーナが完売っていうのにも肯かされた。

個人的には前から(実は)好きだった「花鳥風月」で会場が暗くなり、その中でオーディエンスが携帯のライトやライターやらを付けて、歌に合わせて揺らしていたのがあまりにきれいで、泣いた。

運良くTさんという方とお知り合いになれて(有難うございました)、アリーナ立ち見のAブロックチケットを手に入れることが出来たのは、ナンだか天の采配だったんじゃないかという気がしてならない。

 コンサートとして惜しいのはアリーナ入場がやたらと時間がかかっていた事・・・。何故だったんだろう?1時間遅れでスタートしたのも、それのせいだった。

 でもそういうマイナスを帳消しにしてくれた程、ライブ楽しかった。

 

6/29にアルバムが出てその後ツアーらしいし、・・・また行きたいナー。

 

贈るもの。

テーマ:

母の日が今年は5月8日

父の誕生日が毎年5月14日

いつも2人分を合わせて何かを贈っているんだが、今年はちょっと頭を捻ってみた。

というか、結構誰かに贈り物をする事が好きで、どうしたら・何を贈ったら、相手が喜んでくれるかを毎年必死に考えてて、楽しい。

迷い始めると果てが無い上に金額の上も無いので、

最初に贈りたい相手・次に予算・次に自分の満足するもの・次に時間の制限

という順序に+アルファがついて、決断する。


今年は以下のように決定!!

ちくて

CICOUTE CAFEのパン。スコーンとカンパーニュと胡桃とレーズンの入ったパンと、お店にお任せ一品。

チーズ

”幸運を呼ぶ”という、馬蹄形の「バラカ」という白かびチーズ。

esire

「エシレ」という、フランスで品質を保証された発酵バター。

ht

メイプルシロップを煮詰めて濃厚な味を出した「メイプルバター」。


全て仕入先が違うので、5月8日午前中に、3方向から荷物が実家に届く。


こう言っちゃあナンだけど、

誰か私にやって欲しい。

(笑)