news
 
『電話応対(もしもし検定)技能検定』

の実施機関 → http://www.visiontech.co.jp/?id=114"になりました。

 真山美雪への取材、執筆、講演の
お問い合わせ、ご質問は 03-3468-8238
info@visiontech.co.jp
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-11-25 00:41:02

セミナー&日本CA協会チャリティーパーティー

テーマ:ブログ

盛りだくさんの11月22日は、新所沢で講演のあと、

一度、家に戻って着替えてから、六本木で開催された

「セミナー&日本CA協会チャリティーパーティー」へ。

 

国際ホリスティックフェイス協会のトレーナーとして、

顔の筋肉をトレーニングの必要性を20分間、

トレーニングしながらお伝えしました。
健康、美容、そしてコミュニケーションを円滑にするために、毎日少しだけのトレーニングで表情豊かになっていきます。

 

19時からパーティー開始。

今回もスタッフがいろいろと準備してくれて、サポートしてくださるみなさんからたくさんのプレゼントをいただきました。

商品やサービス、ご著書などを提供してくださったみなさま

本当にありがとうございました。

また、お忙しい中、たくさんの皆さんにお越しいただきました。

現役のCA、CA経験者も航空会社も異なりますが、とても楽しいひと時でした。今回は外資系のCAの方も数名お越しくださいました。その中でも、元パンナムの高橋文子さんは著書

をお持ちくださいました。

 

 

 

高橋文子さんは、日本人スチュワーデスとして一握りしか

採用されなかったパンアメリカン航空に1967年に入社

なさったそうです。
当時、ブルーの制服で世界中に拠点を持っていた、

パンアメリカン航空のスチュワーデスは、

世界中の女性の憧れでした。

世界一の航空会社が消滅していく
様子を書き下ろした「消滅」空の帝国「パンナム」の興亡。

一度、消滅した日本航空とも重なる部分もあり

一気に読んでしまいました。ご本人からもっと、もっとお話を伺いたいと思いました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-24 23:45:59

帝国ホテルでテーブルマナー講座&接遇研修

テーマ:ブログ

某大手介護住宅を手がける企業研修。

午前中は、帝国ホテルで、テーブルマナーを勉強しました。
 
{11423937-1702-49B3-B141-921EA39C9A96}
 
{63642432-036C-4459-AE41-8600BA118C9F}
{1F782CDF-6F16-4F9A-8E8B-C7C285AA86B8}
 
テーブルマナーはイギリス式、フランス式などあるけれど、、どちらも間違いではない。
日本式のテーブルマナーはどちらもミックスしたところがある。
など、細かく、わかりやすい説明をしてくださったM氏。
話が面白くて、笑いもたくさん。肩肘はらずにテーブルマナーが学べます。
 
{A89FB6A1-B052-4F51-9E6D-800CC0A1174C}

 
{51C0C1EB-8C23-4370-A5B2-06A58F99E6E7}
 
テーブルのお花もさりげなく、可愛い。
 
{B33E42DF-6483-4062-A3D6-8D3C8EAE02E9}
 
{F35B85B3-D7DC-46A4-A255-B69BB9DA50A2}
 
{6EF8AF43-ABB7-483B-88F9-55319BDCB72D}
 
{993074A3-C8E4-4A33-A2C8-80981BEFC691}

その後、オフィスに移動し、会議室で接遇マナー研修で終了。
{4D218A42-CFC0-4F64-A869-4138724C8918}

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-24 10:45:19

異文化を知って、誰にでも愛される人間関係をつくる『マナー&気くばり術』新所沢で講演

テーマ:研修・講演

22日は、いい夫婦の日との事。

たまたま、私達の結婚記念日もこの日です。
当時は、そんなネーミングの日ではなかったのですが、、。
 
今年の22日は、朝から講演と夜、日本CA協会のセミナー&チャリティー交流パーティーがあり、自宅~新所沢~自宅~新所沢とドタバタの一日になりました。
 
 
東所沢公民館で、「ひがし☆スペシャルママ企画」という子育てママ達にたいしての、講演でした。
一回目のテーマは
「おもてなしに必要な心構え。第一印象の重要性」
二回目は
「異文化理解とは。相手を思いやるホスピタリティーマインド」
 
 
 
{DF2939F3-F771-4527-A4F8-257240FE708F}


電車が得意でないわたし。どれに乗ったらいいか、15分ほどホームに立ち尽くしてしまいました。西武新宿線の小江戸号に乗って所沢まで行って乗り換えて新所沢へ。


今回は、二回目だったのですが、、前回と時間が少し違っていたので、特急に乗れたようです。

小江戸号は、ガラガラで、所沢までは、快適でした。

 
一回目のアンケートの結果もとても好評でした。と担当者
からの嬉しいコメントをいただきました。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-13 18:29:28

表情トレーニングの重要性

テーマ:ブログ

私が、理事をしている、国際ホリスティックフェイス協会の

シンポジウムが御茶ノ水で開催されました。

「顔のトレーニングでなりたい自分になる」という題目で、

代表理事の岡本るみ子がモデレーターとして、

3名のパネラーの話を引き出し、意見交換が行われました。

 


 

化粧療法に取り組む資生堂の医学博士の池山和幸氏、歯科医師として口元の美しさを引き出すトレーニングを

指導していらっしゃる石井さとこ氏

そして、当協会理事の菅家ゆかり氏の3名。

パネリストがそれぞれの健康や美容といった専門分野から

顔のトレーニングに関して、日頃の取り組みや

トレーニング方法を紹介してくださいました。

 

顔のトレーニングの重要性と今後の未来についての

お話はとても有意義でした。

 

最後に閉会にあたって、協会の理事として話す時間を

いただきました。客室乗務員として各国を回って必要なのは語学力ではなく表情だったと実感したこと、

言語はできたほうが良いけれど、他者とのコミュニケーションでは表情やボディーラングエージで伝わることが

たくさんあることなどをお話ししました

 

 

表情筋のトレーニングをして豊かな表情でコミュニケーションをとれるよう、日々努力したいと思います。

また、国際ホリスティックフェィス協会にも理事として

貢献してまいりたいと思います。

 

主催者の岡本るみ子さんをはじめパネリストの方々、そして

参加してくださった方に感謝いたします。

 

2017-11-09 00:06:21

アンドリス・ネルソンス指揮ボストン交響楽団のコンサート

テーマ:ブログ

{C07ACB64-215D-419C-9C0C-5D82FB03177D}

サントリーホールでボストンフィル(アンドリス・ネルソンス指揮)

のコンサートに行ってきました。
 

ボストンフィルと言えば小澤征爾氏が音楽監督をしていたので

日本でも有名でしたが、その実力さすがでした。


小澤さんの後を引き継いだ、アンドリス・ネルソンスの指揮と

息がぴったり合って、最後の一音まで気が抜けなかったです。

 

モーツアルトのフルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K299 (297c)

はじめて聴きましたがハープとフルート、弦楽器のハーモニーが

とても心地よい響きでした。


ラフマニノフ交響曲2番ホ短調 op.27 は、クラリネットが素晴らしく

管楽器も弦楽器も響いていて、さすがボストンフィル。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-31 00:25:07

ヘアードネーションをしました。

テーマ:ブログ

髪の毛を寄付する!

ヘアードネーションをすることにしました。
頑張って伸ばした髪の毛。

 

 



ヘアードネーションとは頭皮・頭髪に関わる何らかの病気が原因で髪の毛を失い、ウィッグを必要としている

子ども達に、医療用ウィッグの原料となる毛髪を

間接的に提供すること。

寄付した髪の毛は、選別・加工の工程を繰り返したのち、ウィッグとして生まれ変わり、レシピエントの

元に届けられそうです。

 


 

もう、このように長く伸ばすのは私の人生で最後かな、、誰かのために少しでも役立てていただけるのなら。

との思いからでした。

今年の夏はちょっと暑くて辛かったけれど、

何とか31センチクリアしました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-18 21:44:55

第20回ゆかたキレイコンテスト全国大会の審査員

テーマ:ブログ

8月末に毎年開催される「ゆかたキレイコンテスト」の審査員をしてきました。

 

ホテル椿山荘東京で開催された 一般財団法人 民族衣裳文化普及協会「ゆかたキレイコンテスト」全国大会の審査員とグランプリ、準グランプリの一同。

 

 

 第20回 ゆかたキレイコンテスト・全国大会 2017全国グランプリ。

全国グランプリ No.23 中尾 桜さん 愛知県名古屋市 (写真中央)
全国準グランプリ No.9 明田 真希さん 福島県大沼郡(写真右)
全国準グランプリ No.17 伊串 桜さん 愛知県名古屋市(写真左)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-16 16:01:41

ベトナム へ

テーマ:ブログ

初夏のベトナムに行ってきました。

成田から、ハノイに入り、乗り継ぎをしてダナンへ。
はじめてのベトナム航空のビジネスクラスは、Vの字型に並んだ座席。
1Aだったのに何故か、ボーディングゲートで、直前に、申し訳ないけど、席を少し後ろへ、変更して下さいとのこと。?もちろん、席はどこでも良かったので、OKしましたが、何のことか判らなかったのですが、、帰降する時に、判明しました。
飛行機の外にはたくさんの黒塗りの車の列ができていました。
その方が下りるときに、急にエコノミーから数名の人が入ってきたので、きっと
偉い方なのかしら、、と思っていたら、、天皇、皇后両陛下との会見や安倍晋三首相と会談なさった、グエン・フック首相がいらしたのでした。
首相だけがビジネスクラス(ファーストはない)他の秘書官たちは、エコノミークラスだったのです。
 
成田からハノイに着き、トランジットでラウンジで1時間半ほど休憩し、ダナンに向かいました。
 
 
 
 
 
 
{E2950D88-F627-4FBC-BDD5-64507A473599}

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-06 20:01:39

体験した機内トラブル! 赤ちゃんや子供が泣き止まない!

テーマ:ブログ

ホノルルに夏休みで行った時のことです。

ビジネスクラスに乗ったのですが、

羽田発ホノルル行きのANA(エアージャパン)はもちろん満席。

その上、子供が二組組も乗っていました。

一組は3歳と0歳の双子。もう一組も1歳の男女の双子。
狭いビジネスクラスに5人の子供です。

離陸の時は気圧の変化でもちろん、子供は一斉に泣き出します。

子供たちと一緒だった両親やその家族たちは必至であやしていますが、泣き声は止まりません。
 

8時間のフライト中も何度も順番に誰かが泣いてしまいます。

客室乗務員もとても親切で一生懸命ケアしていましたが、3歳の女の子はおもちゃや本などで落ち着きますが、0歳児や1歳児は突然泣き出します。

 

他のお客様の迷惑になっていることはもちろんわかっていて、とても恐縮している様子です。

 

そんな中、突然、一人で乗っていた男性が

 

「うるせ~な!!」「静かにさせろ!!」

と怒鳴り始めました。

 

客室乗務員がなんとかなだめていましたが、、。

お母さんも「申し訳ございません」と平謝り。

子供のご主人は、その怒鳴った男性に対して、、

「仕方がないだろう」とかなり内心、イライラしていらっしゃる様子。

 

結果は、、なんとか収まりましたが、機内は嫌な空気が流れみんなが

固まった場面でした。

 

ちなみに、後ろのエコノミーのほうに行ってみましたが、子供の数は、20名を超えていました。赤ちゃんだけでなく幼稚園、小学生くらいの子供も入れたらもっとたくさんいたかもしれません。泣き声もあちこちから聞こえてきて、、。。

 

といいうわけで、夏休みなどにハワイなど観光地に行くのでしたら、エコノミークラスもビジネスクラスも子供が乗っていて当たり前、うるさくて当たりまえなのです。

子供の泣き声がうるさくて嫌だったら、ファーストクラスだったらもう少し、

静かかもしれません。

ちなみに、昨年のANAは767の古い機材でビジネスクラスは

フルフラットではなかったし、ファーストクラスもありませんでした。

今年から、機材も変わったようです。

実際にはけんかにならなかったのですが、、以前、アメリカの飛行機に乗ったときは泣いている赤ちゃんのお父さんに罵声を浴びせた人と掴みあいになっていたのを見たことがあります。席が離れていたので、内容は聞こえませんでしたが、男性の客室乗務員が間に入っていました。

たぶん、これ以上もめると、飛行機から降ろすというようなことを言ったに違いありません。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-27 23:56:44

20年ぶりの熱海

テーマ:ブログ

週末は午後まで、プライベートの用事で、走り周っていたのですが、夕方から、知人のお父様のお通夜があり、熱海に行ってきました。

{7429C463-022D-4702-ACEB-7E4068646099}

 

90歳を超えた大往生とは言っても、お別れは、いつも辛いものです。
祭事を執り行った僧侶のお話が素晴らしく、わかりやすく心に響くものでした。
参列者が、一緒にお経を唱えるという初めての経験もしました。
残された奥様の様子が痛々しく、涙がこぼれそうになりました。
 
27日は、60代で直腸がん亡くなった叔母の命日でもありました。元気だった叔母の顔も思い出され、必ず、人は、亡くなる。それが少し早いか、遅いだけだ。という言葉を思い出しました。

 

熱海と言えば、20年前には、末期の膵臓癌を患った父とアメリカから会いに来た妹と義弟たちと温泉に来たことをおもいだします。
最後の力を振り絞って、一緒に温泉に行った事を思い出しました。
妹は、妊娠していて、大きなお腹をかかえて、LAから、旅行に参加してくれました、
結局、孫(男の子)が産まれてそれを、病院で知った父は、安心したのか、
5月2日に帰らぬ人となりました。
 
熱海の駅は、新しいビルが出来ていてとてもきれいでした。20年の歳月がたったのだな。と感じます。
5月は風薫るさわやかな季節ですが、毎年、忘れることのできない季節なのです
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>