近況報告✨

テーマ:

かなり時間が経っちゃいましたが、、、

ヨースリー東京受けてきました。

 

ヨースリーはなぜあんなに音楽を聴かせられるんだろう、、。

レッスン中は動きに必死ですが、そのもがいている最中ふと音楽が耳に、体に入ってくる瞬間がある。

 

瞬間だけどね。

 

 

あれは自分で練習している時はなかなか出ない。

 

あの技(?)はヨスリーしか出来ない気がする。

 

音楽は甘美でもあり切なくもあり美しいもの。

 

そんな音楽と、現在自分に与えられた身体が出来る最善を果たした踊りが交わる瞬間はどんな物にも値しない。

 

自分の心への最高の贅沢。

 

プライスレス⭐️

 

人生の中の美=芸術を求めて私は踊るんだなあ、、、、

そのために練習するんだなあ、、、、と

ヨスリー東京で再確認。。

あなたは何の為に踊りますか。。。?

ワークショップ休憩中に名古屋組とアイナ先生とご飯を食べに行きその時のアイナ先生のお言葉。

「さっきのヨースリーの踊りを見ててね、、あ〜いう感情を出せるのはこのダンスならではよね。。他のダンスには無いのよね。。。だからやっぱりこのダンスなのよね〜」

「あ〜いう感情」がど〜いう感情なのか深くは聞きませんでしたが、、何となく分かるような気がする。。。

ニコニコ

 


黒でもなく白でもなくもっと人間らしい複雑な感情。

アラブ音階は西洋音階よりも細かいのでもっと入りいった感情が表せるのかも。

今週末はデリーチェさんから再度お誘いを頂いてベリーバカンスvol.3に出演させていただきます!

2曲踊らせていただくのですが、、、その内1曲はベリーバカンスvol.2でも踊らせて頂いた 「El Malika」を再度踊らせて頂きます。。。m(_ _ )m


デリちゃんが同じ曲でも良いのですよ〜と泣けるぐらい嬉しい指示をくれたのと、、、

今年はベリーダンスに出会って20年目なのでもう少し
自分の師匠達(ヨースリー/アイナ先生)への感謝を私なりに表させてください。

この曲「El Malika」はヨースリーがプロデュースした曲。
その曲をヨースリーの振付でアイナ先生が踊っているのを見て衝撃を受けた曲です。

現在あいな先生はご自分のレッスンではラジオ体操代わり
に使っているとおっしゃってました(笑)

そんな感じですがw日曜日どうぞよろしくお願いします

m(_ _ )m!!

 


あ!!
また後ほどちゃんとお知らせしますが、、

カイロハ-ン名古屋は2018年11月22〜25日あたりに決定しました!

当初来年5月と言っておりましたがスター達のスケジュールが合わず、、、、すみません、、、

よって5月のゴールデンウィークはヨスリーWSとなります。

5月も11月も絶対にみんなの心に残るほど良いイベントとなるよう頑張ります!

どうか皆さん来てくださいね🌟

 

 

 

 

 

AD

帰っちゃった

テーマ:

 

そろそろラマダン始まったかな?

 

ヨースリーは名古屋からニューヨークへ1日だけ帰って

エジプトに次の日に着いている予定。

 

今回ヨースリーは大好きなうな重を2回食されました♪

到着した日と帰る前日に。

WSがスタートすると疲れと緊張でほぼまとまった食事はとれないそうです。

 

今回も名古屋のために全身全霊で教えてくれたヨスリー。

 

「みんなの態度やレッスンに対する姿勢が大好きだ!

みんなの為なら何も惜しまないし、みんなが何かを学んでいてくれてハッピーならば疲れは吹っ飛ぶ」

と言ってくれました⭐️

 

ヨースリーの前ではベリーダンス歴1日の人でも、、歴30年の人でも一緒。

 

その人のその人のできる限りの「全力」を常に求めてきます。

 

私もみんなを見ていて通常のレッスンよりもっと必死に体を動かし、踊れてる姿を何度も発見。

 

「なんだ!その手は!!!」

「なんだ!そのエネルギーは!!!」

 

たまに飛ぶ喝にみんな

ビクッッッッーーーーーーー(笑)

 

その後確実に良くなっているみんなの踊りを見て満足だったそうです。

 

ビギナーのレッスンでの細かいテクニックの指示もみんなが必死に直そうとしていたのを喜んでいました。

 

今回もたくさんのたくさんの方に受講していただき、そしてみんなの全力を本当にありがとうございました。

 

何か学べていたり、感じたものがあったことを願っています。

 

何か質問があったらいつでも聞いてください!

答えられる範囲ならお答えします(笑)

 

あ!アサヤのレッスンで出てきた楽器!!

 

ラバーバという中東源流のバイオリンの先祖です。

是非あの動きはギターの様ではなくバイオリン、胡弓を引く様にお願いします(笑)

 

そしてオリエンタルだったかな???

最後がフラメンコ調の動きで終わるやつ、、、

空港に向かう前にいきなり「あのラストだけど、

片手ではなく両手を頭上に直しておいて」

とのこと(笑)

 

いつまででも、いつでも情熱と真剣と優しさと遊び心を忘れないヨスリー。

 

本当に無二で素晴らしい先生に出会えた嬉しさ。

 

招致9回目にしてやっと名古屋のみんなも彼に慣れてきて(怖がらずにw)学びの時間を楽しんでいるのが見えた嬉しさ。。。

 

さあー今日は1日よく寝たから明日から頑張ります✨

 

さて質問なのですが、、、

どなたか日本の方でこのお茶をヨスリーにプレゼントした方知りませんか?

いつ、どこで、、時期、場所も覚えてないそうです。。。

この写真を見せられ、、、

「このお茶がすご〜く美味しかったから探している」と

「すごくフルーティだった!!」

。。。。。

この缶は探すのはちょっと難しそう、、、、

新茶、、、?

フルーティ、、、??汗

 

う〜ん誰か心当たりがある方いたら連絡ください!!

 

 

 

AD

第9回ヤサラーム発表会

テーマ:

5月13日第9回目の発表会を無事に終えることが出来ました。

 

ありきたりな言葉で申し訳ないのですが、、、もうね、すべての関わった方々にただただ感謝の気持ちしかありません。

 

今回は初の2公演(昼の部と夜の部)を1日で終えるとい新しい試み。

望んだ試みではなく、、週末に空いている会場がその日しかなかったので、、、涙

 

昼と夜の部合わせて250名のダンサーが舞台で舞を披露しました。

 

この日の為に向かったエネルギーはそれはそれは膨大で当日はクラクラします(笑)

 

 

生徒さん全員この日の為に頑張りました。

苦手な事にも向き合い、練習し、体を使い、頭を使い、気を使い、優しさを使い、色々な思いが飛び交い。。

発表会の期間はいつもより深くみんなと関われるのが嬉しい。知らなかった一面を発見できたり、色々な事や思いの相談を受けたり、、、

嬉しい。 

みんなに関われて嬉しい。

 

最近よく思う、、、死ぬ間際にはこういう時のみんなの顔が浮かび、それはそれはこの時を愛おしく思い笑って次の世界へ向かうんだろうなあ、、って。(笑)

 

舞台監督として毎回お世話になる制作社の渡辺さんそして渡辺さん率いるチーム。

毎回私達の意見を必死に聞いてくれ、あり得ないオーダーもこっち側の気持ちを組み取り込んでくれ、それはそれは熱い情熱と優しさを持って形にしてくれます。

優しいっ

心から信頼の置ける監督さんです!

 

そしてベリーダンス世界のカメラマンスター(?)

ナムさん!そしてスタッフさん!

ナムさんがいるだけで和みます笑

いつも良い仕事をありがとうございます。

来月東京まで伺いますね〜

 

ビデオの紫さん。

いつ見てもドラマチックな佇まいなのに冷静なお仕事ぶり。

当日は舞台から楽屋からものすごく動き回って撮っていただいていると思うのですが、、、とてもスムーズで、、

良い仕事をありがとうございます!

 

 

 

私たちスタッフも頑張りました。

スタッフも基本全員ダンサーなのでそれはそれは苦手な事ばかりな仕事で、、、でも全力で向かいました。

当日と前日リハはほぼ肉体労働。

すごい団結力とスピードと機動力は毎回各地の会場のスタッフに驚かれます。

踊れて、教えれて、綺麗で、頑張り屋で、力もあり、気配りもあり、よく気がつくスーパー集団のヤサラームスタッフ達。

こっちに全てを費やすのでシングルがいっぱいです笑。

旦那さん募集中!!

 

 

そんなこんなですがやはり、、

色々な事がありました。

色々な事がおきました。

 

かじママは腕を骨折して出場を断念し、、そしてママの代わりに河村ともちゃんが急遽踊ってくれ、、、

 

元ちゃんは前日のリハで足の小指の骨を折り、、、涙

折ったまま当日を踊りきる快挙、、、、

 

数日前に後ろから車をぶつけられむち打ちの心配をしながら踊る明子ちゃん。

 

他にもたくさんたくさんありました。。

 

みんなの身体と心の傷が早く回復することを願って折ります。。。

 

そんな事を色々思いながらの当日。

 

昼の部での挨拶は本当にすみませんでしたっっっ

 

昼の部で一度フィナーレを終えなくてはいけない事を

気づいていないまま、、、とりあえず昼の部が無事に終了しサナが踊り終え、放心状態にいて、、、

 

渡辺さんに「じゃあ、フィナーレ行きますよ!」

と振られ、、、頭真っ白。

 

せっかくのみんなの素敵な踊りを台無しにして御免なさいっっっ!!!

 

本当は↑の様な事を言いたかったの!

次はしっかり挨拶まで頑張ります。

 

最後に

見に来てくれた皆様本当にありがとうございました。

 

今回関わった全ての方へ、

感謝と、、、そして

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

 

Mayady

 

 

 

 

 

 

 

 

AD