MADE IN YOKOHAMA

テーマ:

釣行翌日の日曜日は、いつも通りギアの清掃、点検、修復、作成、収納 etc ・・に費やすのが常だが、


本日は三日前に故障した洗濯機の修理に業者さんがみえるのでいつもより時間に制限が。



意外に早く、30分足らずで修理も終わり、道具イジリ再開。



一回の釣行ごとに空スプールに巻き取り、真水に二日ほど浸け完全に潮(塩)抜きし、また二、三日


掛けて完全に乾燥させたうえ、最適なテンションを掛けつつリールに巻きこむ・・


という最低でも、四日ほど掛かるPEラインと、これまた一度は完全なる乾燥状態にしたい


(注油の関係上)ボールベアリング部品=サルカンやイカリング、リールのアルミラウンドノブの


二つの小ベアリング・・のケア以外は、ほぼ全て収納まで完了。



通常であればここで、朝から一向にかまってくれない事に不満な愛猫のゴロンチョ攻撃を受け


家族サービス(?)へと移行するのが自然な流れだが、今日は知らないひとが拙宅を訪れたせいか


台所や洗濯機周囲の匂いをクンクンしながら探索&ナワバリへの匂いの付け直しに忙しいようだ。



そこで以前より、必要と感じていたツノ掛けマットの見直し作業を行う事に。



自分はこれまで投入器に、カットしたカーペットをバンドで括り付け、座席にも補助的に


カーペットを一枚置くというスタイルであったが、特に、強風時にトラブルを多発していたゆえ、


新たな道を模索&試行(思考)錯誤していたが、ベテラン、エキスパートと言われる方々の


年季の入った墨まみれの「ナワバチ」が印象に残っており、自らも試してみたくなった。



その多くは、浅いプラ製および木製の自作トレイに、カーペットやスポンジを組み合わせたもので


豊富な実釣経験から産出された、自らの釣技に最も適した逸品であると思う。



自分にも理想とする「ビジョン」がある、などという次元では無く、これに関しては


かなり前からハッキリと、鮮明に、アタマの中で「視覚化」できていたのが不思議だが・・



何かに憑かれたかの様に採寸、ケガキ、切り出し、形成、仕上げ、と、些かも滞り無く


造り上げたのは、我ながら中々のシロモノではないかと思う



赤いアンバサダーの釣行記 etc...-201208261635000.jpg


撮影準備の僅かな間に、早くも、ちゃっかりと入り込んでいる愛猫は置いておいて・・


このバチには自分なりの工夫を盛り込んでみた。



まず、長い。 仕掛の幹糸がハミ出ないようにである。


やけに深い。 強風の影響を避けるためである。



素材はプラベニや養生シート等と呼ばれる非常に軽量な物である。


実釣時には底に重量のあるカーペットを敷き詰める事により、風や揺れに動じない様にしつつ、


最悪、バッカンやバンドでも固定できるように配慮してある。



さらに、この自作バチ最大の利点と自負しているのが



赤いアンバサダーの釣行記 etc...-201208261639000.jpg



このように折りたたみ可能である点だ。


愛用のダイワの投入器を入れるバッグに収まる様に計算して作成したので


携帯&運搬を苦労せずに行えるのは中々の妙案ではなかろうか。



吸水性ゼロの素材ゆえ、アフターケアも楽であるし、何より非常に安価で作成可能。


実際に自分は素材のプラベニとガムテープはタダで手に入るので・・コストはゼロである。



無論、実釣において様々な不具合が出現し、改良すべき点も多々あろう。


が、今後のステップアップには不可欠なトラブルレス&スピードアップに貢献してくれる


かと、少なからず、希望をもっている。




赤いアンバサダーの釣行記 etc...-201208242002000.jpg


(あたしにゃあ~関係ないこったね・・)

AD

2012 8/25 相模湾 城ケ島沖のスルメイカ釣り

テーマ:

海況



波高1m 気温32℃ 小潮 風速1m 水深150~210m


釣り座 右舷大ドモ (総勢6名)





釣果 4杯 (頭7杯)




ロッド 極鋭ヤリイカ195 リール ハイパータナコン500S


ライン UVFメガセンサー4号 リーダー シーガーFXR船14号



仕掛 (直結) タマゴ針 18cm×12本 ピッカピカ針 14cm×12本


(ブランコ) ピッカピカ針 14cm×10本 タマゴ針 18cm×8本



オモリ スカリー150号(鉛・黒) 中オモリ 15号 DRBイカリング






考察




「今は、まず、ツ抜けも難しいからなぁ・・」


出船前に大船長から心強い?お言葉を頂き、定刻5時30分に出港。



城ケ島沖へ到着してその真意を瞬時に察した。


南の島か?と言いたくなるほどの青々と澄み切った潮色・・


澄み潮を好むと言われるイカだが、限度というものがあるであろう。


因みに、水温に至っては26℃もあるそうな・・



開始2時間半、ノーヒット・・ 蘇る悪夢。


ブランコ仕掛を使用の初心者含む全員(?)がポツリポツリと乗せたのを見て、


自分も迷い無く14cmのブランコ仕掛けに変更。 すぐに初物をゲット。



しかしシブい! 落とし込みでの触りは、最後までついに一度も感じられなかったし、


ブッ込みで乗ったのが僅か1回・・ アナウンスも何も無いので我々は分かりようも無いが


反応は留まっているのか?誰にも乗らないのに延々と流してくださるものだから、


殆どの方達が置き竿にしたり、仕掛けを回収してしまわれる場面も。



巻き落としをしまくっても、丁寧に落とし込みで誘っても全く効果は無し・・4杯で終了。



過去に3杯しか釣れなくても、それは快心の一投であり、大満足で家路に着いた事もあったが、


今回は・・ 「色々な意味で」フラストレーションの多い釣行であった。


別の、違う、新たな 「○○」を開拓した方が良いと心底感じた。





船宿 長井 MZ丸 SN船長

AD

三連休釣週の代償・・或いは応報

テーマ:

週末の度に荒れる天気、どうにもならん・・


大海原へ出て釣れないのも悔しいが、釣り自体が出来ないのは、やはり困ったもんだ。



自分の夏休みはこれからゆえ、年に一度の楽しみ、夢の「平日釣行」へ向けて、


慎重に良い日を選ばなくては。



過去五年間の貴重な平日休みを使っての釣行は、やはり良い思いをさせてもらっている。


最初の三年は週末ならば二隻、三隻でも満員御礼と大人気のワラサに行ったところ、なんと4人、


5人、4人とまさに大名釣り。 釣果は・・2本、4本、1本と微妙なものだったが、1日に一度もオマツリ


せず緩めのドラグでワラサの引きを存分に楽しめたのは最高だった。



この2年はイカに凝ってしまったおかげでスルメ釣行だが、9月というのは狭間の期間なのか、


「・・えっ? ヤリイカ付いてるよ!」なんてアクシデントがあったのも覚えている。



今年は、いや、今年もおそらくスルメであろうが、状況によってはタチウオに行くかも。



今日はまた一つ、そんなタチにもイカにも最適なギアを手中にしてきた。





赤いアンバサダーの釣行記 etc...-201208222025000.jpg




トランク大将の40ℓを持っているが、フタのロックの開け閉めが異常に硬いのには閉口させられていて、


新たにプロバイザーのクーラーを愛用してみてフタのワンプッシュロックの軽やかさにエクスタシーを


感じていたので、また外開きロックかよ・・と思ったのだが、これは違った、軽い、軽すぎる。


「本当に密閉されてるのか?保冷力は大丈夫か?」と、逆に心配になるほどの軽さである。


天下のダイワ様であれば、まぁ、間違いはないと思うが。



小物用トレイ、ストラップになんとスノコまで付いていたのは驚きだった。


プロバイザーのZSS27ℓには何にも付いてなかったけど・・値段はより高いのに、なぜだ?(笑)



それにしてもタチもイカも釣果が「安定」しない。 本当に今年はどうなっているのか。


まぁ、こんな時こそスキルUPには良いと思うゆえ、惨敗にもメゲず、釣行あるのみ・・かな。

AD

またしても・・休釣週

テーマ:

「予報=雷を伴う豪雨!」だったのだが実際は・・




一瞬の豪雨こそあったものの、自分の居住地に限っては一度も雷鳴は確認できず、




またしても気象庁に見事に、完全に、コロッと、騙されたようだ。




まぁ、城ケ島沖~洲ノ崎沖の釣果の方もいま一つ芳しくなかったようだし、良しとするか。






ストレス発散とばかりに僅かながらも、釣り具の購入。




現在は年に1回やるかどうかだが、シーバス用にメタルジグ、60&80g、青銀とピンク銀×2。




そして現在に至るまで1度もやった事もないくせに、またアオリイカ用のエギを買ってしまった。






3、5号、3号、2、5号、2号と入手したが、最小の2号は激シブ時のスルメやヤリ、マルイカにも




最終兵器と化すのを、数回目の当たりにしているので以前から欲しかったものだ。






状況によってはアゴのオモリ部を外して使っても良いかなと思う。






赤いアンバサダーの釣行記 etc...-201208062038000.jpg











満足、満足!と、思っていたら他店でさらに小さい1、8号を発見、即バイト=また購入してしまった。








赤いアンバサダーの釣行記 etc...-201208121745000.jpg










14cmのプラヅノと比較してみると本当にちっこいなぁ~と思う。




お守りとして一つ二つバッグに忍ばせていても悪くはないかなと。






あとは、現在愛用しているダイワの投入器12本仕様に、また8本セットを買ってきてジョイント




して20本仕様にすることと、スルメ9杯掛けで限界を超えてしまうハイパータナコン500Sに




代わるハイスピード&ハイパワーリール、シーボーグ300MJを入手すれば完璧かな。






巻き上げ力約15kg(リチウムイオンバッテリー使用時)にドラグ力8kgのH・タナコンに対し、




巻き上げ力約42kg(リチウムイオンバッテリー使用時)にドラグ力12kgのシーボーグ。






スピードに至っては80m(分)近く差があるのだから恐れ入る。




ジョグ・パワーダイヤルも慣れれば使いやすそうだし、本当に欲しいと思ってしまう。




キャスティングで金利¥0ローン&お得な金券セールもやってるし、ここは・・行くべきか?(笑)








愛猫に相談してみようと思ったら、とてもおかしな格好で気持ち良さそうにお寝んね中で




全く聞いてくれませんでした。








赤いアンバサダーの釣行記 etc...-201206171355000.jpg








17日は6回目の誕生日だね。




両手に収まってしまうくらいだった6年前の初めて我が家にやってきてくれた日から




不妊手術で入院した時と、大阪に行かねばならなかった時、その二晩以外は毎日一緒だった。



風邪一つひいたことなく、適正体重もキープし続けている。




温和な性格で手が掛らず、毎回帰宅時の大歓迎ゴロンチョは最高に嬉しいよ。






これからも、ずっと、一緒だ。

休釣週

テーマ:

今週は休釣、いつものようにギアのケアと仕掛け他の総点検&見直し。


まずは14cm直結仕掛け タマゴ針 濃いブルー薄いブルー糸巻きヅノ=21本仕様


例年と異なり、いまだに「ニセイカ?」と言うような小さいサイズが多く前回明らかに18cmより


乗りが良いと感じた為14cmをチョイス。




赤いアンバサダーの釣行記 etc...-201208051057000.jpg



速く、強いNEWリールを入手してから、と、考えていたが相模湾&東京湾のスレきった難攻不落の


イカ様に対抗するのに必要な場面が確かにある事を以前から痛感していたゆえ、今回初制作。


四隅でのみ使用可能であろうし、さすがに扱いも最初は手間取るであろうが35mを超えるこの仕掛け


にはKZ名人やピンク姐様が仰る様に、様々な利点が確かにある。



多点掛けのメリットもある事に間違いは無いが、自分の場合は激シブの時、何をやっても乗らない時、


一度目前を通過した仕掛けには二度と反応してくれない気難しく手強いイカ様達・・


そんなタフな状況下での「貴重な一杯」を捕るためにこそ、この角数が必要と解釈している。




そしてリーダーを従来の10号から14号へとサイズアップし、新しく接続し直した。


PE4号ともなるとリーダー無しのアングラーが大半だが、自分は必ず付ける事にしている。


穂先絡みの軽減は勿論、結束強度の低下を看過出来ない事が最大の理由である。



接続は自分にとって最も容易で、成功率が高く、強度も信頼できるミッドノット。


15回巻きの15回巻き戻し、道糸+リーダーへハーフヒッチ10回、道糸のみに15回が基本スタイル。



高ウネリ対策にピッカピカ針14cm 濃いブルー薄いブルー白夜光スッテ10本ブランコ仕掛も


作ったし(幹糸6号 枝ス5号 枝間1ヒロ)、次回の好天と好調を祈願かな。




全然関係ないが、虹橋ジャンクション真下からの東京湾。



赤いアンバサダーの釣行記 etc...-201208021519000.jpg