家族があっての生活だからドキドキ

 

ハイクラス男性が希望するお相手とはグッド!

※ハイクラス男性とは「ステータスの高い男性」

・国家資格(医師、歯科医師、薬剤師、獣医、

弁護士、会計士、税理士、司法書士、一級建築士)

の職業に従事している人。

又は会社員、自営業その他の職業の場合は

・大卒以上20代で年収400万以上の人。

・大卒以上30代で年収500万以上の人。

・大卒以上40代で年収600万以上の人。

・大卒でない場合、年収1000万以上の人。

 

 1.女性らしい方

 2.波長が合う方

 3.癒してくれる方

 4.穏やかで優しい方

 5.心身ともに健康な方

 6.明るく笑顔が綺麗な方

 7.綺麗な言葉で話せる方

 8.お互いに尊重し合える方

 9.温厚で思いやりがある方

10.家庭的で落ち着きがある方

11.一緒にいて心が落ち着く方

12.周囲と調和できる穏やかな方

 

いつの時代も男性が求める女性像は

穏やかで、癒してくれる「優しい女性」です

男性は女性から癒されることを

心から望んでいます。

 

男性にとって、結婚のメリットは

「癒し」にほかならないのです。

 

相性が良い人、波長が合う人とはドキドキ

・気が合う。話が合う。肌が合う。ウマが合う。

・共感する。共鳴し合う。心が通じ合う。

・互いによく理解し合える。

・意思疎通が上手くいく。

・気持ちがぴったり合う。

 

癒しになれる女性とはドキドキ

・”早く家に帰りたい”と思わせてくれる。

・家族としての常識、良識、マナーがある。

・愛嬌があり、「可愛げ=思いやり」がある。

・健康が一番、「愛情手料理」と家事ができる。

 

婚活で対象外になってしまう女性あせる

男性は、「ありがとう」、「ごちそうさま」、

「うれしい」、という言葉が言えない女性とは、

結婚したいとは思いません。

・可愛げ(=思いやり=心配り)がない。

・女性らしさ(立居振る舞い&綺麗な言葉)がない。

・感謝の気持ちがない。

・上から目線である。

・気持ちを素直に言葉に表せない。

・束縛、嫉妬等、何かと重い。

男女同権、いつも対等でいたい。

 

婚活こそ

継続は力なり』!!

「続かない」のは致命的汗

 ・恋愛が続かない人

 ・交際が続かない人

 ・婚活が続かない人

 ご縁てやっかいなものですね。

 しんどいです。もうできません。

 婚活を続けていく意味が解りません。

 

「続かない」人は結婚できませんあせる

 

結婚の決め手はビックリマーク

[女性]

95.0% 性格

67.2% 経済力

53.6% 恋愛感情

[男性]

91.9% 性格

47.0% 恋愛感情

46.4% 容姿

 

・女性がお相手に希望する年収

20代女性:600万円

30代女性:700万円

・女性が希望する男性の年収下限

400万円~500万円

20代女性:61.7%

30代女性:65.8%

 

既婚者が結婚した理由

61.0% 好きな人と一緒に居たかった

44.2% 家族を持ちたかった

35.8% 適齢期だと思った

32.5% 子どもが欲しかった

23.7% 両親を安心させたかった

 

******************

本気で結婚を望まれる方

    まずはご相談ください音譜

良縁ラブラブのお世話いたしますチョキ

 

 大阪・北大阪・枚方・京阪北部地域

 大阪北東部=北河内地域

 和歌山・南紀地域 地域密着ビックリマーク

 安心の仲人型結婚相談所

 ベストマリッジ 検索

 http://www.bestmarriage.jp/

 信頼の結婚カウンセラー 田伏豊章

 072-841-5390

 090-1227-1183

 メールでのお問い合わせは

 http://www.bestmarriage.jp/contact.html

婚活コースと料金

 http://www.bestmarriage.jp/course.html

 

良心と誠意で、皆さまの目線で

   フルサポートいたします。

 

総登録会員数約9万名の日本最大ネットワーク

JBA:一般社団法人日本結婚相談協会

http://www.jba-e.com/index.html

IBJ:日本結婚相談所連盟

http://www.ibjapan.com

に加盟、充実の婚活をしていただけます。

 

=======================

不妊治療のやめ時は、夫婦で「節目」を決めておく!!

晩婚化や晩産化などを背景に、不妊治療を始める夫婦

が増えている。

2013年に実施された体外受精など高度不妊治療数

は約37万件。2003年の約3.7倍となった。

女性の年齢別では40歳が最多で約3万3500件。

だが出産できた割合(分娩率)は8.3%に留まる。

東京のパート女性(51歳)は34歳で結婚。

36歳から10年間治療した。

「月経周期が乱れ始め、体の限界を感じてやめた」

と振り返る。

1000万円を投じ、体外受精を20回以上受けた

という埼玉県の主婦(47歳)は、

「貯金を失い、お金の工面に困ったのが一番の理由」

と話す。

「でも、子どもを持てない寂しさはずっと消えない」

と打ち明ける。  *2016.5 読売新聞記事・ライフより

 

人口減がこのまま進んだらビックリマーク

 

2015年日本の人口:12709万人

合計特殊出生率1.45人

国勢調査2015.10.1データ

 

日本の将来推計人口

:国立社会保障・人口問題研究所発表

2065年には8808万人

参考推計

2100年には4109万人

2150年には1872万人

2200年には852万人

 

日本の人口は毎年60万人程度減少

続けているダウン

 

日本は主要国で最も少子高齢化の進行が

早いスピードで進んでいる国である。

14歳以下   :12.6%

15~64歳  :60.7%

 65歳以上  :26.6% →高齢化率

(平成29年推計 2065年:38.4%)

 

団塊世代が70代に突入した2017年。

団塊ジュニア世代の女性の出産適齢期が

終わるまであと数年

 

参考資料合格

*鬼頭宏「人口から読む日本の歴史」から

2300BC年 縄文中期26万人

200年  弥生59万人

725年  奈良451万人

1721年 享保06年 3127万人

1900年 明治33年 4654万人

1926年 昭和01年 6074万人

1945年 昭和20年 7214万人

1989年 平成01年12320万人

 

******************

 

AD