溶けていく。

テーマ:
もう
一昨日のことになってしまいますが

「だれもしらないみつばちのものがたり」上映会
無事、開催しました。



開催終了の夜から
忠太郎が熱発で
抱っこ星人になってしまったので

燃えるオトコを抱きながら
寝不足のぼんやりしたアタマで
上映会のこととか
これまでの流れのこととかを
反芻していました。

なんかね


大きな開場をいっぱいにしなきゃ!
って、焦って
本当に楽しめていなかった時間があったかもしれない。

もちろん
楽しい時間もいっぱいあったんだけれど

全てではなかったな、って。

でもね

当日
いらしてくださったお客様を見ていたら

すごい
勿体無いことをしたな
って、思ったの。

少しずつでも伝えたい!って
最初は、そう思っていたハズじゃない?って。

FBでね
上映会後に
玉サブの仲間がシェアしてくれたんだけれど

「溶けていく」
って。

そうだなぁ。。。って思った。

私の中にあった
変な焦りも

環境問題に向き合わなきゃ!
っていう気負いも

中川村との距離も

みんなの心とも

本音と建前の壁も

世間と自分との距離も

全部溶けて

1つになった空間が
そこに確実に生まれていたの。

みつばちが
自分の巣を守るために
熱をつくる

それは
1匹の力じゃ、なし得なくて
みんなが集まるからこそ
生まれる、熱なんだよね。

溶ける、という言葉で
熱を生む、みつばちたちのコトが思い出されて

私たちの力も
1人じゃ周りに伝えるのは
すごく大変かもしれないけれど

みんなで集まったら
周りにも自然に感じてもらえるくらいの
熱になるんだなって

来てくれた皆さんには
きっと伝わったなって
そう思えた、上映会になりました。

これからも
この熱を繋げ広げていくために
この作品に関わり続けます。

あの場にいてくださった皆さま
一緒に踊れて
ハグして
とても幸せでした。

スタッフのみんなも
愛いっぱいで
仲間にいられたことが
幸せでした。

本当に
本当に
ありがとう。






AD