下着ジプシーの究極

テーマ:

さらに

コレ↓の続き。


 

それで、やっと

自分に合う下着を探そう!と、思ったのだけれど。

 

天然素材の下着って、なかなかない。。。

 

空気ブラは、当時のサイズでは小さくて合わず

ももんがショーツは、今は販売休止みたいだし

tomoiもお休みしてるし

qilin

waccaブラも大好きだけれど

授乳しづらくて遠ざかる日もあり。

(近日、WSあり。情報欲しい方は連絡してね)

Puntoeにも憧れるけど、手が出せず。。。

 

下着って消耗品だし

その時々の自分の暮らしぶりでも

求めるものって一定ではなく

デザインとか価格とかを含めて

ドンピシャなものには

なかなか、めぐり逢えない。

 

気に入って買っても

授乳で伸びちゃうのが嫌で

結局、安いブラキャミを使う毎日。

 

でもさー

妥協を許可する自分、って

どうなんだろ。

自分の価値を

そこで決めているみたいな気もしてくる。

 

だから

下着も自分も諦めきれずに

下着ジプシーは細々と続いているんだけれど。

 

きっと

結構、いろんな人が

私と同じように

自分に合った下着を求めているよね?

 

だから

「身に付けない選択」もアリなのよね?

 

肌が求めているもの

リラックス感

それは、人それぞれなんだもの。

 

究極

自分の良いように、作っちゃえば早い。

「やっちゃいなよ」って、言われたこともあるんだけれど

不器用だって、思い込んでいたし

(今でも器用とは思わないけれど、自由に作っていいんだって思います♪)

 

パンツはともかく

ブラは縫製が難しそうだなって思って(カップのトコとかさ)

手が出せずにいたの。

 

でもね!

今回、教えていただく「らくちんブラ」は

お着物みたいに、最初は平らな布なんだよ。

それを自分の身体に合わせて

ブラとして身につけることが出来るの。

すげー。

 

カップを入れるポケットもあって

シルエットもキレイ。

 

自分で作れるようになったら

好きな生地、素材で

自分仕様の愛着ブラが出来るね。

 

是非、ご一緒しましょ〜♡

 

 

【子連れOK♪らくちんブラを作ろう!の会】

日時:9/19(火)10:00〜12:00

場所:さいたま市見沼区

参加費:3500円(生地代を含みます。持参する方は、1000円引き)

持ち物:裁縫道具・ミシン(持って来れる人)・生地(持参する人)・楽しむ気持ち

お申し込み:FBイベントページ

又は[tiare_tahiti2002-yuimaru☆yahoo.co.jp]までご連絡ください。

アドレスの☆を@に変えてね。

 

AD

忠語録

テーマ:

忠太郎

もうすぐ、1歳8ヶ月です。

 

まだ

歩きません。

 

ハイハイだけは

異様に速い。

 

自力で立つようになって

だいぶ経つけど

伝い歩きは、今週になって始めたくらい。

 

あ、でも

カタカタで歩くことは大好きで

立ちはじめてから間もなくやってます。

 

こーゆーやつね↓

 

 

意思疎通は

かなり出来るようになっていて

言葉もマネして言えるようになってきました。

二語文は、まだ出ないけど。

 

先日

私と、ぴょんこが

「たましい」と聞こえてた言葉が

「トーマス」だったと判明しショックを受けました。

 

言葉って

わかんねー。

 

なので

今日現在の思いつく限りの言葉を

ここに羅列してみます。

 

かんぺか(かんぺき)

ちいぴい(せんべい)

とーまし(とーます)

べんこ(べんきょう)

こっち

ぼー(ぼーる)

かちち(かして)

まにゃ

あよ(おはよう)

ばばー(ばいばい)

おいしい

うーまい

でー

てびび(てれび)

とっと(注いで)

たいこ

わんわん

にゃー

がおー

わさわさー

ばばんばばん

ちゃぽん(おふろ)

べべ(服)

だいじ

ぱんだ

しゅー(すべりだい)

みみ

てて

あいよ(あんよ)

ちんちん

かいかい

だだ(やだ)

でんわ

かいだん

もっかい(もう一回)

ぶー(おなら)

 

「鼻が曲がる〜」というと

鼻をつまんだり

 

身体の部分をいうと

摘んだり指差したりして教えてくれたり

 

私の身体のちょっとした傷を見つけて

撫ででくれたりします。

 

「かゆい」と、言うと

「かいかい」と言いながら掻いてくれます。

 

忠が話そうとしているときに

私が他所見していると

私の顔を自分の方に向けて話します。

 

洗濯物の山から

私の服を見つけて

「べべ」と言って渡してくれます。

 

私が

肩掛けバッグを使っているからか

何でも頭から被ろうとします。

パンツとかも。

 

「ぶーってどこから出るの?」と聞くと

自分のお尻を叩いて教えてくれます。

 

今は、何を言っても

最初の反応は「だだ」です。

 

もう、すっかり

ダダ星人。

 

 

おむつなしで

かなり惑わされましたが

だいぶ慣れました。

 

相づちは

エとウの間の音を出しています。

 

あっという間に通り過ぎちゃう時期

忘れずに

こまめに

拾い上げていきたいです。

 

 

 

 

 

 

AD

一昨日

子どもたちの通学時間に見送りに出て

ご近所の方と立ち話になった時に

うっかり忠の「おむつなし育児」を話してしまい

ちょうど1歳になったお子さんのママと

違うご家庭のおばあちゃんに特異な目で見られ

ちょっと寂しい気分のワタシです。

 

おばあちゃんにね

「何でも適した時期があるから」

と、言われ

そのコトバには

「赤ちゃんなのに、無理にトイレで用を足させて可哀想」と

「今からオムツ外しなんて早過ぎる」と

「随分と熱心なお母さんね」が含まれていると

何となく伝わってきたのよね。

 

だって

赤ちゃん

 

最初から出来るんだよ?

 

オムツがビシャビシャなのに

いつまでも解ってもらえない方が

気持ち悪くて可哀想だよおお〜。

 

確かに、核家族で

母だけが家事も育児も

おむつなしも、っていうのは

無理がある。

 

私も

お勝手で火を使っている時に

「カンペキ!」って言われても

間に合わなかったりする。

 

その意味でも

大家族って、手が多いから

子育て環境としては、向いているのかもね。

 

私は

スタートが遅かったから

その分、気楽に続けています。

 

最近の忠太郎

未だ

パンツ生活には移行していません。

 

教えてくれるのも

安定しているわけではなく

教えてくれる日と

とぼけたり、拒否したりして

失敗ばかりの日があります。

 

ただ

日中に食べる量が増えたので

夜中にトイレのためだけに起きる、ということが

増えてきました。

 

促しても

出ないときは出ない!と

意思表示もハッキリしてきました。

 

外に出したいときは

我慢も出来るようになってきました。

 

そして

家のトイレやお風呂場をまわって

「出る出るごっこ」をするようになりました(*´Д`)=з

 

そのときの気分で

お風呂場か

1Fトイレか、2Fトイレか

選ぶようにもなりました。

 

昨夜のお風呂後から

今までオムツを汚していません(今、お昼寝中)。

 

この後、大をしそうだから

汚れちゃうかな〜

まだ、大は偶然キャッチしか出来ていないので。

 

午前中

何度か催していたのだけれど

気がついて連れていくと

波が帰ってしまうみたいなんだよね。

 

硬いから出しにくいのかも

だから

息んでいるのにオムツが汚れてないんだ、きっと。

 

おまるに長いこと座らせた方が良いのかな。

色々試行錯誤しながらやってみます。

 

 

 

AD

下着に求めること

テーマ:

コレ↓の続きね。


 

そもそもは

食品の原材料を読むようになり

服の素材も見るようになったところで

下着の素材って???と、思ったのがきっかけ。

 

その頃には

必要があれば、何でもオープンに話せる関係の友人が

周りにいたので、聞いてみた。

「どういうのを着けてる?」と。

 

すると

「別になくてもよくない?」

って!

 

そうなの?

そうなの?

知らなかった〜!

目からウロコ!

 

それで、自分なりに調べてみると

「鼠蹊部を締めつけるのは良くない」とか

「人間が乳がんになるのは、おっぱいを揺らしていないからだ」とか

なくてもいい、ことに肯定的な情報もあることが判って

 

それまで

寄せてあげるブラとか

締めつけるガードルとか

補正下着とか

窮屈だけれど、身だしなみのためにって

ロクに考えもせずに身につけていたものを

一旦なしにして

 

身だしなみとか、衛生的なこととか考慮しながらも

一番は、自分の心地よさにしていいんだって

やっと、思えるようになった。

 

こういうこと一つにしても

つくづく

自分を蔑ろにしていたんだなぁ、って解る。。。

 

そして

当然にあるものでも

一度疑ってみることが

新しい世界のトビラを開く

キッカケになるんだって知ったよ。

 

下着に

求めるものは

何ですか?

 

つづく

 

 

【子連れOK♪らくちんブラを作ろう!の会】

日時:9/19(火)10:00〜12:00

場所:さいたま市見沼区

参加費:3500円(生地代を含みます。持参する方は、1000円引き)

持ち物:裁縫道具・ミシン(持って来れる人)・生地(持参する人)・楽しむ気持ち

お申し込み:FBイベントページ

又は[tiare_tahiti2002-yuimaru☆yahoo.co.jp]までご連絡ください。

アドレスの☆を@に変えてね。

 

 

 

来る、9/19に

長野gato店主の、みずきちゃんをお招きして

【らくちんブラを作ろう!の会】を開催します。

 

 

シンプルで

それでいて身体に添うブラジャー。

 

2時間ほどで、出来るんだよ。

 

自分で作ると、愛着も湧くし

好きな生地で作れる!

 

ご興味ある方は、是非。

 

日時:9/19(火)10:00〜12:00

場所:さいたま市見沼区

参加費:3500円(生地代を含みます。持参する方は、1000円引き)

持ち物:裁縫道具・ミシン(持って来れる人)・生地(持参する人)・楽しむ気持ち

お申し込み:FBイベントページ

又は[tiare_tahiti2002-yuimaru☆yahoo.co.jp]までご連絡ください。

アドレスの☆を@に変えてね。

 

私と、ぶらじゃー。

 

ぴょんこが、いよいよ思春期に片足突っ込んで

身体つきも変わってきたこともあり

生理のこととか

下着のこととか

自分のときのことを思い出しています。

 

今は

すごい細かい量の吸水パッドみたいに(爆)

思春期の微妙な身体に合わせた下着も色々出ているのね。

 

私の頃はさ

そんなに細やかな商品はなくて

自分の身体の変化を喜びとともに教えてくれる人もいなかったので

大きくなりつつある胸は、ちょっとの刺激でも激痛だってこととか

周りの骨も痛くなったりすることとか、全然知らなくて

あまりの胸の痛さに「死ぬかも?」と思って

大真面目に親とレントゲンとか心電図とか、やりに行ったものです(私だけ?)

 

そんで

ブラジャーなんか、絶対に着けたくなかったけれど

ある程度の大きさになったので、観念して着けはじめ

高校ぐらいで、ちゃんと買う前に計測しなくちゃいけないらしいと知り

寄せて上げてくれる(!)ワイヤー入りのブラを買うようになりました。

 

パンツは、どーせ汚れるからって

安いのをまとめて買っていました。

 

暑くて汗疹になっても

ワイヤーが苦しくなっても

ゴムのところが痒くなっても

そういうものだ、って

自分を縛りながら

社会にも縛られていた20代。

 

なかなか授かれなくて

身体に目を向けはじめ

出産してから

天然素材の服の気持ちよさを知り

ブラジャーを着けない人!たちの存在を知ったのです。

 

 

つづく。