葵行政書士事務所のブログ

行政書士と社会保険労務士をしています。
交通事故の解決をお手伝いしています。
後遺障害の等級認定、示談金額の書類の作成、通勤災害のお手続きなどを行っています。

みなさん、こんにちは。行政書士、社会保険労務士の松井です。メルマガで交通事故解決のノウハウをお伝えてしています。無料小冊子 を発行しています。


テーマ:

交通事故でびまん性脳損傷が疑われる場合は、ご家族の方は日常生活状況をつぶさに観察していただき、事故から今までのエピソードがあればそれをノートなどに記録しておいてください。


当事務所から「日常生活状況報告書」という用紙をお送りしますので、それに記入をしていただき、こちらまでご返送いただければ、アドバイスをさせて頂きたく思います。



以前とどこが変わったかがポイントとなります。


性格の変化などはないでしょうか?



びまん性脳損傷が疑われる場合

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

交通事故の過失割合のページをリニューアルしました。




今までよりも見やすくなったと思います。




どうぞご訪問をお待ちしています。




図を入れてありますので分かりやすいかと思っています。




交通事故の過失割合

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

知って得する交通事故解決のメルマガ発行しております。


交通事故でお怪我をされた方の手続きを解説して参ります。毎週1回、定期的に発行して参ります。
ある日突然の交通事故でお怪我をされた方が、治療や様々な手続き等、どうすればいいのか分からないことばかりだと思います。
・交通事故でお怪我を負ったときの病院での治療はどうすればいいか?
・会社を休んだ時の休業補償はどうなるのか?
・障害が残った時の後遺障害の申請はどうすればいいか?
・労災保険適用の場合は、アフターケア制度や義肢等補装具の申請の方法、どのようなものが支給されるのか?
・交通事故のお怪我の症状が労災保険や障害厚生年金の申請にあたって、どのように関係しているのか?
上記のような疑問に加え、様々な手続きに関して、解説をして参ります。
労災保険の場合、具体的な給付額の解説なども致しております。

知って得する交通事故解決のメルマガはこちらから

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

鎖骨の骨折で可動域制限と変形で併合11級となった場合は、後遺障害逸失利益の労働能力喪失率は14%となることが多いです。




なかなか20%はお目にかかれません。



まあ変形しているために可動域制限もあるということなので、14%は納得です。




後遺障害慰謝料は、11級の420万円となることが多いです。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

肩の鎖骨などを骨折した場合、可動域制限と変形、頑固な痛みなどが後遺症として残る場合があります。



その時は、しっかり後遺症の申請をしてくださいね。




12級6号、12級5号、12級13号などが認定されます。




場合によっては、併合して11級になる場合があります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自動車保険の特約で、人身傷害保険というものがあります。私も自動車を運転しますので、自動車保険には「人身傷害保険」の特約をつけています。




若い方を乗せる時もあるので、人身傷害保険の保険金額は「無制限」にしています。3,000万円や5,000万円では間に合わない時があるのを知っているからです。



さて、人身傷害保険とはどのような特約でしょうか。

①自損事故などのような単独の事故でけがをしたとき
②他の自動車と衝突した事故で、相手が任意保険に加入していないとき
に役立つ特約です。



私が今までに対応した経験の中であった事例で、会社の同僚が運転している自動車に、車の外にいる時にぶつけられて大けがをされた方がいらっしゃいました。



この場合、同僚による災害ですので同僚が運転していた自動車の対人賠償保険は使えないのです。ですが幸いなことに、車の外にいてけがをした方は、ご自身の自動車の自動車保険にこの「人身傷害保険」の特約をつけていました。



更によかったのは、「補償の範囲」が「自動車事故特約」となっていたことです。自分の自動車に乗っている時以外で他の自動車にはねられてけがをした時も対象となっていたのです。



この方は、保険金額5,000万円の契約となっていましたので、5,000万円の保険金の支給がありました。



ご本人は、少しの保険料の上乗せで加入しておいて本当に良かった、と仰っていました。



人身傷害保険という特約は、「もしも」の時に非常に役に立つものです。まだ加入していないという方にはぜひ加入をおすすめ致します。また、補償の範囲はできるだけ「ワイド」にしておきましょう。



さらに保険金額は、3,000万円でなく5,000万円、できれば1億円や無制限といった内容にしましょう。



人身傷害保険のメリット

①相手に事故原因があるように思われる事故形態であっても、すぐに相手の方に賠償要求に応じてもらえない場合も、すぐに人身傷害保険で対応ができます。


②相手の方が任意保険(自動車保険)に入っていないケースでは、相手方の自賠責保険へ直接請求をすることも可能ですが、手続きの負担がかかることと、補償金額が低くなるというデメリットがあります。


③人身傷害保険では、損害についてこちら側の過失分も含めて、相手の方からの賠償に先行して保険金を請求することも可能です。



http://www.mag2.com/m/0001670046.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新しいメルマガを始めます。




今回は、6か月で挫折することなく、しばらく続けれるように頑張ります。




新しい角度で踏み込んで書いてみます。




知って得する交通事故解決のツボ。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりの投稿です。



交通事故解決の仕事をしていて思うことは、通勤途中の事故なのに「労災保険」を使わない方が多いことです。




通勤災害独自の給付もあるし、過失が大きい場合はいろいろなメリットがあります。



等級も自賠責保険の等級よりも重くなる傾向です。




通勤災害の労災保険申請は、社会保険労務士にお任せください。




http://www.matsui-sr.com/gousei/jiko-r1-5.html




労働基準監督署の障害の認定に立ち会っていますが、労働基準監督署の担当官は、お怪我をした方に親身になって対応をしてくれます。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

後遺症があるのに等級を取らずに示談交渉を進める方がいます。


今まで交通事故の治療で散々苦しんできたのに、保険会社の担当者が後遺障害の申請のことを一言も言わないためにそのまま交渉に入る方がいます。


一度、示談をしてしまうと、それ以後は後遺障害の申請ができませんので、お気をつけて下さい。

どうすればいいかと言いますと、担当者に「後


遺障害診断書」を送ってもらい、主治医の先生に書いてもらいます。


その後、コピーを取ってから、原本を保険会社に郵送します。当事務所までコピーを送っていただければ点検をしてみます。


調査事務所の審査期間は2カ月ぐらいとなっています。


その結果の等級に不満がある場合は、異議申立をすることができます。しっかり異議申立をしてから、交通事故の示談交渉に入って下さい。


もし分からないことがあれば、後遺障害診断書のコピーや等級決定通知表を当事務所に郵送していただければ、適切なアドバイスをいたします。


お気軽にお問い合わせください


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

下腿とは、膝から足首にかけての部分を指します。


この部分は、交通事故で怪我をしてしまう頻度が高いところで、しかも脛骨(すねの骨)が皮膚のすぐ下にあるので、骨折をしたときに開放骨折(骨折部が皮膚を突き破って飛び出している状態)になりやすく、感染症の危険も高い骨折です。


交通事故などで下腿部を打撲したりして衝撃が加わった際に、横骨折や粉砕骨折をしてしまうことが多くみられます。


症状としては、受傷した直後から激しい痛み、腫れ、変形が生じるため、起き上がることすらできなくなります。


折れた骨のずれが少ない場合や、腓骨(細い方の骨)が折れていない場合には、血流の良さが保たれており治りも早く、保存療法となります。


折れた骨のずれが大きいものや、腓骨が折れている場合には整復が難しく、手術を行うことが多いようです。


開放骨折では、骨髄炎やコンパートメント症候群などの合併症に対する注意も必要です。


また、神経麻痺も発生しますので気をつけてください。


後遺症としては、膝に近い場合は膝関節の可動域制限で12級7号などが認定されます。


神経麻痺ですと12級13号となります。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。