窓廻りの防災安全ガラス

テーマ:

先般の朝倉市や日田市での豪雨・洪水の大規模災害。被災された方々のお見舞い申し上げます。

 

今回の台風。進行方向が大分市内ではややそれて、災害はほとんど無かったのではないでしょうか。

 

今回は窓廻りの安全についてのご提案です。

最近では、窓廻りにシャッターや雨戸のない住宅が多く見られます。予算の優先順位や必要性を感じず、つけなかったのが理由ではないでしょうか。

 

強風により、飛来物が窓ガラスにあたり、ガラス割れて風雨が侵入すれば、被害が拡大します。愛着のある我が家を守るため、多少でも安全策を講じておくことが理想的です。

 

1、後付けでも、雨戸やシャッターが取付出来ます。

2、ガラスを防災安全ガラスに交換する。(貫通しにくい強靭なガラスです)

3、窓ガラスに飛散防止フィルムを貼る。

 など、対策は様々です。

 

家の方角、窓の大きさ、近隣の状況などの安全対策を考慮して、優先順位をつけ、まずは1カ所からでも検討されてはいかがでしょうか。

 

お気軽にお問合せ下さい。

 

(株)松村硝子店

電話097-532-7111

大分市豊海5-4-16

 

最近では突風や竜巻が予想もしない地域で発生。

このような事も起こりうるのでは・・・。

AD