昨晩、突然の大きな揺れの地震にビックリしました。

 

と言っても、地震は全国、様々な地域ではほぼ毎日発生している様で、

気象庁の地震に関するホームページを見てみました。

 

近隣地域では、6月18にも豊後水道で。6月16日には宮崎県。

同じく6月16日に阿蘇地方、6月14日は尾道と、近隣地域で発生。

(東北や中部など他にも発生している・・・)

 

いずれ大規模な地震が予想されている中、まさかの時にはどのように

避難すればよいか、日ごろの防災意識が大切と感じます。

 

 

我々、ガラス業界からの建築物に対するご提案で、『防災ガラス』とう商品があります。

 

2005年3月玄界灘にて発生した震度6弱の地震は記憶に新しいです。

住宅の倒壊被害が大く、さらに天神オフィス街のビル、駅前のビル等、高いビルから大量のガラス落下が見られました。震源地も近い事から、躯体や外壁などにも多く被害がみられた。

落下したほとんどの窓ガラスが、硬化性パテ止めのはめごろし窓であったそうです。

(業界用語で分かりにくいですが、簡単に言えば旧式の窓・・・・)

 

南海トラフを震源とする、大規模地震も必ず起こる事から、いっそうの対策が求められる。

 

と考えています。

 

建物の保護(命や財産)、侵入者対策、第三者に危害を及ぼさない為、避難場所として建物を機能させる為など、考えておきたいものです。

 

割れにくく、飛散しない 防災ガラス。

 

『防災ガラス』 窓から防災のご提案。参考のホームページで、

日本板硝子㈱ ガラスワンダーランドから、防災ガラスのご紹介ページになります。

http://glass-wonderland.jp/onayami/bousai.html

 

 

お見積り無料です。お問い合わせはこちらまで。

 

大分市豊海5-4-16 【五号地】

株式会社松村硝子店

(代)097-532-7111

 

 

 

AD