皆さん!こんにちは松崎です。

 

 

 皆さんは腰痛の原因はレントゲンなどですぐに判ると思っていませんか?

実は、腰痛のほとんどはその原因が判らないのです。

 

全腰痛患者の約15%は『原因が特定できる腰痛』として椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、圧迫骨折、腫瘍などがあります。

 

しかし、ぎっくり腰を含めレントゲン画像などの結果を見ても明らかな『原因を特定できない腰痛』の方が約85%と多くを占めているのです。 

 

そして、慢性腰痛(3ケ月以上回復しない腰痛)や再発を繰り返す腰痛は、ほとんど

原因を特定出来ない約85%の腰痛と言われています。

 

だから、病院へ行っても治らない人が多いのです。

私のように・・・。

 

AD