お気楽サラリーマンの縁側日記。~2015~

浜松在住の”お気楽サラリーマン”です。
身の周りの出来事を、感じたままに乱れ書き。
最近はサボリ気味ですが・・・ボチボチ書いていきます。


テーマ:
1月初めの話です。
今年最初の家族のお出掛けは、娘の希望で水族館へ!
日頃、西に行くことが多いので、今回は東へ向かいます。
 
目的地を目指して高速道路を走っていると、バックミラーにパトカーの姿が。
いつから後ろにいたのか・・・
少々胸騒ぎがしたので、左車線にスっと移動。
すると、隣に並んだパトカーから、サイレンが・・・・・
 
えぇ。
捕まっちまいました。(涙)
 
ん?
でも、スピード出してないぞ??
誘導されてパトカーに乗り込むと・・・・・
 
「通行帯違反ですね。」
 
どうやら右車線(追越車線)をずっと走ってたってことでの違反。
そういう違反があるのは知ってましたが、それ単品で切符きることあるんですかい・・・
ゴールド復帰を目指し、もう5年以上違反してなかったのになぁ。(涙)
 
やりきれない気持ちを抑えつつ、再び目的に向かい走り出した私。
あー、これから気をつけよ。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
えー、1月も下旬に差し掛かってはおりますが、
 
”あけましておめでとうございます”(笑)
 
なんだかんだのんびりしていたら、こんな時期の初UPになってしまいました。今年もよろしくお願いします。
 
さて、今年の仕事初めですが、私は1月4日の土曜から。
通常、土日は休みなんですが、なかなか厳しい会社環境なのでね。
いわゆる営業さんたちのサポートで休日出勤。
で、4・5日の仕事はコレ。
 

 
いや、やる気マンマンでしたよ!!
これはちょっと休憩中だっただけで・・・
 
見ての通り、客寄せパンダでございます。
こんな格好をしてると、子供たちがワーって寄って来るんですね。
キラキラした目で「パンダさーん!」って。
これがまたカワイイこと♪

もちろんアタシも着ぐるみは初体験。
試行錯誤しながら子供たちのお相手しました。
握手やハイタッチをしたり、頭をなでたり、一緒に写真に写ったりね。
で、それ意外やることがなくて、ネタ切れしたり・・・
それでもみんなニコニコしてくれるから、やりがいありましたー。
 
で、一番参ったのは、本気の空手少年。
これは初動を誤った。
空手やってるとか言うからね、ちょっとジェスチャーで挑発したワケですよ。
そしたら攻撃が止まない止まない!
 
ま、アタシも大人ですし、それなりに運動してきた人間なので、着ぐるみの上からの打撃なぞ、屁でもないんですよ。
受ける準備ができていれば。
 
極端に狭いんですよね、視界。
横・後ろはもちろんのこと、真下も見えない。
見えないとこからいきなりおなかに蹴りが飛んできたりするもんだから、油断してたらさすがにヤバい。
ってことで、常に腹筋に力を入れておくという・・・・・
これが一番疲れた。(笑)
 
あ、あと、着ぐるみの思わぬ後遺症もあって。
 
「脱いだあとも、無口。」(笑)
 
パンダの間は、一応言葉を発しないんですね。
イチ会社の客寄せパンダとはいえ、しゃべっちゃうと一瞬で「パンダ→おっさん」になってしまうワケで。(笑)
この日は黙っている時間が長かったから、脱いだあともしゃべっちゃいけないような変な感覚だけが残りましてね。
自宅で子供に話し掛けられても、うなずきだけで返したり。(笑)
 
でも、これは思ったよりも楽しかった!!
貴重な体験でしたね。
営業さんにもお褒めの言葉をいただいたので、またオファーがあればやりたいと思います!
 
冬限定で。(夏はムリ)
 
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、おなかが痛くなり、トイレを借りようと最寄のコンビニへ。
 
トイレに向かうと、男子の小用ブースが1つと、男女共用ブースが1つの構成。
おなかが痛い私は、もちろん共用ブースに・・・・・あれ?カギがかかっている。
どうやら先客ありだ。
仕方がないので雑誌コーナーで待つことにした。
 
そのまま数分待つものの、トイレに動きはない。
まだかなぁ・・・
と思っていると、同じく雑誌コーナーにいる女子高生とおぼしき人物も、トイレを気にしている様子。
私が店に入った時点で、すでに彼女は雑誌コーナーにいた。彼女の方が先約だ。
しかし、私も厳しい状態・・・
もし今、トイレが空いたら、彼女の動きを待つべきか、我が身かわいさで先に入ってしまおうか、悩んだ。
 
しかし、さらに数分待ってもトイレからは誰も出てこない。
念のためドアを見てみるが、やはり鍵がかかったまま。
 
それからさらに数分・・・まだ空かない。
例の彼女も、トイレと私の動きを警戒している様子。
しかし、それにしても遅い。
意を決して、トイレのドアをノックしてみた。
 
・・・返事はない。
 
「トントン」
「・・・・・」
「トントン」
「・・・・・・・・」
「入ってますか?」
「・・・・・・・・・・・」
 
もしや?
と思い、店員さんに事情を説明。中を確かめてもらうことに。
 
ふと、例の女子高生が気になり、店内を見てみた。
彼女は雑誌コーナーから文具コーナーに身を移し、気もなさそうに商品を見ている。
そうしている間にも、視線は一度、トイレ方面へ。
間違いない、彼女はトイレを待っている。
私よりも前から。
 
ここから、私の自問自答が始まった。今、トイレが空いたらどうすべきか・・・
 
彼女の方が先に待っていたので、彼女に先に入る権利がある。
しかし、店員に声を掛けたのは私。
店員はトイレの中を確認し、何事もなければ私に「どうぞ」と声を掛けるだろう。
幸い、今の私は大波が行きすぎた状態。
「彼女が先だから」と順番を譲るだけの余力はある。

しかし、彼女は自ら「私の方が前から待ってます。」との意思表示はしていない。
花も恥らう乙女にとって、それは恥ずかしい行為に他ならないはずだ。
この状況では、彼女が自ら手を挙げることは考えにくい。
だからといって、不惑のオッサンから「お先にどうぞ。」なんてトイレを薦められたら、それこそ彼女を辱めることになりはしないだろうか?
 
仮に、彼女が先に入ったとして。
すぐ後に、私がトイレに入ることは目に見えている。
それもきっと、乙女にとってはイヤなことであろう。
 
ならば私が先に入ったらどうか。
私は"小用トイレが空いているのに、共用トイレを待っている"のだ。
もはや「大」をもよおしていることは、誰の目にも明らか。
私が先に入ってしまうと、彼女は”オッサンがう○こした直後の便座”に座ることになる。
これまた乙女にとって耐え難きことではないか?
 
そんな思いに囚われている間に、店員がトイレの鍵を持ってきた。
声を掛け、扉を空けて中を確認。
誰もいなかった。
おそらく使用者が扉を締めた衝撃で、カギがかかってしまったのだろう。
とりあえず、誰かが中で倒れていなくてよかった。
 
トイレを確認した店員が、まっすぐ私のところにやってきた。
先程の問題は、私の中でまだ解決してはいない。
 
店員:「入っていませんでした。どうぞ。」
私:「ありがとうございます。」
 
咄嗟に、近くにいた彼女に視線を送ったが、彼女はコチラを見なかった。
一瞬悩み・・・私はトイレに入った。
 
用を足し、事なきを得た私。
店内を見渡すと、すでに彼女の姿はそこになかった。
ここでのトイレは諦め、他を求めた・・・ということか。

なんだか、彼女に申し訳ないことをした思いだった。
 
この一連の件。
私が取るべき行動の"正解"は、果たしてどれだったんでしょうか?
今でも分かりません。

乙女の皆さん、どう思いますか?
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
実はけっこうミーハーなアタシ。
オサレな店にワリと弱く、洒落た外観に惹かれたりします。
そういうお店には、大抵ある程度の満足感をもつアタシですが、稀にそうでない店も。
 
 
先日の名古屋訪問で寄り道した覚王山。
昼食後に、ケーキ屋を発見!
それも人気店であろうことが容易に分かるビジュアル。
子連れファミリーにそぐわないお店かな・・・と思いつつ、家族3人で入店。
 
入口のショーケースには個性的なケーキが並んでいます。
妻もテンションが上がり、昼食後にも関わらずケーキ3つをオーダー。(笑)
 
$お気楽サラリーマンの縁側日記。~2013~
 
その後店員さんに案内されたのは、2名掛けのテーブル席。
壁側が長いソファーになっていて、テーブルを挟んでイスが1つのパターンね。
隣の2名掛けが空いてたから、くっつけることもできそうですが・・・
ま、子供も小さいし、ソファー側に座れるから問題ないか。
 
その後に運ばれてきた水と手拭きは、ナゼか2セット。
こちらは3人いるし、ケーキも3つ頼んだはず・・・
 
その後、店員さんから、
「ケーキ3つを2枚の皿でお出ししていいか?」との確認。(2コ&1コで)
「それぞれ別の皿がいい」と言うと、テーブルが狭くて置けないと。
洒落た店なので、器が大きいんですね。
結局、1枚の皿にすべて乗せて、小さな取り皿を3枚もらうことに。
 
ケーキ自体は、たぶん普通においしかったと思います。
ま、特別おいしかった・・・とまでは思いませんでした。
アタシの好みの問題なのか、それともこの応対を残念に思いつつ食したからか・・・
特に妻は、ガッカリしたようで、「もう来ない」と。
 
なにも子供用のイスや食器を用意しろっていうんじゃないんです。
子供だって1人のお客。
水も飲めば手だって拭きます。
自分ひとりのお皿でケーキを出されたら、一人前扱いを喜ぶいきものです。
ただ、ひとりの客として扱う、それだけでいいんです。 
 
店員さんの応対自体は決して悪くありませんでした。
物腰とか表情とかね。
それだけに、なおさら残念に感じました。
 
洒落た店は好きですが、結局は心地よい応対・・・なんですね、
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
「時が巻き戻せたら・・・」
 
みなさんは、そんな風に思うことはありますか?
私は時折・・・
 
 
今朝のこと。
いつもはパンに何もつけずに食べるのが常ですが、涼しい気候のせいでしょうか、
少し甘いものが食べたくなりました。
 
冷蔵庫を開けると「オレンジマーマレード」があったので、それで朝食を♪
4分の3ほど食べた頃でしょうか。
ふとジャムの瓶に目をやると、何やら黒い塊が。
スプーンですくいとって見ると、やはり恐れていたアレ。
 
かびるんるん・・・・・
 
慌てて食べるのを止めましたが、すでにあとの祭り。
食べる前に、一応瓶の中は見たんですよ。
ただ、なんて言うか、ちょうど瓶のくびれ部分にヤツは居て。
しかも、上からジャムが覆っていたので、内側からはよく見えませんでした。
外側からは確認できたんでしょうが、おそらく瓶を持つ指で隠れて・・・
 
あぁ、数分前に時が戻れば。
そんなことを思った木曜の朝でした。
 
さて、あれから10時間。
若干の乱れとともに、トイレには4回ほど。
これが、ヤツの影響なのか、それとも”その事実”によるプレッシャーが原因か。
ともかく、大崩れしていないのは幸いです。
かろうじてセーフ・・・ですかね。(笑)
 
$お気楽サラリーマンの縁側日記。~2013~
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。