高句麗(8)

テーマ:

個人的な見解だが、mattは佐々木敏さんの見解にある程度賛成だ。

安倍首相が辞任を決めたのは、APEC首脳会議出席のため今月 Sydney に滞在していた折に、アメリカ人から「辞めろ」と言われたからだと考える。

「辞めろ」と言われなければならない理由を公開できないために、「テロ特措法延長に対する民主党の反対」を口実にしたのだと考える。

その「公開できない理由」が佐々木敏さんの言うように、「拉致被害者が既に死亡していること」なのかどうかまでは、mattには見当がつかない。


もう一つ言っておこう。

中国共産党政権は、安倍首相辞任報道後、次の姿勢で一貫している。

「安倍首相が開いた日中接近路線を継続してほしい」

安倍首相は昨年11月、首相就任後の最初の外遊として北京訪問した。訪米でなく訪中を最初の外遊にした最初の首相だ。

今年の8月には靖国神社に参拝しなかった。

しかし、そういう分かりやすい話だけではない。

根本的には、中国共産党政権の側が日本への接近を必要としているのだと考える。米朝接近とのバランスを取ることと、日本の対米支援を妨害することと、この2つが目的だ。


それもこれも、佐々木さんの言う「中朝関係の冷却化+北朝鮮による核実験は対中共政策」を前提とすると、単純明快に理解できる。

AD