まだ考え中...

テーマ:
3. ブローカーの選択

長期間ポジションを保有する勝負をするなら、金利をブローカーに払いながらポジションを持ち続けるのは避けたい。それなら、ドル高トレンドのときとドル安トレンドのときとで、扱う通貨ペアを違えればよい。

(1) ドル安トレンド時は「高金利通貨を対ドルで買う」。今なら AUD/USD や Cable が該当。
(2) ドル高トレンド時は「ドルを低金利通貨に対して買う」。今の金利で考えるなら、USD/JPY や USD/CHF が該当。

そうすると、mattの場合ブローカーを替えなければならない。今のブローカーは EUR/USD、USD/JPY、EUR/JPY、AUD/JPY、GBP/JPY しか扱っていないからだ。もっと通貨ペアの多いブローカーを選ばなければならない。特にストレートの選択肢が多い会社を。


4. ポジションの大きさ

ポジションを持つ期間が長ければ長いほど、より大きな価格変動にさらされる可能性が高くなる。従い、stop loss order と取得価格との値幅を大きくとらざるを得なくなる。この値幅が大きいほど stop loss 執行時の損失が大きくなる。

ということは、ポジションを小さくするべきだということだ。これには、今までmattが普通にやっていた「買い増し・売り乗せ」を今までのようには簡単には実行しない、ということも含めねばならないだろう。相当含み益が大きくなり、「買い増し・売り乗せ」後の平均取得価格から十分に離れた価格に stop loss order を出せる状態(執行されても損失が出ないか、或は小さい損失で済む状態)を確保しないといけない。


5. 相場観

ある通貨の価値が将来上がるか下がるかそのファンダメンタルズを考えることについては引き続き今後の課題だ。簡単に答えが出る問題だとはとても思えない。


6. テクニカル分析・トレーディングシステム

これは引き続き今まで通りにそこそこ使うだろう。使う基準については、更に考える必要があるかもしれない。一つ言えそうなことは、年単位の時間をかけて勝負するのなら、週足の重要性が日足より高くなるだろうということだ。これまでFXで週足を使わなかったが、これからは見ることとしたい。


考え中といいながら、少しは練れてきたか。
AD

考え中...

テーマ:
先週ふきゅさんのコメントへのお返しで少し書いたが、mattの弱点は「すばやく~すること」だと思う。判断したり反応したりするのが遅いと思う。これは日常生活でも仕事でも一貫している。(ちっとも自慢にならない! スポーツもとろいからたいてい下手だし)

FXを始めた初期の頃短期トレーディングをしようとしてみた時期がある。結果はぼろぼろだった。「市場の値動きを追いかけるのは自分には無理」と実感した。

一方、「時間をかけて取り組む」のは平気だ。これも日常的にも仕事中でもいつも感じていることだ。投資においても、株式市場で取引するときは「買いっぱなし」で行っている。チャートは週1回くらいしか見ない(週1~2回くらいがmattは一番心地よい)。株も最初はぼろぼろだったのだが、自己流の方式を確立してからうまく行くようになった(今のところ)。


では、通貨市場ではどーしたら良いのだろう? ドル買いっぱなし? まさかね。(笑)

「買いっぱなし」戦略には、以下の前提がある。

(1) ファンダメンタルズ分析に基づいて売買する。ファンダメンタルズの指し示すところが世の中で実現するのを待つのが基本。
(2) 時間は無制限に使えるのが一番良い。そこまで行かなくとも、年単位の勝負が前提。

通貨取引でこの前提を受け入れるとどうなるか?


1. 通貨市場でファンダ派になれるか?

個別株のファンダメンタルズ分析は一定の会計知識があれば案外容易にできる。分析手法はそこそこ定型的なものをアメリカ人がすでに開発してくれていて、本に載っている。あとはその手法で「買い」と答えが出るものに巡り会うまで銘柄漁りをひたすら続ければ良い。会計的な技能は重要だが、身に付けてしまいさえすれば、あとは「藁の山の中から針を探し出す根気」と「待つことを受容できるかどうか」の勝負に単純化される。こういう類の忍耐は、mattは持っていると自分で思う。

株式市場全体がどうか、ということも考えに入れなければならないが、とりあえず日本国内だけ考えて、景気が良くなるか悪くなるかを考えるだけでもそこそこ有効に機能すると思う。国内景気判断だけなら、例えば鉱工業生産指数のような統計データだけでもある程度考えることができる。

通貨はそうは行かない。

・ある国の経済活動
・ある国と相手国との経済活動の差
・ある国の金融政策
・通貨をどう扱うかについてのその国家の意思

もっとずっといっぱいあると思うが、とにかく個別株のようには単純ではないと思う。検討すべき分野が広範囲にわたっている。「国家の意思」のような、必ずしも明確に世の中に公開されていないことまで含まれている。

mattは現状長期で見てドルベアだが、今のところ日本の株式市場のようには自信を持って通貨市場を分析できていない。


2. 時間をどのくらいかけられるか?

FXでは為替差損益に swap point が加減算される。高金利通貨を売る場合、時間をかける勝負はやりにくい。

USDは現状高金利通貨とは言えないが、今のところJPYが超低金利通貨なので、USD/JPYを1年も2年もshortし続けるのは結構つらそうだ。AUD/JPYの売りほどではないだろうが。

それとも、これを受け入れなければならないのだろうか?
AD

損切り

テーマ:
NY22日午後のドル高で逆指値執行。


昨日投稿した内容を思い返しつつ、しばらく売買戦略を考えてみることにした。

自分が得意なことは何で、不得意なことは何なのか。


昨日の売買: EUR/USD @1.3073 売り
昨日のポジション: none

EUR/USD @1.3070前後 | USD/JPY @105.50前後 (23日 17:47 JST)
AD

Warren Buffett #2

テーマ:
Buffettが書いた「株主への手紙」を改めて読み直した。

「2002年3月より前には、外貨を保有したことはなかった」とある。

週足チャートを見てみる。 ... こっ、これって、すごい。2002年3月からドル売りポジションを持ち始めたのか!

なんてこった... やっぱりファンダメンタルズ分析に基づく通貨投資は可能なのか...

自分を省みよう。

想定/妄想

テーマ:
3月20日付FT.com記事 (http://news.ft.com/cms/s/331b46b4-9956-11d9-ae69-00000e2511c8.html)
3月21日付FT.com記事 (http://news.ft.com/cms/s/a00e8ef0-9a43-11d9-a094-00000e2511c8.html)


今のところアメリカは日本だけを新規UN常任理事国として推している。日本の新規加入に中国は反対しているが、コンディは言質を与えなかった。しかも日本と並んで立候補している独・印・伯をアメリカは推していない。コフィは「日本が常任理事国になる」と口を滑らせてしまったようだし。

意味深だ。ユーラシア中央~東部における覇権強化に際して日本を巻き込みたいんだろう。

中国を民主化したいということは「和平演変」 ん? お父っつぁんジョージは91年には既に言ってたな。それに今度は「戦争演変」かもしれない。イラクはそうだったし。

台湾をネタに中共を追い詰めようとしているのか?

バブらせた日本からの対米投資で赤字を埋めつつロシアをSDIで追い詰めた80年代を思い出す。

また「打ち出の小槌」フル稼働? まあそれは仕方ない。我々の口座であいつら小切手落としても、我々の工房から軍隊が部品を持ってっても。そもそも首周りに四箇所ナイフを突きつけられているし。どうせ、アメーバブログもエシュロンがtapしてんだろ?(笑) 今更「協力しないぜ」なんて言えないなあ。そんなことしたら血を見そうだ。


今、2005年。

2005年? 2006年? 2007年? 遅くとも北京五輪の1年前にはRMBは兌換可能に?
2008年は台湾総統選挙と北京五輪。3年後。
2010年は上海万博。5年後。


後から歴史を振り返ると、北京五輪ってすごい「引き金」になる可能性なきにしもあらずと見た。元属国に先を越されてプライド傷ついたシナ人の致命的な勇み足? (日本人に負けるのはまだ諦めがつくんだろうけど) 面子に命賭けてっからなあ。

???

テーマ:
昨夜はドル買いになってしまうかと思ったが、そうなりきらなかった。意外と戻りがきつい。

苦しいところだが、現状維持だ。


昨日の売買: none
昨日のポジション: EUR/USD 平均@1.3405

EUR/USD @1.3325前後 | USD/JPY @104.75前後 (19日 06:50 JST)

Hook?

テーマ:
先週高値で買った後、今週は @1.3300を割れたが、今日は経常赤字のおかげでドル売りに戻った。このまま上がるとhookを形成したことになるが...

やめよう。短期の値動きにはどうせついて行けない。 (--;)


本日の売買: none
本日のポジション: EUR/USD 平均@1.3405

EUR/USD @1.3420前後 | USD/JPY @104.20前後 (05:35 JST)

Warren Buffett

テーマ:
3月8日の投稿で、Warren Buffett が「アメリカが『小作農社会』になりつつある」と警告しているFT記事について紹介した。Berkshire Hathaway サイトに今年の2月末日付け2004年度版「株主への手紙」が載っており、確かに"Sharecropper's Society"と書いてある。("Sharecropper's Society"という言葉は、"Ownership Society"への対語として書かれている)

19~21ページで通貨について述べている。彼はドルに弱気だ。しかし、「アメリカが衰退する」という見方には組みしていない。

財政赤字は国の富を国外に移転させるわけではない点が経常赤字と異なる、ということを力説している。「低インフレ&ドル高」を望んでいる、と明記している。

通貨に関する記述の終わりの部分で、彼はFTを読むことを推奨している。アメリカのメディアについては何も述べていないが、WSJよりお薦めなのだろうか?

ほかのページを見ると、Berkshire Hathaway 傘下事業(電力・保険・製造業/小売業など)について色々書かれている。深いなあ。金川社長(信越化学工業)に似た意見を述べているところもある。これからは時々読もう。

最近の事例

テーマ:
「シナ人の国境感覚の曖昧さ」をよく表している事態がブータンで最近起こっているのを、たまたま、雑誌「諸君!」(2005年4月号)で見つけた。

中国が道路をチベット自治区内で建設していたのだが、ブータン領内にその道路が入ってきている箇所があるらしい。ブータンが抗議すると、「観光が盛んになっていいじゃないか」と言ってきたそうだ。

そう、こういう感覚だ。

この場合、建前は明確ではない(註1)。実利はありありだ。ブータンに道路をつなげることにより、山岳地帯ブータンに簡単に軍隊を派遣できるようになる。国王に圧力をかけ親中国派にすることもゆくゆくは可能になるかもしれない。ヒマラヤ山脈の南斜面を手に入れれば、インドに対する圧力になる。(註2)

それにしても、主権国家の原則を尊重する意志があれば、相手が弱小国であっても、こうも無造作に国境を侵したりはしないだろう。例えば、アメリカがパナマを爆撃したりするが、アメリカに歯向かってもいないのに知らない間に侵入して道路を建設するということはさすがに考えにくい。このブータンでの中国の行動は、なし崩し的にいつの間にか既成事実を作り上げようとするものだ。



註1: 現代においては、シナも主権国家体系の中に組み込まれてしまったから、「華夷秩序」を表面上は主張しにくい。

註2: 典型的に地政学的な問題がある。インドは亜熱帯~熱帯の国。シナは温帯~半乾燥地帯の国。この両国の兵士のどちらが、ヒマラヤのような山岳地帯で有利だろうか? 寒いのに慣れた側に決まっている。熱帯育ちの体にはヒマラヤ山脈は寒すぎる(註3・註4)。領内にチベット高原があるから、寒い気候と薄い酸素の両方に慣れた兵士には中共は事欠かない。もしネパールやブータンの領内で中印両国が戦争したら、装備が同じレベルなら、どちらが有利なのかは明らかだ(註5)。

註3: 現在のアフガニスタン付近の山脈は「ヒンドゥークシュ」と呼ばれている。「インド人殺し」という意味のサンスクリット語とmattは聞いている。インド人が山越えするには寒すぎるというわけだ。歴史上、北からインドに侵入した勢力はいくつも挙げられるが、南からアフガニスタンへ攻め込んだ例は、インドを支配していたイギリス軍以外には記憶が無い。

註4: 仕事でバングラデシュに12~1月に行ったことがある。この時期は乾季で、気温が低めで乾いており、mattには実に快適な気候だった。関東南部の11月上旬並?だった。が、現地の人々には激寒らしい。頭に長い布を巻いてぶるぶる震えている人を何人も見た。この時期は凍死者が出ることがあるそうだ。貧しくて栄養状態が悪いということもあるのだろうが。

註5: 楽しい横道。^^) リンク先「週刊アカシックレコード」の佐々木敏氏も書いているが、こういう要素はサッカーの国際マッチには大きく影響していると思う。

去年7~8月に中国でアジアカップをやったときは、砂漠の国ヨルダンが重慶で日本と互角に戦っていたので、mattは感嘆した。日本人が感じるよりずっと暑かったろうと思う。中国チームは最初からずっと北京で試合をしていたが、会場となった都市の中で一番北にある比較的涼しい場所だ(夏の北京が涼しいとは言えないと思うが)。中国チームは一番暑くない場所で、移動距離ゼロで戦ったわけだ。ま、これくらいの贔屓はサッカーでは当たり前だ。

2000年のアジアカップ(レバノン大会)では上位4カ国のうち3つを東アジアの国々(日韓中)が占めたが、地中海岸のレバノンが過ごしやすい気候だということを考慮しても、やはり画期的なことだと思う。東アジアサッカーのレベルが上がって、かつての中東の優位を崩しつつあるということだと思っている。(そこまで言うには早計だろうか?)

今やっているドイツ大会予選について言えば、日本としては早めに勝ちを重ねたいところだと思う。6月がきつい。バーレーンで戦ったらすぐ移動して1週間後に北朝鮮で戦わねばならない。夏のペルシャ湾岸は蒸し暑いのだそうだ。