イラク選挙

人口多数派のシーア派は積極的に投票。クルド人も積極的に投票。スンニ派地域が最もテロ行為が多いらしい。

FT.comより抜粋(1月31日) → 原文は http://news.ft.com/cms/s/47e18596-72ea-11d9-86a0-00000e2511c8,dwp_uuid=c1a5b968-e1ed-11d7-81c6-0820abe49a01.html を参照
(Quote) (引用文を削除) (Unquote)

主権をアメリカにとられつつ、権力がシーア派に移行するのだろう。スンニ派諸勢力がどういう態度を見せるのか...? 今後を待とう。


当面の方針:ドル安待ち。損切りを遠めに置き、米欧政策金利発表も含めた一連のイベントが過ぎるのを待つ。過ぎてもドル安にならなかったら損切る。

本日の売買:none
本日のポジション:USD/JPY @102.75 売り

Euro @1.2990前後
Yen @103.65前後 (20:20 JST)
AD

目先の予定

テーマ:
今朝は、豪州~日本時間に中国人の発言によって上下した。

来週はイベント目白押しだ。再度整理。

1月30日(日) :イラク選挙
2月2日(水) :一般教書演説
2月4日(金)~5日(土):G7

ついでに言うと、日本時間2月7日(月)午前中にスーパーボウル。NFL勝者が勝つとその年米国株が上げるjinxあり。

本日の売買: none
本日のポジション: USD/JPY @102.75 売り

Euro @1.3070前後
Yen @103.20前後 (22:50 JST)
AD

想定

テーマ:
G7絡みでの市場の噂話から離れ、与件を洗いなおす。

(a)1月25日FT.com記事:米企業在外子会社等から本国への配当2005年減税
(b)米経常赤字:米製造業が稼働率を100%まで上げて輸出振興しても穴埋めできない規模(現稼働率79%)
(c)1月19日FT.com記事:“昨今のJPYは歴史的に見てそれほど強いわけではない”と日銀分析
(d)中東情勢①:1月30日イラク選挙
(e)中東情勢②:イラン核開発
(f)中東情勢③:サウジアラビア国内テロ
(g)Kissinger年頭インタビュー:“2005年、USDは緩やかに下げるだろう”発言。“イランとの対立は極限には達しない”。サウジアラビア言及なし

考えてみる。

(a)はUSD高要因。が、即座にUSD高に振れるのは米多国籍企業にはあまりおいしくない。Alanに陳情し更にUSD安とし、在外資産のUSD建価値を上げた後repatriateするのがおいしい。

(b)は従前からのUSD安要因。解決策は以下3つしかない。

1) 連銀(と市中銀行)が通貨流通を増やす
2) 米国を不況にし、需要を減らして輸入を減らす
3) 米製造業が劇的に生産性を上げる            現実的な策は1)だけだ。

(c)の注目点は、ほかならぬ日銀が定量的分析をしていること。単なる口先だけでなく、80年代にさかのぼるチャートを提示している。FRBとBOJが組めばUSD/JPYはどうにでもできる。

(d)の選挙後でも、「イラク人による民主的で安定した政権の樹立」はどうせ無理だ。シーア派・スンニ派・クルド人の対立がもとからあるし、そもそもイラク国家成立の過程が人為的に過ぎる。そして何より、「民主的で繁栄したイラク」を育て上げる意思など最初からアメリカには無いはずだ。アメリカの目的は「大部隊を駐屯させて産油地帯を影響下に収め、USD機軸通貨体制を維持する」ことだろうから。

(e)のイランについては正直読めない。しかし次に戦線が拡大するとしたら、イランよりはサウジアラビアの方が可能性が高いとは思う。

(f)のサウジ国内テロの報道が最近減ったと思う。不気味な感じ。1年ほど前多かったのに。ムスリム同胞団あたりの動向には注目しておくべきかもしれない。サウジ軍は米企業の支援によって機能を維持しているので、逆に言うと米企業が手抜きすれば、サウジ軍の機能を低下させ、テロリストにつけこむ隙を意図的に与えることすらできる。次の戦線拡大の可能性はここだと思う。

(g)何気ない番組での目立たない発言だったが、こいつは要注意人物だ。

大きく見ると、まだUSD安傾向は継続か...
AD

US減税

テーマ:
在NYファンドマネージャの見解:
http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/PRNT_V_VIL_WallStreet_01.html

FT.comの記事・・・購読者専用ページなので、抜粋
(Quote)  (引用文を削除) (Unquote)

USD高要因が新たに立法化されたってことだ。どういう影響があるか... 他の要因も併せて考えよう。

本日の売買:none
本日のポジション:USD/JPY 売り @102.75

EUR/USD 1.3013前後
USD/JPY 103.40前後 (20:36 JST)
?英CMCグループが(外国の通貨ブローカーとして初めて)中国に事務所を設置(1月24日)

http://news.ft.com/cms/s/71ae6068-6e46-11d9-a60a-00000e2511c8.html

人民元の兌換自由化へ向けて徐々に動きつつあるってことか? G7前のタイミングを考えると、USD安JPY高要因の一つ?

?日銀独自の計算によると、「昨今のJPYは歴史的に見てそれほど強いわけではない」(1月19日)

おっとこれは、FT.com購読者のみ見れるページ。抜粋。

(Quote)  (引用文を削除) (Unquote)

おー、100円割れ予想。しかし、「輸出入とインフレの影響を調整した」ルーブル合意以後の円平均値って、どういう調整をしたのだろうか? 俊ちゃんはAlanと組んで円高誘導する気なんだろうか?

"wary" = "aware"

"tacit" = "expressed or carried on without words or speech"

"bleat" = "to utter the natural cry of a sheep or goat", "to talk complainingly or with a whine"

* tacit の語源:tacere (Latin) = "to be silent"

** utter = to send forth as a sound, pronounce, speak

*** whine = a prolonged high-pitched cry usually expressive of distress or pain

NY午前に、EUR/USD 1.3000 前後、USD/JPY 104.00 前後へ。

本日の売買:none
本日のポジション: USD/JPY売り @102.75