絶妙!超コント術!アンジャッシュ!!

テーマ:

はい!

今日も始まりました!昨日のクイズ分かったでしょうか?

ちょっと難しかったかな??

今日はアンジャッシュです!

早速情報行きますか!


メンバー

  • 児嶋一哉 (こじま かずや、1972年 7月16日 - )
    • ボケ (たまにツッコミ)担当。東京都八王子市出身。八王子市立弐分方小学校、八王子市立元八王子中学校、東京都立日野高等学校 卒業。スクールJCAの第1期生(本人曰く補欠で入学)。麻雀好きとして有名でプロ麻雀 士の資格を持っている。高校時代の同級生である渡部とコンビを結成。身長178.2cm。
  • 渡部建 (わたべ けん、1972年9月23日 - )

略歴

  • 1993年結成。スクールJCA1期生(児嶋)2期生(渡部)。初のJCA出身コンビの為、当時の若手実力派が集まるライブに早くもたびたび出演する。
  • スクールJCAへの入学は、八王子の先輩のヒロミ のアドバイスによるもの。
  • 同期には土田晃之バナナマン らがいる。
  • 1990年代 半ば、『ボキャブラ天国 』シリーズに出演。
  • 1990年代後半~2001年には、くりぃむしちゅーアンタッチャブル によるユニット「ゲバルト一族」のオムニバスライブで話題となる。
  • 1997年 3月14日 第7回ニッポン放送高田文夫プロデュースOWARAIゴールドラッシュII優勝。
  • 1998年 1月26日 第10回ニッポン放送高田文夫プロデュースOWARAIゴールドラッシュII第2回グランドチャンピオン大会優勝。
  • 1999年 から『爆笑オンエアバトル 』に第一回目から出演(オフエアだったがその後番外編としてメインのドキュメンタリーが放送される)。しかしその後毎回高得点を出し、チャンピオン大会ではほとんどが上位である。2003年 1月 には同番組の第5回チャンピオン大会で優勝を果たした。初のコントでチャンピオン初の関東勢、そして吉本興業以外の所属、人力舎 芸人で初めての優勝。そして番組のゴールドバトラー、プラチナバトラーを両方受賞している数少ないのコンビである。同番組において、オーバー500やトップになった回数は1番多い。自己最高529KBを2回獲得(同番組の第一回チャンピオン大会で、立川談志 に褒められた)。『ボキャブラ天国』では目立たなかったが、『オンバト』では顔的存在で、中には「オンバト=アンジャッシュ」とする人もいる。
  • 2003年から『エンタの神様 』に出演して人気や知名度が上がり、少しずつ売れ始める。2004年『笑いの金メダル 』では高い評価を受け、記念すべき第一回金メダリストとなる。
  • 2004年9月千葉テレビ放送 で初の冠番組 、『白黒アンジャッシュ 』が始まる。
  • 2005年1月24日人力舎所属若手お笑い芸人11組によるオールスター・ユニットビジトジ でCDデビューし、リーダーになる。
  • 2005年4月から『ポップジャム 』(NHK )で初めて歌番組の司会を務める。
  • 2005年好きな芸人ベスト4位になり、島田紳助ビートたけし を抜いた。『いい男はマーケティングで見つかる 』でドラマデビュー。

特徴

  • 勢いだけでない、よく練り上げられたコント に定評がある。一般的な「ボケとツッコミのあるコント」もするが、一方が話した会話の断片をもう一方の相方が誤解したまま話を合わせ、お互いがお互いの会話を疑問に思いつつ話が進む「ボタンのかけ違え」的な進行パターンや、2人の言葉の断片などが偶然につながることで世にも奇妙な(そして笑いを生む)会話や光景の成立するパターンが多い。前者の場合、「2人が近しい仲」という設定なら、普通の会話をしている(はずの)渡部の発言を児嶋が勘違いして、おかしな会話が進んでいき、「2人が顔見知り程度」なら互いが互いの発言を勘違いするというパターンになる。稀に、勘違いが解消されることもあるが、次にまた別の勘違いが始まる。後者の場合ボケもツッコミもなしに、ただ断片をつなぎ合わさることで上手く笑いを作り上げることも多い。ちなみにコントにはかなりの確率で下ネタが入る(例:野球のバットを男性の”アレ ”と勘違いする)。「勘違いネタ」であるがゆえに、両方ともボケ、ツッコミを担当するネタも多い。
  • ネタの中で女性の名前が出てくるときは「マユミ」、男性の場合「クロダ」「タドコロ」「シミズ」「タカシ」ということが多い。「マユミ」の由来は渡部の昔の彼女が由来だと言っている。渡部はマユミに「アンタには未来が無い」と言われて捨てられたらしい。
  • 「バカAD児嶋」シリーズでは、映像の中にアンジャッシュが出てくる。この場合渡部が司会者で児嶋がゲストであることが多い。また、女性がアシスタント等で登場することもある。渡部は映像の中で「高橋一」という名前であることが多い。
  • コンビ名は、渡部が考えた「J (JOY) 、A (ANGRY) 、S (SAD) 、H (HAPPY)=喜怒哀楽」と、児嶋が「あ行と「ん」の字が付いている芸人は売れるから」とつけた「UN」という意味で命名。芸に厳しい立川談志 が認める芸人である。
  • 当初のコンビ名は英語表記の「UNJASH」だったが、ほどなく「アンジャッシュ」に改名。
  • 他のコンビ名候補としては「わたこ」、「ワークブーツ」などがあった。
  • 本人たちは、「アンジャッシュさん」が言いにくいため「アンジャッシュ」という名前を気に入っておらず、機会があれば改名したいと白黒アンジャッシュ で語った。
  • デビューしてから間もなくして『ボキャブラ天国』に出場した。しかし、キャラの濃さや瞬発的な笑いが重視される同番組では、彼らの持ち味である巧みな芸風を生かす事が出来ず、1ケタ得点ばかりの万年チャレンジャーと言う低迷の時代を送る(『歌うボキャブラ天国』では好成績を残している)。
  • しかし、後に出場した『爆笑オンエアバトル』では実力を遺憾なく発揮。高い評価を受け、第5代チャンピオン、オーバー500を8回マーク(歴代最多)など好成績を残した。一時期平均511キロバトルだったことがある。二人もこの番組の存在は大きかったとコメントしている。その後、『エンタの神様』『笑いの金メダル』などにも出演し、『笑いの金メダル』では高い評価を受け、金メダルを2つ獲得した。
  • 所属事務所のプロダクション人力舎の若手芸人の中では1番芸歴が長い為、リーダー的・兄貴的存在として活躍。なお、名前が似ているため混同されやすいアンタッチャブルは同じ事務所の後輩である。よくアンジャッシュブルなどと間違われていたらしい。また、事務所は違うがアンガールズ と間違われることもしばしば。
  • NHKの『ポップジャム』の司会をT.M.Revolution 西川貴教 と共に2005年4月~2006年3月の1年間務めた。
  • 本人達は、キャラに特徴が無いのを悩んでいる。ギャオマガジンで鈴木おさむとの対談で語っていた。

代表作

  • 音響ネタ
    • 「ピーポー君」(警視庁 の「ピーポくん 」より)や、「キュータ君」(東京消防庁 のキャラクター)、「トレイン君」(架空の鉄道警察キャラクター)など。
    • 「渡部お兄さん」とマスコットの会話で構成される小学生向けの交通安全教室(キャラクターにより防火教室などに替わる)。マスコットの声は音響係の児嶋がサンプリングマシンに収録された決められたパターンをタイミングに合わせて流すと言う設定。だが児嶋は今回が初仕事、同僚の替わりで急遽来た、遅刻してリハーサルができなかったなどの理由で操作ミスをし、間違ったパターンのセリフをマスコットがしゃべってしまう。それでも会話の意味が通じてしまうため大変なことになる。
    • また、ヒーローショーで渡部がヒーロー役、児嶋が音響係をするというネタもある。
  • バカAD児嶋
    • AD の児嶋が、ディレクター への昇進をかけて、映画や飲み物のCM・通販番組などを作成し、それを渡部ディレクターが確認する。しかし児嶋の作る番組は毎回とんでもないもので、最終的には「全部やり直し!」と言われる。
    • ここから派生して、防犯カメラの映像を2人で確認する、というネタもある。
  • それぞれの会話
    • 「偶然近くにいる見知らぬ2人」という設定の渡部と児嶋が、別々の相手に電話をしているのだが、それぞれの会話が組み合わさって、あたかも渡部と児嶋で会話が成り立っているかのような光景になる。


出演

バラエティ番組

CM

ドラマ

舞台

ミュージックビデオ

  • Sowelu 『I Wonder』(2007年1月) - Sowelu本人出演のプロモーションビデオ。

著書

  • ザッツ「アンジャッシュ」メント

DVD

  • アンジャッシュ~クラダシ~
  • アンジャッシュ単独ライブ~THIRD EYE:開~
  • アンジャッシュネタベスト
  • 爆笑オンエアバトル(アンジャッシュ9ネタ収録)
  • 白黒アンジャッシュ

外部リンク


はい!以上です。

あの絶妙なコント仕掛けが人気なんでしょうね。うん。

じゃあ動画貼ってきますか。

アンジャッシュ「仲の悪いコンビ」

アンジャッシュ「極秘情報」

アンジャッシュ「新婚旅行の写真」

こんなもんでしょうw

じゃ、明日は

水10!っすw



AD