本日、「借金なし」「行田在来」「箕田在来」の三種類の埼玉県在来種の大豆を仕込んでみました。埼玉県産の大豆、私も取り扱うのは初めてです。


まず各豆500gづつを水に漬け込みます(浸漬)。


借金なし


まぼろしの「もやし」求めて・・・

行田在来


まぼろしの「もやし」求めて・・・

行田在来


まぼろしの「もやし」求めて・・・

水温30度。室温15度の部屋で1時間浸漬します。


1時間後、それぞれ形が違ってきています。


・借金なし


まぼろしの「もやし」求めて・・・

ひと回り大きくなりへその部分が盛り上がりました。豆の中では一番硬そうな印象です。


・行田在来


まぼろしの「もやし」求めて・・・

もっとも吸水が良く、大きくなっています。豆も柔らかくなりました。


・箕田在来


まぼろしの「もやし」求めて・・・

これも硬そうですね。借金なしと似た感じです。


これらの豆を簡易栽培容器に移し替えます。



まぼろしの「もやし」求めて・・・

まぼろしの「もやし」求めて・・・

そして栽培容器をもやしムロに設置します。ムロの温度は24~25度。水遣りは一日5回。水温は17~18度です。


予定では明後日ごろ芽が出ます。しばらく様子をみることにしましょう。



まぼろしの「もやし」求めて・・・
さあ、上手く育ってくれるでしょうか。
神に祈りましょう(笑)

よろしければクリックお願いします。
AD