「闘うもやし」が出版されました。

テーマ:

講談社より自著『闘うもやし』が出版されました。

講談社編集者のA様から話をいただいてから出版にこぎ着けるまで5年は要しました。

 

講談社側の会議では、書籍化にするにあたって

 

「だってこの人、もやし生産者として成功していないじゃないか」

 

といった反対意見が多かったようです。

まったくそのとおりでもやし製造・販売業の経営者としては、自分が就いてから14年間、一度たりとも黒字になっていません。常に経営破たん寸前なのが実状です。誰がそんな人間の書いた本など読むでしょうか。

 

ただ、食の生産・提供を生業とする一人の人間として考えたとき、私はどん底からもやしを伝えてきたこの8年間…多くの感動と幸せ、勇気と可能性をいろんな方々からいただきました。それは数字的に経営が順調だった20年前にはなかったことです。

 

なので「今が幸せかどうか?」と聞かれたら、どんなに経営的に苦しくても「幸せだ」と言えます。

 

「本当の成功とは何か?」を問い詰めたとき、私のこれまでの活動に共感した編集者の訴えが出版社に認められたのでしょう。…冒険ではあると思いますが。

 

先日、本の取材を受けたとき記者さんから

 

「タイトルは『闘うもやし』ですが、それでは何に闘っていたのですか?」

 

と質問されました。

 

バブルの頃、「これからはこういうもやしだよ」と飯塚商店のもやしが否定されたとき、先代社長である父も私も「そんなはずはない」と怒り、逆らいました。転落のきっかけになった判断でしたが、たとえ倒産の憂き目にあって、今でもあの判断に間違いはなかったと信じています。最初は生産者が良いと信じているものが通用しない理不尽さに対して、闘っていて、途中から本当の敵は誰だ?もしかしたらみな気づかずに利用されているのではないかと思うようになりました。そしてその本当の敵に対して闘い続けてきたのだと思います。

 

大手のもやし会社が多数集中している関東圏において、彼らの緑豆太もやしが1袋19~29円で売られ市場を席捲しているなか、今でも細くて根っこが長くて豆がついているブラックマッペもやしがその倍以上の価格で売られて存在している…それにはどれほどの闘いがあっただろうかと想像してもらいたいのです。ボロボロに傷つきましたがその先にある大きな幸せは得ました。

 

このたびの『闘うもやし』出版に際して、地元の飲食店が自発的に集って「深谷もやしWeek」なる深谷もやしの応援イベントを立ち上げてくれました。闘ってきた細いもやしで起きた幸せな出来事のひとつです。

 

守ってきたもやしを信じて、闘い続けたもやし屋一家の軌跡 、そこで私が得たものは…そんなことを感じ取っていただけると幸いです。

 

AD

昨日(11月3日)TBSの番組

 

『櫻井・有吉THE夜会』

 

という番組で私どもの「深谷もやしの天ぷら」が紹介されました。

 

女優の杏さんが、とても美味しそうに食べてくださったのが印象に残っています。

さらにもやしの根っこの部分にも言及されたので、以前からもやしの根っこの価値を謳っていた私としては嬉しいコメントでした。

 

 

 

 

さて、今回の「深谷もやしの天ぷら」ですが私の仲間である市内のうどん屋さん

 

『うどん茶屋 三男坊』

 

がすでにお店で出しているレシピを使いました。

 

杏さん、櫻井さん、有吉さんが絶賛した「三男坊による深谷もやしの天ぷらレシピ」をこちらで紹介します。

 

・・・・・・・・・

【櫻井有吉のTHE夜会で紹介された深谷もやしの天ぷら:レシピ】

 

1.天ぷら粉を作る。薄力粉(市販の天ぷら粉)に水を溶き、少々のマヨネーズを混ぜる。

2.もやしを水洗いし、ペーパーで水分を取る。

3.鍋に多めの油を入れ、180度の強火で一気に揚げる。カラリと揚げる。

 

・・・・・・・・・

そのままでも、醤油や塩、またはカレー塩(是非、作ってみてください。

是非、お試しください。

AD

ほんとうの敵はどこに?

テーマ:

久しぶりの投稿になります。

 

現在、来月(11月30日)に出版予定の私の書いた本、

 

「闘うもやし」(講談社刊)

 

の編集作業が進んでいます。

 

12万文字(約250頁)に及ぶ原稿は今年7月の上旬に書き上げて渡しました。脱稿ということです。もやしの本というよりは、深谷のもやし屋飯塚商店の57年を綴った内容となっています。もちろん私から見たもやしの話もあります。

 

ここのところ毎日のように編集者であるAさんとの内容を確認しあってます。先週の土曜日などゲラを読みながらの確認作業は8時間半ぶっとおしとなり、それでも1/5ほど残ってしまいました。

 

書いているときは無我夢中でしたが、最初から通して読んでいるといろんなものが見えてきました。1980年代、バブルが始まるあたりから

 

「父も私も何か大きな力に操られようとしていた」

 

のがわかります。それは何もわかってないスーパーのバイヤーでもなく、株やらゴルフ会員券やら進めてきた銀行でもなく、もっともっと大きなものです。その大きな意思をありのままのもやしに思い入れのあった父と私は拒んだのです。そしてどん底まで転落していきました。

 

同時に今まで聞いたことのない言葉が襲ってきました。

 

「こんなのはもやしじゃない」

 

「もやしの根っこはじゃま。取るのが大変」

 

そして

 

「太くて根がなくて豆が取れているもやし」

 

がもやしの標準となってしまいました。その新しい標準のもやしも今は

 

「もやしなんかどれも同じだからね。だったら安いほうがいいや」

 

の言葉どおり、30年前よりも店頭価格が安いというあり得ない低価格競争に突入し、体力のない小規模のもやし生産者はバタバタと廃業、倒産を余儀なくされてしまいました。

 

おかしいと思いませんか?

 

「生産者が良いと信じているものが突然否定される」

 

「逆に言う通りにしてきた生産者もありえない低価格化に陥り喘いでいる」

 

儲けているのは誰でしょうか。笑っているのは誰でしょう。

 

そんなことを考えながら、今日も57年前と変わらないもやしを育てています。

AD