もやしの唄』という舞台劇があるのを初めて知りました。

 昭和30年代のもやし屋さんの物語です。それが4月21日、なんとここ深谷のもやし屋がある深谷市で公演します。『もやしの唄』の舞台ダイジェストを拝見しましたが、かなりリアルで驚きました。飯塚家も両親は不眠不休で働き、時にはムロ(栽培室)のもやしが全滅する…そんな苦労もよく覚えています。なんでも原作者の身内の方に実際のもやし屋さんがいたようです。

 

昨日、主催している「深谷虹の演劇鑑賞会」の方が弊社にいらして少しお話をしました。そして4月21日の公演当日、会場の深谷市民文化会館で深谷もやしの販売をすることが決まりました。もちろん私が販売します。

 

 飯塚商店の創業は昭和34年、ほぼこの舞台と同じ世界です。深谷で公演される昭和のもやし屋さんの舞台と、今を闘うもやし屋の私が同じ場所で深谷もやしを販売することになるなんて。何か感慨深いものがあります。

 

 

広がりは少しずつから

テーマ:

私どもの深谷もやしが少しずつですが、広がりをみせています。

 

野菜の販売を手がける「サン・フレッシュ」様と繋がることになり、本日より

 

〇「高島屋柏店」(店舗名:サン・フレッシュ)

 

〇「高島屋新宿店」(店舗名:サン・ベジフル)

 

〇「高島屋 玉川店」(店舗名:サン・フレッシュ)

 

〇「高島屋 港南台店」(店舗名:サン・フレッシュ)

 

〇「大丸東京店」(店舗名:フレッシュ・ワン)

 

〇「そごう大宮店」(店舗名:グリーンワールド)

 

の各店舗での販売が始まりました。まだ試験的なので少量からです。

もちろん、売らせてもらったからよしよし、ということではありません。私たち生産者も積極的に売り場に出て伝えることも大事です。今はそういう時代です。

 

「まずは少量から」…地元の農産物直売店も、都内や他県のデパート、野菜売り場も、深谷もやしはそうやって少量から何年もかけて育ってきました。価値を広げる、価値が広がるというのはそういうことなのだと思うのです。