2008年03月07日(金) 16時02分24秒

通学車~正規流通車とホームセンター仕様車~

テーマ:ありやこれやの話

こんにちはヤノカッターです。

昨日に引き続き、自転車ネタで。

今日は、通学車についてです。


今朝、ホームセンターのチラシが入ってまして

「春の自転車セール!」なる内容でした。


最近は、ちゃんとしたメーカー品も販売されてるので

(うちの主力製品でもあるモデル)価格を見てみると

うーーーーーむむむ・・・

ウチと同じ価格帯に設定してありました。








・・・強敵です、ヤバイです。









しかーーーーし!

  

とある自転車メーカー(かなり有名)の営業さんが来ていたので

チラシを見ながら話をしていたら、興味深い話が・・・





<営業さん>

それ、ホームセンター仕様なんですよ。

(売ってる会社の人間が言うんだから、間違いない)




<ヤノカッター>

は?

でも、コレ

うちで販売しているのと同じ名前ですよ。

(ホームセンター仕様の自転車は、正規カタログには載っていない)





<営業さん>

いやいや型式見てくださいよ。



<ヤノカッター>

あ。

ちょっとちがう・・・。

(名前も、実はちょこっと違っていた)

仕様は、何処が違うんですか?



この問いの答えには、唖然としました。


①グリップ(ハンドルの握りのこと)が硬い物となります


まあ、コレくらいはよくある話。

最近の正規車は、弾力性のあるタイプ(疲労軽減)。




②リム(タイヤがはまるところ、ホイール)がアルミとなります


これも、ホームセンター仕様の定番ですね。

軽くて安いのですが、どうしてもステンレスに比べると強度が低め

って、価格帯が同じなんですけど・・・はて?




③タイヤのグレードが、一つ下になります


ん?

通学車は通常、強化タイプのタイヤが装着されているので

普通のタイヤということになりますが

通学車は乗る距離と期間が多いので強化タイプが、オススメなんですが・・・


なんでこれで、値段がウチと同じなんだ?




④チューブが、薄くなります。


はい?

つい最近ネタにしたばっかですが(笑)。

これは、まずいんじゃないの~?

って感じです。

タイヤとチューブの磨耗によるパンク発生率は

正規車に比べると高いでしょうね。


コストを下げすぎじゃないですか?




で、極めつけが次。






ワイヤー(ブレーキ、シフト)類が全て、

 スポーク(タイヤを支えている30本くらいの細い金属棒)も・・・


CPです。




ありえん。

この価格帯(4万円オーバー)では、

普通ステンレスですよ。

この辺のお客様は海沿いに住んでおられる方が多く、サビに関しては

かなり気を遣ってますからねえ・・・



僕的には、かなりびっくりしまして

営業さんが乗って帰るクルマを停めて、再度確認

したほどです(ホントの話)。




走行性能に関して、仕様は全く同じなので問題ありませんが

耐久性から見ると、似て非なるもの 

と言わざるを得ない感じです。




というか、はっきり言います。




この仕様でこの値段は高い。




衝撃を受けた一日でした・・・。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年03月06日(木) 09時48分31秒

パンク修理剤「スライム」 レポート

テーマ:ありやこれやの話

こんにちわヤノカッターです。


昨日は、デジカメ故障のため撮影できませんでしたが

今日は、バッテリーが充電後3分しかもたないという以前に使っていた

デジカメをひっぱりだしてみました。


時間との戦いでした(笑)。



天気も良かったので、青空ガレージで(笑)。

そして、問題の釘がコレ。

ものの見事に突き刺さってます。


推測するに、アスファルトで走行していてこのブロックの隙間に

ここまで刺さるとは考えられません。


ということは、正月明けの通勤前に行った山で刺さった可能性が

高いということになります。




なにしろあれから乗ってませんし

山なんか行けるわけもないし・・・





2ヶ月前から刺さってることになります(笑)







それに気がつかなかった僕って・・・









すごいな。







で、





抜いてみました。

ボロボロに錆びた釘でした。

これがよくタイヤに刺さったもんだ・・・

とある意味感心。




そして・・・




出た!プレデター液(笑)

スライムの液体が穴に入りやすいように、タイヤを回転させてこの位置。


しばらくしたら、液体が出るのが止まりこんな感じ。

エアは、ほとんど抜けてません。






というか、





普通に26kmの道のりを通勤してきました(笑)。







こりゃ、いけます!

林道組には、おすすめしたい一品ですね。





念のために、昼休みにパンク修理してみるつもりですが。

多分、気がつかなかったら

そのまま乗ってたんでしょうがね(笑)。





ネットで調べたら

「タイヤ交換のときに釘が刺さってるのを知りました」

とかいう意見もありましたし(笑)。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年03月05日(水) 14時20分12秒

自転車~見えないところの話~

テーマ:ありやこれやの話

こんにちわヤノカッターです。


ご無沙汰しております。

更新をサボっていたわけではないんですが

春なんでいろいろとドタバタしたりしてまして・・・




まあ



なーーーーーんにもネタが無かった

というのが真実でもありますが(笑)。


あっても書く時間が無かったり・・・

後日になったら、そのネタを忘れていたり(笑)。



今日は、パンクの話。


朝、自分のバイクを見ていたら

とある物を発見。





リヤタイヤに釘がしっかり刺さってました(笑)。







なにいいいい!

パンクしとるんかあああ!!




と思いきや、タイヤの空気はいつもと変わらず・・・





あ、そうだ。

僕、チューブの中に「スライム(パンク防止剤)」 いれてたんだっけ。


凄さを再認識。

早速これを撮影してネタにしよう!

と思ってカメラを構えるんですが・・・




まったくピントが合いません。



レンズが伸びたり縮んだりを

ひたすら繰り返して・・・






止まらなくなりました。









んなあああああ!!!












デジカメ撃沈。




朝から、ソートー凹まされましたよ(涙)。





ということで、別のパンクネタです。

(はい、実に長い前フリでしたね)



先日、自転車の仕入先の方と話していたのですが

話題は最近の自転車のパンクのことです。


僕らが販売している国内メーカーの自転車ではなく

主にホームセンターで売られている海外製の自転車なんですが

パンク修理時にチューブを見ると、かなり傷んでいるんです。


そんなに年数が経っていないのにですよ。


おまけにタイヤ自体には、物が刺さっていない・・・。



はて?なんで?



ってなるんですが、良く見ると物が刺さったんじゃなくて

チューブの傷んだところが薄くなって、

空気圧に耐えられなくなって穴が開いた。

そんな感じなんです。


こんな場合は、修理をしても他のところにすぐに穴が開きますので

チューブ交換となります。



それで、なんでチューブがココまで傷むのか?

が疑問となりまして。



チューブの質が悪いというのは当然ですが、どうもそれ以上に

悪い影響を与えているのが、タイヤということを聞きました。


タイヤの内側には、繊維質のもの(タイヤが磨耗すると現れる糸みたいなのがありますよね?)が入っているのですが、それをコーティングするようにゴムが塗ってあるんです




どうやら、それが薄いらしい。





というのが原因。



なるほど・・・そりゃそうかもしれん。



今日、それを目で確認できる車両が入荷しましたので

ご紹介しましょう。


これが、チューブの中です(これは、パナソニック製)

斜線のように見えるのが、繊維質。

繊維質の上にゴムがコーティングされているのが、良く分かると思います。


この面とチューブが絶えず密着しているわけですが

当然摩擦によって磨耗します。


コーティングされているゴムが磨耗してしまうと、繊維質が出てきて

チューブは加速度的に磨耗していきます。


これが、表面のゴムが磨耗して繊維質が出てきたタイヤ。

拡大すると・・・

こことチューブが、こすれると・・・



チューブは、こうなります。

繊維質が出ていたところだけ、ゴムが削れていますよね。


これが、パンクの原因になるわけです。


空気の圧力は、弱いところに集中しますから一番薄いところに

穴が空くわけです。




やはり、

安かろう悪かろう・・・

見えないところでコストダウン。


実際、安いわけじゃないんですけどね~




長い目で見たら、

しっかりとした自転車を買われる方が絶対に安い

と思うんですけどね。


それを分かってもらえないのが、悲しい現実でもあります。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。