役割

テーマ:
はぁ…

曇り。

寂し。


グローブ座、

あと少しになっちゃった。

あんなに沢山あった公演スケジュールも、

もう、なんど数えても、すぐ数えられる

本数に…。

寂しいな…。

本当に、大好きなFP。

メンバーもスタッフも。

大好き。

離れるのが、辛い。

J兄、

博君、

壮麻さん、

本当に兄弟みたい。

勿論、千秋楽をどこかで目指しては

いるのだけど、

それは、この作品とメンバーとの

別れも意味する。

目標があって、

ただ、そこに辿り着き、完全にやりきる

事が、

実はとても寂しい事でもある。


この作品の最後の場面に

とてもよく似た心境です。


戻れるなら、

もう一度戻りたい…

救急外来の集中治療室に…

ってね。


ま、この話に終わりはないから、

別れの寂しさは、今までも、

沢山経験してきた事。


その度に、歌詩に、曲にしてきた。


だから、今回もそうしようと思う。


FPからもらった、沢山の宝物を

散りばめた、キラキラした曲を、

全公演終わったら、創ろうと思う。

俺の一番の得意技。

曲を創り、詩う事で、

誰かの心に、

火を灯したり、

彩りを増す景色を投影する。

それが、松岡充の

役割だからね。


さぁ、今日もいてくるー!

ちぃーっすっ!(n´v`n)

{470D0661-F775-413A-AE99-BFCF09C3D316}

{EDB79DA9-33F1-448D-A54D-C4A3409383E1}


AD