夜明け前

テーマ:

5月26日のブログで書いた島村楽器の「変な楽器」は、
実はあつしさんが持っていたらしい。


「モリくん、一言言ってくれたら貸したのにー」

と酔っぱらいながら笑って教えてくれた。

しかもお値段は僕の倍額7000以上の高級品らしい。
このあたりのこだわりがなんとなく伊那っぽい。


先週末のことは、いずれ時間を作ってまた書くでしょう。おそらく。

AD

いつものように
ipodのシャッフル機能を使って音楽を聴いていたら、
タテタカコの「宝石」が流れた。


本当に微妙にだけど、最新作のアルバム「裏界線」より、
若干、声が細いように思った。


たいていの人はライブを何回かやっていると、
発声方法が固まってきて、歌が上手くなっていく。


だけど、下手に自己流になってダメになってしまったり、
「あの少し下手な頃の歌声がよかったのになあ」という例も、
しばしばある。



ちなみに「しばしば」といえば、柴犬だが、
最近柴犬を飼っている人が近くにいない。
僕がいちばん好きな犬種は柴犬である。



それはともかく、
タテさんのあの「宝石」は、

なんとなく消え入りそうな、
壊れてしまいそうな、
だけど芯がしっかりしてそうな、
強さと弱さの奇跡的な同居が、
タテさんの「宝石」には認められる。


それがあの「誰も知らない」の2人が橋を渡るシーンに、
劇的に合致したわけだと僕は思う。


歌は上手くなったからといっていいものでもなく、
かと言って言わずもがな下手でもいけない。


歌を歌い続けるということは、
本当に難しいことだと思う。

AD

島村楽器はサイコーだ

テーマ:

今日は島村楽器で変な楽器を買った。


変な楽器なので、その実体を誰にも言えない。
音も変だし、形も変だ。

そして今はその変質性を多くを語るべきではない。


世の中にはいろんな楽器が売られているものである。
3600円也。

決して高いものではないが、安いものでもない。


しかし、この妙な買い物に付き合ってもらった店員さんには頭が下がる。

わざわざ注文してようやく電話をいただき、

レジで購入した直後に、袋から出して音を鳴らし、


「あれー?

  もうちょっといい音が鳴らないもんですかねー」


なんてレジの前で食い下がる僕に、
資料を見ながら笑顔で楽器の調節をしてくれた店員さんは、
本当に素晴らしかった。


おかげでいい音が鳴るようになった。

島村楽器はサイコーだ。

島村楽器はサイコーだ。

AD

運が悪けりゃ死ぬだけさ

テーマ:

ウルフルズの「ぼくの方がいいのに」という曲を聴く。


実はウルフルズの曲だと知らずに友達に聴かされ、
全身に電気が走り「なんだこの曲は!!」と聞くと、
意外にも「1992年のウルフルズの曲だ」と。


すでに廃盤になっているデビューアルバムに収録されているらしい。

名曲なので、もし聴く機会があればぜひ聴いてほしい。


今から13年も前にあんないい曲作ってたなんて、
ウルフルズは実はすごい。


-------------------------


中日が今日も負けた。
しかも今日は楽天に負けた。
9回に追い上げたが惜しくも負けた。


交流戦になってから中日はめちゃめちゃ調子が悪い。
特に意識してないつもりだけど、
新聞読んで中日が負けていると、
なんだか妙に朝から気分が悪い。


今年からナゴヤドームにも若干近くなった。
実は楽天のナイターに誘われていたのだが、
ヤボ用があり、久しぶりの野球観戦は実現されなかった。


しばらくして生活も仕事も落ち着いたら、
野球でも観に行きたいと思っている。

-----------------------------


久しぶりにスポーツクラブに行く。


サプリメントの試飲会をしていたので、
「持久力アップ」のおクスリを服用。


マシンを使ってゴロゴロ歩き出す。
ipodで曲を聴きながら。
今日の選曲はSHO-GUNの「男達のメロディー」だ。


「運が悪けりゃ死ぬだけさー 死ぬだけさーー」


サプリメントのおかげで
たしかに疲れないような気がする。


1時間ほど歩いたり走ったり。
合計500kcalほど消費。




程よく汗をかいて帰宅。
ブログを書いて平和に眠る。

献血貧血

テーマ:

松本深夜のラーメニストことベースモリモト氏が来日。

「ニッポンは湿気があって、ベースの音も少し変わりマスネー」
とスワヒリ語で語った。


駅前の居酒屋でビールをを飲み、
その後にモリモト氏推薦のトロチャーシューが美味しいラーメン屋で、
喜多方ラーメンを食べる。


「日本ではこういうときに『舌鼓をうつ』なんていうんですよー」
と言いながらポーンポーンと舌鼓をうっていたところ、
突然、妙な感覚に襲われた。



すぐにトイレに行ったが、気分はよくならず、
鏡を見ると顔が真っ白である。
とりあえず店を出たが、立っていられなくなった。


妙に若者の多いストリートで立ち上がれずうずくまる俺。
どーも原因ははっきりしないが、貧血みたいな感じ。



しばらく広場の青いベンチで横になっていたら、なんとか回復。
歩いて駅まで行って、電車で帰った。


「ひさしぶりのトロチャーシューはうまいー」
と言いながらモリモト氏は僕の残りのラーメンを食べてくれた。
なんかサンキュー。なんかアイムソーリー。




思い返せばこの原因不明の症状に陥るのは今回が初めてではなくて、
実は1年前くらい1度、2年くらい前にに一度こういうことが起こった。

そしてその時もお酒を飲んでいたり、ラーメンを食べていたりしていた。


考えられる原因は3つ。

1.アルコール
2.ラーメン
3.献血


この3つの複合的な原因かもしれない。


僕にとって献血は趣味のひとつなのである。

だけど、上の3つのうちどれかひとつやめろといわれるなら、
まあ順当に献血だろうな。これは。


今後、この3つが重なるときには気をつけたほうがよさそうだ。

TWILIGHT

テーマ:

TOKYO No.1 SOULSETが活動再開。


http://www.t1ss.net/


大学生の頃、カラオケで「JIVE MY RIVOLVER」とか歌って、
周囲をどん引きさせたりしてました。


名古屋でもライブをやるらしい。
なんかうれしい。




電気グルーブとスチャダラパーがコラボレーション。
「TWILIGHT」っていうシングルを出している。


http://www.dgsdp.com/
http://www.schadaraparr.net/


正直そんなにいい曲とは思えないんだけど、
一緒に音楽やってくれるだけで、
なんかうれしい。




たしかに最近のラップはすごくかっこいいけど、
「日本のラップといえばL.B. nationでしょ?」
という我々の世代には、なんかうれしい。

某氏からの作曲依頼

テーマ:

実は某氏に極秘の作曲依頼を受けている。


今晩、携帯電話で某氏より電話あり。
夜の21時に駅で落ち合い、
そのまま市内の某レストランSでその進捗状況について、

某氏に報告することなった。


レストランSに入店。店員が駆け寄る。
「いらっしゃいませー。おタバコは吸われますかー?」


夜なのにサングラスをかけた某氏。無言で上下に首を振る。
私は某氏の後ろで追随した。


某氏は無言のままメニューを開け、リストを眺める。
アペタイザー、フライドポテトポテト149円、
かぼちゃのスープ149円、ミラノ風ドリア299円・・


「げ、激安だ・・」
某氏は思わずうめくようにつぶやいた。

確かにこのレストランSは大変に安い。

あまりにも安すぎる割に、店員の時給は1000円なのだという。


某氏はドリンクバーとフライドポテト、
私はドリンクバーとピクルスを注文した。


「ところで、先日の作曲依頼の件だが・・」
某氏はタバコを加えながら切り出した。
私は火をつけたライターを某氏のタバコの先に持っていく。


「いえ、実は・・」
私は言葉を濁す。


「まだ、できていない?」
「は、はい。実は・・」
「ギャランティーはすでに支払ってある」


某氏は紫煙を吐き出した。
煙は私の頭の上で塊を作り、やがて拡散した。


「はい、すぐに作ります」
私は慌てて頭を下げる。


「イメージはできているのかね?」
「おおまかなイメージはできています」
「どんなイメージだ」
「そ、そうですね・・・」


某氏はコーヒーを少し口に含んだ。
私も同じように水を一口飲んだ。
喉の渇きが少し潤う。時計の秒針の音がやけに大きい。

本当のところ、私は曲のイメージなぞできていなかった。


「どんなイメージだ?」
「・・え・・っとですね・・と・・とけい・・」
「は?」
「と・・時計ですね
「時計?」
「時計がクルクル回るイメージです」
「ふむ。時計が回る・・イメージ」
「そう。そうです」
「スタンリーキューブリック的な感じかね?」
「・・ええ。まあそうですね」

よくわからない。
私はポテトにコーヒーをかけた。


時計の秒針が動く音が私の鼓膜を刺激する。

某氏は私の「イメージ」に妙に納得を示している。



「ところで・・」
某氏は再度、私に問いかける。

フリージアって知ってるかね?」
「フ・・フリージアですか?」
「そうだ」


私は2秒間空中を眺め、そして答えた。

「伊勢を中心に活動するアカペラグループのことでしょうか」


「そうだ」
某氏は力強く答えた。

私はほっと胸をなでおろした。



こうして某氏は再度私に6月末までの期限を与えて、
スタンリーキューブリック的なアカペラナンバーを作曲するよう命じた。
私の左手にはすでに2本の札束を握らされている。


すでに時計は23時をまわっている。
私の心に、小さく雷鳴が響いた。

全快宣言

テーマ:

風邪治る。
全快宣言をするべく、いつものスポーツクラブに行ってきた。


スポーツクラブに行く人の中でダイエットしたい人がいるが、
その中でも2種類に分けることができる。


1.「私、痩せたいのよね。だけど痩せられないのよね」組
2.「私、痩せるためにきました。がんばります!」組


2はとても良い。がんばってください。

問題はがんばってない1である。


まず猛烈な勢いでしゃべりながらプールサイドにやってきて、
ちょっと水中ウォーキングしたなーと思ったら、
すぐサウナに行ってしまう。
口のまわりの筋肉しかトレーニングしていない。


たまに運悪くサウナで出会ってしまうと、


「私、ここの肉を落としたいのよねー」

「まあー坂口さん。あなたすごく痩せてるじゃないの」
「何言ってるの。木村さん。そういうあなたこそ!」
「ところで・・最近できたあのお店なんだけど」
「ケーキバイキングがおいしいんでしょ?」


というような感じで、一向に痩せる気配がない。


健全なダイエットも集団になってしまうと、結局1になってしまう。
偏見だったら申し訳ないが、1にはおばちゃんが多い。


この人たち何しにきてんだろ?と思ったが、

この人たちは実はダイエットというのは口実で、

たぶん仲間を探しにスポーツクラブにやってきたと言うのなら、
1組でも大成功である。

たしかに仲はとても良さそうだ。


ちなみに僕は今日はウォーキングで400kcalほど消費。
その後、風呂入って、ブログ書いて、眠る。


最近夜のビールも飲んでない。

こんな健全な生活、いつまで続くんだろう??

健全な肉体

テーマ:

僕が作詞作曲した希代の童謡

「六つ星てんとう桜井くん」が売れに売れたので、
今年は長者番付に載るかなと思ってたら、
残念ながら29年連続ランク外だったモリです。


薬漬けのおかげで随分と風邪は治癒し、
いまや庭で相撲をとれるまでに回復しました。
心配していただいた皆様、どうもありがとう。
みんなに元気をもらいました。


今、5月末に予定されている一大イヴェントに向けて、
頭をひねりながら企画を練っています。
健全な肉体には、健全な精神が宿ります。


ではでは。

風邪

テーマ:

本格的に風邪をひいた。


4月下旬のみのるんたちの結婚式のときにすでにその兆候はあって、
ゴホゴホと咳をしていたのだが、
帰ってきてきてからのそれは直らず、
なんだか熱っぽいし、悪寒がしてきたので、
先日たまらず病院に行ってきた。


診断の結果、「風邪」。
処方された薬を説明書きとおりに服用しなさい、とのこと。

それでも治らなかったので、今日も病院に行ったが、
どういう効用があるかよくわからないけど注射をうたれた。




風邪の時は安静にしていましょう。
病気をしてもいいことは何一つありません。



さて、
みのるんと江本君の例のイベントについて、
ちょっくらペンをとってみました。
よかったら裏日記もごらんくださいませー。


http://www.matsumoto-shinya.homelinux.com/ushimitsu/index.html


(登録ページ)
http://www.geocities.jp/matsumotoshinyaazuki/touroku.html