東京故郷

テーマ:

tokyo


みのるん日記です。


東京です。


今日、

東京から和歌山へ向けて荷物を送りました。

今の部屋は、

初めてこの部屋を見に来たときと同じ、

不安がいっぱい詰まった部屋に逆戻りしました。


何年か前の日記で、

東京に暮らし始めてすぐの頃、

「東京はまるでインドみたいだ」

と書いたことがあります。

人間くさいところや、

混沌としたところ。

インドを旅したときに感じた違和感と、

人間の根底に流れるものとの遭遇を感じていたのです。


いよいよ東京を出ることになり、

何年も前から予測はしていたものの、

いざ出るというのは、

ある種の感慨を覚えるのです。


なぜ東京に暮らしてみたかったか、

というのは、

何回も書いたことがあるかもしれません。


1.海外のどの国を旅していても、「どこからきたの?」と聞かれ、「ニホン」と答えると、「Oh!トーキョー」といわれる。そのトーキョーという地を知っておくべきではないかと思った。


2.人口百万人近くの政令指定都市で育ち、海外でも生活をし、村にある大学にも通い、数々の国と地域を旅した。私はどこででも生きていけると証明したかった。だからあとは東京に2、3年暮らすことができれば、それが証明できると思った。


3.日本の都市の中で最も人口が多い地には、どんな魅力があるのだろうか、どうして人は集まるのだろうか、ということを肌で感じて知りたいと思った。


結局1~3まで並べてみても、

そのどれも答えのあるものではないし、

あまり意味をなさないとは思うけれど、

この3年間の目標のようなものでした。


ただ、

どこに暮らしても、

そこは故郷になるのだと思いました。

東京も私にとっての故郷になりました。

ここに来れば会える人たちがいる。

行きたい場所がある。

やりたいことがある。


モロッコの砂漠で出会った少年に、

「どうして砂漠なんかに住んでいるの?」

と聞いたとき、

「ここに生まれたから」

と答えました。

あの時の私はどうして日本に住んでいるのか、

堂々と答えることができなかったけど、

「どうして東京に住んでいたの?」

と聞かれたら、

「興味があったから」

と答えるかもしれないし、

「仕事があったから」

と答えるかもしれない。

「どうして和歌山に住むの?」

と聞かれたら、

「住んでみたいから」

と答えるかもしれないし、

「そこを新しい故郷にしたいから」

と答えるかもしれない。


なんて自由なんだろうと思います。

住む場所が選べて、

いくつもの故郷を持つことができるなんて。


東京に暮らすことができたことを感謝します。

やはり土地は人なんだとつくづく感じます。

人との出会いがあるからその土地に愛着がもてるんだと。


また帰る場所がひとつ増えました。

ありがとう。

AD

ばたばた

テーマ:

モリです。はいほー。

 

 

実は引越しをしました。人生6回目の引越しになり、ある程度引越しするこことも予想されていたので、何かと準備をしていたようなつもりになっていましたが、結局バタバタでした。ちなみに今もバタバタしています。インターネットも一昨日、ようやくつながったところです。

 

 

そんなバタバタなのに、うれしいことに早くもお客さんが2人きました。鍋をしたりお好み焼きをしたりしました。今週末は京都、来週末は東京に行きます。どちらも外すわけにはいかない大事な用事です。

 

 

というわけで、いろいろ書きたいことはあるのですが、明日も仕事なので早く寝ます。ではでは。
AD

明日のために○○を磨こう

テーマ:

shoes

 

みのるん日記です。

 

久しぶりに愛車に乗って、

久しぶりにフェリーに乗りました。

 

海路を使って、

来月から暮らす土地へと、

 引越しの荷物をいっぱいにつめて、

やってきました。

 

昨日の東京は雨が夕方以降いっそう激しく降り、

フェリー乗り場にたどり着けないんじゃないか、

と心配になりながら車を走らせていました。

車内では、

必死に歌を歌いながら渋滞の欝な気分をふっとばし、

大丈夫!だいじょうぶ!の繰り返し。

あせる気持ちを静めていました。

 

フェリーに乗ってみると、

平日ということもあり、

ガラガラにすいていました。

 

展望浴場は独り占め。

何も外は見えないけど、

黒い海に続いているのだと想像して。

 

今朝、

港に着くと、

朝陽がばぁーっと差し込んできました。

 

車に乗り込み、

エンジンをかけ、

フェリーの出口が開くのをじっと見つめました。

乗り込んだときのどんよりとした工場地帯の景色とは違う、

青い空と緑の山と黒い岩ときらきらした海。

 

勢いよく飛び出した。

地図も確認しないで飛び出して、

しばらく窓を全開にして走った。

なんだか、

なぜだかわからないけれど、

そのフェリー出口がゆっくりと開く瞬間、

涙が出ました。

あまりの光の強さと、

これから始まる新たな生活と、

かな。

 

海辺での朝ごはんと、

よく効くと評判の温泉で癒されながら新居へ。

家について、

いつもの玄関を確認し、

荷物を運び込む。

 

まず、

もってきた植物を部屋の各地に置いてみて、

気持ちよさそうなところを決める。

水をあげて、

声をかける。

前の部屋にいたときは大きく見えたみんなが、

ここでは小さく見える。

植物が多すぎると思っていたけど、

ここでは少なく見える。

これからどんどん大きくなりそうな予感。

その様子を見ていたらうれしくなってきました。

 

そして次にコンポ。

線をつないで、

何の音楽を一番最初にかけようか。

♪あした~のために くつをみがこーう♪♪

 

新しいところに飛び込むと、

明日が見えにくくなるけど、

気持ちよさそうに早速くつろぎ始めている植物たちのように、

私ものびのび大きくなっていこう。

AD

3ヶ月の長い近道

テーマ:


みのるん日記です。

 

今日無事に、

3ヶ月通った翻訳学校を卒業しました。

 

本当に大変な3ヶ月で、

予想以上の大変さに何度くじけそうになったか分からない。

 

これまで英語に関しては、

落ちこぼれになったことのなかった私が、

初めて脱落を知るという日々だった。

戦いだった。

 

周りのみんなの高度な翻訳文と、

自分の稚拙な日本語に、

ため息を吐き続けた。

 

課題に追われ、

これまでは何でも要領よく物事をこなしてきていた私も、

今回は、

授業のない日は課題を朝から夜まで取り組むこともがほとんどだった。

半日でもつぶれようものなら一大事だった。

一歩も外に出ない日、

一言も人と言葉を交わさない日、

なんてことも当たり前になってきていた。

 

こんな異様な3ヶ月も、

今日で終わった。

 

3ヶ月前には予想もしていなかった脱力感と不安感と堕落感。

 

でもこの、

たった3ヶ月で進んだ距離を考える。

 

踏み込まなかったら進めなかった道。

 

長い近道だったような気もする。

 

3ヶ月前に見た朝陽、

もし今また見ることができたなら、

違ったものに見えるだろう。

 


morning glory

 

またこの朝陽を見ることができたなら、

3ヶ月後の私にいったいどのような期待とはなむけの言葉を抱くだろう。

 

そして、

終点にたどり着いたということは、

スタートを切ってしまったということ。