流転

テーマ:
ミュージックステーションに女子十二楽坊がでてまして、
新曲の作曲を担当したというGLAYのTAKURO氏が、
「敦煌をイメージして曲を書きました」と言っていました。


例えばアメリカで売れているらしいPUFFYが、
アメリカのTAKURO的立ち位置の作曲家に、
「京都をイメージして曲を書きました」と言われたら、
なんかやだな、と思いました。







松本深夜・あずきのホームページ、
あずき841氏により、近々リニューアルの予定らしいです。
AD

本物志向

テーマ:
水炊き
ちゃんこ鍋
北海道ちゃんちゃん焼き。
ビールのカロリーを気にしつつ
それでもお酒恋しさに日本酒を買い求める。
日本酒のおいしい寒さがこのところ、うれしい。

なぜだろう。
発泡酒より瓶ビール、
紙パック以外で少々高くてもうまい日本酒、
ロックでもいける焼酎。
そして、本はハードカバーを選ぶようになってきている。

本物志向?

いやいや、そんな大それたものではなく。
「いいものをちょっとだけ」、大人になってきたのか。

そんな中、大学のころの写真をあさりあさって見てみた。
うっ。
なんと芋な人たちが写っていることか!
自分とは思えない人々がいろいろなことをしている。
私だけでなく周囲の人々も、どこかぶっ飛んでいる。
年を経るごとに人って余分なものを削ぎ落としていくようだ。
今はよっぽどシンプルになっている。


とはいいつつも見ているうちに、
ラジオから突然昔好きだった曲が流れてきた時のような、
胸をキュッと締めつけられる感覚に襲われ、熱くなる。


久々にカメラを手に取る。

カシャンッ。

シャッターを思わず切りたくなった。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今は何が撮れるだろう。

AD

極北の地

テーマ:
みのるん日記です。

「極北」 nothern territoryという言葉を、
行くまでは知りませんでした。

冬のマイナス30℃は当たり前、
マイナス40℃とか50℃にまで下がるという。
日の出は10時半くらい。
日の入も15時くらい。
人間て、
動物って、
強いと思う。

そんな過酷な場所に聞こえるけれど、
雲も空も人もきれいで、
こんな贅沢なところってなかなかないと思った。

地球がまぁるくて、
空が地平線で始まって球体の半分の状態で見えていて、
ぽつんと人間がいる。

のんびりしているんだけど、
時間は流れていて、
人も動物も植物もみんな動いていて、
地球はまわっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・

わざわざ極北の地に行かなくても、
日本もそうなんだろうな、
と思う。
やっぱり同じように、
地球はまわっていて、
私たちもそれにのっかってぐるぐるまわっている。
空だって星だって雲だって風だってある。

そうなんだよねぇ。
AD

メルヘン露天風呂

テーマ:
ちわーす。モリです。
水色の片思いしてますか。やっほー。

やっほっほー。

別に何かがあったわけではありません。
変なキノコを食べたわけでもありません。

先日は露天風呂に行ってまいりました。
先日世界遺産などにトーロクされたなどという、
やたら神々しいところの川のそばです。

かなり風呂の中に川の水が入ってきています。
なので湯温がすぐに!変化します。
何しろ川底を掘ると、
熱くなったり冷たくなったりしまーす。

「温度が一定」ということはすげえことだな。
と文明に飼いならされた一青年は、
川のそばの露天風呂でふと思いました。



露天風呂と露天風呂じゃない風呂の違いは、
「露天であるか否か」にあります。

露天商は偽金を使われたりしちゃいますが、
露天商ではない商は偽金を使われたりしません。

んなことないよなー。
使われるときは使われるよなー。



偽金がカンタンに作れてしまう御時世なのだそうです。
そうですか。
新聞には「中学生にも作れる」とあります。

ふと左を見ると、我が家にも、
プリンタとスキャナが鎮座していました。


ドッカーン!!!


お金儲けは、真面目にコツコツやりましょう!!!!!
そうしないと、世の中はもっとダメになっていく!!

ぶぅ太郎

テーマ:

みのるん日記です。

一度も玄関の扉を開けずに一日を過ごしました。

洗濯、
食べる、
掃除、
食べる、
勉強、
食べる。

本当は働かざるもの食うべからずなのです。

仕事に行かないわくわく感や、
平日に家でごろごろする優越感は、
働きに帰る場所があるがあるからこそ感じるものなのかな。

なんだか私は社会へ後ろめたさを感じ始めました。

でももう少し、
もう少し、
3年分の休暇を消化していると思い込んで、
のんびり過ごしたいと思います。

そして、
こんな機会にしかできないこと、
考えられないこと、
思いつかないことを、
しっかりと紡いでいきましょう。

さくら さくら

テーマ:
眠い。モリです。

今更ではありますが、
紅白のマツケンサンバは大変おもしろかったです。
森山直太朗の「さくら」をシングルで借りました。
旬は完全に過ぎてますが、結構いい唄でした。
この曲をカラオケで歌うと、なかなかいい感じになります。
調子に乗って「世界にひとつだけの花」も借りました。
これも微妙な古さですが、いい曲でした。
僕がカラオケでこの曲を歌うときは、
原キーより1つか2つほどあげて歌います。
十代の頃に比べて、声がなぜか高くなりました。

次は「冬ソナ」の「最初から今まで」を歌えるように
したいものです。
嘘です。

趣味で、
「レガシィでドライブするときに合う歌」を探しています。
SHO-GUNの「男達のメロディー」が良かったです。
どう考えても詩がいなせですね。
喜多条忠が詩を書いています。
うまいなー。男も書けるし、女も書けるな。

先日飲み会があって、同年代の友達と飲んだのですが、
30も手前になってきますと、
みんなそれぞれ、しっかりとした自分を持っています。
この部分ではやっぱこの人に勝てないな、という部分を、
みんな1つは持っていますね。
僕も人に負けない何かを持とうと思いました。

アマゾンで中村航の「リレキショ」買いました。
なんか最近ハマッっています。
いつ読めることやら。

眠い。では。

ただいま

テーマ:
みのるん日記です。

こんにちは、
帰ってきました。
とてもとても充実したいい旅でした。

いろんなことを体験し、
いろんなものを見て、
いろんな風に考えました。

また追々書いていきます。

そして、
初めて日本に帰ってくる瞬間を嬉しく感じました。

日本ていいな、
日本人でよかったな。
何年ぶりかに西洋と触れ、
気がつくと、
私は日本という国に誇りを持っていました。

「ただいま」
と言える国があることにも感謝です。

「いただきます」の意味

テーマ:
ご飯前のあいさつ。
「いただきます」という言葉を大事にする人がいる。
ご飯の前に必ず手を合わせて「いただきます」。
幼い頃からおしえられたこと。
どんな食事でも、かならず「いただきます」。


先日。
うちの飼い猫リンが鳥を捕まえてきた。
仕事から帰ると、家の中は鳥の羽だらけ、事件の匂い。
嫌な予感。
どこからかゴソッゴソッと物音。
そこには、リンと傷ついた一羽の鳥。
その鳥はまだ生きていて
目は恐怖で真ん丸くなっていて
最期の力を振り絞って逃げようとしている。

一瞬にしてわたしの全身は怒りに犯される。

“ーけしてリンが悪いわけではない、でもー”

わたしはリンを怒鳴り散らした。
「やるなら外でやってくれ!
 わたしの目の届かないところでっ」
思いっきり引っぱたいた。

わたしは動物が好きだ。
音楽に生きる糧を見出す人がいて
小説に希望を見出す人がいて
舞台に夢を見る人がいるように、
わたしは動物を同胞と思うほど、好きだ。

この日のできごとは、単なる猫の本能が引き起こした些細なできごと。
自然の摂理以外のなにものでもなかった。
人間の方がよっぽど、酷い。
「いのち」を見ていないのだから。

だから、この鳥を、この鳥の最期の目を、私は忘れられない。

「いのちをいただきます」

この意味を思い知った。
この言葉を大事にする人にわたしもなりたい。

そう思いながら、今日も牛の世話をする。
そしてあしたもあさっても。




初ブログ

テーマ:
明けましてあけまして。
おめでとうおめでとうございます。
本年もよろしゅうお願いします。

年末年始、すばらしく贅沢三昧な日々でした。
ほんと、美味の世界に迷い込むこと5日間。
そろそろ質素な食を求めております。

今日は仕事始めでした。
いつもの牧場が待っていて
何も変らず一日を終えてきました。
でも、
全ての作業が今年一年を占っているかのような緊張。
何をしても“初”ですからね。
気分は新鮮、リセット、心機一転、深呼吸。
お正月ボケも特になくて、気持ちのよい一日。

『今年の目標』
なんて書くと後悔しそうなので書かないですが

 猫のように気ままに
 カメレオンのように柔軟に
 ハイエナのように強かに
 ライオンのように誇り高く
 スローロリスのようにマイペースに
そして、
 風見鶏のように敏感に

生きていこうと思います。
ま、走ります駆け抜けますダッシュします。

ということで、よろしくどうぞ!

 
 

ヘルタースケルター

テーマ:
こんにちは。モリです。

花咲ガニも大変おいしく、
特にカニ味噌が義左衛門(日本酒)とよく合い、
とってもよい年末となりました。

今年の抱負もできたし!
ビートルズのHELTER SKELTERも聴いたし!
ホームページの作り方も教えてもらったし!

新年を始めるに不足なし!
希望もなし!

それでも文句なしっ!!


また、明日からがんばりましょう!!