松本浩一(自由党・杉並区)のブログ

政治の話に限らず、地元杉並区のお得情報、イベント情報、
さらに身辺に起こったいろいろな話題について書いていき
たいと思っています。


テーマ:
 御報告が遅くなりました。昨日は、杉並光友会が主催されている「第23回被爆者と区民の交流セミナー」に参加いたしました。このセミナーは平成18年から始まり、23回目を迎えたそうです。今年はビキニ事件から60年を迎えました。その中でこのセミナーでもビキニ事件を取り上げた様です。

 第五福竜丸元乗組員の大石又七さん、
第五福竜丸展示館学芸員の市田真里さんの講演、さらに、広島・長崎で被爆されたお二人の被爆者の方の証言でした。やはり、市民から、そして当事者から紡ぎ出されたリアルの言葉は心に響きます。私自身も被爆3世ですので、被爆し生き残った身内の身体の状況、後に壮絶なる死を迎えた現実を思い出します。実際に起きたことに対する憤り、そしてその実相を周知し、さらに隠された真実を少しでも解明していくことで、今日本の現実に風穴を少しでも開けていきたいと本日講演されたすべての方々から私は感じました。

 史実は「勝利」したものが作り上げると聞きます。これは日本だけでなく世界中で起きている事実です。歴史は戦争の勝者によって作り上げられ、権力者によって真実を散りばめつつ‟事実”を作り上げます。歴史を紐解いて行けば、後になって「真相」を知る事が本当に多くあります。もちろん、その時にきちんとした情報を出す事がベストではありますが、そうでない時もあるでしょう、しかし、その情報は国家に所属する国民のものではなく、時代の「勝者」次第となっていきます。

 残念ですが日本では都合の悪い情報は当たり前の様に隠蔽されてきました。それは今後も起きていきます。後に検証され訂正する事はとても少ない。その時に知れなくとも、唯一の救いは、後に真相を知る事ができることです。しかし、日本でその真実すら明らかにされているでしょうか。むしろ、今まさに起きている、そして過去で起きた多くは、「真実」の解明をすることが現実として都合が悪い事態を及ぼすことへの逃げの一手、つまり、真実を作らないということでした。

 大石又七さんは、「日本とアメリカによって、被曝という事実は情報を当事者に、国民に発信することなく、国家によって勝手に解決したとされ、終わらせられてしまった。そして、調べることも放棄してしまった。このままではビキニ事件は多くの人に忘れ去られていくことになる。自身が立ち上がらなければ、将来に後悔を残すことになるだろう」と語っていました。事実、大石さんの言及したことは、アメリカ公文書館により情報開示された文章の中で現実に示されていました。これはTBSの報道特集「第五福竜丸60年目の真実」でも報道されています。

 さらに言えば、ビキニ事件によって湧きあがった原子力に対する大いなる不信を拭うために、原子力の平和利用を「広島」でアピールしていくことで作り出そうと、アメリカ・日本政府が主導し、読売を中心に報道機関も協力して促すことを目的としていたことも、この公文書館の情報開示で明らかになっています。現実として全国行脚の中で、原子力爆弾が投下され多くの犠牲者がでた広島、その広島平和記念資料館で、1956年5月27日から6月17日まで、原子力発電を大々的に宣伝する展示会が開かれています。そして、多くが原子力の平和利用に希望を持ちました。

 今の日本の現実を考えていけばどうでしょうか?近年の日本は情報公開すら行っているでしょうか?大きな疑問が皆さんにもあるのではないでしょうか。真実から目を背け、都合の良い「事実」を作り出そうとしていましでしょうか。

 残念ながら69年前の被爆・被曝の問題すら日本では解決されていません。被爆者に関する支援の法律はいくつかあります。しかし、その中で「放射線によって人体へ何らかの弊害をもたらす」ことは、全く認められていません。行政のお目こぼしで、支援されているのが現実です。以前から、私自身言及していますが(以前のブログは⇒
こちら)、この状態で本当にこの現実を根本から打開することができるでしょうか。このまま被爆や被曝での放射線による影響を認めさせていかなければ、責任は誰も取らずに、被害を野放しにし続けていくことになるでしょう。現実に、戦後69年経っても全く変わらず、福島で起きた原発事故が起きても、「直ちに影響はない」「完全にコントロールできている」と、まるで他人事の様な状態が残念ながら日本の状況であると思います。本来、国民に影響があるかもしれないことは、調べて公表をしていくことが国・地方自治体の仕事ですが、それが行われていないことを知らなければなりません。

 先人たちの声は、本当に小さくなっています。そして、現実に実体験を聞く機会はまくなります。最後の灯火に、是非、耳を傾けていただき、そして、「情報」に対して厳しい日本社会を作っていきましょう。最後はやはり政治の話になりますが、こいった社会を、政治を監視し、議会・行政を変えるためには私たちの民意を示す必要があります。そして選挙こそがその唯一の手段です。その一人一人の声を是非あげていきましょう。駄目ならまた変えればいいんです。それでも駄目ならまた変えればいいんです。これが民主主義であると私は考えています。




「杉並区政にタックル!」

みんなでつくろう「ふるさと杉並」

松本浩一 (まつもと こういち)  

 

手作りホームページ

http://matsumotokoichi.web.fc2.com/

松本浩一の理念・政策、プロフィール、作成したチラシや活動報告などアップしていきます。是非お越し下さい。

 

Twitterはこちら!!
ユーザーネーム Matsumoto_501

こちらも随時更新します。フォローお待ちしております。

 

Facebook!!

https://www.facebook.com/matsumoto501

色々な方と交流できたら幸いです。


機関紙「PRESS タックル」です。松本浩一の理念・政策などを書いてあります。
http://matsumotokoichi.web.fc2.com/PRESS1.pdf 
(創刊号) 1月号

http://matsumotokoichi.web.fc2.com/PRESS2.pdf(第2号) 5月号

http://matsumotokoichi.web.fc2.com/PRESS3.pdf(第3号) 9月号

http://matsumotokoichi.web.fc2.com/PRESS4.pdf(第4号) 5月号

http://matsumotokoichi.web.fc2.com/PRESS5.pdf(第5号) 4月号

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

松本浩一(生活の党と山本太郎となかまたち・杉並区)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。