IR担当役員のつぶやき@初台

会社の情報を中心に、日々の出来事を綴ります。


テーマ:

「佐藤一斎一日一言」の4/10の言葉は“春風接人”です。


相手には優しく対応し、自分には厳しく対応することにより、自らを修めていきなさいということを

意味する内容です。


一般的には、自分に厳しい人は他人にも厳しく、自分に寛容な人は他人にも寛容となる傾向が

ありますが、私自身は前者の方ではないかと思っています。


“春風接人”という言葉の意味を考えながら、4月の行動を振り返った時にはまだまだで足りない

ところがあるなと思わずにはいられませんでした。


5月以降も対応すべきことが多々ありますので、周囲の皆さんの協力を得ながら一歩ずつ着実に

前進していこうと思います!


 春風を以て人に接し、

 秋霜を以て自ら粛む。


 【訳】

 春の風のような穏やかな態度で人に接し、

 秋の霜のような厳しい態度で自らを律していく。

いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>