IR担当役員のつぶやき@初台

会社の情報を中心に、日々の出来事を綴ります。


テーマ:

“リーダーシップ”には様々な意味合いがありますが、

「他人にモティベーションを与えてやる気を起こさせ、チャンスを与えること」もその1つです。


上記のような行動は、自分自身が周囲の方にどのような影響を与えているかということを

常々考えていかないとなかなか実行できないものです。


つまり、部下ぞれそれのことをじっくり考えるということであり、それが実践できていれば、

日常業務で部下の仕事に関わることができ、その結果として良い方向に変えるチャンスを

得ることに繋がります。


しかしながら、リーダーのポジションにある方は、業務が多忙であるが故に、

部下のことをじっくり考える時間がほとんどなく、部下に対してポジティブな影響をもたらす

小さなチャンスを見逃していることが多々あるのも事実です。


エムティーアイがこれからも持続的に成長していくには、リーダーのポジションにある方が、

私も含めて、部下を育てるという気構えを持たないといけないと思っています。

そして部下に対して公正に接するとともに、部下の部下に対しても公正に接していくことが

とても重要なこととであるとも思っています。


下記の書籍に次のように記載されているので、そのことを意識しながら2013年を有意義に

過ごしていきたいと思います。


 人材育成競争に勝つために、企業は社員を育てるという心構えを持たなければならない。

 すべての社員がスーパースターへ育つわけではない。しかし激励され、成功に必要な支援

 が与えられれば、だれでも能力の限界を押し広げることが可能だ。人材の育成を組織という

 生地に織り込んでいる企業は、他社よりも多くの優秀な人材を引き寄せ、長く引きとめ、

 長期的に高い業績を上げることができる。

ウォー・フォー・タレント ― 人材育成競争 (Harvard Business School .../翔泳社


¥2,310
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>