第9回・ジグザグ縫合

テーマ:
縫合でScarless healing(傷のない治り方)を常に目指しています。
今回は盛り上げる方法とジグザグのデザインを併用した縫合の経過です。
ジグザグで縫合することの利点としては抜糸後の抗張力が分散されることです。
これにより創縁に加わる力が弱まり、より細い傷を維持することができます。

scar1
scar2

scar3

scar4

scar5
いずれにせよこれからが大事で、テープ固定による減張は必ず行っていただきます。


傷痕修正をご希望の方がいらっしゃいましたら、
ご相談は03-6907-3056までお電話もしくは相談メールをクリックしていただければと思います。
AD