松田まなぶオフィシャルブログ Powered by Ameba

日本を夢の持てる国へという思いで財務省を飛び出しました。国政にも挑戦、様々な政策論や地域再生の活動をしています。21世紀は日本の世紀。大震災を経ていよいよ世界の課題に答を出す新日本秩序の形成を。新しい国はじめに向けて発信をしたいと思います。


テーマ:
あけましておめでとうございます。
 年頭に当たり、ご挨拶申し上げます。

 
 21世紀も早や、15年が過ぎました。私たちが子どもだった頃、21世紀といえば、夢のような未来を想像したものです。
 しかし、前世紀末の90年代から、世界秩序は大きく変動し始め、バブルが崩壊した日本はさまざまな試練に直面するようになりました。

 そして、私たちが迎えた21世紀の最初の15年は、2001年の9・11から始まって、2008年のリーマンショック、2011年の3・11を契機に、それぞれ、世界の安全保障、資本主義経済のあり方、地球との共存といったテーマで、人類社会にパラダイム転換を迫る出来事が相次ぐ15年となりました。
 恐らく、21世紀に入った人類社会は、これまで世界を主導してきた西洋文明が行き詰まり、20世紀の右肩上がりの成長が世界に投げかけた「人類社会は存続可能なのか」という問いに肯定的な答をどう出すのか、地球と共存する文明のあり方は何なのかというテーマを突き付けられ、大きな曲がり角に直面しているのだと思います。
 
 この中で昨年2015年は、国際経済秩序の再編に向けた具体的な動きが注目された一年でした。
 太平洋地域ではTPPが大筋合意されましたが、他方で、中国はユーラシアには一帯一路構想を、太平洋には米国との「新型の大国関係」を提唱しつつ、欧州主要国を巻き込んでAIIBを設立、人民元のSDR入りも話題になりました。
 人口減少に直面する日本は、その繁栄基盤を広くアジア太平洋地域に求めることで活路を開かねばなりませんが、そこには中国が主宰する国際秩序が形成されかねない勢いです。
 中国は今は経済的に苦しくても、世界の人口の5分の1を擁する大国です。
 今後、消費経済化に成長のフロンティアが広がっています。
 労働力人口は米国の4倍、一人当たり労働生産性が米国の4分の1でも米国と同じ経済規模になります。
 やがて中国が米国を経済規模で追い抜くとき、そこには私たちが経験したことのない国際秩序が成立している可能性があります。
 現在生存している人類は、米国が最大の経済的スーパーパワーである国際社会しか知りません。
 サービス経済化を遂げた中国がそのマネーパワーと相まって世界の価値形成を主導する時代が来るかもしれません。

 私は中国を礼賛しているのではありません。大事なのは、そのような客観情勢の中にあって、日本は何を売り物に国際社会でいかなる存在を築いていくのかです。



 2016年、新年を迎え、安倍総理は「挑戦する1年」を掲げました。「新3本の矢」の基本は「一億総活躍社会」にあり、その心は「チャレンジ」にあります。
 だからこそ、私、松田まなぶは、それを本当に実現するために、日本人の挑戦を促す「新しい国づくり」に向けて、「真」3本の矢を提唱しております。

 人々のチャレンジを妨げている根本にあるのは、国民が直面している様々な不確実性です。
 それを軽減するために、第一に、日本の未来へのストーリーを描く。
 日本は21世紀の人類社会を先導する「課題先進国」になりました。
 持ち前の課題解決力で世界をリードする国になることで、国際社会の中で独自の存在価値とリーダーシップを築けるはずです。

 第二に、人々のチャレンジを促す社会システムへの転換です。
 戦時体制が確立した「1940年体制」が、戦後そのまま、「中央分権」とも言われる縦割りの組織本位制国家システムに引き継がれました。
 これは経済社会面での「戦後システム」であり、今や、有為の人々にとってチャレンジの軛になっています。
 「戦後レジームからの脱却」は、この面で唱えられるべきものです。
 日本の本来の国柄に合った全体システムの再設計が必要です。

 第三に、万般にわたるセーフティーネットです。
 今般導入されたマイナンバー制度の発展的活用で、公平、公正で安心な社会を効率的、効果的に築く基盤ができつつあります。
 医療や福祉などの社会保障、防災安全、コミュニティー再生、子育て等々、課題はたくさんあります。
 これらの課題解決モデルを、情報テクノロジーと持ち前の最先端技術と日本型共助・互助を組み合わせたシステム設計で組み立てることは、財政再建とも大きく関係します。
 

 恐らく、21世紀は、人類の諸課題に対して日本ならではの解決を示す日本民族の創造的な営みを、世界が求める時代なのではないかと思います。
 私はこれを、「日本新秩序」と名付けています。
 アメリカン・ウェイ・オブ・ライフで世界のアメリカ化が進んだ20世紀という、モノの大量消費が価値だった時代から、今度は日本が21世紀型の価値を創出する時代に入り、それが「世界新秩序」の形成に向かうのではないか。
 少なくとも、「健康」、「食」、「環境」が象徴する価値に、日本新秩序の焦点が当たると思います。

 かつて日本は「黄金の国ジパング」と呼ばれ、それが大航海時代を生み、世界で最初のグローバリゼーションをもたらしました。
 いま日本は、世界のグローバリゼーション秩序の扇の要の位置にいます。TPP、RCEP(ASEAN+中国を含む6か国)、日・EU間のEPA、いずれの巨大経済圏にも属するのは日本だけです。
 これは世界新秩序の形成に向けた日本のチャンスでもあると思います。

 しかも日本は、2014年末で367兆円もの世界ダントツ一位の対外純資産国です。
 これは、日本が潜在力を国内で発揮し切れず、世界の金融市場に莫大な貯金が溢れ出ている国であることを示しています。おカネはあります。
 問題は、それを活かす仕組みづくりであり、あとは、世界に対して諸課題の課題解決モデルを創ることで経済成長革命を起こす知恵と工夫とチャレンジ次第だと思います。

 21世紀最初の15年間で続出した課題を解決する局面に入るのが、2016年の日本であってほしいと思います。
 そのためにこそ、日本の未来像を構築する議論が必要であり、その延長上に自主憲法制定がある、それに向けて政治が有権者に対して創造的な国家の選択肢を示していく。

 衆参同日選挙も言われる今年の日本にあって、大事なのは、いよいよ、日本の「新しい国づくり」の中身を考えることではないかと思います。

 本年も、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2016年年頭 松田まなぶ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

松田まなぶさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み