新参者

テーマ:

ゴーヤを普通に食べるようになったのはいつ頃だったっけ。

沖縄の野菜で体にもいいらしい、と実家の母が買ってくるようになり、

そのうち畑で育てるようになり、ダンボールでどーんと送られてくることもあり、

我が家の食卓にも普通にのぼるようになった。

 

苦いけど、その苦みがいい。

ゴーヤに会ったときが大人だったから、すんなりと受け入れられたのかもしれない。

 

ズッキーニはもっともっと後。

友人から聞いたり、テレビで見かけたりしても、なかなか手にとることはできなかった。

名前が洒落ててどう扱っていいのだか、という感じ。

 

けど、何回かズッキーニをもらう機会があり、

調理してみると、これが煮ても焼いてもいける。

味は淡泊で、見た目はきゅうりだけど食感はナス。

カボチャの一種なんですよね。

スーパーにも普通に並ぶようになり、

今年は煮びたしにしてたくさんいただきました。

 

さて、この方。

道の駅で見かけ、驚くほどのお買い得品だったので、

衝動で買ってしまった「はやとうり」。

西洋ナシのような見かけだけど、甘くはなく、

さっぱりと淡泊、サラダや炒め物、煮物、スープなんにでもいける、とあった。

 

ベーコンと炒めて卵でとじてみたけれど、いける。浅漬けもおいしいらしい。

近所のスーパーには並んでないけど、次に見かけたら絶対に買ってみよう。

 

こちらはバターナッツかぼちゃ。

何回かイベントで見かけて、今回初めて買ってみた。

 

中身は目を見張るようなオレンジ。

スープにしたらおいしいと聞いたので、さっそくポタージュに。

すぐやわらかくなるのであっという間にできました。甘くておいしかった。

 

食欲の秋、満喫。

 

 

AD

新参者

テーマ:

ゴーヤを普通に食べるようになったのはいつ頃だったっけ。

沖縄の野菜で体にもいいらしい、と実家の母が買ってくるようになり、

そのうち畑で育てるようになり、ダンボールでどーんと送られてくることもあり、

我が家の食卓にも普通にのぼるようになった。

 

苦いけど、その苦みがいい。

ゴーヤに会ったときが大人だったから、すんなりと受け入れられたのかもしれない。

 

ズッキーニはもっともっと後。

友人から聞いたり、テレビで見かけたりしても、なかなか手にとることはできなかった。

名前が洒落ててどう扱っていいのだか、という感じ。

 

けど、何回かズッキーニをもらう機会があり、

調理してみると、これが煮ても焼いてもいける。

味は淡泊で、見た目はきゅうりだけど食感はナス。

カボチャの一種なんですよね。

スーパーにも普通に並ぶようになり、

今年は煮びたしにしてたくさんいただきました。

 

さて、この方。

道の駅で見かけ、驚くほどのお買い得品だったので、

衝動で買ってしまった「はやとうり」。

西洋ナシのような見かけだけど、甘くはなく、

さっぱりと淡泊、サラダや炒め物、煮物、スープなんにでもいける、とあった。

 

ベーコンと炒めて卵でとじてみたけれど、いける。浅漬けもおいしいらしい。

近所のスーパーには並んでないけど、次に見かけたら絶対に買ってみよう。

 

こちらはバターナッツかぼちゃ。

何回かイベントで見かけて、今回初めて買ってみた。

 

中身は目を見張るようなオレンジ。

スープにしたらおいしいと聞いたので、さっそくポタージュに。

すぐやわらかくなるのであっという間にできました。甘くておいしかった。

 

食欲の秋、満喫。

 

 

AD

おでん考

テーマ:

台風の進路が気になっていた三連休最後の日、

娘のリクエストでおでんを作った。

 

人気の具といえば、子どもが小さい頃はダントツでもち巾着。

が、成長した彼らのハートをつかむのははんぺん!

ふわふわジュワ~感がたまらないのか、争奪合戦が始まるほど。

 

肉系(牛スジ)はあいかわらず、不動の人気。

今回はそれに加えてウィンナーと鶏の手羽元を入れてみたけど、

どちらもまずまず。

 

ねりもの好きの夫は、ちくわ、ごぼう天ばかりに手を付け、

とろとろにとけたロールキャベツには手を出さない。(苦手なのです)

おいしいのになー。

 

さて、今回どうしても試したかった具がある。

グルメ番組のおでん屋さんで紹介されていた「トマト」。

なるほどーそういう手があったかーと、一度チャレンジしてみたかったのだ。

 

だしの中に小さめのトマト4個をしのばせ、コトコト煮込む。

おでんに色取りは求めてないけど、茶色の中にひときわ目立つ赤色。いいじゃん!

トマト嫌いの息子は爆弾を見つけた時のようにおののいたが、

鍋の中で爆発しなければいいこと。

ニンジンは長く煮ると溶けてしまうが、トマトは皮がある分、ずぶとく形を保っていた。

 

さぁ、熱々のトマトを皿にとって、だしを入れ、箸でスーッと切り分け口に運ぶ。

大根のように味がしみ込んでる感じはしないけど、うまいです!

ワンパターンになるおでんの味に酸味が加わって、結構イケてる。

ジャガイモ、サトイモ、いろいろ試してきたけど、私的にはトマトに二重丸をあげたい。

 

さぁ、次はどんなものを試してみようかなぁ~と、冷蔵庫の中を見ていたら、

ピーマンを見つけた。ピーマンの肉詰めなんてどうかしら。

おでんに夏野菜を入れるなんて邪道だろうか。

もはや、おでんとはいえないシロモノになってる?

 

 

 

AD

林檎

テーマ:
期間限定モノに弱いです。今しかない!と思うと、つい…
で、先週も今週も注文してました。
「紅玉」という字を見ると体が反応しちゃうみたい。
紅玉

ちょっと酸っぱいけど、それがたまらん。
白雪姫の魔女が持ってそうな、黒っぽい赤色も好き。

先週分はジャムにして瓶詰めに。
今週のは焼きリンゴにして食べたり、息子がそのままかじったり。

パイにしてもいいし、ケーキにしてもよし?
あれこれ構想をめぐらす時間も、また楽し。

夜桜見物

テーマ:
最近はまっていること、フライドポテトの研究。

家で揚げ物をすることも少なく、フライドポテトを好んで食べる方ではなかったのですが、
たまたま夕食の献立が少なく、仕方ないから「ジャガイモを揚げてしまえ~」と作った
フライドポテトが想像以上においしかったので…味を占めてそれから何度か作ってます。
揚げたてを食す、というのが一番の決め手かな。

この自家製フライドポテト、もう少しグレードアップできないものかと、
昨日は小麦粉をつけ、二度揚げに挑戦。

フライドポテト


ちょっと焦げた感もありますが、前回よりはおいしくできたかも。
今回は半分をカレー風味にしてみました。

さて、そのフライドポテトと一緒に揚げた春巻き、
おにぎりを持って夜桜見物へ。

桜


満開の桜の間に月がぽっかり。
フライドポテトをおつまみに、ビールをおいしくいただきました。