不器用学

テーマ:
昨日は80歳のおばあちゃんに話を聞く機会があった。
背筋のぴんと伸びた、立ち姿のかっこいいひと。
多趣味だそうで、公民館や幼稚園でマジックを披露したり、布ぞうりを作ったり。

「手先が器用なんですね…」とぽつりと言ったら一喝された。

「私は不器用なのよ!

器用じゃないから続いているのかもしれない。
上手な人はある程度できたら満足するでしょ。
でも、下手だと何回もやらなくちゃならなくて。
それで、少しずつ上達していく。それがいいのよ。

最近思うんだけど、上手い下手は関係ないの。それはやらない言い訳よ。
要はやるか、やらないか、よ」

む、やるか、やらないか、だけ。選択肢はそれのみ。

It's simple!

さすが人生の大先輩。心に留めておきます。

だんだん×日常×アルバム。-夕焼け

秋は夕焼けがきれいだなぁ。
AD

ビバ!無花果

テーマ:
大人になって好きになったものといえば、
たまごごはん、冷やし中華、ミョウガ、セロリ、紫蘇の葉、干しぶどう、
無花果!

だんだん×日常×アルバム。-いちじく


っても、無花果の木が家になかったから必然的に口に入らなかっただけで、
実は食べていれば好きな味だったかも。どうかな。

大人になって干しイチジクを食べ、あのツブツブ感に魅了された。
でも、スーパーに並んでいる無花果を買おうと思ったことはなかった。
八朔や柿、ビワ同様に、家で採れるものだからわざわざ買うなんて…という気持ちがどこかにあって。
けど、もらえるあてがあるわけではないのです。前も、今も、この先も。

で、先日ふと買ってみた。
生の無花果を食べるのって本当に人生で数えるほどだ。

やっぱ、おいしいわ!

娘は「うへー」とか言って、全部食べられなかった。
やっぱり大人の味なんかしら。

ふふふ、いつかきっとそのおいしさが分かるときがくるよ。
AD

ばななさま

テーマ:
娘は大のバナナ好きである。
毎朝バナジュー(バナナジュース)、携帯の待ち受け画面もバナナにするほど。

だから、迷いはなかった。
だんだん×日常×アルバム。-バナナ


買い物に行ったスーパー(フレスタ)でバナナ1房298円。
これが一体安いのか、高いのか。
いや、普通に買う量の何倍もあるんだから絶対にお買い得なわけさ、
…と、冷静に判断する間もなく、すぐさまカゴに入れる娘。

家に帰ってみると、昨日買ったバナナがぶら下がっていた。

だんだん×日常×アルバム。-バナナ髪

息子は「1回やってみたかったんだよねー」と、頭にかぶって記念撮影。

というわけで、現在バナナ20本。
ジュースにケーキに冷凍バナナ…うーむ、消費できるかのぉ。
AD

輝く信長像

テーマ:
もう一週間も前のことになりますが、行ってきましたよ。ぎふ清流国体へ。いざ!
岐阜駅を下りると、黄金に輝く織田信長像がお出迎え。凛々しい。

だんだん×日常×アルバム。-織田信長像

市内を巡回するバスも信長仕様。シートの模様もつり革もめちゃ渋でかっこよかった。

だんだん×日常×アルバム。-バス

ただ、大会1日目(9月30日)に台風が直撃。
電車が止まらぬうちに移動せねば、と早々に名古屋に戻ったため、
岐阜1日目の滞在時間は2時間ほどでした。
(2日目が7時間くらいかな。まぁ、娘たちは長良川のほとりにある旅館に5泊し、
毎日鵜飼を見ていたというから、岐阜の話は娘に聞くとしましょう。)

岡山では中秋の名月が楽しめたという日に、東海地方は大雨暴風警報。
2年前の沖縄インターハイでも大会当日に台風が直撃し、
傘がさせない、まっすぐ歩けない(強風のため)という体験をしましたが、
今回も駅からホテルまでたった500mなのに、傘を差しても全身ずぶぬれ(涙)。
おーい、嵐を呼ぶ女は誰だ?

でも、本来なら夕方遅くまで残って体育館で過ごすところを、
早めに切り上げたものだから自由時間がいっぱい。
おばちゃんたちは名古屋駅の地下街をうろうろ。

だんだん×日常×アルバム。-味噌カツ

夕食は名物の味噌カツにきしめん。前日の夜は手羽先食べたし、土産はぞんぶんに買えたし…
名古屋を存分に満喫したのでした。 ↓土産に買ったカエルまんじゅう。

だんだん×日常×アルバム。-かえるまんじゅう

娘たちの本番(2日目)はどうだったかというと、思わぬハプニングで思うような演技ができず、
悔し涙の結果となりましたが、最後の最後までやりきったという実感があったようで、
今はさっぱりしています。
この連休で10年分の荷物(新体操関係)を片付け、身辺ともにさっぱりした様子。

だんだん×日常×アルバム。-おつかれ

これは息子からのサプライズ。お疲れさまロールケーキ。
実は近所のロールケーキ屋さんが9月末で閉店していて(買いに行ったのは10月1日)、さらに自転車を飛ばしたところにある店で買ったんだとか。
メッセージの入った板チョコ(&ペン)はお店のおばちゃんに交渉して、
おまけしてもらったそうです。

「父、母」も寄せてくれてありがとう!と思っていたら、翌日代金を請求されました。
なるほど…スポンサーだったのね。ま、いいけどさ。