おまけ

テーマ:
ムスメのインターハイがあったのは鯖江市。
だんだん×日常×アルバム。-鯖江駅

地名にあるように「鯖」が有名なところ。(※)
ホテルの朝食バイキングにも焼き鯖がどっさりだった。やわらかくて、めちゃくちゃおいしかった。
だんだん×日常×アルバム。-焼きさば寿司

これはコンビニで買った焼き鯖寿司。これもうまかった。
なので、帰りのサンダーバードでも焼き鯖寿司をお土産に買ってみた。
青魚が苦手な息子にも夫にも大好評。

今回の旅の大ヒット「焼き鯖」。
鯖江福井に行かれたときにはぜひご賞味あれ!


※記事を書いた後、調べてみると…鯖江の特産は「眼鏡」「漆器」でした。
 焼き鯖寿司は福井の名産。発祥は坂井市三国町だそう←漁港です。

 では、なんで内陸部の鯖江市に「鯖」という字がつくのだろう?
 そういえば、名古屋には「蟹江町」というところがあると聞きましたが、
 地名の不思議…いろいろ調べてみるとおもしろそうです。
AD

サンダーバードに乗って

テーマ:
今年も行ってきました。娘のインターハイの応援。今年3年生なので最後となります。

だんだん×日常×アルバム。-サンダーバード

新大阪からサンダーバードに乗って福井へ。
だんだん×日常×アルバム。-電車

福井駅前から電車に乗ってごとごと揺られ、会場へ向かう。田んぼが広がるのどかな景色。

だんだん×日常×アルバム。-ドーム駅

会場近くの駅で降りて、歩く、歩く…。
だんだん×日常×アルバム。-ドーム

じゃーん! 田んぼの向こうに見えるのが会場のサンドーム福井。
まあるいおひつのような、UFOのような…

だんだん×日常×アルバム。-天井


ドームの中はこんな感じ。いつもの体育館はカクカクして押し込められている感じがするけど、
ドームの天井は高くてのびやか。とっても気持ちよかった。席もふかふかで座り心地○。

だんだん×日常×アルバム。-会場


けれども、競技しているムスメに言わせると、
天井が高すぎて手具(リボンやフープ)を投げて受け取るときに3D映像のように天井が迫ってくるとか、空調が効き過ぎていてリボンが揺らめいたり、流れたり…と大変だったらしい。

確かに今回の大会では場外やキャッチミスなど何かしらミスを連発するチームが多くて、
それを見て待っている方としてはハラハラしっぱなしだったけど、
ムスメたちの本番では大きなミスもなく、練習どおりの満足いく演技ができたみたいで、
終わった後は笑顔で帰ってきました。(親は冷や汗・涙の流しまくりでボロボロでしたけど…)

1年生のときはわけも分からず、先輩にただただついていくばかり。
2年生のときはチームワークづくり(一つ上の先輩がいなかったため1・2年のみのチーム)に翻弄され大変そうだったけれど、3年になっていいチームづくりができ、本番でもそのいい空気感で演技ができたのがよかったのではないかな。

採点競技のため最後までドキドキでしたが、結果は12位。3年間で一番よかった。
そして、なんと毎年3月に開催される選抜大会の切符を手にしたのでした。

選抜大会に出ることが夢だった3年生3人。
本人達の出場は叶わなかったけれど、1・2年生へ最高のプレゼントになったね。


ムスメは昨日の朝に家に戻り、そのままずーっと寝て、夕方銭湯に行って体を休め、
今日は病院で足の痛みを診てもらったら左脛(すね)骨膜炎だった。
ずっと痛みが続いて疲労骨折か?と心配してたんだけど、折れてなくてひと安心。
テーピングしてあと10日間、頑張るそうです。

10日後は国体予選。最後のひとふんばり。それが終わると夏休みもあと1週間…。はやっ!
高校最後の夏休み、完全燃焼だね。

AD