あぁ夏休み

テーマ:
朝からセミがわんわん鳴いて、お空真っ青、入道雲がもくもく。

「あぁ夏休み」の天気ですね。
風が通ればなんとか過ごせる我が家。
昼間は窓全開&首からタオルでなんとか過ごしてます。

息子は今日から2泊で合宿。夫は宿直で帰ってくるのが明日。
よって、今日は久々の女子部(ムスメと私のみ)!

夕飯・デザート(ムスメがプリン、私はコーヒーゼリー)の準備ばっちり。
用事済ませてお風呂に入った後は、だらだら極楽タイムで「あぁ夏休み」を満喫するのだ。イエイ。

だんだん×日常×アルバム。-緑のカーテン

今年の緑のカーテンは葉っぱが小さく日よけにするにはちょっと頼りない感じ。
葉っぱの小ささは、プランターの土が枯れていたのが原因かも…。

だんだん×日常×アルバム。-朝顔

でも、毎朝咲く朝顔は薄紫系で見た目涼しく、癒されております。
AD

負ける気がせん

テーマ:
オリンピック始まりましたね。
けど、昨日わが家のテレビで流れていたのは地元中学校の野球の試合。

息子の友達が野球部で(2年生の彼はもっぱら応援のみですが)
ベスト8に勝ち進んだとき、ママにおめでとうメールを送ったら…

彼は「先輩達が負ける気がせん!」と断言していたそうで。
昨日の試合、準決勝は接戦でしたが、決勝は4点差で勝利。

そう、彼の予感どおり負けなしの大会だったのでした。すごい!

テレビの前で拍手しながら盛り上がっていた息子。
「よっしゃ、祝賀会しよ!」とうれしそう。

ええと、その親子(母&子)とは、毎年のように夏休みお疲れさん会をしてるのだけど…
今年は野球の話でさらに盛り上がれそう。
AD

映画「うまれる」

テーマ:
今日はお知らせです。
8月に倉敷市真備で「うまれる」という映画の自主上映があります。

$だんだん×日常×アルバム。-チラシ


4月に「うまれる」上映実行委員会が発足。
友人から誘われて会場に行ってみると…赤ちゃんがいっぱーい!

そう、メンバーの大半は1歳児を持つママたちで、ハイハイする赤ちゃんの横でミーティングしてます。
メンバー内の高校生を持つハハ数名は、その赤ちゃんたちに癒されてるという次第。
(だって、赤ちゃんは柔らくてふにゃふにゃで、泣いてもわめいても可愛らしいんだもの)

「うまれる」というタイトルを見ると、自然出産の感動シーン? 
というイメージが勝手に浮かんできますが、出産の向こうにあるもっと大きな「いのち」や「生きること」がテーマです。

監督さんは「子供は親を選んで生まれてくる」という胎内記憶を知ったことが
きっかけになって映画を作ろうと思ったのだそうです。

私は、スタッフの試写会(6月)ではじめて映画を見ました。
見る前にはやっぱりお産の話だろうからと、我が子の出産と結びつけてイメージしていましたが、

見た後はなぜか自分の誕生シーンが浮かんでました。
ちょうど私の誕生日と近かったせいもあるかもしれない。
母から譲り受けた母子手帳を取り出してみたりしてね。

じゃん! 昭和44年の母子手帳。

$だんだん×日常×アルバム。-母子手帳


体重2900g、身長47.5cm。

陣痛が始まったのが朝8時で、午後2時16分にはもう出てきてる。
数字からしか読み取れないけど、超安産だったのではないかしら。

胎内から出てくるときはどうだったんだろう。外に出た時はまぶしかったに違いないよね。
まぶしくって目が開けられなかった? 恐かった?
何が起こるんだろうってワクワクしてた?

母はどんな風に抱っこしてくれたんだろう。父はきっと恐々しながら抱っこしてたに違いない。
祖父は女だったことをちょっぴり残念に思ってて、祖母はきっとお赤飯とか炊いてくれたんじゃないだろうか。
想像すればするほど…体をこうして持って「今、ここに」いることが不思議に思えてきて、
自分に優しくしてあげたいという気持ちになりました。

映画には4組の夫婦が登場します。
妊娠・出産、その隣り合わせにある不妊や流産、死産、
障害を持って生まれてきた赤ちゃんも取り上げてあり、
いろんな「うまれる」形があるということを知りました。

いろんな物語がある。そう、いろいろです。
見る人の感じ方、受け止め方もいろいろ。たくさんの人に見てほしいなと思います。

「ママさんタイム」といって、
3歳以下のお子さんも一緒に見ることができるので、赤ちゃん連れでも大丈夫。
育児の合い間のリフレッシュタイムになればいいなと願ってます。

開催は8月26日(日)。まびいきいきプラザにて。

上映に関するHPはこちら ⇒ ままくる
映画「うまれる」について  ⇒ 

ワタシは新聞部担当として、当日配る新聞づくりに奮闘中です。

$だんだん×日常×アルバム。-ままくる
AD

桃の季節

テーマ:
だんだん×日常×アルバム。-桃

桃の季節。
久しぶりに山の上にある産直市場へ行ってみた。

週1回通っている事務所は岡山空港へ向かう山の上にあるのだけど、
そこからさらに山道を車で10分走ると「山上青空市 道畑」に到着。
桃が箱にどっさり(18個)入って1300円!うひゃー、即買いました。

だんだん×日常×アルバム。-野菜

もちろんお野菜も。
春先は山菜や葉物が多くて緑一色だったけど、夏はカラフル。色も濃い。
力強くてパワーもらえる感じ。もりもり食べますよ。

世界史の音読

テーマ:
ん? 
リビングから「マリアテレジア」やら「ポーランドの独立」という言葉が聞こえてくる?

…なんだ、なんだ?とかけつけてみたら、娘が世界史を音読していました。

ただ今、期末テスト中。
娘の最大の敵は眠気です。

満腹になると眠くなってしまうので、夕食も少量ずつ分けて食べることに決めたとか。
(昨日も一昨日も夕食に一度に食べて、その後爆睡…。目が覚めたとき血の気が引いたらしい)
で、さっきは教科書を黙読するだけじゃ寝てしまいそうなので、音読することにしたそうな。

絵本の読み聞かせならぬ世界史の読み聞かせも、オツなもの。
娘の声に耳を傾けながら、洗濯物たたんだり、ご飯作ったり…。

今日は「ベーグル焼いたけど食べに来る?」との友人の誘いにほいほい乗っかってお邪魔し、
クリームチーズと一緒にいただきました。おまけに初物の桃までいただいちゃった。

その後、事務所に出たら会社の女の子が「畑でとれた冬瓜です」と、
でっかいのを1個もらったので、夕食にベーコンとトマトと一緒に煮込んでスープを作ってみた。
冬瓜がとろとろに溶けてうまい。

感謝、感謝の「ごちそうさま!」な一日でした。